職場で心を無にする8つの方法!これで目の前の仕事だけに集中しよう

Pexels / Pixabay

 

  • 職場で心を無にして働きたい!
  • 余計なことは考えたくない!

そんな考えをお持ちの方は今の御時世珍しくないと思います。

 

特に最近は環境が悪いブラックな会社も増えてきていますからね。

心を殺して働かざるを得ないという状況になっている方も多いのではないでしょうか?

まぁ単純に心を無にして仕事に没頭していた方が時間が経つのも早いですし、仕事の苦痛もあまり感じなくて済みますからね。

この記事では職場で心を無にするための方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

職場で心を無にする方法!

私もこれまで何回か転職していますが、ブラックな会社だったり単純作業で苦痛な仕事ほど、心を無にして働くことを心がけていました。

その方が時間が経つのが早く感じますし、苦痛を感じる度合いも低くて済みますからね。

世の中には本当に精神的にきつい仕事というのもありますので、心を殺して心を無にして働かざるを得ないという状況に陥っている方も多いです。

職場で心を無にする方法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

仕事を引き受けまくって忙しくする

職場で心を無にするには、とにかく目の前の仕事に没頭して忙しくするのが一番です。

心を無にしたいと考えている方は、「余計な職場のトラブルや人間関係に巻き込まれて心を煩わせたくない」と考えている方が多いと思います。

ですが目の前の仕事に没頭している時はそれを忘れられますし、嫌な人がいたとしても一緒に協力して仕事をしている間は余計なことを考えなくて済みますからね。

 

なので、仕事を引き受けまくってあえて忙しくするというのも良いかもしれません。

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いので、仕事は引き受けようと思えばいくらでも引き受けることができます。

まぁ過労で倒れてしまうリスクもありますので、ほどほどにしておいた方がいいですが…。

できれば休憩時間も仕事をする

職場で心を無にしたいと考えている人ですと、休憩時間が苦手な人も多いかもしれません。

休憩時間となると周りの同僚と雑談しなければいけない状況もあったりして、心を煩わせてしまったりしますからね。

特にコミュ症な人ほど休憩時間が苦手で、早く帰りたいと考えてしまいがちです。

 

なので、できれば休憩時間も仕事をするというのも手段の一つです。

労働基準法では一定時間以上働いたら休憩時間を付与することというのは、法律で定められていますので、あまりオススメはできませんが…。

バテてしまったり過労で倒れてしまうリスクもありますからね。

ただ休憩時間を返上して早く仕事をこなせば、その分早く帰れそうであれば、場合によってはありだと思います。

仕事している間は嫌なこと考えずに済みますからね。

あえて体調を悪くして仕事に臨む

あとはあえて体調を悪くするという方法もあります。

例えば風邪でだるかったりすると、自分の体調や目の前のできる仕事をなんとかこなすことしか考える余裕がなくなりますからね。

こうするとかなり高い確率で心を無にすることができます。

心を無にするというか、頭がボーッとして他のことを考える余裕がなくなるとも言えますが…。

私も余計なことをあれこれと考えてしまうタイプですので、むしろ風邪でだるい時の方が仕事に集中できて、むしろパフォーマンスが上がったなんていうこともありましたね。

 

まぁ今現在体調が万全であれば、難しいかもしれませんが…。

風邪薬などを飲んだりすると眠くなる成分が入ってるようですので、それだけでもボーッとしてこういった効果は得られるかもしれません。

まぁ風邪でもないのに飲んだら体に悪いでしょうから、オススメはしませんが…。

耳栓をして雑音をシャットアウトする

あとは心を無にするのであれば、外界の音をシャットアウトするのが手っ取り早いかもしれません。

特にデスクワークの仕事などであれば、耳栓をすることで雑音をシャットアウトすると良いかもしれません。

まぁ仕事や会社によってはこんなことしたら怒られますので、難しいかもしれませんが…。

デスクワークで環境が許すのであれば、こういった方法を使うのもいいと思います。

 

特に本人は気づいていなくても、聴覚過敏、聴覚優位な人ほど些細な音に気を取られて、いつの間にか疲労がたまっているケースもありますからね。

特に自閉症傾向にあったり発達障害傾向にある人ほど、聴覚から入ってくる雑音に翻弄されてしまう傾向にあります。

お金のためと割り切る

あとは心を無にしたいと考えている方ですと、心を殺して仕事をせざるを得ないような辛い仕事に従事している方も多いかもしれません。

最近は本当にブラックな会社も増えてきていますし、稼げはするが精神的にきついという仕事も多いですからね。

そういった方の場合は、お金のためと割り切ってやっていくしかないのではないでしょうか?

我々はお金のため生活のために働いているわけですし、どんな仕事でも辛い面はありますからね。

お金のことを考えて、お金のことだけ考えて働けば心を無にできると思います。

世のため人のために仕事してると思い込む

心を無にするためには、自分のことは考えずに他の人のこと、みんなのことを考える、無私の境地に至ると良いかもしれません。

特に

  • この仕事は世のため人のためにやってるんだ
  • みんなのためなんだ

という風な正義感というか全体主義的な考えをすると、自分の些細な都合はどうでもよくなり、辛い仕事にも耐えていける傾向にあります。

 

具体的にあなたがどんな仕事をしているのか分かりませんが、何かしらの形で社会の役に立っているでしょうし。

世のため人のために仕事をしていると思い込んで、自分を社会のための犠牲というか、犠牲の心で仕事に向かうのも良いかもしれません。

瞑想を習慣づける

あとは心を無にするために瞑想を習慣づけるというのも手段の一つです。

やり方は簡単で、一番簡単なのは「自分の呼吸にだけ意識を向ける」というやり方です。

 

あとは「ヴィパッサナー瞑想」という、自分の内面や動作に意識を向けて、脳内で

  • 今自分はこれをしている
  • これを感じている

ということを実況中継して客観的に見るという方法もありますね。

これだと余計なことを考えずに済む傾向にあります。

部署異動も検討してみる

あとはそんなに心を無にして働く必要がある仕事というのは、かなりきつい仕事をしているのではないでしょうか?

そんなに言い自分の心を殺してまで働いていくのはかなり厳しいと思いますし、精神的に潰されてしまう方も珍しくありませんからね。

いっそのこと部署異動を検討してみるというのも手段の一つです。

そこそこ大きい会社であれば、色々な部署の仕事があると思いますし。

もしそこであなたが思いつめて辞めてしまうよりは、異動で対応できるのであれば、会社もその方がいいでしょうし。

心を殺す必要のある仕事なら転職も検討

心を無にしたいと考えている人ほど、精神的にきつい仕事をしている傾向にあるかもしれません。

世の中には心を殺して仕事しているような方もいらっしゃいますからね。

お金のため生活のために、キツイ職場でも嫌々働いている人が多いと思いますが…。

 

ですが今は他にも仕事はたくさんある傾向にありますし、有効求人倍率も高止まりしています。

早めにもっと精神的にゆとりをもって働ける会社に移ってしまうのも良いかもしれませんね。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職支援実績NO.1であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。