通勤に毎日2時間以上かかってる!出社だけで疲労がきつい場合の対応策

3dman_eu / Pixabay

  •  通勤に片道2時間以上かかってる!

  •  会社に行くだけで無茶苦茶疲れる…

  •  通勤時間は人生の無駄としか思えない!

とお悩みの、 通勤に片道2時間以上かけて会社に行っている方のためのページです。

私も以前片道2時間近くかけて会社に通っていたことがありますが、あれは厳しいですね…。

早めに起きなくてはいけませんし、帰るまでにも時間がかかります。

結局あまり長続きしませんでしたけどね…。

やっぱり通勤に2時間以上もかかるなんて、キツすぎます。

会社に行くだけで疲れてしまうのではないでしょうか?

ですがそんな生活をあと何十年も続けていたら、さすがに厳しいと思います…。

通勤で消耗する前に、何とかする方法をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

本気で引越しを考えのも手段の一つ

やはり、流石に通勤に毎日二時間以上かかっているのはきつすぎます。

もう本気で引っ越すことを考えたほうがいいかもしれません。

あなたにも色々と事情があるのかもしれませんが、さすがに片道2時間以上通勤はキツすぎますよ…。

往復で2時間だったらいいですが、片道2時間だったら往復4時間かかりますからね。

その通勤の時間自体が無駄だと思いますし。

本気で引っ越しをしたほうが、生活の質は向上すると思いますよ。

ある調査によると、「通勤時間が長い人ほど、幸福度が低い」という統計結果もありましたし…。

 icon-exclamation-circle 

まぁ、もう既にマイホームを購入してしまったような人ですと難しいかもしれませんが…。

独身の方でしたら、多少引越しの費用がかかってしまったとしても会社の近くに引っ越した方がいいと思いますよ。

片道2時間の通勤が片道30分に減れば、往復で3時間浮きますからね。

その浮いた三時間を、どこかでバイトしたとしたら時給千円でも三千円稼げます 。

時間があればお金にも換えられますし、他のことに時間を使うこともできます。

そういう風に考えたら、時間がいかに大切かわかってくるのではないでしょうか?

たまには会社の近くに泊まるという手も

Annamos / Pixabay

やはり、流石に毎日通勤に二時間以上かけていたらきつ過ぎます。

残業が多い日などは、帰るのが遅くなってしまう方も多いのではないでしょうか?

そういった場合は、たまには会社の近くに泊まってしまえば良いのではないでしょうか?

まぁ頻繁に外泊してたらお金もかかってしまいますが、遅くなりそうな時はこのくらいしても良いかもしれません。

さすがに、平日毎日2時間以上かけて家まで帰ってきたら疲れますからね…。

だったら、たまには会社の近くに泊まる日を設けても良いような気がするんですけどね。

 icon-exclamation-circle 

或いは会社の近くに、友達や同僚が住んでいたりしませんか?

頼み込んで友達の家に泊めてもらうとか。

食事を奢ってあげるとか、ちょっとお金払えば泊めてくれるでしょう。

そういう感じで臨機応変にやっていかないと、さすがに毎日2時間以上の通勤は長続きしないと思いますね…。

そうやって、上手く要領よくやっていくようにしましょう。

通勤がきついなら、家の近くの会社に転職する手も

あるいは、勤務先の会社を変えてしまうというのもアリです。

今なら探せば、家の近くの会社の求人も結構出ていると思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

というか、このほうがいいと思いますけどね…。

定年まで、今の2時間通勤の生活を続けるのは厳しいでしょうし…。

おそらく、結構給料がいいからその会社に勤め続けているのだと思いますけれども。

さすがに、あと何十年もその生活を続けるというのはキツいと思いますが…。

年収が100万200万下がろうが、 その分使える時間が増えるのでしたら、その時間で副業したりもできますよ。

時間ができればお金は稼げますしね…。

まぁ今の会社に満足しているのであれば別ですが、そうではないなら本気で考えてみるのも良いと思います。

今は人手不足の会社も多いので、仕事はたくさんありますからね…。

毎日通勤に二時間以上も使っていて不満があるのであれば、今のうちに動いておくのも良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

早めに家を出て会社で寝るという手も

shantanukashyap / Pixabay

あなたのように、毎日通勤に二時間以上かけている人も多いとは思いますが…。

流石に毎日通勤に2時間以上もかけていたら、会社に到着した時点で体力が残っていない人も多いです。

私も経験したことがありますが、あれは朝からテンションが上がりませんね…。

会社に着くころには体力がかなり消耗しており、仕事に使うエネルギーが少なくなっていることが多いです。

満員電車などですと、体力も更に消耗しますからね…。

 icon-exclamation-circle 

ですが、早朝であれば電車も空いていて、それほど疲れないと思います。

なので、早めに家を出て早めに会社に到着してしまうのも手段の一つです。

そして、会社で仮眠をとると良いかもしれません

家でギリギリまで寝ていたら遅刻する恐れがありますが、会社に言ってギリギリまで寝るなら、そのまま起きて働けますからね。

これならば、通勤で消耗した体力を回復させてから、仕事に臨むことができます。

私も以前、電車で片道2時間近くかけて通勤してたことがありますけど、朝かなり体力を持ってかれてましたからね。

もう昼の2時とか3時くらいになるとグッタリです。

こういった手段を使って、体力を回復させてみるのも良いかもしれません。

在宅勤務制度がある会社に転職するのも手

あるいは、最近は在宅勤務制度がある会社も増えてきています。

考えてみれば、毎日会社に通わなくてはいけないとも限らないでしょうし。

最近はネットやパソコン、スマホなどの電子機器が発達してきていますから、デスクワークくらいなら在宅でもできます。

最近はそういったフレキシブルな働き方ができる会社も増えてきているのです。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

そういった多様な働き方を受け入れてくれる会社に入社したいなら、今がチャンスなのです。

そういった働き方が可能な会社に移れば、家庭の事情などで引越してしまったとしても、どこでも働きやすいですからね…。

仕事が多い今のうちに、動いておくのも良いかもしれません。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

通勤時間の楽しみを見つけるのも手

marcoseduardo / Pixabay

しかしそうは言いましても、なかなか転職などもできない方も多いかもしれません。

どうしても2時間通勤で頑張らなければいけないのであれば、 その時間で楽しむよう努力したほうがいいと思います。

例えば、電車通勤でしたら読書の時間にあてるとか、オーディオブックを聴くとか。

何かしらの楽しみを見つけることができれば、長続きするかもしれません。

やはり、通勤時間に2時間もとられてしまうのは勿体無いと思いますし。

ストレスも溜まると思うので、その時間を有意義に使うようにしましょう。

 icon-exclamation-circle 

あるいは、家にいる時間は家族と過ごす時間だけに完全に充てるとか。

そして、通勤時間は勉強や自己啓発、遊びなどやりたいことに振り向けるというのもアリです。

やはり2時間以上通勤にかけていると、それだけで24時間のうちの4時間は往復の通勤時間で 使われてしまいます。

根本的に時間の使い方を変えないといけないと思います。

ただ発想を転換すれば、その時間を有意義に使えるかもしれません。

通勤に二時間以上とは言いますが、家以外の場所で二時間場所を借りようと思ったら、カフェ代などお金がかかってきますからね。

移動中を有意義に使えるようになれば、金銭的にも得なのです(交通費はかかってると思いますが)。

通勤時間はタダで場所を借りているとでも割り切って、有意義に使えるように工夫したほうがいいかもしれません。

通勤が長い人は、有給休暇は積極的に使うべき

あなたのように、毎日通勤で二時間以上かかってしまうような方も珍しくはないと思いますが…。

そういった人の場合は、毎日通勤時間だけで消耗してしまう傾向にあります。

会社に近い人に比べて、疲れてしまうことが多いんですね。

なので、できれば有給休暇は積極的に使っていった方が良いでしょう。

通勤だけで片道2時間も取られているということは、他の人に比べて疲労がかなり蓄積されていると思います。

なので、他の人よりも積極的に有給休暇をとっていったほうがいいと思います。

でないと、体が持ちませんからね…。

多少ズル休みをしてしまってもいいと思いますよ。

⇒【仮病】会社に行きたくない!ズル休みしたい時に使える言い訳8選!

 icon-exclamation-circle 

社内の人も、あなたが苦労して毎日通勤してきているということは、よく知っているはずです。

なので、少々多めに有給休暇をとったとしてもあまり文句を言ってこないのではないでしょうか?

苦労している人に対しては、あまり強く言えませんからね。

むしろ同情してもらえる可能性が高いです。

あまり文句を言って欲しくないのであれば、普段から「通勤で疲れたアピール」をしておきましょう。

そうすれば「あの人、通勤で消耗してかわいそうだな」みたいな目で見てもらえます。

日本人は、自分よりもかわいそうな人に対しては優しいですから、 多少多めに有給をとっても見逃してもらえると思います。

可能なら、たまには会社に泊まるという手も

MagicDesk / Pixabay

あるいはいっそのこと、たまには会社に泊まってしまったらいいのではないでしょうか?

さすがに毎日やるのも変ですから、 月に1回とか2回とか。

⇒会社で泊まり込み!?会社で寝るのを快適にする7つの方法

 icon-exclamation-circle 

あるいは会社の雰囲気によっては、勤務体系を臨機応変に変えてもらうことも可能かもしれません。

泊まりがけで徹夜で24時間仕事をして、2日分勤務したことにして、翌日休みにしてもらうとか。

以前製造業の会社で勤めていた時は、結構融通が利く会社だったので、用事がある時はそうしている社員の人がいましたけど。

規定の時間会社にいれば、2日分ということで処理して構わないと思います。

まぁ仕事にもよりますけどね…。

毎日2時間かけて10時間働いたら、拘束時間12時間ですが。

2時間かけて通勤して、二日分の20時間働いたら、二日分なのに22時間拘束ですから時間的に得なのです。

そういった臨機応変な働き方が許される会社なら、たまにはやってみるのも良いかもしれません。

案外会社によっては、そういったことが交渉次第で可能な時もあります。

流石に毎日2時間以上の通勤を、ずっとしていくのはきついので…

最近はあなたのように、毎日2時間以上の通勤をしている方も多いとは思いますが…。

やはりそんな生活を、あと何十年も定年までやっていくのはかなり厳しいと思います。

いくら通勤時間を有意義に使うとは言っても、どうしても無駄が多くなりますし。

実際、通勤時間が長い人は幸福度が低い!というのは統計結果が出ていますからね…。

 icon-exclamation-circle 

特にこれからは年金も貰えるかどうか怪しく、「死ぬまで働く時代!」なんてことも言われています。

倒産やリストラなどにならなければ、その会社でずっと働くことになる可能性も高いんですね。

流石に毎日2時間以上の通勤なんてしていたら、大分人生の時間を無駄にしていると思いますが…。

幸い今は有効求人場率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに、もっと家から近い会社に転職してしまった方が良いかもしれません。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていて、仕事はかなり見つかりやすくなってきていますからね…。

今の通勤だけで時間が無くなってしまう会社で人生を終えたくないのであれば、今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

最近はあなたのように、毎日2時間以上も通勤に費やしている人も多いとは思いますが…。

やはり、このまま定年までそんな生活を続けるというのはかなりキツいと思います。

毎日2時間以上、何の生産性もない通勤で消耗させられているわけですからね…。

統計結果でも出ている通り、通勤時間が長いと人生の満足度や幸福度まで下がってしまいます。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はたくさんあります。

あまりに今の環境に不満があるのであれば、今のうちに転職を検討するのも手段の一つです。

今は本当に人手不足に陥っている会社が多いので、もっと近場でそこそこ待遇の良い会社もたくさんあります。

今は正社員の有効求人場率も1倍を超えていて、「正社員が足りていない!」と回答している企業も半数以上に上りますからね…。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする