【定時がいい】新人は残業いつから?残業に耐えられるか不安な時の7の対策

geralt / Pixabay

 

  • 新人は残業いつからあるの?
  • まさか初日からなんてないよね…?
  • 3ヶ月後ぐらいかな?

そういった悩みをお持ちの方今の御時世珍しくないかもしれません。

 

やはり新人は最初のうちは残業はなかったりする傾向にありますが…。

そういった期間はそう長く続く訳ではなく、すぐに残業させられることになってしまうと思います。

特に最近は人手不足に陥っている会社も多いですから、新人も貴重な戦力ですからね。

 

ですが一体新人はいつから残業させられる傾向にあるのでしょうか?

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

新人のうちは「いつから残業あるの?」と不安になることも多いが…

やはり新人の方ですと、その会社で働いていく上でまだまだ不安がありますからね。

新人のうちはいつから残業があるの?と不安になることも多いです。

やはりまだ慣れていませんからね。

  • この会社で働いていけるのだろうか?
  • ブラックな会社じゃないだろうか?
  • 残業が多いのではないだろうか?

などと不安を持っている方も多いでしょうからね。

 

 icon-exclamation-circle 

まあ基本的に最近はブラックな会社も増えてきていますし、生産年齢人口の減少に乗って人手不足に陥ってる会社が多いですからね。

募集をかけてもなかなか人が来ない会社も多いですし。

新人も貴重な戦力になってきていますので、まぁ残業はすぐにさせられると思っていた方がいいと思いますよ。

 

特に我が国の労働時間は長い傾向にありますからね。

OECDの調査によると、我が国の男性正社員の労働時間はフランス人男性の約2倍で世界一といわれていますからね。

まぁすぐにさせられると思っておいた方がいいと思います。

まぁさすがに初日とか最初の一か月ぐらいは良いかもしれませんが…。

 

会社による!OJTしかない中小零細企業は初日から残業の可能性も!

新人は残業いつからさせられるのと疑問にも思っている方も多いと思いますが…。

こんなのは正直会社によります。

大企業などであれば新人研修をしっかりやるので、最初の3ヶ月ぐらいは研修期間みたいな感じで残業はない傾向にありますが…。

 

 icon-exclamation-circle 

これが中小零細企業になると基本的にOJTですからね。

仕事に投入してそこで慣れさせていく方式ですから、当然初日から残業する可能性もあります。

私もハローワーク経由でいくつか中小零細企業で働いたことがありますが、初日から残業させられる会社は普通にありました。

 

まあ大学新卒で行くような会社であれば、研修期間もあるちゃんとした会社の傾向にあるでしょうけど…。

中小零細企業なんてそんなことしてる余裕もありませんし。

研修にかけるコストもありませんから、基本的にすぐに現場に投入されますからね。

 

新入社員研修がしっかりしてる会社なら、最初の1~3か月間は研修だけで残業がないところも多い

あなたのように新人はいつから残業があるのか?気にしている方も多いと思いますが…。

やはり新入社員研修がしっかりしてる会社であれば、最初の三ヶ月間ぐらいは研修だけのことも多いです。

大きい大企業ですと、3ヶ月で基本的な新人研修をやって、後の3ヶ月は部署に配属されて新人扱いで、簡単な仕事をやらされるというケースも多いようですね。

そうなると半年ぐらいはほぼ残業がないということも考えられます。

 

 icon-exclamation-circle 

本当にこれは会社によるんですよ。

大企業といってもピンキリですし。

一部上場企業と言ってもピンからキリまでありますからね。

ちゃんと新人のことを考えている会社もあれば、考えていない会社もあります。

 

まぁ一つ言えるのは、我が国には残業がないホワイト企業は少数派で、ブラックな会社の方が多いということです。

まあ残業はすぐにあると思っておいた方が、ショックがなくて済むと思います。

 

ちなみに20代の残業時間は45~50時間前後が平均だが…

新人で残業がいつからあるか?と言われても、正直会社次第としか言いようがありませんが…。

一応目安はあります。

 

 icon-exclamation-circle 

転職口コミサイトVORKERSの自社統計によりますと、20代の平均残業時間は45~50時間前後となっています。

22歳から23歳の大学新卒の方でもちょうどその位になっていますね。

 

厚生労省の調査などによると、全労働者の残業時間は平均10時間!なんていう「どこの世界の話だよ」という統計が出ていたりしますけど…。

全く残業がない人などの統計も含まれていたり、一部の企業しか統計が取れていなかったりするのであんまり信用できないと思います。

こういった実際の口コミの方が信用できます。

サービス産業などもちゃんとカウントされている傾向にありますし。

 

ただ私も何回か転職していますが、少なくても20時間とか30時間ぐらいはあると思っていて構わないと思います。

ブラックな会社ですと、普通に交代制勤務とかで1日12時間ぐらい働かされるケースもありますけど(経験済み)。

まぁそのぐらい働く可能性があることは覚悟しておいた方がいいと思います。

 

忙しい部署か暇な部署かによっても違ってくるかも…

新人で残業させるかどうかは、これは部署によっても変わってきます。

有名なホワイト企業に入ったつもりが、ブラックな部署に配属されて残業三昧!というケースは珍しくありませんし。

忙しい部署が暇な部署かによっても変わってきます。

 

まぁ暇な部署であれば、ずっと残業なんてほぼない可能性もありますね。

まぁ1年間で一定の期間だけは繁忙期などはあったりするかもしれませんが。

基本的に暇な部署であれば、あまり残業はない傾向にあります。

当然新人にも無茶はさせない傾向にあります。

こういったところを見ても、ホワイトな労働環境かどうかというのは運次第ということが言えるでしょう。

 

残業が始まるまでに、覚えられるところは覚えておいた方が良い

新人で残業はいつ始まるのか?気にしてる方多いと思いますが…。

やはり普通に考えれば、我が国の労働時間は長い傾向にあります。

働き方改革なんてことも言われていますが一部の大企業だけの話で、中小零細企業には関係ありませんからね。

我が国の99.7%以上が中小企業ですから。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、残業が始まるまでに覚えられるところは早めに覚えておいた方が良いかもしれません。

そこで残業が始まってしまうと、仕事も忙しく覚えたことを復習する余裕もなくなってしまいますからね。

そこでミスをしてしまったら怒られてしまうと思いますし。

比較的余裕があるうちに覚えられるようにしておいた方がいいと思います。

 

まぁメモを見て家に帰って復習するとか、分からないところは今のうちに聞いておくとかそういったことですね。

こういったことは余裕のあるうちにやっておかないと、後で苦労してしまいます。

 

残業が少ない会社なら良いが…

新人で残業がいつからあるのか?気にしている方も多いと思いますが…。

残業が少ない会社ならいいですが、残業が多い会社ですと1年目からたくさんの残業をさせられるケースもあります。

私も新卒で最初に入ったIT系の会社は、入社して3ヶ月ぐらいで研修が終わってプロジェクトに投入されて、炎上してたので月100時間近く残業させられたこともありますし。

 

まぁそういったブラックな会社の場合は早めに転職を考えた方がいいですね。

先輩達を見ていても、どのぐらい残業しているのかある程度分かると思いますし。

今は若いうちならいくらでもやり直しはききますし、仕事はたくさんいますからね。

今のうちに覚えられるうちに覚えて、やばそうであれば今後の身の振り方を考えてしまうのもいいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

新人でいつから残業始まるのか?気にしてる方も多いと思いますが…。

正直会社によります。

研修がしっかりしている大企業であれば、半年間はほぼ研修期間みたいな感じで残業なしということもありますし。

余裕のない中小零細企業ですと、基本的に研修というかOJTになりますから、初日から残業ということは少ないとは思いますが…。

まぁ割とすぐに残業させられると思っておいた方がいいですね。

こんなのはその時の担当者の気分次第でも変わってきます。

 

まぁ正直新人ですぐに残業させられるような会社であれば、後から入ってくる新人も長続きしない可能性が高いのですからね。

早めにもっとゆとりをもって働ける会社に転職しておくのもいいと思いますけどね。

幸い今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。

今のうちに、ちょっと今後のことは考えておいたほうが良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。