仕事が3Kだから辞めたい!キツく汚く危険な仕事のデメリットや脱出方法など

Alexas_Fotos / Pixabay

  • 仕事が3Kだから辞めたい!

  • まだ若いからいいけど、これから先ついてけなそう…

そういった悩みをお持ちの方も、今は珍しくないかもしれません。

きつい・汚い・危険な仕事が3Kと言われていますが、今はそういった仕事は人が集まらず敬遠されていますね…。

単に仕事がきついだけでなく、人手不足で休みもない方が多いのではないでしょうか?

きつい仕事ほど離職率が高く、新人も定着せず消えていきますからね…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

3K職種は人手不足!誰もやりたがらない!

残念ですが、あなたが従事しているような3K職種というのは若者にも敬遠されています。

求人数の割にやりたがる人が少ないので、有効求人倍率もかなり高いですね…。

厚生労働省が発表している「一般職業紹介状況」(平成30年1月分)によりますと、業種別で3Kと言われそうな職業の有効求人倍率は

  • 建設躯体工事 10.93倍
  • 保安の仕事(警備等) 7.64倍
  • 建築土木、測量技師 6.50倍
  • 建設業 4.75倍
  • 社会福祉の専門職 3.34倍
  • 生活衛生サービス 4.43倍
  • 飲食物調理 3.28倍
  • 機械整備、修理 3.56倍
  • 自動車運転 3倍
  • 電気工事 3.21倍

適当にいくつか抜き出しましたが、こんな感じになっています(パート除く)。

⇒一般職業紹介状況(平成30年1月分)について 厚生労働省

というか3Kとか関係なく有効求人倍率高い順に挙げていった結果がこれなので、もろに敬遠されてますね…。

建設工事なんて10倍越えてて、一人に対して10社の求人があるってことですよ。

ちなみに全業種平均は1.45倍なので、いかに高いかわかるでしょう。

仕事には困らないし食いはぐれはないと思いますが…。

若者なんて来ませんので、これから先人手不足で更にきつくなっていくことは確定かもしれません。

人口動態的に、労働人口は更に減っていきますからね…。

仕事が多い今のうちに転職も手段の一つ

FotografieLink / Pixabay

ですが幸い、今は有効求人倍率が全体的に高いです。

上でも述べたように3K職種の有効求人倍率の高さが群を抜いていますが、他の業種でも似たような現象が起こっています。

今は少子高齢化、団塊世代の大量退職によって求職者自体が減っており、失業率も3%を切りましたからね。

企業も採用難に陥っており、いい会社にも行きやすくなってきているのです。

なので3Kがイヤなのであれば、もっとマシな仕事に転職するのも手段の一つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

3K職種は、会社の福利厚生が悪いケースも…

そういった3K職種ほど、会社の福利厚生も悪いケースが多いような気がします。

  • 社会保険すら無い
  • 退職金すら無い
  • ボーナス無し、あっても寸志
  • 日給制で祝日多いと給料減る

こういったケースもザラです。

 icon-exclamation-circle 

特に社会保険すら無いケースは最悪です。

3Kなどのブルーカラー系の仕事ですと、何気に結構多いと思いますが…。

知り合いの警備員や土木の仕事してる人とか、正社員なのに社会保険無い率が高い気がします。

3Kって危険でもあるので、社会保険ないと結構きついと思います。

怪我や病気の際に傷病手当金も貰えないし、失業しても手当出ないし。

マジで最悪です。

未だに社会保険加入義務があるにも関わらず、違法に加入逃れをしている会社も多いのです(政府推計で約80万社も!)。

いまどき条件満たせばバイトすら社会保険入れますから、正社員なのに福利厚生薄いのはやばすぎます。

今後のことを考えたら、ちょっと本気で考え直した方がいいでしょう。

3K職種は、怪我や事故のリスクも高い!

3K職種はきつい、汚い、危険ですから、当然ながら怪我や事故のリスクも高いです。

社会保険入ってれば怪我や病気の際も、最大一年六ヶ月傷病手金が出ます。

労災認定されれば労災保険もおりますね。

ですがそういった保障とか関係なく、仕事するだけで怪我や事故になるリスクがあったり、最悪死ぬ恐れがあるってやばすぎます。

そのぶん高い給料貰ってるならやりがいもあるでしょうが、そうでもない方が多いでしょう。

正直割に合わないことが多い気がします。

幸い今は仕事はたくさんあるんですから、もうすこし安全な仕事に変えた方がいいかもしれません。

独身ならまだいいですが、家族がいる方ですと何かあったら悲しみますよ…。

その割に底辺とバカにされがち!報われない!

3K職種となると、上で述べたようにきつい思いをさせられるケースが多いです。

ですがその割に、社会的には底辺扱いされて報われません。

なんなんですかね…世の中には必要な仕事なんですけどね。

  • 「学生時代に勉強してこなかったんだから、自業自得!」
  • 「これまで努力してこなかったんだから自己責任!」
  • 「お前ら!勉強しないとあんな仕事にしか就けないぞ!」

こんな罵詈雑言を世間から投げかけられる傾向にあります。

そりゃ若者もやりたがらないですって…。

まぁ確かに親や嫁さんも、スーツを着てバリバリ働いて貰いたい人が多いのかもしれませんが。

これで給料も低かったら本当に報われません。

未経験業種に行きたいなら、エージェントも活用

Free-Photos / Pixabay

ですが3K職種を辞めたいとは言いましても、未経験の仕事に挑戦することになると思います。

そうなると一般的には年齢的に若くないときつい、と言われています。

あなたも他の業界の仕事なんてよくわからないでしょうし。

 icon-exclamation-circle 

でしたら、転職エージェントのようなサービスを利用したほうがいいかもしれません。

エージェントを使えば履歴書の添削などもしてくれますし、他の業種や職種についての知識も豊富です。

あなた一人で仕事を探すよりは、こういったサービスを利用したほうがいいと思います。

こちらのエージェントなら扱っている求人数も多く、全国に支店があるのでお勧めです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

3K職種をやめたい!というのは、ありがちな悩みです。

というか続かないから3Kと呼ばれているわけで…。

これまでは日本も人口多かったですし団塊の世代が大量にいたのでそれらの仕事を支えてきましたが、もう少子高齢化でそれも難しくなってきました。

でもみんな3K職種をバカにしてるし、誰もやりたがらないんだから仕方ないですよね?

3K職種がなければインフラ整備も自動車整備も、施設や住宅の建設やリフォームなどもできませんが、まぁ仕方ないですよね。

そうやってどんどんわが国は衰退してくんですが、まぁ底辺扱いされてまでやらなくていいと思いますよ。

危険な仕事なんて誰か他の人に任せとけばいいですよ。

残念ですが誰もやりたがらない割に待遇も上がらないので、社会的な流れがそうなってきてますし、一度そうやってみんな困る事態にならなければ改善されません。

あなたに責任はないので、さっさと転職しましょう。

あなたの人生のほうが大切です。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【MIIDAS】
あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒転職市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする