【ハブられ】新しい職場で疎外感を感じる!職場に馴染めない時の解決策

Gellinger / Pixabay

  • 新しい職場に馴染めない!
  • なんだか歓迎されてないみたいで、疎外感を感じる…
  • このままこの職場でやっていけるの!?

という悩みをお持ちの、新しい職場に入社したものの馴染めず疎外感を感じている方のためのページです。

会社なんて実際に入社してみないとわかりませんから、そういったことはよく起こりがちです。

新人を歓迎してくれる職場かどうか?なんて、実際に入ってみないとわかりませんからね…。

実際入社してみると人間関係が悪かったりして、あなたのように疎外感を感じる羽目になったりします。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

疎外感を感じるような人間関係の悪い職場は致命的

新しい職場で疎外感を感じているということは、もしかしたら基本的に人間関係が悪いのかもしれません。

ギスギスした職場は、なかなか新人を歓迎しようなんて雰囲気にはなりませんからね…。

そういった人間関係に悩む人は実際多いんですよ。

2016年に大手人材派遣会社「マンパワーグループ」が、勤続年数1年以上の正社員400名を対象に行ったアンケート調査によりますと、

上司、部下、同僚との人間関係に悩む人はあわせて約7割もいたそうです!

まあ今更言うまでもないことかもしれませんが、やはり人間関係が悪いと毎日の会社員生活が地獄になってしまいますからね…。

 icon-exclamation-circle 

大抵、職場を辞めてしまう原因としてトップにあがるのは「人間関係の悪さ」です。

特に新しい職場にまだ馴染めない段階で疎外感を感じているのであれば、遅かれ早かれ辞めてしまう可能性が高いかもしれません。

人間関係が良い職場だと、給料が安くても続ける人も多いですからね…。

今人間関係が悪いことで悩んでいるのであれば、いっそ転職を考えるのも良いかもしれません。

早めに見限って転職するのも手段の一つ

FotografieLink / Pixabay

やはり一番辞めてしまう可能性が高いのは、まだ会社に入りたてで馴染めないときです。

私は何社か経験していますが、正社員採用された人でも最初の数か月くらいで馴染めず疎外感を感じている人は、辞めてしまう人が多いですね…。

「こんな会社では長く働けそうにない」と悟ってしまうんでしょうね。

実際人間関係に恵まれないと毎日仕事がつらくなってしまいますから、賢明な判断だと思います。

なのでいっそのこと、早めに見切りをつけて転職してしまうというのも手段の一つです。

最近は有効求人倍率が高止まりしていますし、転職もかなりしやすくなってきています。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

こちらから仕事を教えて貰いに行く姿勢は必要

新しい職場で疎外感を感じるのは、ありがちな悩みなのですが…。

疎外感を感じていても受け身にならず、こちらから教えて貰いに行く姿勢は必要です。

指示待ち人間は一番嫌われますからね。

こちらから

  • 「これはどうすればいいんですか?」
  • 「これってこうなんですかね?」
  • 「次何やればいいですか?」

みたいに積極的に動くことも必要です。

…ただまあ、こんなこと人生経験豊富なあなたなら、既にやってるとは思いますけどね。

どこの会社でもこういう姿勢は必要ですし。

やってない場合だけ、注意してやるようにしてください。

馴染めるよう、頑張ってこちらから頻繁に話しかける

geralt / Pixabay

新しい職場となると、もう既にある程度以上に人間関係ができているところに飛び込むわけです。

何もしない受け身の姿勢では、疎外感を感じてしまうのは当たり前かもしれません。

こちらから積極的に話しかけていく必要があると思います。

よほど面倒見のいい先輩たちがいれば、こうしなくても馴染んでいけるのですが…。

最近は人間関係の悪いブラック企業も増えていますから、そんな良い会社も少なくなってきています。

 icon-exclamation-circle 

日本人なんてシャイな人が多いですから、新人だからといってそれほど歓迎してくれるとも限りません。

だから積極的にこちらから行く必要があるんです。

面倒かもしれませんが、そんなこと言ってたらこのままずっと疎外感を感じますよ…。

むしろ話しかけられたら、むこうとしても嬉しいかもしれませんし。

積極的に人間関係を作っていける人のほうが、強いと思いますよ。

 頼みやすそうな優しい人に仕事を教えて貰う

新しい職場にまだ馴染めず疎外感を感じているなら、こちらから話しかけていくことは必要です。

ですがそういった疎外感を感じてしまうような職場ですと基本的に人間関係が悪く、性格の悪い方々が多かったりするんですよね…。

なので極力、優しそうな人に話しかけたほうがいいと思います。

そして色々仕事を教えてもらいましょう。

 icon-exclamation-circle 

逆に、そういった面倒見の良さそうな先輩が誰一人いないような会社だと、長続きしないかもしれません。

そういう会社ですと大抵、あなたの前に入ってきた人もすぐ辞めてるはずです。

私は何社か経験してますが、あなたが疎外感を感じてるということは、他の人もそうだったはずです。

まぁ、そうではなければいいんですが。

1人の力には、所詮限界がありますので。

誰かに仕事を教えてもらうことを考えた方が賢いかもしれませんよ。

辛い疎外感は隠すな!何かあったら泣き出す!

TaniaVdB / Pixabay

或いは、そんなに疎外感を感じてきついようであれば、むしろ堂々と辛さを外に表現して泣き出すというのも手段の一つです。

まあ、泣くほどきつい場合の話ですが…。

それほどでもないのに、突然大の大人が泣き出したら異様ですけどw

新しい職場の人間関係に馴染んでいくためには、自己開示が必要です。

何考えてるのかわからない人ですと、なかなか馴染んでいくことは難しいでしょう。

泣いて感情を外に出すことで、新しい職場の人たちとも気持ちが通じ合えるかもしれません。

まぁ、「泣けば済むと思っているのか」みたいに言われる可能性もありますが…。

ですがこんなことになったら一種の「事件」ですので、また状況も変わってくると思います。

同僚で一人でも気の合う人を探す

新しい職場で疎外感を感じるとは言っても、別に同僚全員と仲良くなる必要はありません。

とりあえず気の合いそうな一人と仲良くなれば、そこを起点に人間関係を広げていけると思います。

誰か会社で気の合いそうな人の一人ぐらいいませんかね?

趣味が合いそうとか、何か話が合いそうな人を見つけましょう。

そうすれば少しずつ馴染んでいけて、疎外感も払拭されると思います。

 icon-exclamation-circle 

しかしそうは言いましても

  • 全く心当たりがない!
  • 気の合いそうな人なんていない!

というのであれば、もう無理です。

大人しく転職して、新たな環境でやり直すのも手段の一つです。

まだ入ったばかりで試用期間中とかなら、職歴も汚れないし次も見つかりやすいので…。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

まとめ

やはり人間関係に合う合わないはありますし、新しい職場の人間関係となると猶更難しいと思います。

馴染めないと、あなたのように疎外感を感じてしまう人が多いですね…。

疎外感を感じると毎日会社にいる時間が著しく苦痛になってしまいますから、辞めてしまう人も多いですね…。

それほどきついのであれば、いっそ早めに損切りして転職してしまうのも手段の一つです。

環境を変えないと、ずっとそのまま働くことになりますからね…。

根本的な解決策となると、もう一度転職して人間関係がもう少し良い会社を探したほうがいいと思います。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする