【ワンマン】社長が殺したいほど憎い!殺意が抑えきれない場合の対処法

kerttu / Pixabay

  • 社長が殺したいほど憎い!
  • あの糞社長ムカつく!

そういった憤りを感じている方は珍しくもないと思います。

最近はブラック企業なども多いですからね…。

ブラック企業が多いと言うことは、糞社長もそれと同じくらいいるということです。

中にはあなたのように、殺したいほど憎たらしい社長も当然いるでしょうね…。

ですがそんなに憎い感情を抱えていては、本当に殺してしまいかねません。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

社長を殺したいほど憎い人は実際多い…

あなたのように、社長を殺したいほど憎いと思っている人は実際多いと思います。

ネットやSNSなどを見てみても、

「今の会社の社長マジむかつくんだけど!

その場にいない社員の悪口ばっか言ってるし!

あんなクズでも社長になれるなんて驚きだわ!」

「うちの社長、マジクズだぞ。

「法律は破るものだ!」なんて言って、労働基準法も守る気ないしな。

パワハラで上司も同僚も何人も辞めさせられたよ。

俺はかろうじて生き残ってるけど、あんなクズは戦国時代なら殺してるところだよ」

「社長ってサイコパスが多いらしいじゃん。

そうじゃないと生き残れないのかもしれないけど…。

うちの社長、ワンマンで強引だからマジムカつく! セクハラとかもしてるしね。

控えめに言って死んで欲しい」

こんな意見が散見されますね…。

上司を殺してやりたい!なんてのはありがちな悩みですし、そういったキーワードでもアクセスは当サイトにも結構あります。

ですが社長となると、これは結構中小零細企業などの、比較的小規模な会社のことが多いと思います。

そういった会社ほど理不尽になりがちで、殺してやりたいほど理不尽な会社も多いんでしょうね…。

しかし、流石に本当に殺すと懲役食らうので…

社長を殺してやりたいという気持ちも、わからなくはありません。

最近は本当にブラック企業が多いですし、実際私もそういったサイコパスみたいな社長の下で働いたことがありますからね…。

あいつらは人を人とも扱わないような連中なので、日々殺意を抱きながら働く気持ちもわかります。

…ただやはり、流石に本当に殺してしまうと、懲役食らってしまいます。

まぁ我が国では、人一人殺したくらいではなかなか死刑にはならないみたいですが…。

7年くらいは刑務所にぶち込まれる覚悟は必要ですね。

実際「ブラック企業で上司からパワハラを受けていて、カッとなって殺してしまった」みたいな事件はありますし。

そのままですと、ついカッとなって…みたいな感じで、そうならないとも限りません…。

今のうちに、何らかの対策をとっておいたほうが良いでしょう。

いっそ本人の前でキレる

社長を殺してやりたいというのは、あなたはかなり会社で虐げられているのかもしれません。

最近は本当に人を人とも扱わないような会社が多いですからね…。

そういったブラック企業は社長が作り出すので、小さい会社で社長と距離が近いと、殺してやりたい!なんて考えも出てきてしまうのだと思います。

 icon-exclamation-circle 

でしたらいっそ、本人の前で思いっきりキレてしまうのも手段の一つです。

まぁクビになる覚悟は必要ですが…。

もしかしたら、単にナメられてるだけなら社長もあなたに一目置いて、態度が変わるかもしれませんし。

  • 「黙って聞いてりゃおまえ、ムカつくんだよ!」
  • 「殺すぞお前!ああああああ!!!!??」
  • 「こっちは真面目にやってんだよ!おい!なんか言えよあァ!?」

などなど。

流石に殺すよりはマシだと思うんですが…。

懲戒解雇になったところで、ペナルティも限定的ですし。

マジで殺したほどで、懲役くらうよりは…と考えてるなら、やってみても良いかもしれません。

本人に聞こえるように、別の対象にキレる手も

あとは、本人に面と向かっていえないなら、これも効果的です。

つまりは、本人に聞こえるようにキレるが、別の対象にキレるというものです。

例えば、

  • 「あぁぁこの仕事マジ面倒!殺してやりてぇ!!」
  • 「おいこれやったの誰だよ!死ぬぞ!」
  • 「お前もっと気合い入れろよ!殺されてぇのか!」

こんな感じで、別の対象にキレる方法です。

目の前の仕事についてキレたり、別の人にキレると良いでしょう。

まぁ人に対して八つ当たりするのは、あまり推奨できませんが…。

別の対象にキレてはいるものの、その社長に言ってるつもりで大声で本人に聞こえるようにキレましょう。

一応社長に聞こえるように言えば、気持ちは済むかもしれません。

まぁ

  • 「うるせぇ!」
  • 「言葉遣い悪いぞ」

とか怒られる可能性はありますが…。

殺してしまう前に、早めに転職する

社長を殺してやりたい!なんて気持ちを抱えていると、本当に殺してしまいかねないかもしれません。

実際そんな感じの気持ちを抱いていて、何か言われた拍子にやってしまった…なんてケースは珍しくもありませんので。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

そんな殺したいほど憎い社長がいる会社からはさっさと抜け出して、転職してしまった方が良いかもしれません。

今は少子高齢化で労働人口が減ってきていますから、多少歳いってても採用はされやすくなってきていますからね…。

今のうちに、動いておいた方が良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

気付かれないように嫌がらせする

ですがやはり、社長ですからあんまり無礼な態度をとっているとクビになるリスクもあります…。

殺してやりたいほどの殺意を抱いていたとしても、仕事をクビになったら困る人が多いでしょうし。

 icon-exclamation-circle 

でしたら、コッソリ気付かれないように嫌がらせするのも手段の一つです。

具体的には、

  • 椅子を汚い雑巾で拭く
  • お茶に少し小便を入れる
  • 陰口を流す
  • 車のシートにジュースをこぼす

などなど。

まぁバレたらどうなるかわからないので、推奨はしませんが…。

殺すよりはいいでしょう。

この程度であなたの気が済むのであれば、それに越したことはありません。

懲役覚悟で、やってしまうという手も… ※非推奨

絶対に辞めてください!と言っておきますが…。

そんなに殺してやりたいのであれば、本当に実行してしまうという手も一応あります。

考えてみれば、我が国の法律には人を殺した場合の罰則は記されていますが、「人を殺すことを禁ずる」と書かれているわけではありません。

つまり人を殺すことは法律では禁止されておらず、罰則を受ける覚悟があるのであれば…といえなくもありません。

 icon-exclamation-circle 

まぁこれまでの判例を見ていると、人を一人殺したくらいでは死刑にはならないケースがほとんどですし。

「社長にパワハラを受けていて、精神を病んでいた」みたいな感じになれば、情状酌量の余地もあるかもしれません。

温厚なあなたが殺してやりたいほど憎い社長なんて、他の社員も被害を被っているかもしれませんし…。

それに、これからは更に労働人口が減っていきますからね。

今でさえ人手不足ですし、なんと今は刑務所の出所者にすら採用オファーが殺到しているようです。

普通は出所者なんて再就職は厳しいですが、そういった訳ありの人も採用しないと、厳しくなってきている企業が多いのです。

なので出所した後も、仕事にはあまり困らないかもしれません。

ただ、やはり殺人なんてするとあなたの人生が終わってしまいます。

絶対にやめておいたほうが良いでしょう。

どうなっても責任がとれません。

そんな会社にしがみつく理由もないので…

やはり、社長を殺してやりたい!なんて考えを抱きながら働くのは、おかしいと思いますね…。

そこまでして今の会社にしがみつく理由があるのか?って話ですし。

社長を殺してやりたいほど憎いのは、どうせ小さい会社なんでしょうし。

そういった会社は給料も低めで、同じくらい稼げる仕事なんてのはかなり見つかりやすいです。

今なら年収300万とか400万くらいの仕事なら、それこそいくらでもありますからね…。

今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすいです。

今のうちにもっとマシな社長がいる会社に、転職してしまったほうが良いかもしれません。

そのまま働いていたら、本当に殺してしまうかもしれませんからね…。

お互いに得はあまりないと思います…。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

社長を殺してやりたい!みたいな悩みも、ありがちではあると思うのですが…。

やはりそういった気持ちを抱いたままですと、本当にやってしまう人もいますし。

何かムカつくことを言われた時に、反射的に……みたいな事件は結構あるみたいですし。

実際ブラック企業で、パワハラしてた上司が刺し殺された…みたいな事件もありますし。

あまり長く勤めても、お互いに得はないのでは…。

まぁ幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

今のうちに、もっと精神的にゆとりをもって働ける会社に移った方が良いと思いますね…。

そのまま働き続けても、本当に殺してしまうかも知れませんし…。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする