ストレスが多い仕事8選!ストレスがきつすぎる場合の対処法はこれだ!

1388843 / Pixabay

 

仕事のストレスがキツすぎる!

そういった悩みをお持ちの方今のご時世珍しくないと思います。

 

世の中には特にストレスが多いと言われている仕事もありますし、感情労働系のサービス業などですとなかなか厳しいと言われていますね。

あまりにストレスが多いと辞めたくなってきてしまいますし、その割に給料が安いとやってられなくなってしまいます。

この記事ではストレスが多い仕事と、ストレスがキツすぎる場合の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

ストレスが多い仕事はどんな仕事?

ストレスが多い仕事というのは、色々とあると思います。

まぁ大抵の仕事は多かれ少なかれストレスを感じるものですね。

ただ最近はブラックな会社も多いですし、人手不足の影響で1人あたりの業務量が増えてきている傾向にあります。

以前よりもストレスは増えてきてるかもしれませんね。

ストレスが多い仕事をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

看護師

ストレスが多い仕事としては、パッと思い浮かぶのは看護師が挙げられます。

特に看護師は人手不足で仕事がきつく、看護師の資格を持っている人でも仕事を辞めてしまい、数十万人単位で働いていない潜在看護師がいると言われています。

過労死も結構起きていますし、過労死ライン越えで働いている看護師もかなりの割合に上るようですからね。

モンスター患者などもいて、偉そうにしてきてストレスが溜まったりもするようですし。

医療の知識などを常にアップデートしていかなければいけないためかなり大変です。

その上患者を死なせてしまった場合などは、訴えられる可能性もありますので、常に細心の注意が求められストレスが溜まります。

介護士

私も経験がありますが、介護士は結構ストレスが溜まる傾向にあります。

それで給料が高いのであればいいですが、それほどではないことが多いですからね。

一般的に介護士の給料は安いと言われていますし、特に介護職なんてあまりやりたがる人が少ないのでどこも人手不足ですね。

変な入居者がいると猛烈にストレスが溜まりますし、同僚もどんどん辞めていくので本当にやってられません。

私もあまり長続きせずにやめましたし…。

飲食店社員

あとは飲食店の社員もストレスが溜まる傾向にあります。

特に最近は飲食店のバイトやパートなどを集まらない傾向にありますので、その穴埋めに社員が出勤せざるを得ない状況になってしまいます。

私も以前飲食店でバイトしていたことがありますが、そこの店長は3ヶ月ぐらい休みなく働かされていましたね…。

それでいて給料も高いわけではなくサービス残業なども多いので、時給換算するとバイトの方が給料が多いなんていうケースはこの業界多いです。

小売店社員

あとは同じ理由で小売店の社員もストレスが溜まる傾向にあります。

こちらもバイトやパートなどが集まらない傾向にありますし。

特に変な客がいると、それの対応で消耗してストレスが溜まってしまいますよね。

小売店も飲食店と同じでブラック企業が多い傾向にあり、それが更にストレスに拍車をかけます。

ITエンジニア

あとITエンジニアの仕事もストレスが溜まる傾向にあります。

納期があったり納期直前に仕様変更があったりするケースもザラにありますし。

プロジェクトが炎上してしまうと、徹夜で仕事をせざるを得ない状況になるなんていうケースも珍しくありません。

エンジニアは鬱病が多いなんていうことも言われていますからね。

私も以前システム系の会社でエンジニアをしていたことがありますが、同僚がストレスでメニエール病にかかったりうつ病になったり、自殺未遂した同僚がいたり散々でしたね…。

教師

あとは学校の教師もストレスが溜まる傾向にあります。

モンスターペアレントなどの問題もありますし、日本ではなんでもかんでも学校の責任にされたりすることが多いですからね。

家庭で教育できないものを学校に求めすぎな傾向にあります。

特に学校の部活なども教師がやらなくてはいけない学校が多いですし、大した手当も付かずに休日も部活のために駆り出される傾向にあります。

教師の過労死はかなり多いですし、過労死ライン越えで働かされている教師もかなり多い傾向にありますからね。

その上ストレスも溜まるので耐えられずに辞めていく人も多いです。

医者

あとは医者もストレスが溜まる仕事です。

医者の過重労働はたびたび問題に上がっていて、過労死してしまう医者も珍しくありません。

世間的には医者なんて給料も高く世間体よく勝ち組!なんてことも言われていますが、お金を使う暇がなかったら何の意味もありませんね。

医者ですと診断に猛烈な責任がかかってくるため、その結果患者を死なせてしまったら当然ながら医療ミスで訴えられる可能性もありますからね。

営業職

あと営業職もストレスが溜まる傾向にあります。

客の相手をさせられクレームの対応などもさせられますからね。

特に顧客が休日も営業している場合は、休日もお構い無く電話がかかってくるケースがありますし。

私の知り合いの営業職の方も休日も電話がかかってきて大変だと言っていましたね…。

営業職はこのようにストレスが溜まり大変なので、なかなかやりたがらない人が多いです。

それ故に転職も割としやすい傾向にあり、フリーターなどの方でも割と就職しやすい傾向にあるのは確かです。

仕事のストレスが多すぎ!どうしたらいい?

最近は特にブラックな会社も多く、人手不足に陥ってる会社が多いので仕事のストレスで押し潰されそうな方も多いと思いますが…。

そんな状況で働かされていてはやはり潰れてしまいかねませんし。

ストレスの結果うつ病になってしまい、長期療養を余儀なくされてしまった…なんていう方は珍しくありません。

そんな時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

たまには強引に定時で帰る

仕事のストレスが多過ぎる場合は、たまには強引に定時で帰ってしまうことも必要かもしれません。

やはり物理的に休む時間を作っていく必要があると思いますし。

特に最近なんて人手不足の影響で残業や休日出勤も増えている方が多いのではないでしょうか?

働き方改革なんて言われていますが、中小零細企業ですと人手不足でそもそも休めない人が多いと思いますし。

たまには強引に定時で帰ってしまいましょう。

人手不足の会社であれば少々粗相があったところでクビになんてできませんし。

強引に行ってみるのも良いかもしれません。

適度に同僚に仕事を投げる

あとは自分で仕事を抱えすぎてしまう人ほどストレスも抱えてしまいがちです。

なので、適度に同僚に仕事を投げてしまった方がいいでしょう。

そうすればあなたの負担も軽減されますし、ストレスも溜まりにくくなります。

まぁ結局こうやって要領よく誰かに仕事を押し付けたり、割り振っていくスキルが必要になってくると思いますね。

自分1人で仕事を抱え込んでしまう人も余計な仕事やストレスを抱えてしまいますし。

たまには強引に有給休暇をとる

あとあなたのようなストレスが多い方ですと、有給休暇も使えていない方が多いでしょう。

なので、たまには強引に有給休暇を取っていくと良いかもしれません。

そもそも有給休暇は我々労働者の権利ですので、申請すれば会社は断ることができません。

時期をずらして取らせる時期変更権というものはありますが、具体的にいつなら取れるのかという代替案を提示しなければいけませんし。

有給休暇をそもそも取らせないというのは違法です。

こうやってちゃんと休みを確保していけば、今よりはストレスが軽減されるかもしれません。

早めに転職を検討する

あとはそんなにストレスがきついのであれば、早めに転職を検討してしまうというのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の仕事もたくさんある傾向にありますし。

まぁあんまりストレスが多い仕事ですと、たくさん給料貰っても割に合いませんし。

ストレスで働けなくなってしまうリスクもありますからね。

あなたの心と体の健康を考えるのであれば、早めにもっといい環境に移っておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

ストレス多すぎると精神疾患リスクも…。環境を変えてみるのも手

ストレスが多い仕事で働いている方は多いと思います。

ただでさえ今はストレス社会と言われていますし、少子高齢化や日本の衰退などによって会社の収益性が悪化して、ブラック企業化してしまうなんていうケースも珍しくありませんし。

必然的に以前よりもストレスを貯めてたくさん働かないと、稼げなくなってきているんです。

ただそんなストレス過多の状況で働いていると、うつ病になってしまうリスクも上がってしまいますからね。

今は他にも仕事はたくさんある訳ですから、早めに環境を変えてみるのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。