仕事して1週間だけど辞めたい!辞めるか判断するポイントと対処法など

lukasbieri / Pixabay

  • 仕事始めて1週間だけど辞めたい!

  • だけどこんなにすぐやめて大丈夫なのかな…

  • こんな会社で長くやっていけそうにない…

とお悩みの、仕事を始めてわずか1週間でもう辞めたいと考えている方のためのページです。

最近は労働環境の悪いブラック企業も増えてきていますので、そういったことも起こりがちです。

仕事を一週間で辞めるなんて、一般的な感覚で言えばありえないですが…。

私も試用期間中に辞めてしまった会社いくつかありますね…。

特に最近は求人票にウソを書く会社などもありますので、一週間で辞めざるを得ないような状況の方も多いかもしれません。

ですが、本当に一週間で辞めてもよいのでしょうか?

会社を辞めるべきか判断するポイントと、一週間で辞める場合の対処法をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

入って一週間で辞めたい人は多い!

最近はあなたのように、入社して一週間足らずで会社を辞めたいという方も多いです。

特に最近は求人票に嘘を書くブラック企業も多いですし。

こんなはずじゃなかった!となると、一週間で辞める方は多いです。

実際私も求人票虚偽記載の会社に当たってしまい、一週間ぐらいでやめたことはありますし。

特に最近は人手不足で募集をかけても、人が集まらなくなってきていますからね。

「求人票に嘘を書いてでも人を集めよう!」なんて考える悪質な会社も多いのです。

実際にネットやSNSなどを見てみても、

「最近転職したんだけど、もうやめようかと考えてる…。

なんか最初の条件と全然違うんだよね。

職種も給料も待遇も手当も全部違うし。

まだ1週間だけどもうやめるわ…」

「まだ今の会社入って一週間なんだけど、やっていける気がしない…。

残業はほとんどないって言ってたのに、初日から何時間もやらされたし。

人間関係も悪いし、もう最悪!」

「会社を辞めるなら早いうちの方がいいぞ!

俺も一週間や2週間で辞めたことはあるけど、試用期間中なら履歴書にも書かなくていいしな。

職歴詐称とか言って責めるんだったら、先に求人票に嘘を書く会社を責めろよ!

俺何回も転職してるけど、嘘書いてない会社なんてほとんどないぞ!」

こんな意見が散見されますね…。

まともな企業であれば、ちゃんと長続きさせるように頑張るべきですが…。

最近は求人票に嘘を書いてあったり、本当に労働環境の悪いブラック企業が多いですからね…。

そんな会社で頑張っても潰れるだけですから、辞めるのであれば早い方がいいかもしれません。

求人票の条件がウソだったなら、一週間で辞めてもOK

会社を一週間で辞めるべきか判断する際のポイントとして、「求人票に嘘が書いていなかったか?」というのは重要な要素です。

最近は求人票に嘘を書くという、信じられない会社も増えてきていますからね…。

まあ多少の嘘が書いてあるのは仕方ないと言いますか、許容しなければならないとは思いますけど。

どのぐらい違っていたか?というのが重要です。

 icon-exclamation-circle 

最初の条件と著しく違っていたのであれば、さっさと辞めてしまったほうがいいかもしれません。

求人票で嘘をつく会社というのは、 当然ながら人材についてそのように考えているということです。

つまりは「その人の人生なんてどうでもいいから、 適当なことを書いておけばいくらでも応募がくるだろう」という考えです。

というか、求人票の虚偽記載があった場合、「労働条件の相違」 を理由に契約解除できます。

労働基準法第一五条二項には、「明示された労働条件が事実と相違する場合、労働者は労働契約を即時に解除することができる」と定められています。

最初の条件と話が違っていた場合は、すぐに1週間で辞めても構わないということです。

仕事探しなんてその人の人生がかかってるんですからね…。

そんな悪質な会社であればさっさと辞めてしまうのもアリです。

特に最近は仕事なんていくらでもありますから、そんな会社にしがみつく理由もありませんからね。

人間関係は良さそうなら、思い留まるのもアリ

geralt / Pixabay

条件が違ったりすると、1週間ぐらいで会社を辞めたくなることもありますが…。

しかし、人間関係が良いのであれば、続けたほうがいいかもしれません。

給料が良かったとしても、人間関係が悪かったら長続きしませんからね。

なので、「人間関係がいいか?」という面も重要です。

まあ、人間関係がよかったらこんなページ見ていないような気もしますけどね…。

  • 人間関係が悪すぎてとても耐えられない

  • 社員同士の関係が悪すぎて魔界のようだ

というのであれば、さっさと辞めておいたほうがいいかもしれません。

人間関係が悪いと、精神を潰されてしまう可能性が高いです。

そうやって鬱病になってしまうリスクが著しく上がってしまうかもしれません。

そうなると、社会復帰のために何年もかかってしまいます。

中高年社員がいないなら、一週間で辞めたほうが良いかも…

あなたは男性か女性かわかりませんが…。

男性の場合は、その会社でずっと働くことになる可能性が高いです。

倒産やリストラ、自ら退職を選ばない限り。

となると、「中高年になっても働ける会社かどうか?」というのは、極めて重要な要素なのです。

 icon-exclamation-circle 

その会社には中高年の方はいるでしょうか?

若者ばかりであれば、歳を食ってからはついていけない会社と考えることもできます。

あるいは離職率が高すぎて、みんなすぐに辞めていってしまうか?です。

そういう会社ですと当然ながら、長続きしませんね。

そういった長続きしなさそうな会社であれば、早めに辞めて転職しておいた方が良いでしょう。

あまり長く働ける会社ではありませんからね。

社員が会社の文句ばかり言う会社は、一週間で辞めるべき

Jedidja / Pixabay

会社を1週間で辞めるべきかどうかは、先輩社員の振る舞いを見ても分かります。

社員が会社の文句ばかり言っている会社は、あまり先がないかもしれません。

会社員である以上、大なり小なり会社への不満はどこでもあるものですが…。

 icon-exclamation-circle 

ですが、あまりにも先輩社員が会社の文句ばかり言っているようであれば、本当に酷い会社かもしれません。

新人に対してそんなに文句を言い聞かせるなんてありえないですからね。

「さっさとやめたほうがいいんじゃないの?」みたいに言われたら、要注意かもしれません。

普通はそこまで、文句ばかり言う性格が悪い人というのもいませんからね…。

そういう性格の人はいますが、大抵会社や仕事が原因だったりします。

会社の環境が悪かったり、報われない会社だからこそ文句が多いと考えられます。

当然、そういった会社は長く働いてもあまり報われることはないでしょう。

今は仕事はたくさんあるのですから、今のうちに1週間で辞めてこの会社を探した方がいいかもしれません。

「どうせすぐ辞めるよ」みたいに言われなかったか?

会社を1週間で辞めるべきかどうかはこれも判断材料になります。

私も何度か転職していますが、入ってすぐ

  • 「どうせすぐ辞めるよ」
  • 「早くやめた方がいいよ」
  • 「若いんだからもっと良い会社を探した方がいいよ」

なんて言ってくれる会社は本当に良くない会社のことが多いです。

こういうことを言ってくる会社の場合、かなり酷い会社の可能性が高いです。

 icon-exclamation-circle 

こういうことを言ってくる会社の場合、今までに何人もきたが、全く定着しなかった可能性が高いです。

そういった離職率の高い会社ですと、社員は教育するたびにいなくなってしまうのでうんざりしています。

わざわざ何度も教えるのもめんどくさいですからね…。

そんな会社は、たくさんの問題を抱えていると思います。

なので、今のうちにやめておいたほうがいいかもしれません。

面倒見の良い先輩はいるかどうか?

geralt / Pixabay

これ、何気にかなり重要な要素だと思います。

 新人が会社に定着できるかどうか?というのは、面倒見の良い先輩がいるかどうかにかかっていると思います。

いないのであれば、あなたはこのまま放置状態で勝手に育つのを待たれる可能性がありますね。

ろくに仕事も教えてもらえないのに、できなかったら文句を言われるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

そういう会社って、かなり人材の定着率が悪いです。

あなたは今1週間で辞めたがっていますが、おそらく前にもそういう人がいたはずです。

そういう会社って、一日で辞めたとか、3日で辞めたとか、そういう人が普通にいたりします。

まぁ、前の会社でそうだったんですけどね…。

そういう会社は当然のように人間関係も悪いので、かなり働きにくい可能性が高いです。

早めに1週間ぐらいで辞めておいた方がいいかもしれませんね。

「他行ったほうがいいよ」と言われなかったか?

 ひどい会社ですと、先輩社員が新人に警告してくれることがあります。

 「まだ若いんだから、他行ったほうがいいよ」とか言われませんでしたか?

 そういう会社は、本当にそうな可能性が高いです。

 icon-exclamation-circle 

そんな会社の場合は、さっさと他に行ってしまったほうがいいかもしれません。

歳を食ってしまうと、どんどん転職が不利になってしまいます。

他に行きたくても行けなくなってしまいますからね。

私は転職歴が結構ありますが、この台詞を言われた会社でいい会社は1つたりともありませんでした。

素晴らしい会社なんてないとは思いますが、程度の差はありますからね。

かなり酷い会社の可能性が高いです。

同業他社にマシな会社はあるか?

geralt / Pixabay

あなたの入ったその会社は、クソなのかもしれません。

ですが、同業他社には比較的マシな会社もあるのではないでしょうか?

あるのであれば、今のあなたの会社で頑張って経験を積んで、同業他社に転職してしまうというのも手段の1つです。

仮にまた今の業界で仕事をしたいとなった場合、すぐに辞めた職歴があると不利になりますからね。

未練があるのであれば、もう少し頑張ってみるのもいいかもしれません。

…しかしもしマシな会社がないのであれば、業界全体がブラックだったり、どうしようもない可能性もあります。

その場合は、その会社で勤め続ける意味もあまりありませんね…。

幸い今は、有効求人倍率も高く、仕事はたくさんあります。

その場合は早めに転職を検討してしまったほうほうがいいでしょうね。

1週間で辞めた職歴とはいえ、若ければ今は仕事はいくらでもありますからね。

あなたが1週間で辞めたくなっているということは、それほど酷い会社なんでしょうし。

人間の直感は案外当たりますので、早めに動いておいた方がいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

一週間で辞めた職歴は、正直に履歴書に書かない方が良いかも…

最近は労働環境の悪いブラック企業も多いので、あなたのように1週間で会社を辞めざるを得ない状況に陥ってしまう人も多いです。

特に最近は人手不足による採用難に陥っている会社が多く、「求人票に嘘を書いてでも人を集めよう」なんて考える悪質な会社も増えていますからね…。

そういったやばい会社に勤めているのであれば、1週間で辞めてしまったほうが良いと思います。

給料も安く、労働環境も悪いブラック企業に勤めていては、人生そのものを投げ捨ててしまいかねませんからね…。

 icon-exclamation-circle 

しかし1週間の職歴をどうするかという問題が出てきます。

ですが、これについては正直に書かない方が良いでしょう。

私も1週間で試用期間で辞めた職歴というのはありますが、不利になるから書いたことはありません。いつの職歴だったかも忘れましたし。

社会保険に加入していたならばバレる可能性はありますが、最近は法律が改正されてアルバイトでも条件も満たせば社会保険ぐらい入れるんですよ。

まぁ社会保険履歴で入社後何か言われたら、「社保ありのバイトをちょっとだけしたが、その後すぐ就職した」って体にしとけばよいでしょう。

そもそも正社員とバイトなんて法的に明確な定義なんて無いんですが、何故か「正社員をすぐ辞めた」なんて言ったら社会不適合者扱いされて落ちますからね。

というか、ハローワークなどでも「3ヶ月以内の職歴は自己責任で書かない方がいいかもしれません」、とアドバイスを受けたこともあります。

まぁ1週間程度の職歴なら私は書かずに見栄えよく出しますね。

面接で聞かれたら答えれば良いでしょう。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

辞めるなら、傷が浅い早いうちに

最近はあなたのように、仕事を一週間で辞めたい!という方も多いのですが…。

できるだけ若いうちでしたら、いい会社に行ける可能性があります。

一週間で辞めたのでしたら、履歴書にも書かなくても大丈夫な可能性もありますし。

つまりやめるのであれば早いに越したことはないんですね。

 icon-exclamation-circle 

特に今は仕事もたくさんありますし。

幸い今は有効求人倍率も高く転職がかなりしやすくなってきています。

今は本当に人手不足で募集をかけても人が来ない会社も多く、仕事はいくらでもあるのです。

1週間で辞めた履歴があろうがなかろうが、今のチャンスを逃さなければ仕事なんていくらでも見つかります。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

最近は求人票に嘘を書くような悪質な会社も増えていますので、あなたのように1週間で辞めざるを得ない方も多いと思います。

会社なんて入社前にいいことしか言いませんし、「嘘でも入社させてしまえばこっちのもん」ぐらいに考えている悪質な会社も多いですからね…。

しかしそういったことを誰かに相談しても、「1週間で辞めるなんて無責任!」と言われる可能性が高いです。

大抵こういったことはブラック企業だったとしても、労働者側の問題にされることが多いですからね…。

理不尽以外の何者でもありませんよ。

ですが、こういうのは辞めるのは早いほうがいいような気がします。

ダラダラ長く居てしまっても、無駄な職歴になってしまいますし。

ついていけなさそうな会社であれば、職歴にならないうちに辞めてしまうのは正解です。

中途半端に職歴を作ってしまうと、次転職する時に「職を転々としているやつ」というイメージを与えてしまいますからね。

そうなると転職活動はさらに不利になります。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに転職しておいた方がいいでしょうね。

そういう意味でも見限るのは早い方がいいと思います。

1週間で辞めるとなると若干抵抗があるかもしれませんが、日本企業が求める一番の資格は若さですからね。

早めに転職をしておいた方が良いでしょうね。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする