仕事で気が利かないと言われる!気配り上手な人材になる9の方法

NDE / Pixabay

  •  職場で「お前気がきかないんだよ!」と怒られる

  •  努力はしてるんだけど、つい率先して動けない…

  •  どうやったら気が利く人間になれるの!?

 とお悩みの、仕事で「気がきかない」と怒られている方のためのページです。

 最近は気がきかない人が増えているとも言われています。

コミュニケーションが苦手な方が増えているからかもしれませんが…。

 ですが、「気がきかない」というのは、人生全般にマイナスの影響をもたらします。

できれば克服できるものであれば、現時点で直しておいたほうがいいと思いますね。

 気が利く人材になれるための方法まとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 常に冷静でいる

 気を聞かせるためには、常に冷静でいることは重要です。

 逆に言えば、常にリラックスして冷静な状態を保たなかったら、利かせることなんてできませんよ。

余裕がないということですからね。

 なんといっても、普段は気が利く人だったとしても、動揺してしまったら気がきかない人になってしまったりもしますからね。

なので、極力常に冷静でいられるようにしましょう。

 icon-exclamation-circle 

それにはまず、仕事に慣れることが重要です。

まだ今の仕事について日が浅いのであれば、まずは仕事に慣れることから始めるべきですね。

気を利かせるためには、まずは自分のことを完璧にする必要があるのです。

自分のことをちゃんとやらずに、他人のことをに気を配っている余裕など生まれるはずがありません。

 自分の仕事はさっさと済ます

jarmoluk / Pixabay

気をきかせるということは、他人を助けるということでもあります。

他人を助けるにはまず、自分の仕事をこなしてからにしなくてはなりません。

でないと、気を聞かせたところで「他人のことを気を使っている余裕なんてあるの!?」みたいに怒られる可能性もあります。

何よりもまず、自分の仕事をこなしてからにしましょう。

 icon-exclamation-circle 

あるいは、「自分の仕事はもう終わるな」という目処はつけて置かなければいけません。

でないと、とてもではないですが他人の手伝いなんてしている場合ではないですからね。

まずは、毎日の自分の仕事を早めに片付けて、余裕を持たせることを目標にしましょう。

そうすれば自然と余裕が出てきます。

余裕が出てくれば、自然と周りに目を配ることもできるようになるはずです。

それはすなわち、気が利くということにつながるのです。

「気が利かない」と言う人にお手本を見せてもらう

 あなたは今の職場で、「気がきかない」と言われているということですよね?

 そもそも、そんな文句を言ってくる人というのは、そんなに気が利くのでしょうか?

 私の経験上、そういうことを言ってくる人の方が、気が利かなかったりするんですけどね…。

 なので、一回お手本を見せてもらったらどうでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

 あなたはまだ、今の仕事についてそれほど日が経っていないのかもしれません。

なので、「まずはお手本を見せてくれませんか」というふうに頼んでみてはどうでしょう?

 なんにでも言えますが、まずは人の真似から入るのが上達への近道です。

 「学ぶ」という言葉は、「真似」とよく言いますからね。

 文句をいってくる職場の先輩たちに、お手本を見せてもらいましょう!

 周りとコミュニケーションをとっておく

Unsplash / Pixabay

 周りに気を利かせるためには、周りとコミュニケーション取っておくことが必須です。

「仕事は事前のコミュニケーションが9割」という人もいるくらいですからね。

気をきかせるということは、あなたの周りの同僚や他人に対して、気をきかせるということです。

よくわからない人に対しては、気を利かせようがありませんからね。

 icon-exclamation-circle 

まずはある程度信頼関係を構築して、相手のことをよく知る必要があるのです。

よく知らない人に対しては、「果たしてどう気を利かせればいいのか?」というのがよくわかりませんからね。

良かれと思ってしたことが、相手にとっては不都合なことな可能性もありますし。

それは、事前にコミュニケーションをとって情報得ておく必要があるのです。

 できるだけ早めに出社する

 気を利かせるためには、職場の状況をよく把握しておく必要があります。

とは言いましても、職場の状況なんて日にち単位で目まぐるしく変わっていきます。

仕事が日勤だけであればいいですが、交代勤務の場合はあなたが知らないうちに職場の状況が変わっていたりもしますからね。

昨日日勤の時はこうではなかったのに、夜勤のうちに何かあって職場の状況が変わっていた…みたいなことも考えられます。

 icon-exclamation-circle 

そういった状況をできるだけ早く知って、余裕を持つためにも、できるだけ早めに出社することが必要なんです。

できるだけ早めに出社しておけば、その日の準備や段取りをすることもできますからね。

つまりは1日の仕事を余裕を持って進めることができるというわけです。

余裕ができれば、他人のフォローに回ることもできますし、自然と気が利くようになってきます。

遅刻ギリギリの時間に出社していたのでは余裕がありません。

それではとてもではないですが他人のフォローになって回れません。

ということはつまり、気が利かないということになってしまうのです。

 常に先読みして仕事をしていく

jpeter2 / Pixabay

 気を利かせるためには、常に「次の仕事は何だっけ?」ということを考えながら仕事をする必要があります。

今の状況よりも頭が先に進んでいるのであれば、今の状況に対してもっと気を配ることができるようになりますからね。

頭の回転があまり速くない人は難しいかもしれませんが…。

 icon-exclamation-circle 

要は、「動きながら考える」ということです。

1つの動作が終わるたびに「次はどうするんだっけ?」というふうに考えていたら、無駄な時間が生じてしまいます。

常に頭をフル回転させて、無駄な時間が生じないようにすべきです。

そうやって仕事をしていけば、まとまった余裕のある時間もでてきますし、他人のフォローに回ることもできるようになります。

それはつまり、気が利くという事ですよね。

気が利く人の真似をする

 後はやはり、こういうのは誰かの真似から入ったほうがいいと思います。

 何事にも言えますが、上達の近道は上手い人の真似をすることです。

 あなたもしかしたら、まだ働き始めて日が浅いのかもしれません。

 「どうすれば気を利かせることができるのか?」まだよくわかっていないのかもしれません。

 でしたらなおのことを、職場で気が利くと言われている、優秀な先輩の真似をしたほうがいいですね。

 icon-exclamation-circle 

 私も複数の会社を経験していますが、大抵その職場で一番優秀な人の真似さえしておけば、大抵はうまくいきます。

「ものまねが上手い奴は仕事ができる」と思います。

まぁ優秀な人とか、頭がいい人といっても、所詮同じ人間ですからね…。

脳の構造なんて大抵みんな同じですから、真似すれば同じことができるはずです。

そんな感じで、「あいつにできるんだから俺にだってできるはずだ」という考えで私は仕事してますけど。

職場の仲間がどうすれば喜ぶか?考える

 後は、結局はこれを考えることが秘訣だと思います。

 「気が利く」ということを判断するのは、あなたの職場の同僚だと思いますので。

 あなたの職場の同僚が喜ぶようなことをすれば、自然とあなたのことを「気が利く」というふうに評価してくれると思います。

 icon-exclamation-circle 

働く以上、みんないい気分で働きたいじゃないですか。

小手先のテクニックはいろいろあると思います。

ですが、結局はこういったマインドの部分が重要だと思うんです。

  • 「職場の同僚喜ばせてあげよう」
  • 「みんなで気持ちよく働けるようにしよう」

見たいに考えていれば、自然と気を利かせるように動くと思いますよ。

 そう思わないのであれば、その職場が嫌いだったり、その仕事あなたに向いていないのかもしれません。

もっと人間関係が良い職場に移る

そもそも、面と向かって「気が利かない」なんて指摘してくる会社は、人間関係が悪いのではないでしょうか?

人間関係が良ければ、もっとやんわり指導してくれたり、丁寧に指摘してくれると思いますが。

こんなページ見ている時点で、結構ギスギスした職場なのかもしれません。

でしたら、もっと人間関係が良い職場に移ってしまうというのも手段の一つです。

人間関係が悪いと、遅かれ早かれ辞めてしまう人が多いですからね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

 まとめ

 こういうのって、慣れていけば自然と気が利くようになると思いがちです。

ですが、こういうのは意識してやっていかないと、気がきかない人というのはずっと気がきかないままだと思います。

気がきかない人というのは、老若男女問わず嫌われてしまいます…。

今は若いからまだいいかもしれませんが、これから年をとっていいって気がきかないままだと、やばいかもしれません。

後で「何だお前、その年になっても気がきかないのか!」みたいに、遥か年下の若者にこき使われるときが来てしまうかもしれません。

今のうちに、気が利く人材になるようにトレーニングをしておいたほうがいいと思います。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする