部下が何も言わなくなった原因はこれ!早めに対処しないとマジでヤバイかも

philm1310 / Pixabay

  • 部下が何も言わなくなった!
  • 以前はよく意見してくれていたのに…

そんな悩みをお持ちの方も珍しくないかもしれません。

 

私も何回か転職していますが、突然何も言わなくなる人はいますね。

特に何もなければいいですが、突然豹変したということは、何もないはずがありません。

大抵はそのまま辞めていってしまうケースが多いですね…。

 

この記事では、部下が何も言わなくなった時のよくある原因についてまとめてみました。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

部下が何も言わなくなった!よくある原因は?

部下が何も言わなくなるというのは、よくある事例です。

私も以前勤めていた会社で部下や後輩ができた時、それまで明るかった部下が突然何も言わなくなり、ほどなくして辞めていきました…。

丁重に扱っていたつもりだったんですが、相手がどう思うかはわかりませんし、上司に不満はなくても会社に不満があると辞めていきますね…。

部下が何も言わなくなるよくある原因についてまとめてみましたので、参考にしてください。

上司と会社には期待できないと諦めてしまった

部下が何も言わなくなるよくある原因として、上司と会社には期待できないと諦めてしまったことが挙げられます。

もしかしたらその部下は、以前は会社を良くしようと、活発に意見を出していたのかもしれません。

しかし突然何も言わなくなったのであれば、「この会社はもう手遅れでどうしようもない、頑張るだけムダだ」と諦めてしまった可能性が高いです。

これは学習性無力感と言い、一度諦めて無力感を感じてしまうと、もう現状を良くするための行動をしなくなってしまいます。

 

まぁ、どうなんですかね。

会社は株主のものですし、いくら仕事を頑張ったところで給料が増えない会社も今は多いです。

こういった「頑張るだけムダ」と諦めて「適当に仕事して給料が貰えればそれでいいや」と割り切っている人はたくさんいると思います。

水面下で転職活動を進めている

部下が何も言わなくなるよくある原因として、水面下で転職活動を進めていることも挙げられます。

働きながら転職活動を進めるのは大変なので、目の前の仕事に身が入っていない可能性が高いです。

間もなく他の会社に転職するのであれば、上司や会社がどうなろうが知ったこっちゃないので、関心がなくなります。

転職活動も忙しいので結果的に何も言わなくなり、大人しくなります。

 

有給休暇の日数が増えたり、コッソリスマホをいじっている場面が増える場合は、この可能性が高いです。

転職の面接を受けに行ったり、転職サイトを見ている可能性が高いです。

辞めるタイミングを窺っている

部下が何も言わなくなるよくある原因として、辞めるタイミングを窺っていることも挙げられます。

というか私がそうでしたし、もう辞める決心が決まっているのであれば、「何て切り出そう、そして辞めた後どうしよう」ということしか考えられなくなります。

もう今の会社はどうなろうが知ったこっちゃないため、何も言わなくなるのです。

 

ある日管理職であるあなたに「ちょっとお話があるのですが、仕事が終わってからお時間宜しいでしょうか?」みたいに言ってきたら確実ですね。

心の準備だけはしておきましょう。

単に機嫌が悪いだけ

部下が何も言わなくなるよくある原因として、単に機嫌が悪いだけということも挙げられます。

この場合は一時的なものなので、機嫌さえ良くなればまた朗らかな部下に戻るでしょう。

できるだけ早く機嫌が良くなるよう早めに帰してあげたり、サポートしてあげるといいでしょう。

 

ただこういったタイプの部下は、仕事に私情を持ち込んでしまうタイプということです。

ちょっとしたきっかけでトラブルを起こしたり、退職に繋がるケースも少なくありません。

ある意味爆弾とも言えますので、注視しておいたほうがいいでしょう。

仕事がきつすぎて消耗している

部下が何も言わなくなるよくある原因として、仕事がきつすぎて消耗しているということも考えられます。

特に最近は中小零細企業ほど、人手不足で消耗している傾向にあります。

人件費も上がっているため人を増やせず、1人当たりの仕事量が増えて限界に近付いている可能性があります。

 

この場合は、本人は働き続けたくても、心身を壊して辞めていく場合も多いですね…。

あなたは耐えられていても、部下はそうではないかもしれません。

労災事件などになったら大変なので、よく注視しておいたほうがいいでしょう。

部下が見限るヤバい会社からは早めに脱出したほうがいいかも…

部下が何も言わなくなってしまう原因は、複数あります。

しかし一つ言えることは、今のご時世労働環境も給料もいい会社からは、おいそれと人は辞めませんよ。

何かしらあなたの勤めている会社は、問題を抱えているのではないでしょうか?

 

部下が見限って何も言わなくなるような会社からは、転職を検討するというのも手段の一つです。

幸い今は比較的仕事も多い傾向にあり、転職もしやすい傾向にあります。

部下が何も言わなくなり先が見えない状況の方は、思い切って見るのもいいかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職支援実績NO.1であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。