【荷物多すぎ】宅急便の仕事がきつすぎる!激務を乗り切る8の生存戦略

 

  • 宅急便の仕事がキツすぎる!
  • ノルマもあるし人手不足だし…

そういった悩みをお持ちの方今の御時世珍しくないかもしれません。

 

確かに宅急便の仕事は肉体労働ですし、1日の配達のノルマなどもありますからね。

最近は少しでも遅れるとペナルティがあったりするようですし。

ただでさえ最近は人手不足ですから、1人あたりの業務量が増加しているでしょうからね。

かなり厳しい方も多いのではないでしょうか?

 

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

ネット通販の普及で宅急便の仕事は超ブラック化!

最近はあなたのように宅急便の仕事をしている人は、かなりきつい状況に追い込まれている方も珍しくありません。

今はネット通販の普及で宅急便の仕事はものすごく忙しくなっていますからね。

忙しくなっている割に労働環境は良くなっておらず、人手不足の影響で超ブラック化してきていると言われていますし。

 

 icon-exclamation-circle 

国土交通省の調査によりますと、平成28年度の国内の宅配便の取扱個数は40億1900万個となり、右肩上がりで増加してきています。

しかもまだまだ増え続ける予測で、2020年代には取扱個数が60億個を超えるとまで言われていますからね。

これから更にきつくなることはあっても楽になることはないでしょう。

 

しかも人口動態的に更に人手不足が加速していくことは確定していますからね。

年々取扱個数も増えてベテランも消耗して辞めていき、さらにきつくなっていくことも予想されていますね。

 

ただ会社上層部は現場を見ず呆れて退職する人も多い!

あなたのように宅急便の仕事がきついと考える方は珍しくありません。

最近はそれで本当に一斉に退職してしまい、回らなくなっている事業所もあるようですし。

特に会社の上層部が現場を見ずに、現場にしわ寄せが行っている傾向にあるようですからね。

特に大手の宅急便の会社などは、バイトさんやパートさんなどをこき使う傾向にあるようですし。

上層部は何もせずにとにかく頑張れと言う感じで何もしてくれないようですし。

 

最近Twitterで、大手宅急便会社Yで働く方が内部告発をしていましたが…。

激務で忙殺されて何もしてくれない会社側は、経営陣への怒りがかなり溜まっているようですね。

郵便局なども最近は人手不足でかなりパンクしているようですし。

どこも人手不足で大変みたいですね。

 

宅急便はやはりきついので、仕事が多い今のうちに転職も検討

あなたのように宅急便の仕事がきついから辞めたいと考えてる方も珍しくないと思います。

やはり宅急便となると肉体労働ですからね。

それだけならまだいいですが、無駄な再配達などもさせられますし。

毎日の配達個数のノルマなどもありますし。

特に今なんて人手不足で、休日出勤までさせられている方も多いのではないでしょうか?

その割に何かアピールできるスキルが身につくかというとそういうわけではありませんからね。

 

まぁ今は仕事はたくさんありますので、今のうちに転職を検討してしまうのもいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の仕事も増えてきていますし。

仕事が多い今のうちに、異業種でもっとましな会社に転職するのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

運送業界は人手不足なので、もっとマシな同業他社に転職するという手もあるが…

あなたのように宅急便の仕事がきついから辞めたいと考える方は珍しくありませんが…。

運送業界は今深刻な人手不足に陥ってきていますからね。

ドライバーも高齢化してきていて、潰れる運送会社も増えてきていますし。

まぁ宅急便となると大型免許は必要ではないので、免許は取る必要があるかもしれませんが…。

宅急便の仕事は務まっているのであれば、他の会社でも社内向けの配送の仕事などもあったりしますし。

そういった風に他の会社に移ってしまうのも良いかもしれません。

 

まぁドライバーは今はどこも足りていませんから、宅急便がきついのであれば、他に行くのもいいと思いますけど。

やはり個人向けの宅配は再配達もあって、厳しい傾向にありますからね。

かといって法人向けの配送も楽というわけではありませんが、やはり宅急便はこれからさらに取扱個数が増えていきますし。

物流の最前線とも言えますので、結構厳しいかもしれません。

 

せめて再配達が減ればいいが、一向に減る気配がないので…

あなたのように宅急便の仕事がキツイと感じる人は多いですが…。

何気に地味にきついのが再配達ですよね。

いまだに再配達の件数もなかなか減りませんし。

 

 icon-exclamation-circle 

国土交通省の発表によりますと、平成30年4月期の宅配便再配達率は約15%と言われています。

最近大手の宅急便会社などは、LINEなどを活用して再配達をしないような取り組みを始めていますけど…。

まだまだ仕組みの認知が進んでいませんからね。

 

個人的には再配達なんて別途手数料取ったりして、お金がかかるようにすればもっと減っていくと思いますけどね。

日本は過剰サービスと言われていますし。

宅急便などの配送会社は叩かれる傾向にありますので、そう言ったことはしない傾向にありますが…。

ただそういった風にしてでも再配達を減らしていかないと、さらにきつくなっていってどんどん人が辞めていくと思うんですよね。

 

これからもネット通販は拡大していくので更にきつくなる恐れも

あなたのように宅急便の仕事がきついと考える方は多いですが…。

残念ですがまだまだネット通販は発展途上と言われていますからね。

まだまだネット活用できていない企業なんてたくさんありますし、これからもネット通販は拡大していくと予想されています。

つまりはさらにきつくなっていく可能性が高いんですね。

 

上で述べた通り宅急便の取扱個数は約年間40億個と言われていますが、2020年代には約60億個まで伸びると予想されていますし。

今の半分も増えたらとても扱いきれない量になっていくと思いますが…。

しかも少子高齢化によって若者も減っていますし。

移民が来たところで、その需要を賄えるほど人が来るとも思えませんからね。

さらに厳しくなっていくかもしれません…。

 

宅急便の仕事は腰や体を壊してしまう恐れもあるので、早めにやめた方が良いかも…

あなたのように宅急便の仕事がきついと考える方も多いと思いますが…。

やはり宅急便の仕事は肉体労働ですし、腰や体を壊してしまう恐れもありますからね。

1度腰をやってしまうと、なかなかきつくなってきますし、肉体労働もかなり厳しくなってきますからね。

特に宅急便の仕事はきつい割に資格やスキルが身につくわけでもありませんし。

なかなか転職にも不利ですからね。

 

今は他にも仕事はたくさんありますので、今のうちに異業種に転職をしたり同業他社に転職をしてしまうのも手段の一つです。

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように宅急便の仕事がきついと考える方も多いと思いますが…。

やはり現時点できついと感じているのであれば、年々さらにきつくなっていくと思います。

上でも述べたように、さらに宅急便の取扱個数は増えていくという予想もされていますし。

その割にベテランは消耗して辞めていったり、活躍しているシニア人材などは引退したり鬼籍に入っていったりしますからね。

そしてあなたも加齢に伴って体力も衰えてついていけなくなってしまうかもしれませんし。

 

まぁ今は仕事はたくさんありますので、もっとゆとりをもって働ける会社に移っておくのもいいと思いますよ。

幸い今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

まだ余裕がある今のうちに、動いておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。