失踪する人の心理とは?失踪経験者が語る失踪者の心理や特徴

geralt / Pixabay

失踪する人の心理が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくはないかもしれません。

最近は特に労働環境の悪いブラック企業などの増えてきていて、「今の環境から逃げ出したい」という願望を持っている方は珍しくないと思います。

実際私もブラック企業に勤めていた時に、あまりの休みのなさに耐えかねて逃げ出し、失踪したことがあります…。

そんなことはしないに越したことはないんですが、追い込まれていると

  • 逃げるか
  • 死ぬか
  • そのまま頑張るか

の3択ぐらいに視野が狭まってしまいます。

精神的になかなか厳しい状態に追い込まれてしまうのです。

あまりこういったことは語られない傾向にありますが、参考までに失踪者の心理をまとめてみたいと思います。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

失踪や家出をする人は意外に多い

最近は、今の環境から逃げたいがために、失踪や家出をする人というのは意外に多いです。

年間の行方不明者というのは約8万人ほどいます。

まぁ1年以内に約9割以上は見つかってはいますが…。

一部の人は見つからずにそのまま…というのもよくあるパターンです。

実際ネットやSNSなどを見ても、そういった願望を持っている方は多いですね。

今は超ブラックな会社に勤めてるんだけど、もうバックレたいよ。

やめたいけど家族が反対してくるから…

もう失踪しちゃおうかな。

味方が誰もいないよ。

自分的には自殺は絶対にダメだと思っている派だよ。

だけど失踪とか家出とか、一時的に逃げるんだったら別にオッケーだと思う。

生きてれば別にいくらでもやり直せるからね。

というわけで今勤めてる超絶ブラック企業を、バックれようと思いますw

大体辞めさせてくれないっておかしいだろ。退職は既に伝えたよ

今は毒親から逃げる為に家出してるよ。

フォロワーの皆さん誰か私を泊めてくれる人はいませんか?

逃げとか甘えとか言う人いるけど、私はそんな人の意見は間に受けないよ。

そんなの真に受けたら死んじゃうからね。

こんな意見が散見されますからね…。

やはり今の社会は、本当にギスギスしてきていますからね。

かといって実際に死を選ぶのはかなり勇気がいることですし。

結局は「死ぬよりは逃げた方が良い」と考えて、失踪や家出を選択する人が多いと思います。

「とにかく失踪してでも現状から逃げたい」と思っている

失踪する人の心理としては、これが一番だと思います。

とにかく今の現状が辛すぎて、そこから逃げたいのです。

このページを見ている方は、身内の人が失踪してしまった人もいるかもしれません。

まぁ一つだけ安心していただきたいのは、あくまでも一時的に逃げただけな可能性が高いということです。

まぁ書き置きで「死にます」とか書いてあったら分かりませんが…。

そうではないのであれば、本当に死ぬつもりはないと思います。

やはり死ぬのは苦しいですし、勇気がいりますからね。

そこまでの覚悟はないけど、とにかく一時的に今の現状から逃げたいと考えているんです。

 icon-exclamation-circle 

まあ、よくよく考えてみれば別に会社とか学校は、世の中にはたくさんありますからね。

一時的に逃げたところで、また新しい環境を見つければいいだけの話です。

私が失踪した時もそういった考えで逃げましたし。

まぁ何度「辞めたい」と言っても辞めさせてくれなかったことも大きいですが…。

しばらくしたらまた戻ってきて新しい仕事を探しましたからね。

人生長いんですから、一時的に撤退するのは戦略的に充分ありだと思います。

世の中には逃げられずに過労死したり、自殺してしまう人も多いですからね。

周りに相談しても無駄だと考えている

あとは失踪する人の心理としては、「周りの人に相談しても無駄」だと考えているということもあります。

私が失踪した時も、実際にそう考えていましたし。

というか相談はしたのですが、やはり大の大人の悩みに対して他人ができることというのは限られていますからね。

  • 仕事が辛いんです
  • でも辞めたら次見つかるかわからないし
  • 生活が苦しくなるかもしれないし

こんな漠然と漠然とした悩みを聞かされても、どうしようもありませんからね。

周りに相談しても無駄ですよ。

 icon-exclamation-circle 

まぁ相談された方としても困るだけだと思いますし。

失踪者の心理としては、「相談なんてしても無駄だし、死にたくないから逃げよう」これです。

まぁ逃げた後に状況が悪化する可能性も高いですが…一時的には助かります。

結局周りの人ができることなんて、

  • 話を聞いてあげることとか
  • お金を貸してあげることとか
  • 仕事を紹介してあげること

ぐらいしかありませんからね。

それができない人に相談しても、時間の無駄以外の何物でもありません。

そういった風に考えて失踪してしまうのです。

死にたくないが一旦逃げよう!と考えている

失踪する人の心理としては、これもあります。

やはり死にたくないという気持ちはあると思います。

というか今の環境に居続けた方が、キツすぎて死んでしまうと考えているんです。

あくまでも心理としては、生き残るために失踪して逃げているんです。

そのままの環境にいたら、過労死したり自殺に追い込まれてしまう可能性もありますからね。

 icon-exclamation-circle 

ニュースをちゃんとチェックしていれば、そういったケースが決して大げさな話ではないことはあなたもよく分かってると思います。

最近は本当にブラックな学校や職場が多いですからね。

人を人とも扱わないようなブラックな会社も増えてきていますし。

そんなところから逃げられないと、本当に死んでしまう可能性があります。

実際私の知り合いでも過労死してしまったり、仕事が原因で精神を病んで自殺してしまった人というのはいますからね。

そうなりたくないから、一時的に逃げるために失踪を選択しているんです。

実際私がそうだったので分かります。

人生に無意味感を感じて失踪することも

あとは人生に無意味感を感じて、失踪するケースも考えられます。

というか今の環境があまりに辛いと、鬱病になったり鬱病一歩手前みたいな状態になってしまいますからね。

  • 人生に無意味さを感じたり
  • 何をしても楽しくなくなったり
  • 何を食べてもおいしくなくなったり
  • 全てが無駄だと思えてきたり

してしまうんです。

ただそこで死を選ばないのは、「やはり死ぬのは取り返しがつかないしまずい」と考えている心理からです。

だったらきつすぎる今の環境から、一時的に逃げようと考えている心理だと思います。

まぁ最近は本当にブラックな会社が多いですから、そんなに長時間労働で毎日毎晩残業させられていたら、うつ病になってしまうのも当たり前ですからね。

一時的に自分の時間を確保して、リフレッシュしたいと言う心理から失踪したのかもしれません。

失踪することで、新しい自分になりたい気持ちがあることも

あとは失踪することで、「新しい自分になりたい」という変身願望がある可能性もあります。

実は私もありましたし、「ブラック企業で毎日毎晩残業させられるような人生から、生き方を変えたい」と思っていた面は確実にあります。

失踪者の心理としては、やはり今の不本意な人生から変わりたいと思っているのではないでしょうか。

本心から死にたいとか、今の人生を壊したいと思っている人は少ないと思います。

 icon-exclamation-circle 

まぁその環境から逃げるということは、その生活を破壊することでもありますが。

変化のためには破壊はつきものですからね。

実際「完全失踪マニュアル」という本に、失踪者の心理や事例が載っていましたが、

そこでも変身願望がある人達は沢山出てきましたし。

まぁそこで本当に別人になれるわけではないとは思うのですが…。

失踪者の心理としては、「今のきつい人生から生き方を変えたい」という心の表れだと思います。

特に若い人の方が多いかもしれませんね。若い人の方が柔軟ですから。

ただ、喪失感から死を考える可能性も…

しかしそうは言いましても、失踪の代償というのは結構でかいですからね。

私も失踪してから、

  • 周りの信用を失ったり
  • 勤め先をなくしたり
  • 安定収入を失ったり
  • 友達が減ったり

しましたからね。

そういったデメリットはありますし、かなりの喪失感を感じてしまう可能性もあります。

そういった喪失感から、死を考えてしまう可能性も考えられます。

 icon-exclamation-circle 

実際私も一時的にきつい環境からは逃げられたものの、その後喪失感から死にたくなったことはあります。

ただそこでプラスに解釈して、「また新しい会社を探せばいいや」と考えられるかどうかだと思います。

まぁ別に今はそんな大袈裟なこと言わなくても、仕事なんてたくさんありますからね。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますし。

まぁ別に昔から、選ばなければ何かしら仕事はありましたからね。

私が失踪した時もそれほど仕事は多い時期ではありませんでしたが、仕事は普通に見つかりましたし。

別に「どんな仕事をしてても生き抜いてやる」という気持ちさえあれば、失踪なんてしても別に死ぬこともなく生きていけます。

現代人は、そういったタフさが欠けている面はあるのかもしれません。

今の環境から消えるだけなら、失踪じゃなくても可能なので…

失踪者の心理なんて調べているあなたは、もしかしたら失踪を企てているのかもしれませんが。

経験者から言わせてもらうと、やはり失踪なんてしないに越したことはありません。

やはり周りの人に心配をかけますし、その後の喪失感はかなり大きいものがありますね…。

 icon-exclamation-circle 

単に今の環境から逃げたいだけであれば、失踪なんてしなくても他にも色々手段はあります。

特に今ブラック企業などに勤めていて失踪したいのであれば、別に普通に転職すればいいだけの話ですし。

労働人口も少子高齢化によって減少してきていますし、募集をかけても人が来ない会社は全然来ませんからね。

今は正社員の有効求人倍率も一倍を超えていますし。

人手不足業種に限って言えば、有効求人倍率10倍近い仕事もざらにあります。

そういった仕事ですと、普通に中高年の方でも採用されていたりしますし。

あまりに人が来ない業種ですと、50代60代でも若手扱いされているような信じられない業種すらあります。

失踪なんてしなくても、そんな感じでどこかしら仕事は見つかりますので、転職してしまうことをオススメします。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

最近は世の中がギスギスしてきていますので、失踪や家出をしてでも今の環境から逃げたいと考える人も多いのですが…。

そんな心理を調べているということは、身内の方が失踪してしまったり、あるいは今失踪を企てている当事者の方だと思います。

ただやはり経験者から言わせてもらうと、失踪なんてしないに越したことはありません。

周りの友達や家族に多大な心配をかけましたし、今ならば特に仕事は多いので別に普通に転職すればいいだけの話ですからね。

まあそんなことが冷静に考えられない状態だから、失踪してしまうんだと思いますが…。

失踪者の心理なんてのはまさしくそんな感じで、きつい環境で追い込まれた状態ですからね。

まぁ今は幸い有効求人倍率も高く転職はしやすいので、今のうちに新しい環境にチャレンジしておいた方が良いかもしれません。

生きてさえいれば、なんとでもなりますからね。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする