仕事を聞いても教えてくれない!教育放棄で放置されてる時の対処法

mohamed_hassan / Pixabay

  • 仕事を聞いても教えてくれない!

  • 職場で放置されている…

そういった悩みをお持ちの方も珍しくないと思います。

最近は人員に余裕がない会社も増えてきていますから、なかなか教えている余裕がない会社も多いです。

仕事を聞いても教えてくれず、社内で放置状態になっている方も多いのではないでしょうか?

その割に何もしなかったりミスすると怒られるという、理不尽な状況になっている方も多いかもしれません。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

人手不足で教える余裕が無い可能性も

最近は本当に人手不足に陥っている会社が増えています。

有効求人倍率は1.5倍を越え、失業率は3%を切ってしまいましたからね。

職場の人員が足りないから人材を募集しても、なかなか応募も来ない会社が多いのです。

あなたの会社にも、心当たりがあるのではないでしょうか?

そういった会社ですと、当然ながら教えている余裕などありません。

新人に教えた方が部署や会社全体は楽になるのですが、そこまでする余裕すらないのです。

労力をかけて教えたところで、自分がミスをしてしまったら怒られますし。

  • 「誰か教えてやれよ…」
  • 「俺に聞くなよ…あいつに聞けよ…」
  • 「めんどくせぇなぁ…どうせすぐ辞めちゃうんだろ…」

内心こんなことを思っているかもしれません。

そういった会社ですと新人も当然のように定着せず、やがては辞めていってしまいますね…。

とにかくウザいくらい強引にしつこく聞きまくる!

geralt / Pixabay

聞いても教えてくれないからといって、聞かずに勝手にやると更に怒られるでしょう。

  • 「何勝手にやってんだ!」
  • 「わかんないことがあるなら聞こうよ!」
  • 「なんで聞かないの?社会人なんだから常識でしょ!」
  • 「黙ってやらないでくれる!?邪魔なんだけど!?」

こんな理不尽なことを言われるに決まっています。

聞いても教えてくれないし、聞かなければ聞かないで怒られるのです。

 icon-exclamation-circle 

だったら邪険に扱われても、ウザいくらいしつこく聞きまくったほうが賢明です。

  • 「ちょっといいですかー!ここ教えてください!」
  • 「今ヒマですよねぇ!?ここ教えてくださいよぉ~!」
  • 「あー!あー!ここはこれでいいんですよね!?」
  • 「わからなくて仕事が進められません!助けてください!」
  • 「みんな聞いても教えてくれないんですよぉ~!お願いします!」

もうこのくらい強引に、ウザいくらいしつこく聞きに行った方がいいでしょう。

同僚はあなたの熱意に押され、渋々教えてくれると思います。

というかこのくらいやらないとあなたが怒られますので、やるしかありません。

なんか今の時代、大人しくやってる人がバカをみる気がします。

このくらい強引に「いいから黙って教えろこの野郎!」くらいにねじ伏せるくらいで行かないと、厳しいかもしれません。

どうせそんな会社に勤めてる同僚はバカなんだから、力技で強引にいくくらいじゃないとナメられる気もしますし。

たまに教えてくれたら、記録して確実に覚える!

そういった聞いても教えてくれない職場でも、たまには教えてくれることがあると思います。

そういったチャンスを逃さず、確実にモノにしていったほうがいいと思います。

でなければいつまで経っても仕事なんて覚えられません。

  • メモをとる
  • ICレコーダーで記録をとる
  • スマホで動画撮影する

手段はなんでも構いませんが、もう二度と同じことは教えてくれないかもしれません。

確実な手段を持って、一度で覚えてしまった方がいいでしょう。

ここでチャンスを逃して覚えないと、また誰かに聞かなくてはいけません。

しかも聞いても教えてくれないので、いつまで経っても仕事が覚えられません。

チャンスは逃さないようにしたほうがいいでしょう。

同僚を観察して、真似して仕事を盗む!

仕事を聞いても教えてくれない場合、普通はこうするのがセオリーだと思います。

つまりは「目で見て盗め!」ってことです。

社員教育を放棄していることと何ら変わりはありませんが…。

 icon-exclamation-circle 

これをやるなら、単に目で見てやるだけじゃダメかもしれません。

本気でその人に乗り移ったつもりで観察した方がいいでしょう。

そうすれば体験の質が高まりますので、

  • 「ここはなぜそうやっているのか?」
  • 「ここがこうなんだから、次はこうだろう」

ってのがわかってきます。

まぁ大抵のことは、相手の立場に立って考えれば答えは見えてきますからね。

要は真似すりゃいいんですよ。

大抵の仕事は真似すりゃできると思いますし、そんな高尚な技術が必要とされる仕事は多くはありません。

まぁ普通に聞いて教えて貰えるならそれに越したことはありませんが、ダメならこうでもするしかありません。

もっと余裕のある会社に転職も手段の一つ

FotografieLink / Pixabay

ですがやはり仕事を聞いても教えて貰えないというのは、なかなか厳しいと思います。

そういった職場ですと、これから先も転勤や異動などで職場が変わると、教えてくれない状況に陥る気がしますし。

そんな会社に勤め続けるだけ、トラブルの元です。

幸い今は有効求人倍率が高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

今のうちにもっと面倒見のいい、ちゃんと仕事を教えて貰える会社に転職してしまうのも手段の一つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

仕事を教えない会社だと、新人が来ても定着しない傾向に…

残念ですがそういった仕事を聞いても教えてくれない会社というのは、当然のように新人も定着しません。

あなたももしかしたらまだ新人なのかもしれませんが、見切りをつけるのは早い方がいいですからね。

そんな聞いても教えてくれない会社なんて論外ですよ。

募集かけてるから応募して働きに来たのに、聞いても教えてすらくれないなんて。

受け入れ体制整ってないなら人材募集なんてすんな!って感じじゃないですか。

 icon-exclamation-circle 

そんな職場ですと新人が来ても、

  • 「この会社、仕事を教える余裕もないの?」
  • 「つーか新人に教えないとかやべーだろ。ふざけんな!」
  • 「こんな会社では長く働けないな…さっさと他行くか」

こんな風に考えて、見切りをつけられてしまうに決まっています。

そんな会社ですと長く勤めたくても、遅かれ早かれ退職する羽目になることも多いです。

ですがそうなっても新人が定着しないと「後任が来るまで辞めるな!」みたいに言われ、いつまで経っても辞められません。

損切りは早いほうがいいかもしれませんね…。

入社間もないなら、損切りは早い方がいいかも

こんなページ見ているということは、まだ入社間もない新人の方が多いと思います。

そうであれば、損切りは早い方がいいかもしれません。

試用期間中に退職してしまえば、履歴書に書かなくても別に問題ないですからね。

中途半端に続けてしまうと履歴書に書かなくてはいけなくなり、転職に不利になってしまいます。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

だいたい聞かなくても教えてくれるのが普通の会社ですよ。

なのに聞いても教えてくれないなんて、仕事させる気あるんですかねその会社は…。

幸い今は仕事はたくさんあるので、そんな会社にしがみつかなくても良いと思います。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

最近は本当に酷い会社も多いので、そういった聞いても仕事教えてくれない会社も珍しくはないと思います。

そもそも人員に余裕がなくギリギリの人員で回していたら、新人に教えてる余裕もありませんからね。

社内もピリピリしていて、ぞんざいに扱われている方も多いのではないでしょうか?

幸い今なら仕事多いので、他に行くなら今のうちです。

もっと面倒見のいい、教育体制が整った会社に転職してしまったほうがいいかもしれません。

聞いても教えてくれない会社なんて離職率も高く、その割に新人も定着せずろくでもないことになりますので…。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする