融通が利かない人の特徴!と対処法など

RobinHiggins / Pixabay

融通が利かない人への対処法が知りたい!

最近はそういった悩みをお持ちの方も珍しくないと思います。

特に最近は頭が固かったりコミュニケーション能力が低い人も増えてきていますからね…。

発達障害なども増えてきていますし、特に職場ですと融通が利かない人と一緒に働いているとなかなか大変です。

私も何回か転職していますが、そういった融通が利かない人というのは意思決定も遅いですし、なかなか一緒に働いていくのは大変です。

トラブルを引き起こしたりもしますからね。

この記事では、そんな融通の利かない人の特徴と対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

融通が利かない人に悩む人は多い!

最近はあなたのように、融通が利かない人に悩まされている方というのも珍しくありません。

融通が利かない人ですと、臨機応変に対処していくことができませんからね。

学校などであればまだいいですが、これが仕事となると大きなミスに繋がったりもします。

仕事を頼んでも字面通りにしか解釈しない傾向にあるため、いちいち細かく指示をしないとダメだったりします。

実際ネットSNSなどを見てみても、

最近融通利かない人多くない?

老若男女問わず多いような気がするんだけど

やっぱり発達障害とかアスペルガーとかADHDとか増えているのかな

職場で物凄い融通が利かない人がいるんだけど、ほんと一緒に働きにくいよね

よくお風呂見てきてって言って、見てるだけで満杯になっても止めない人がいるけど

まさにあんな感じだよ

言葉の意味とか裏の行間を読んだりができないんだよね

最近入ってきた新人がいるんだけど、全然融通が利かないんだよね

辞めろとは言わないけど、よくあれでこれまで生きて来れたなって思うよ

こんな意見が散見されますからね。

やはり学校ならばまだいいですが、職場となると大いに迷惑を被る可能性があります。

社内だけの問題であれば良いのですが、これが取引先などが関わってくると仕事がなくなる可能性すらあります。

そんな融通の利かない人の特徴を捉えて何とか対処法を見出していきたいところです。

融通が利かない人は、他人の話を聞かない

そういった融通の利かない人というのは他人の話を聞かない傾向にあります。

人の話を聞いて間違えるのであれば仕方ないのですが、全然聞かなかったりしますからね。

  • そもそも人の話を聞きながしている
  • 素直に人の話を聞く気がない
  • 自分だけが正しいと思っている

などなど。

どんなに的確な忠告やアドバイスをしても聞いてくれることはないでしょう。

 icon-exclamation-circle 

こういった人に対しては一度ガツンと言わないとわからないと思います。

言わないとわからないこともありますし。

特に融通が利かない人ですと、はっきり言わないとわからないことも多いです。

「そんなことも言わないとわからないの!?」ってレベルで分からなかったりするんですよ…。

そういった融通の利かない人というのは、諦めて調教するつもりで逐一しつこく言ってくしかないかもしれません。

融通が利かない人は、自分の考えが絶対正しいと思っている

そういった融通が利かない人というのは、人の話を聞かない傾向にあるのですが…。

単に聞かないだけならば、落ち着いて人の話を聞いてもらうだけで何とか解決するのですが。

一番最悪なのはこのパターンです。

つまりは自分の考えが絶対正しいと思っていて、どんなに的確なアドバイスをしても全く聞く耳を持たないことです。

 icon-exclamation-circle 

こういった人の場合はもう諦めて、重要な仕事を任せるのはやめた方が良いかもしれません。

何か言ったところで、

  • でもこれはこうなんじゃないですか?
  • いや、それは違うと思いますよ
  • 私はそうは思えません

などなど。

とにかく反論してくる傾向にあります。

これならばまだ素直で言うことを聞いてくれる、高校生のバイトでも使っていた方がマシです。

こんなレベルで融通が利かない人と働き続けるのはかなり苦痛でしょう。

極力簡単な仕事だけ任せるようにしていくしかないかもしれませんね…。

融通が利かない人は、新しい方法を否定する

そういった融通が利かない人というのは、新しい方法を否定する傾向にあります。

とにかく自分がこれまでやってきた方法に固執してしまい、新しいことを受け入れる頭の余裕がないのです。

 icon-exclamation-circle 

何か新しい技術や方法を紹介したところで、

  • でもこれはこういったデメリットがあるんじゃないですか?
  • これはこうだからこれには使えませんよ
  • これはこういうマイナス面があるって聞きましたよ
  • いいとは思いますけど、難しいんじゃないですか

などなど。

とにかく新しいものを否定したがるのです。

文句を言いつつも自分の生活に取り入れて使ってみる人であれば救いがあるのですが…。

こういった融通が利かない人というのは、そういった新しい方法を否定して受け入れない傾向にあります。

特に中高年世代など頭が凝り固まっている、年を食ってしまった世代ほどこういった傾向にあると思います。

頭が固くて新しいものを受け入れる余裕がないのです。

こんな人と働いていくのはなかなか骨が折れると思いますね…。

融通が利かない人は、確実に嫌われる傾向に

そういった融通が利かない人と一緒に働いている方も多いとは思いますが…。

やはりそういった融通が利かない人というのは、どこの職場でも嫌われる傾向にあります。

  • 新しいものを受け入れない
  • 新たな人間関係を築けない
  • 決められた仕事しか出来ない

などなど。

とにかく融通が利かないと、新しいことに挑戦していくこともできませんからね。

 icon-exclamation-circle 

こういった人と話していても、会話がなかなか続かなかったりします。

新しいことなどをなかなか受け入れないので、会話がつまらなかったりするんです。

しかも仕事もできない傾向にありますから、確実に嫌われます。

影で色々と言われている可能性も高いですね…。

融通が利かない人には、マニュアルを作ると良いかも

やはりそういった融通が利かない人というのは、細かく指示しないとなかなか仕事ができない傾向にあります。

なのでマニュアルを作ると有効なことも多いです。

杓子定規だと思われるかもしれませんが…。

残念ですが、世の中には想像以上にそういった融通が利かない無能な方も多いのです。

最近は大手のチェーン店や大企業などが躍進していますが、そういった企業が発展したのは確実にこういったマニュアルのおかげという面はあるでしょう。

まぁ守破離という言葉もありますし、最初はそういったマニュアルというか定型業務から入って、

後で自分のオリジナルをプラスしていくというのが上達への近道ですからね。

マニュアルがきっかけで仕事ができるようになるかもしれません。

融通が利かない人でも、情に訴えると弱いことも

そういった事融通が利かない人に悩まされている方というのも多いとは思うのですが…。

融通が利かないとは言いましても、性格が悪かったり人間的に終わっている人とは限りません。

案外情に脆かったりもします。

融通が利かないというのは、逆に言えば保守的とも言えますからね。

それまでの伝統や付き合いなどは大事にする傾向にあるのです。

 icon-exclamation-circle 

なので情に訴えると案外弱かったりもします。

あなたはその人と一緒に働いていたりするかもしれませんが、あなたが親身に相談すれば聞いてくれる可能性はあるかもしれません。

  • お願いです!もっと融通を利かせてくれると助かります!
  • この会社の存続のためにも協力をお願いします!
  • もっと向上心が持って頂けませんか?お願いします!

などなど。

お願いする形で心をこめて頼めば、もしかしたら聞いてもらえる可能性もあります。

まぁ、結局は人を動かすのはこういった情とかハートの部分かもしれません。

何とかその人の心に訴えることができれば、改善するきっかけになるかもしれません。

やってみるのも良いかもしれません。

環境が悪いなら、早めに転職も手段の一つ

そういった融通が利かない人に悩まされている方というのも、今の御時世珍しくはないと思うのですが…。

そもそもその会社の環境が悪すぎるということではないでしょうか?

  • 不人気な仕事でいい人材が来ない
  • 人間関係が悪い
  • 教育体制が整っていない
  • 人手不足であなたにしわ寄せが来ている

などなど。

特に最近は労働環境も人間関係も悪いブラック企業が多いのでこういったことに陥っているのはよくあるパターンです。

そんな環境で働いていては日々の業務を行うのが精一杯でなかなか融通を効かすことも難しいですからね…。

でしたら、今のうちに転職を検討してしまうのも手段の1つです。

幸い今は有効求人倍率が高く、転職はかなりしやすくなってきていますし。

そんな融通の利かない人と一緒に働いていたらかなり大変でしょう。

そんな人材を採用せざるを得ないということは、これからももっと困った人材が新たに後から入ってくるかもしれませんし。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように融通が利かない人材に悩まされている方も今のご時世珍しくはないのですが…。

やはりそういった融通が利かない人材がいる会社というのは、これから先やばいかもしれません。

特にこれからはさらに時代の変化も早くなっていきますし、新たな技術もどんどん出てきます。

年単位で業界の動向がガラッと変わったりもしますからね。

もっと臨機応変に対処できる融通がきく人材がいる会社ではないと、なかなか生き残っていくことは難しいのでは…。

幸い今は仕事は多いので、仕事を変えるのであれば今のうちです。

幸い今は有効求人倍率も高く転職はしやすくなってきています。

あまりに融通が利かない人材に悩まされているのであれば、いっそのことそういったことを検討するのが良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする