異動したが元の部署に戻りたい!穏便に前の部署に復帰する5ポイント

ZIPNON / Pixabay

  • 異動したが想像以上にきつい!

  • できることなら前の部署に戻りたい!

  • でもそんなワガママ通らないだろうな…

とお悩みの、異動したものの前の部署に戻りたいと考えている方のためのページです。

あなたのような方は、決して珍しくないと思います。

転職したものの、「元の会社に戻りたい」なんて言ってる人もいますし。

転職よりは、異動してから「こんなはずじゃなかった」となったほうがマシかもしれませんね。

部署異動であれば、戻れる可能性がありますから。

ですが、一体どうすればいいのでしょうか?

なんとか元の部署に戻れるようにするために、できることをまとめてみました。

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

元の部署の上司に相談する

戻りたいと思っている、元の部署の上司に相談してみるのも手段の一つです。

もしかしたら、あなたが元の部署に戻れるように取りはからってくれるかもしれませんし。

まあ部署ごとなくなっていたり、人員が総とっかえになっていたら無理な方法ですが…。

あなたを含む少数の人間だけ異動になったのであれば、元の部署に一緒に働いていた人はいるはずです。

上司や旧知の同僚に相談してみるのもいいと思います。

何か知恵を貸してくれるかもしれませんし。

慣れたあなたが戻ってきてくれた方が、元の部署の仲間も喜ぶかもしれませんし。

あなたが異動したことで元の部署の状況も変わっているでしょうから、一度相談してみるのもアリだと思います。

 icon-exclamation-circle 

しかし上司の力を使ってもダメなら、これはもう諦めたほうがいいですね。

上司と言っても、会社内で絶大な権力を持ってるわけでもないでしょうし。

その場合は、諦めて働くか、他の会社に行くのもアリかもしれません。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

精神科に行って診断書を貰う

jarmoluk / Pixabay

あまりに今の部署がつらいのであれば、精神科や心療内科などに行き、診断書を貰うというのも手段の一つです。

診断書を貰えば、休職したりしばらく会社を休んだりすることもできます。

 icon-exclamation-circle 

異動した結果そうなったということは、恐らく【適応障害】くらいは診断してもらえるはずです。

というか、私転職してからきつくて死ぬほど落ち込んでた時、心療内科を受診したら適応障害の診断貰いましたし。

で、それを会社側に伝えれば、「元の部署に戻らないか?」みたいな話も、出てくるかもしれません。

前いた会社で、そういう感じになって元の部署に戻ってた人いましたよ。

会社としては辞められるよりは、元の部署に戻って働いてもらいたいと考えるはずです。

いっそ他の会社に移ってみる

或いは、いっそのこと他の会社に移ってみるというのも手段の一つです。

まあ、転職するってことですが。

恐らく、今回頑張って元の部署に戻れたとしても、それから先どうなるかわかりません。

今回戻れても、また異動になるかもしれませんし。

今よりも体力も気力もなくなって年老いてから、また嫌な部署に飛ばされたらどうします?

元の部署の仕事はあなたに適正がある仕事だったかもしれませんが、他の部署ではそうではないのかもしれません。

でしたら、もっと会社全体で、あなたに適正がある仕事をさせてくれる会社に移るというのも手段の一つです。

というか、元の部署に戻れない場合は、遅かれ早かれ転職考え出すと思いますけど…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

「会社を辞めたい」と言い出す

SerenaWong / Pixabay

諸刃の剣ですが、いっそのこと「会社を辞めたいと思っています」みたいに、直属の上司に相談してみるのも手段の一つです。

荒療治ですが、結構効果があるかもしれません。

あなたに辞められてしまったら、他の部署でも経験があるベテラン社員を、会社は一人失うことになるわけです。

そうなったら、また新たに人を雇わなくては行けませんし、社内でもまた人事異動をしなくてはいけなくなるかもしれません。

あなたを採用するための求人掲載のコストや、あなたに今までかけてきた研修費や福利構成費などのコストも、会社はこれまでに支払ってきたわけですし。

会社としてもできることならば、あなたに継続して働いていてほしいと思っています。

なので「今の部署はあわないから会社を辞めたい」とまで言い出せば、会社としても考えてくれると思います。

「元の部署に戻れるようにするから、うちの会社で働き続けてくれ!」みたいになる可能性が結構高いです。

 icon-exclamation-circle 

まあ、あなたがお荷物社員の場合は、「あっそ。じゃあ辞めれば?」みたいに言われるかもしれませんが…。

ですが引き留められなかった社員というのは私はあまり見たことがないので、多分いけると思います。

ただ社員を大事にしない、「代わりはいくらでもいるんだ!」と考えてる会社が多いのも事実です。

実際言ってみないとわからないですね…。

⇒お前の代わりはいくらでもいる!理不尽な職場を脱出する6つのヒント

やる気がない、落ち込んでるアピールをする

或いは、こちらから何かアクションを起こすのが苦手であれば、

やる気がなくなっている、落ち込んでいるアピールをしましょう。

明らかに貴方のやる気がなくなっていることが社内で知られれば、

  • 「新しい部署に馴染めないんだな」

  • 「元の部署に戻りたいんだな」

みたいなことが、あなたの周りにも伝わります。

周りがあれこれ世話を焼いてくれるのを待つという、悪い言い方をすれば子供みたいな戦法ですが…。

まあ、何もやらないよりいいと思います。

元の部署の上司が、見るに見かねて何か話を持ってきてくれるかもしれませんし。

まとめ

勇んで異動を願い出たものの、「やっぱり元の部署に戻りたい」となるのはよくあるパターンです。

私が以前いた会社でも、そういう人いましたし。

結局イスがなくて戻れず、転職してましたけど…。

ですが、もしかしたら貴方の行動次第で、戻ることも可能かもしれません。

諦める前に、できることがあればやってみたほうがいいでしょう。

まだ異動してそれほど時間が経っていないのであれば、早い方が戻りやすいはずです。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする