職場がタバコ臭くてやめたい!副流煙で死ぬ前に現状変える13の方法

  • 分煙されていない職場だからニオイがきつい!

  • タバコ臭くて耐えられない!

  • 副流煙はやばいらしいし…

とお悩みの、職場がタバコ臭くて会社を辞めたいと考えているためのページです。

そこそこ大きい会社だったら、分煙が進んでいると思いますが…。

中小企業では、まだまだ喫煙所すら設けていない会社もあります。

吸わない人にとっては地獄ですよね…。

なんとか現状を変えるための方法をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

館内禁煙にしてもらう

正直、今時分煙が進んでいない会社なんてありえないと思います。

会社には取引先の人も出入りすると思いますし。

それらの外部の人の中には当然タバコの匂いが嫌な人もたくさんいるはずです。

 icon-exclamation-circle 

なので、上司や社長に直談判しましょう。

事務所の外に喫煙所を設けてもらうとか。

別に「吸うな」って言ってるんじゃないんです。

「外で吸え」「喫煙所で吸え」って言ってるんです。

屋内で吸ってしまったら、壁が黄ばんだりしますし。

社外の人に見られたらみっともないです。

分煙に取り組んでいる会社に転職

タバコを吸っている人にはわからないでしょうけど、タバコが嫌いな人は本当に嫌です。

本人よりも、周りでタバコの副流煙を吸ってしまう人の方が悪影響が強いと言われていますし。

何気に人間の寿命を左右しかねない深刻な問題です。

命が縮むリスクがあるので、「そんな理由で転職するの?」って意見は無視しましょう。

文句を言う外野は、仮にあなたが肺がんになったとしても責任なんてとってくれません。

 icon-exclamation-circle 

ですから、分煙に積極的に取り組んでいる会社に転職してしまうというのも手段の一つです。

というか、今どき大抵の会社は分煙してると思うんですけどね…。

「喫煙席がある店では働きたくない!」なんて、バイトが言う時代ですからね。

このままだとタバコの煙を吸って寿命が縮んで行くと思います。

タバコなんて百害あって一利なしですから。

ご自身の健康を考えるのであれば、転職してしまうというのも決して無茶な話ではありません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

異動を申し出る

別に、今の会社を辞める必要はないかもしれません。

部署を変えてもらったり、転勤させてもらえば済む話かもしれません。

今の営業所だけ分煙が進んでいない可能性もありますし。

まあ、他の部署や営業所も同じかもしれませんが…。

情報がないとわからないですね。

 icon-exclamation-circle 

でもこれが可能だったら、辛い思いをして転職活動をしなくても済みます。

たまたま今いる営業所が、あまり外部の人間の出入りがないから分煙が進んでいないだけのかもしれません。

そういった可能性もあります。

社内の人間しか出入りしなければ、喫煙者ばかりなら文句を言う人間はいませんから。

席を代わってもらう

あるいは直属の上司に理由を話して、席を代わってもらうという手段もあります。

できるだけタバコの煙が来ない席に移動させてもらうとか。

換気扇の近くとかの席ですと、タバコの煙がダイレクトに襲いかかってきたりします。

ちょっと移動するだけで結構違うと思います。

そういった些細な工夫をするだけでも、だいぶタバコの煙の害は防止できます。

換気扇をつけてもらう

事務所に換気扇などはありませんか?

普通の会社だったらあると思いますが。

ないようならば取り付けてもらいましょう。

これだけでもだいぶ違います。

 icon-exclamation-circle 

換気扇の正面あたりはタバコの煙がもろにあたります。

なので席順を考えた方がいいですけどね。

換気扇があるのとないのとでは全く空気が違ってくると思います。

消臭剤を設置

事務所内に消臭剤は置いてありますか?

喫煙者に「タバコをやめろ」というのは多分無理だと思います。

本気で取り組めばやめられますが、すぐにはやめられません。

ですが、タバコの臭いはかなり気になると思います。

 icon-exclamation-circle 

ですから、あなたの席とそのタバコを吸う人の席に、消臭剤を置かせてもらえばいいと思います。

匂いをごまかすだけでだいぶ違うと思います。

この程度の工夫であればもうしているかもしれませんが、

やるのとやらないのとでは全然違ってきますので試してみてください。

ファブリーズをまく

後はファブリーズをまくというのも、まあまあ効果的です。

常備しておいて、タバコの臭いが気になった時に振りまくようにしてみてはどうでしょうか。

何もしないよりは全然違うと思います。

嘘か本当かわかりませんが、ファブリーズは幽霊にも効くとか言われていますが。

そのくらい閉鎖的な空間の空気を変える能力があると思います。

タバコの臭いがきついので辞めたいと相談

正直に正攻法で行くのがいいと思います。

つまりは、上司に「タバコの臭いがきついので辞めたいです」と相談するのです。

せっかく雇った社員なのですから、ちゃんと聞いてくれると思います。

今時、分煙が進んでいない会社なんてありえないですし、それは上司も気にしていると思います。
あなたが言い出すことで、ようやく重い腰を上げて会社が分煙に真剣に取り組み始めるかもしれません。

日本人は我慢してしまう人が多いので、あなたの職場では今まで誰も言いださなかった、という可能性もあります。

誰も言い出さなければ、当然取り組みはじめることもありません。

 icon-exclamation-circle 

これでも何もしてくれないなら、その会社はもうダメだと思いますね…。

今どき分煙もしてないなんて、従業員のことを何も考えていない会社だと思います。

先も長くないと思いますので、早めに転職してしまうというのも手段の一つです。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

社長に相談する

あるいは、直属の上司よりも社長クラスに直談判した方がいいかもしれません。

もし上司が喫煙者だったら、タバコを吸わない人の悩みなんてわからないかもしれませんし。

従業員の健康に理解がない会社であれば、先がない会社と思っていいでしょう。

それは社長に相談して見て、社長が喫煙に対してどういう考えなのか?聞いてみればわかります。

 icon-exclamation-circle 

だって、今時分煙が進んでいない会社なんてありえないですよ。

どこの職場も、まっとうな会社であれば事務所は禁煙です。

これだけタバコを吸うことの害が認知されているというのに。

事業の舵を取るべき社長が、そんなリスクすら考えていないというのは本気でやばいです。

もし社長に相談しても何もしてくれないようであれば、その程度の会社ということです

事業の先行きは暗いですし、そう長くは持たないでしょう。

会社なんて時流に乗ってしまえば、ある程度大きくなってしまったりもします。

運が良かっただけの無能な社長なのかもしれません。

大抵そういう会社は、ワンマン社長が経営する同族ブラック企業ですよね…。

⇒同族経営はブラックだから辞めたい!?経験者がその実態を教えます

扇風機を設置

昔勤めていた会社では、タバコ嫌いな社員が自分の机に卓上扇風機を置いて、タバコのニオイを跳ね返していました。

正直苦肉の策ですが、なにもやらないよりはいいかもしれません。

まあ顔このくらいはしないと、煙草の煙をダイレクト受けてしまいます。

自分の健康を守るためには、当然この程度は最低限しておきたいところです。

すぐに導入できますし。

マスクをする

これが一番手軽な方法かもしれません。

いくら上司に訴えても何もしてくれないのであれば、マスクをして空気が悪いと訴えることができます。

日常的に咳き込んだりしていけば、多少は配慮してくれると思いますし。

辞める際も、ずっとマスクをして咳き込んでいれば、「それほどタバコの煙がイヤなんだな」と察してもらえます。

会社が何の対策も取ってくれないのであれば、最低限このくらいはしたほうがいいですよ。

じゃないと本当に健康を害します。

タバコの副流煙は、肺がんや肺炎のリスクを上げますからね…。

⇒肺炎でも会社休めない!?死なないためにできる8のポイント

空気清浄機を設置

扇風機や換気扇程度では、全く役不足だと思います。

空気清浄機ぐらいは設置しておきたいところです。

喫煙者が多く通うパチンコ屋などでは、プラズマクラスター付きの空気清浄機が各台に設置してありますし。

正直そのくらいはしてくれないと、いくら口では「社員を大事にする会社です」と言っていたとしても全く信用はできません。

というか、社員を大事にする会社ならちゃんと喫煙所を設けて分煙してると思いますが…。

中古であればそんなに金額かからずに設置することができると思います。

上司や社長に導入を掛け合ってみてはどうでしょうか?

労働基準監督署に相談

たばこの煙となると、労働基準法に抵触するというわけではないので難しいかもしれませんが。

相談自体はできます。

一応労働基準法では、「労働者が快適に働ける環境を整備すること」という努力義務が企業側に課されています。

個別指導程度であれば、ちゃんと真剣に相談すればやってくれるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ただ、労働基準法違反というわけではないので、是正勧告という行政指導を行うことはできません。

あくまでも「企業へのお願い」という形で、指導票を交付するみたいな感じです。

まあ普通の会社は、是正勧告と指導の区別がつかないでしょう。

労働基準法の知識がない会社が多いですから、だいたい従うと思います。

まあそういうブラックな会社ですと、労働基準法違反の10や20やってると思います。

「タバコをなんとかしないと、労働基準監督署に訴えますよ」と脅すだけでも、会社をビビらせることができるかもしれません。

まとめ

日常的に副流煙を吸ってしまうような職場環境であれば、何らかの対策はしたほうがいいと思います。

車の排気ガスでも肺気腫になるリスクは上がるらしいですし、常に副流煙を吸ってるならなおさらです。

タバコだろうが車だろうが、やっぱり煙は体に悪いです。

お金を稼ぐために働いているにも関わらず、それで寿命が縮んでしまったら余計に医療費がかかってしまいます。

意味が分かりません。

自分にできる範囲のことでいいので、なんらかの対策は取った方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする