【不規則】夜勤の疲れが取れない!?リフレッシュする13の方法

Engin_Akyurt / Pixabay

  • 夜勤のせいで体がしんどい!

  • 8時間ぐらい寝ているのに疲れが取れない…

  • 仕事中も体がだるい…

とお悩みの、夜勤で疲れが取れない方のためのページです。

私も交代勤務の仕事をしていたことがあるのでわかりますよ。

疲れがなかなか取れないですし、休日は体力回復のために寝て終わることもよくありました。

やったことがない人は分からないかもしれませんね…。

なんとか夜勤の疲れを取ってリフレッシュする方法をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

仕事の合間に仮眠を取れるよう頑張る

これが一番いいかもしれません。

要は、忙しくてなかなか仮眠が取れないのが問題なんだと思います。

夜勤の仕事は、仮眠できる休憩時間があると思います。

が、なかなかそんなゆとりのある職場の少ないでしょう。

意識して仕事を前倒しで片付けて、暇な時間を確保するしかありません。

 icon-exclamation-circle 

こういうのはスタートダッシュが肝心です。

最初からスタートダッシュをして、まとめてできることはまとめて行ってしまいましょう。

私が以前製造業で夜勤した時は、休憩時間を削ってでも前倒しで仕事をしてました。

後でまとまった時間を確保できれば仮眠もできます。

意地でも仮眠時間を確保しましたね。

まあ、私の持ち場は夜一人だったからできたことですが…。

でもある程度の要領の良さは必要だと思います。

看護師の方とかは、しょっちゅうナースコールがあるでしょうから厳しいかもしれませんが…。

高めの栄養ドリンクを飲む

noelsch / Pixabay

リポビタンDとか、安いやつはあんまり効かないです。

1個300円とか400円以上するやつは結構効きます。

1個1000円以上するやつはだいぶ効きますね。

ユンケルのグレードが高いやつとか。

 icon-exclamation-circle 

メジャーリーグで活躍しているイチローは、毎日「ユンケルファンティ」というかなり高いグレードのユンケルを飲んでいるそうです。

だからあんなにパフォーマンスが高いのかもしれませんね。

以前熱が出た時、ユンケルの高いやつ飲んで寝たら、起きたら熱が下がってたことがあります。

やっぱり効くのかもしれません。

ただ、カフェインが入っているので普通は寝る前には飲まないです。

出勤前に飲みましょう。

体質によっては効きすぎて途中で仮眠できなくなるかもしれませんが…。

さっさと辞める

あまりに辛いようであれば、さっさと辞めてしまうのもありです。

というか、今やめるつもりはなくとも夜勤は期間限定にしたほうがいいと思います。

体を壊しては元も子もありません。

フランス政府の調査によりますと、夜勤者は寿命が10年縮むという研究結果があります。

脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクも高めます。

まあ、人間の体なんて昼間活動して夜休むようにできてますからね。

人間の生理に逆らってるんですよ。

夜勤すれば手当がもらえて、昼間の勤務の人よりは高い給料が貰えます。

でもそれは命を削ってるんです。

そうやってたくさん稼がなければならない時期もあると思いますが、 できるだけ短い時間に止めておきたいものです。

 icon-exclamation-circle 

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

整体に行く

rhythmuswege / Pixabay

かなり体が凝ってたり、歪んでいたりしてさらに疲労感が増している可能性もあります。

整体に行って、調整してもらったらどうでしょうか?

かなりすっきりすると思います。

安いマッサージ屋だったら1時間で2000円~3000円でありますよね。

安い店だと、やってくれるのは資格持ってない人たちですけど。

マッサージしてもらうだけなら、そのぐらいの安価でサービス提供してもらうことができます。

肩が凝ったり腰痛持ちの人はそれが原因で疲労感が抜けない可能性もあります。

一度行ってみると良いでしょう。

鍼灸院に行く

あるいは鍼灸院に行くという手もあります。

針治療とか、お灸とかをやってくれるあれです。

意外に結構効きますしすっきりしますよ。

行ったことない人も多いかもしれませんが案外近所にあったりします。

検索して調べてみると良いでしょう。

食事を栄養バランス良くとる

栄養が不足していると疲れやすくなります。

体の疲れが抜けなくなったり、イライラしたり、ストレスが溜まったり。

体がだるくなったりもします。

食事はバランスよくとっていますか?

なかなか栄養バランスの良い食事が取れないのであれば、野菜ジュースを飲んだりサプリメントで補ったりする努力は必要だと思います。

こういうのはやるかやらないか?で全然体のパフォーマンスが違ってきます。

気にした方がいいと思います。

甘いものを食べる

甘いものを食べると疲れがとれます。

ストレス解消にもなりますし。

脳は糖分を取らないとなかなか働かないので、脳にもいいです。

 icon-exclamation-circle 

ただ、夜勤明けに食べ過ぎると太ってしまうというデメリットもありますが。

袋に小分けにされているチョコレートを買ってくるといいですね。

疲れた時にちょっとつまむ程度であればそれほどカロリーに支障はないでしょう。

そのぐらいのチョコレートなら、朝起きた時に口に放り込むだけでも頭の冴えが全然違います。

朝起きた瞬間から頭が働くようになります。

試してみてください。

慣れるまで我慢する

Chanzj / Pixabay

結局はこれしかないかもしれません。

長いことやってれば体も慣れてきます。

もう少し頑張ってみると良いでしょう。

ただ、あんまり慣れると一日を時間単位で捉えるようになっちゃうんですよね。

例えば「次の仕事まであと○時間かあ」みたいな。

私も工場で交代勤務をやったらそんな感じになったので、人生がつまらなくなったような気がしますね…。

⇒工場勤務の仕事がつまらなくて辞めたい?経験者から8つのアドバイス

お湯やサウナに入ってリラックスする

少し熱めのお風呂にゆっくり浸かって緊張と昂ぶりを和らげるといいです。

適度に汗をかいてスッキリするのでそのままスムーズに寝やすくなります。

あるいは、サウナに入って汗を出して寝るのも良いと思います。

 icon-exclamation-circle 

可能ならば夜勤明けにスーパー銭湯にでも行って、サウナと水風呂に入るといいかもしれません。

サウナ→水風呂を繰り返す「交互浴」というのをやると、自律神経が整ってよく眠れます。

私は夜勤明けによくやってましたね。

誰にでも勧められるリラックス法といえば、このくらいしかないと思います。

今は夜勤やってないですが、未だにサウナにはよく行きますね。

寝る1時間前には、寝る準備をする

dagon_ / Pixabay

寝る寸前までパソコンやスマホの画面を見ていると、寝られなくなるというのはよく聞きますよね。

寝る1時間前には、部屋を暗くして寝る準備をしましょう。

仕事のことや面白いニュースなどは見ないようにしてリラックスするように努めて下さい。

リラックスできるように音楽を聴いたり、色々できることはあるはずです。

部屋をなるべく暗くして寝る

夜勤ですと、昼間太陽が出ている時間帯に帰ってきて寝ることになるわけです。

なるべく部屋を暗くして眠るようにしましょう。

遮光カーテンをつけたり、部屋を夜の状態に近づけるよう工夫してみてください。

夜勤者にとっては昼間が夜なんです。

体と脳を夜だと騙していかないとなかなかリラックスして寝ることができません。

休日には運動する

skeeze / Pixabay

上手く時間を作って運動を心がけるようにしましょう。

と言っても別に、遠出したりジムに行ったりする必要はありません。

近場をウォーキングしたりするだけでも全然違います。

 icon-exclamation-circle 

やはり汗をかくのはいいと思います。

スッキリしますし、ストレス解消にもなります。

お金もかかりませんし、適度な疲労感からぐっすり寝ることができます。

スポーツクラブやヨガ教室などに通えば、新たな出会いがある可能性もあります。

健康的な趣味になりますのでおすすめです。

辛いようなら心療内科へ

あまりに体がだるかったり、やる気が出なかったり眠れなかったりしたら、

うつ病の兆候があるかもしれません。

そうであれば心療内科を受診することをお勧めします。

睡眠導入剤程度なら割とすぐ出してくれますよ。

 icon-exclamation-circle 

実際、病院の看護師なども夜勤が多いですが、結構薬で乗り切ってたりします。

まあ薬となると副作用も出てきますので、まずはカウンセリングで相談してみるといいと思います。

夜勤してる人の方がうつ病になりやすいというデータもありますので…。

まとめ

夜勤はやっぱり精神病みやすい気がしますよ。

体も病んできますし。

不整脈も出やすくなる気がします。

私も夜勤やってから性格が暗くなったような気がしますし…。

ま、確かに稼げるんですけどね。

ですけど何か重要なものを差し出しているような気がします。

あれこれ工夫しても、人間の営みに反している働き方であることは事実です。

できるだけ期間限定にすることを強く推奨します。

体壊しますよ…。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする