部下が何も言わなくなった原因はこれ!早めに対処しないとマジでヤバイかも

philm1310 / Pixabay

  • 部下が何も言わなくなった!
  • 以前はよく意見してくれていたのに…

そんな悩みをお持ちの方も、今のご時世珍しくないかもしれません。

 

私も何回か転職していますが、突然何も言わなくなる人はいますね。

特に何もなければいいですが、突然豹変したということは、何もないはずがありません。

「この会社ではいくら頑張ってもムダ」と見限ってしまった可能性が高いです。

「会社が駄目なら自分が頑張って変えていけばいい!」なんて意識の高いことを言う連中もいますが、たかがイチ平社員が頑張っても焼け石に水です。

そんな無駄な努力をするよりは、最初からマシな会社に転職したほうが期待値が高いため、大抵はそのまま辞めていってしまうケースが多いです。

 

この記事では、部下が何も言わなくなった時のよくある原因についてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

部下が何も言わなくなった!よくある原因は?

部下が何も言わなくなるというのは、よくある事例です。

私も以前勤めていた会社で部下や後輩ができた時、それまで明るかった部下が突然何も言わなくなり、ほどなくして辞めていきました…。

丁重に扱っていたつもりだったんですが、相手がどう思うかはわかりませんし、上司に不満はなくても会社に不満があると辞めていきます。

部下が何も言わなくなるよくある原因についてまとめてみましたので、参考にしてください。

上司と会社には期待できないと諦めてしまった

部下が何も言わなくなるよくある原因として、上司と会社には期待できないと諦めてしまったことが挙げられます。

もしかしたらその部下は、以前は会社を良くしようと、活発に意見を出していたのかもしれません。

しかし突然何も言わなくなったのであれば、「この会社はもう手遅れでどうしようもない、頑張るだけムダだ」と諦めてしまった可能性が高いです。

これは学習性無力感と言い、一度諦めて無力感を感じてしまうと、もう現状を良くするための行動をしなくなってしまいます。

 

まぁ、どうなんですかね。

会社は株主のものですし、いくら仕事を頑張ったところで給料が増えない会社も今は多いです。

こういった「頑張るだけムダ」と諦めて「適当に仕事して給料が貰えればそれでいいや」と割り切っている人はたくさんいると思います。

特に日本人は自己責任論が大好きなため、経営側を責めるよりも社員個人に責任を押し付けるケースが多いです。

不用意な発言をすると自己責任と責められるため、何も言わなくなってしまいます。

水面下で転職活動を進めている

部下が何も言わなくなるよくある原因として、水面下で転職活動を進めていることも挙げられます。

働きながら転職活動を進めるのは大変なので、目の前の仕事に身が入っていない可能性が高いです。

間もなく他の会社に転職するのであれば、上司や会社がどうなろうが知ったこっちゃないので、関心がなくなります。

転職活動も忙しいので結果的に何も言わなくなり、大人しくなります。

 

有給休暇の日数が増えたり、コッソリスマホをいじっている場面が増える場合は、この可能性が高いです。

転職の面接を受けに行ったり、転職サイトを見ている可能性が高いです。

辞めるタイミングを窺っている

部下が何も言わなくなるよくある原因として、辞めるタイミングを窺っていることも挙げられます。

というか私がそうでしたし、もう辞める決心が決まっているのであれば、「何て切り出そう、そして辞めた後どうしよう」ということしか考えられなくなります。

もう今の会社はどうなろうが知ったこっちゃないため、何も言わなくなるのです。

 

ある日管理職であるあなたに「ちょっとお話があるのですが、仕事が終わってからお時間宜しいでしょうか?」みたいに言ってきたら確実ですね。

心の準備だけはしておきましょう。

単に機嫌が悪いだけ

部下が何も言わなくなるよくある原因として、単に機嫌が悪いだけということも挙げられます。

この場合は一時的なものなので、機嫌さえ良くなればまた朗らかな部下に戻るでしょう。

できるだけ早く機嫌が良くなるよう早めに帰してあげたり、サポートしてあげるといいでしょう。

 

ただこういったタイプの部下は、仕事に私情を持ち込んでしまうタイプということです。

ちょっとしたきっかけでトラブルを起こしたり、退職に繋がるケースも少なくありません。

ある意味爆弾とも言えますので、注視しておいたほうがいいでしょう。

仕事がきつすぎて消耗している

部下が何も言わなくなるよくある原因として、仕事がきつすぎて消耗しているということも考えられます。

特に最近は中小零細企業ほど、人手不足で消耗している傾向にあります。

人件費も上がっているため人を増やせず、1人当たりの仕事量が増えて限界に近付いている可能性があります。

 

この場合は、本人は働き続けたくても、心身を壊して辞めていく場合も多いですね…。

仮にその部下が辞めていったとして、新しい人が入ってきても耐えられずに辞めていく可能性が高いです。

あなたは耐えられていても、部下はそうではないかもしれません。

労災事件などになったら大変なので、よく注視しておいたほうがいいでしょう。

部下が見限るヤバい会社からは早めに脱出したほうがいいかも…

部下が何も言わなくなってしまう原因は、複数あります。

しかし一つ言えることは、今のご時世労働環境も給料もいい会社からは、おいそれと人は辞めませんよ。

何かしらあなたの勤めている会社は、問題を抱えているのではないでしょうか?

 

部下が見限って何も言わなくなるような会社からは、転職を検討するというのも手段の一つです。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も増えている傾向にあります。

部下が何も言わなくなり先が見えない状況の方は、思い切って見るのもいいかもしれません。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。