仕事で車の運転が怖すぎ!できれば怖くて運転したくない時の対処法

hahanriji/Pixabay

  • 仕事で車の運転が怖い!
  • 事故ったらどうしよう!
  • 最近事故を起こす夢ばかりみる…

とお悩みの、仕事で車の運転が怖いと考えている方のためのページです。

 

私も免許取り立ての時は、あなたと同じ悩みを抱えていましたので気持ちは分かります。

しかも初心者マークをつけていたのに、送迎をやらされていたのでヒヤヒヤでした。

なんとか事故を起こさずに仕事はこなせましたが、車を運転する夢を毎日見たり、気が気ではありませんでした…。

 

ですが、そんな嫌な思いを抱えながら仕事をしていては、本当に事故を起こしてしまいかねません。

そんなときにできる対処法まとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

都会に引っ越す

仕事で車の運転をしたくないのであれば、都会に引っ越してしまうのも手段の1つですね。

都会は電車やバスなどの交通網が発達しています。

なので、都会は車に乗らなくても大丈夫な仕事が多いです。

まあ、営業職とか、外回りさせられる仕事ですと車に乗らされますけどね。

 

都会は車に乗ろうとすると駐車場代などがかかってきます。

出費としては結構痛いんです。

田舎はダメですね。

そもそも通勤からして、車に乗ることになりますから。

運転の必要がない仕事に変える

当然ですが、仕事や会社によっては、運転なんてしなくて済む仕事もあります。

いっそのこと、そういった仕事に変えてしまうのも手段の1つですね。

 

ただ、田舎ですと通勤に車が必要になります。

都会の会社を選んだほうがいいですね…。

あるいは、田舎で就職して、都会に転勤を希望するなどもありですけどね。

 

営業系の仕事ですと、都会でも車に乗らされるのでダメですが。

オフィスワークとか製造系とか、会社で働く内勤系の仕事なら車に乗らなくても済むと思います。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

⇒80%が非公開求人!優良企業転職なら【マイナビエージェント】

 

できるだけ空いている時間に乗る

朝の通勤ラッシュ時や、帰りのラッシュ時は、当然ですが道路は混みます。

道路が混む時間帯には、極力車に乗らないようにしましょう。

道路が混む時間帯ほど交通事故も多いですし、運転に慣れていない場合は危険です。

昼間の時間帯は基本的に空いています。

仕事で乗るのであれば、極力昼間の時間帯に仕事を片付けておくのがいいと思います。

 

ただ、仕事によってはなかなか時間をコントロールするわけにもいかないかもしれません。

どうしても毎日、混む時間帯に運転しないといけない場合も多いでしょうし。

その場合は、なんとか気を付けて運転するしかないですね…。

事前に練習をしておく

geralt/Pixabay

 

あとは車の運転なんて、慣れの部分が大きいです。

なので、あなたの運転技術がまだ未熟なのであれば、単に経験が足りないだけだと思います。

事前に練習をしておくとよいでしょう。

普段、ほとんど車に乗らない生活をしているのであれば、レンタカーを借りてでも運転技術を身につけるのもいいかもしれません

まぁちょっと勿体ないかなとは思いますが、できるだけ早く運転に慣れたいのであれば、少々のコストを払ってもやったほうが、早めに慣れてラクになれるぶん良いかもしれませんし。

 

或いは、もしかしたらあなたは、都会から田舎に転勤してきたのかもしれません。

その場合は、田舎に適応するように車を買った方がいいかもしれませんね。

毎日通勤で車に乗るようにすれば、いつの間にか車の運転なんて慣れていると思いますし。

私も、自動車免許とったのは25歳位の時ですからね。

それまでは都会で働いていたので、免許が必要ありませんでした。

それでも毎日車に乗るようにしたらすぐ慣れましたので、あなたも大丈夫だと思います。

運送系送迎系の仕事だったら辞めたほうが無難かも…

もしかしたらあなたは、車の運転が苦手なのにも関わらず、トラックドライバーやタクシードライバーのような仕事についてしまったのかもしれません。

その場合は運転することが仕事ですから、運転せざるを得ません。

他の運転しなくても済む仕事に変えてしまったほうがいいかもしれませんね…。

 

事故を起こしたら大変なことになりますし、人の命や他人の財産を預かることになる仕事ですからね…。

私は運転に慣れているほうだとは思いますが、流石にそういう仕事は怖いですね…。

送迎系の仕事なんて、下手したら死人が出てしまいます。

都会の本社に行けるよう頑張る

fotolehrling/Pixabay

 

もしかしたらあなたは、田舎に転勤になってしまったのかもしれません。

であれば、都会にある本社に行けるようになるべく、頑張っていくのも手段の1つです。

まぁそもそも、都会に本社がなければダメですけどね…。

 

大抵は、何かめぼしい実績を示したり、出世することができれば本社に…みたいなことになるんですが…。

そうすれば都会に住むことになりますから、電車やバスだけで事足りますよね。

事あるごとに、「出世して本社に行きたいです」とか、会社の人間に言いふらしておくといいかもしれません。

こういうのは目標を言いふらしたほうが、やる気が伝わります。

それに本社で人員の空きができた時に「そういえばあいつ、本社に来たがってたな」みたいに、声がかかりやすいです。

注意して続ける

あるいはもう、とりあえずその仕事を続けてみるしかないかもしれません。

毎日仕事で車に乗っていれば、慣れてくると思いますし。

まぁできる限り注意して運転すれば、事故を起こす確率も低くなると思います。

運転に慣れていない初心者ほど、注意するので事故を起こしにくいとも言われています。

 

むしろ、運転に慣れてきた時のほうが慢心していますから、事故を起こしやすいと言われています。

不安な初心者であれば、注意して運転してれば大丈夫だと思います。

まとめ

車というのは、怖い乗り物です。

慣れていると乗るのが普通になってしまいますが、普通に人を殺すことができる乗り物ですからね…。

怖がらせるわけではありませんが、そういった怖い乗り物にあなたは仕事で毎日乗っているわけです。

正直覚悟がないのであれば、もっと車に乗らなくても済むような仕事を選んだほうがいいかもしれませんね…。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、他の仕事も見つかりやすい傾向にあります。

比較的仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で一生働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【マイナビエージェント】

リクルートエージェント

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

非公開求人の多さが全国最大級に多く、様々な業界に対応した専門のエージェントが常駐しているため、待遇のいいホワイト企業に入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒80%が非公開求人!優良企業転職なら【マイナビエージェント】

仕事をやめるべきか
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。