仕事を任せてもらえない!?できる人材になるための10の基本

geralt / Pixabay

  • 無能すぎて仕事を任せてもらえない…

  • 雑用みたいなことしかやらせてもらえない…

  • それすら最近やらせてもらえない…

とお悩みの、仕事ができなくて仕事を任せてもらえない方のためのページです。

そんなレベルで仕事ができないと、上司もあなたのことを持て余しているのかもしれません。

このまま放置しておくとやばいですね…クビになる可能性もあります。

なんとか仕事を任せてもらえる人材になるための方法をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

同じミスを繰り返していませんか?

何度注意しても同じミスを繰り返してしまうという人もいます。

そういう人の場合、結局最後に尻拭いしないといけないんです。

  • 仕事がちゃんと出来ているかチェック

  • 細かい部分を修正

仕事を任せても、結局こんな工程が増えます。

であれば、あなたに頼るよりもベテランの社員についでに頼んだ方が、無駄がなくて楽です。

 icon-exclamation-circle 

あなたはこれまでに、頼まれた仕事をちゃんとやっていますか?

ミスが多かったり、同じミスを繰り返しているのであれば、もう上司や同僚に呆れられているのかもしれません。

そうなると、汚名返上するのは結構大変ですね。

この場合、今任せられている仕事を着実にこなしていくことを考えた方がいいです。

→要領が悪くて嫌われる!?ダメ社員でも何とかやっていく8つのコツ

教わったことは全てメモする

ちゃんと仕事で覚えたことを教わったことをメモしていますか?

メモしないで何度も同じことを聞いていたら、呆れられるのは当然です。

仕事に対する姿勢も不真面目に見えますし。

「こいつに仕事は任せられない」と考えられてしまうのも当然です。

人間の記憶力ほど、頼りにならないものはありません。

ちゃんと教わったことをメモして、一歩一歩確実に行った方がいいと思いますよ。

向いてないなら早いうちに辞める

あなたは、もしかしたらまだその仕事を始めて間もないのかもしれませんが…。

あまりに向いていないようであれば、転職して職場を変えてしまうというのも手段の一つです。

私も何回か転職していますが、やはり仕事に合う合わないはありますし。

すぐに仕事に慣れて一ヶ月もしないうちに有能扱いされた会社もあれば、全然慣れずに早めに辞めた会社もあります。

やはり向き不向きはどんな仕事にもあると思いますね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

最初にその日の段取りを考える

geralt / Pixabay

仕事ができない人っていうのは、とにかく仕事の段取りが悪いです。

最低限、その日仕事で使うものや書類などは全て用意しておくべきです。

可能であれば、今日行う全ての仕事目を通して、そこから起こりうるトラブルに対しても全て準備しておくべきです。

起こりうることは起こりますから。

トラブルって結構起こるんですよ。

 icon-exclamation-circle 

まあまだ慣れていないのであれば、そこまでするのは難しいと思います。

最初にこれをやって、次にこれをやって…っていうつなぎの部分に、無駄な時間ができないようにしましょう。

そして「全て問題なく、ソツなくこなすにはどうすればいいか?」それを常に考えてください。

最優先は、今日中に必ずやらなければならないことです。

頑張ればそのぐらいはすぐに片付いてしまう可能性もあります。

余裕があれば行った方がいい仕事も用意しておく必要があります。

先へ先へ先読みしてやっていけば、大抵はできます。

これやっていけば、仕事にもよりますが一週間の予定がかなり早く終わったりします。

前倒しで出来るんです。

余裕を持って仕事に取り組めます。

ミスしたら原因を徹底的に分析して潰す

仕事が出来ない人は、些細なミスをそのままにしておきがちです。

ですが、ミスや失敗が一件起きたということは、その裏でにたような事例が10件100件ぐらいあると思います。

と言うか、ある一つの事が原因で色々なミスや失敗が起きている可能性が高いんです。

なので1つミスがあったら原因を徹底的に究明して潰しておいた方がいいです。

そうすれば、後々二度と悩まなくて済みます。

それを放置しておくと何度も同じミスや失敗が起こるので、確実に潰しておいてください。

これをやらずにミスや失敗が多いって、当たり前です。

マニュアルを作る

大抵の仕事はマニュアル化できます。

まあそこまで厳密にマニュアル化するつもりはありませんが。

自分がわかればいいので。

大雑把にでも、

  • これは最初にこれをこうする

  • これは間違いやすいので注意

  • 最悪わからなければ○○さんに聞く

とか。

頭が働かなくてもわかるマニュアルを作りましょう。

その通りにやれば馬鹿でも出来るレベルで。

 icon-exclamation-circle 

特にテンパりやすい人とか動揺しやすい人は、何かミスが起こって動揺してしまうと、頭の中が真っ白になってしまいがちです。

そういう時に次何をやればいいのか、マニュアルを作っておくと非常に便利です。

常に万全の状態で仕事できるわけじゃないので。

頭が冴えてるときに、「ここはこうすればいい」ってマニュアル作っとくと便利なんですよ。

忘れても大丈夫ですし。

準備をちゃんとする

これも段取りに近いんですけど、最初に準備をちゃんとしておきましょう。

不足しているものを補充しておくとか。

今日使うものは全部完璧に準備しておくべきです。

これが結構、事前に準備しておかないと、かなりのタイムロスになったりするんですよ。

仕事にもよりますけど。

 icon-exclamation-circle 

朝の時点で気づいておけば、朝礼の時にでも上司に言って何とかしてもらうことができます。

これが、朝の時点で確認しておかないと、いざそれをやろうとしたときに「あれがないから出来ない」って事になってしまいます。

そうすると手が止まってしまうんですよね。

無駄な時間が出来てしまいます。

出来る人の真似をする

Alexas_Fotos / Pixabay

上司や同僚に、すごく仕事のできる人はいませんか?

できる人の真似をするのが一番手っ取り早いです。

もう相手に憑依する感じで、真似をするといいです。

本当にその人の考えと言うか、行動をトレースする勢いでやりましょう。

これができればなんでもできます。

 icon-exclamation-circle 

私も何回か転職してますけど、新しい職場に行ったらまず、仕事が一番できる人を探します。

その人を観察して、真似をするところから始めます。

そうすると大抵、その人の次ぐらい優秀にはなれるのです。

自分なりにアレンジを加えていけば、抜くことも可能ですが。

とにかく守破離という言葉がある通り、最初は真似から入るべきです。

あなたは仕事ができないという自覚があるんであれば、自分で考えてやっても最初はそれは無理です。

最初はある程度の型を持ってきて、そこから自分なりに考えてやってきた方が効率的です。

この本が参考になると思います。

やる気をもっと出す

あとは気持ちの問題もあると思います。

  • その仕事でできるようになりたい

  • 一人前になりたい

と本気で思っていますか?

心のどこかで「こんな仕事やってられない」とか馬鹿にしていませんか?

 icon-exclamation-circle 

でしたら、もっとやる気をもっと出した方がいいかもしれません。

人間、大抵のことは実現できると思うんですが、やる気が出ない事に対してはどうしようもありませんから。

いっそのこと、もっとやる気を出せる、興味のある仕事に移ってしまうのもアリかもしれません。

やる気が出ることなら、続けるだけで達成できます。

まあそうもいかないと言うのであれば、今の仕事を好きになってもっとやる気を出すようにする工夫が必要です。

→【やる気出ない】仕事で必死になれない時に試したい10の方法!

他人のために頑張る

Defence-Imagery / Pixabay

自分のために頑張るとやる気が出ない人もいます。

でしたら、誰か他人のために頑張るようにしたほうが上手くいくかもしれません。

というか、今はあなたの分の仕事を誰かが負担している状態だと思います。

仕事を任せてもらえないってのは、あなたができないから仕方なく他の人がやってる可能性高いです。

 icon-exclamation-circle 

早く仕事できるようにならないと、その部署や会社のお荷物であり続けます。

ずっとこのままだったらクビになる可能性が高いです。

正直、悪い言い方をすれば迷惑をかけているともいえます。

なので、もう少しその先輩方の為に頑張った方がいいかもしれません。

そう考えれば頑張れませんか?

まとめ

新人のうちはまだいいかもしれません。

ですが、しばらくしてずっとできないままですと、クビになる可能性があります。

今のうちに、要領の良さを身につけておいた方がいいです。

仕事を続けられたとしても、部署移動などでまた新しい仕事を覚えなくてはならなくなることもあります。

そこでついていけないと、「あの人は要領が悪いから」とか言われて、リストラ候補にあがってしまうかもしれません。

今のうちに頑張っておいた方がいいです。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする