【嬉しいけど…】社員にならないかと言われた!どうすべきか迷った時の8の注意点

geralt / Pixabay

 

  • 社員にならないかと言われた!
  • でも今の会社で社員になっちゃっていいのかな…?

そういった悩みをお持ちの方今の御時世珍しくないかもしれません。

 

特に最近は人手不足の影響で、非正規雇用の人材を社員に登用する会社も増えてきていますからね。

バイトやパートなどの気楽な身分ですと、いつ辞めていってしまうか分かりませんし。

そこで社員にならないかと持ちかけて長く働いてもらう会社も珍しくありません。

 

ですが正社員と一言で言いましても、会社によって扱いはピンからキリまでありますからね。

ブラックな会社で間違って正社員になってなってしまうと、待遇が悪くなってしまい割に合わないことになってしまう方もいらっしゃいます。

この記事では正社員登用を検討する時の注意点についてまとめてみました。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

人手不足の影響で社員にならないかと誘われる方も多いが…

最近はあなたのように社員にならないかと声をかけられる方は割と多いです。

最近は本当に人手不足に陥っている会社が多いですからね。

帝国データバンクの2018年の調査によれば、半数以上の企業が正社員が足りていないと回答しています。

 

最近はバイトやパートで募集をかけてもなかなか人が来ない会社も多いですし。

一昔前は正社員になりたくてもなれないという人が多かったのですが、最近はそうでもありません。

そもそも少子高齢化による生産年齢人口の減少に寄って、人手不足に陥っている会社が多いですからね。

 

実際ネットやSNSなどを見てみても、

今のバイト先で「社員にならないか」と声をかけられたんだけど、今の会社超ブラックなんだよね。

バイトだから気楽に働けてるけど…。

うーん、やっぱここはないかな。

 

派遣なんだけど、真面目に働いてたら「引き抜くから社員にならないか」と言われたよ。

大企業で働いてた時はそんな話全くなかったのに、中小企業だと本当に人が足りてないんだね。

引き抜く場合結構お金がかかるらしいけど、正社員で募集かけても誰も来ないみたい。

どうしようかなぁ。

 

学生バイトだけど、社員にならないかと言われたよ。

こんなブラックな飲食店で社員になんてなるわけねーだろw

貴重な新卒切符はもっといい会社に使わせてもらいます。

こんな意見が散見されますからね。

 

やはりあなたのような非正規雇用の人材を社員にしていって、定着を図っていかないといけない程の人手不足に陥っている会社が多いんだと思います。

最近はバイトやパートなんていくらでもありますし。

正社員も選ばなければ結構見つかったりしますからね。

 

正社員になってしまうと、サービス残業が増えて時間単価が下がるケースも!

社員にならないかと声をかけていただくのは一見喜ばしいことではあるんですが…。

これも会社によるかもしれません。

それといいますのも正社員になってしまうと、会社によってはサービス残業が増えてしまうケースが多いからです。

 

中小零細企業のブラック企業なんて、多かれ少なかれサービス残業があったりしますからね。

そうなると給料で時給換算すると、今よりも時間単価が下がるケースも見受けられます。

特に飲食店や小売店などのブラックでサービス残業が多い業種ですと、こういった傾向は顕著ですね。

 

 icon-exclamation-circle 

そういったブラックな業界でなまじ正社員なんてなってしまうと、本当に時給換算するとフリーター並かそれ以下の時間単価になってしまうというのもよくあるパターンです。

下手したら最低賃金すら割るケースすらありますからね。

 

こういったブラックな会社ですと、フリーターの方が社員にならないかと声をかけられても、割に合わないので断るケースが多いですからね。

最近は法律が変わって非正規の方でも条件も満たせば、社会保険ぐらい入れるようになりましたし。

そんな中間違ってダメな会社で正社員になってしまうと、今よりも時間単価が下がる可能性があり割に合わないことになってしまいます。

こういった会社の場合は断った方がいいような気がしますね。

 

大して給料上がらないのに責任だけ増えるケースも!

社員にならないかとは言いましても、やはり社員になることでどれぐらいのメリットがあるかが問題です。

中には社員になっても大して給料上がらないケースもありますからね。

上で述べたように、サービス残業が増えると時間単価は割に合わないものになりますし。

特に飲食店や小売店などの正社員になってしまうと、店長とか店長候補になりますから、「お前は管理職扱いだから残業代はない」なんて無茶苦茶な理論で給料減らされるケースもありますし。

そうなると責任だけ増えてしまうというのは、よくあるパターンです。

 

本当に正社員がいいかどうかは会社によるんですよ。

ブラックな会社ですと、なまじ正社員なんてなってしまうと、責任だけ押し付けられてしまいます。

むしろそういった業界ですと、バイトやパートなどの非正規雇用の人材が全然集まらないため、バイトの方が時給がいいなんて言う逆転現象が起きていたりします。

こういった会社の場合は社員になっても消耗するだけですので、断った方が良いかもしれませんね。

 

正社員になっても多額のボーナスが出るとは全く限らない!

社員にならないかと誘われる方は多いんですが…。

しかしそこで正社員になったからといって多額のボーナスが出るとは限りません。

 

こういった話になると

  • 正社員はボーナスが出るから!
  • 絶対に正社員になった方がいいよ!
  • フリーターは働いた分しか出ないし!

なんてことを言ってくる人もいるんですが…。

そりゃ待遇の良いホワイト企業の正社員であれば、絶対に正社員になった方がいいですが、中小零細企業の正社員なんてボーナスは大して期待できませんよ。

 

 icon-exclamation-circle 

ボーナスの時期になると大企業のボーナス平均額が70万円とか80万円とか発表されていたりしますが…。

中小零細企業に限って言えば平均額は30万円前後と言われていますし。

その位出ればましですが、ダメな会社だと全然なかったり5万円とか寸志程度だったりしますし。

 

2018年冬のボーナス統計によりますと、中小零細企業の約4割はボーナスなしだったようですからね。

世間では「絶対に正社員になるべき」なんて言う盲目的に正社員を信じる声が多いですが、本当に会社によってピンキリなので、こういったところはよく見極めた方がいいと思います。

でないと責任だけ押し付けられて給料も上がらずボーナスも出ず、損な役割を押し付けられるだけになってしまいますし。

 

正社員になっても社会保険すら無いケースも!

社員にならないかとは言いましても、やはり会社によって福利厚生が整っているかどうかも変わってきます。

特に福利厚生を期待して正社員になる方も多いのですが、残念なことに正社員になったからといって社会保険にすら入れるかどうかは分かりません。

 

 icon-exclamation-circle 

それといいますのも、我が国には社会保険加入義務があるにも関わらず加入させていない悪質な事業所が、厚生労働省の調査によりますと約80万社もあるからです。

我が国の企業数は約400万社ですから、5社に1社は社会保険に入れていないということなんですね。

厚生年金、加入逃れ阻止 政府、納税情報で特定 中小など80万社指導へ|日本経済新聞

 

それといいますのも社会保険に加入させてしまうと、従業員の保険料を会社が折半で半分払わないといけないからですが…。

今は法律が改正されて、まともな会社であればフリーターでもフルタイムかそれに近い働き方をしていれば、社会保険ぐらいは入れてもらえるんですが…。

ダメな会社で正社員ですと、未だに社会保険すらなかったりします。

なので、社員にならないかと言われても、こういった社会保険すらないブラックな会社で正社員になっても、扱いはバイト以下で何の保証もありません。

 

こういたダメな会社の場合は、正社員になっても福利厚生もなく全く安定していないということです。

社会保険すらない会社の正社員になっても、怪我をしても何の保証もありませんし。

メリットがないのでやめた方がいいでしょう。

 

転職しやすい業界だと、あまり正社員にメリットがないケースも…

社員にならないかとは言われましても、正社員のありがたみも業界によって変わってきます。

特に人手不足で正社員で募集をかけても全く人が来ないような人手不足業種もありますし。

そういった人手不足業界ですと、正直中高年でも未経験で正社員になっていたりしますし。

正社員とは言いましてもピンキリで、良い会社じゃないと大した有難みはありません。

 

 icon-exclamation-circle 

特に人手不足の介護業界などは、派遣やパートの方に「社員にならないか」という声をかけるケースは普通にたくさんありますし。

私の周りでも50代から介護の仕事を未経験で初めて、正社員になった方もいらっしゃいますし。

こういった業界ですと正社員になったところで、大して給料が上がらなかったりボーナスも少なかったり、その分責任が増えてあまり割に合わなかったりします。

ちなみに超人手不足のタクシー業界なんかは、60代70代で未経験の新人の方がいたりしますね…。

 

特に介護業界は、派遣で働けば正社員じゃなくてもそこそこ時給が出るため、結構美味しかったりします。

離職率が高いからいつブラック化するかは分かりませんからね。

派遣の方が逃げやすいというメリットもあります。

こういった業界であれば、社員にならないかなんて言われてもメリットがあまりないので、ちょっと考えた方が良いかもしれません。

人手不足業界なら、今正社員にならなくてもあと10年後とかでもなれたりしますし。

 

正社員になっても、中小零細企業の退職金なんて大して期待できない!

正社員になると退職金が出るということを期待している方も多いかもしれません。

ですが中小零細企業の退職金なんてほとんど期待しない方がいいと思います。

 

これが大企業で待遇の良い会社であれば、数千万円レベルの退職金が期待できると思いますが…。

正直大企業や東証一部上場企業と言いましてもピンキリですし。

東証一部上場企業でも退職金はほとんど積み立ててくれなかったり、月数千円ぐらいしか積み立ててくれないなんていうケースもザラです。

盲目的に「大企業なら多額の退職金出るはず!」なんて調べもせず思い込んでる方が多いですが、マジで会社によってピンキリです。

 

 icon-exclamation-circle 

厚生労働省の調査によりますと、約四社に一社はすでに退職金制度そのものがありませんからね。

中小企業の多くが加盟している中小企業退職金共済を例に取りますと、一番安い掛け金は月5000円です。

40年かけても運用益を加算しても300万円いかないぐらいです。

 

まぁもらえるだけマシですが、会社独自の退職金でもっと低い金額をかけている会社も多いですし。

私の近所にも、40年近く勤めて退職金が100万円しか出なかったなんて言う方もいらっしゃいます。

会社によって全く掛け金も退職金の規定も変わってくるため、そんなに多額の退職金がもらえるかはわかりません。

退職金の算定方法は就業規則に書いてありますので、一度調べたほうがいいでしょう。

 

大企業であれば、給料も高く退職金も多いという美味しい感じになりますが…。

中小零細企業だと退職金が多い会社だとその分毎月の積立額が多くなるので給料は少なめになる…という風にトータルは変わらないなんていうケースもありますし。

そこまでいいものかと言われるとわかりません。

 

正社員になればどのくらい給料上がるかしっかり確認すべき

社員にならないかとは言われましても、やはりそれがおいしい話なのかどうかは本当に会社によります。

これが待遇のいい大企業であれば絶対に正社員になった方が良いかもしれませんが、大企業と言いましてもピンキリですし。

待遇は良くても超ブラックな会社ですと、なまじ正社員になってしまったばかりに残業が増えてうつ病になってしまったり、過労死に追い込まれてしまうケースもありますからね。

給料が上がったところで、死んでしまったり体を壊してしまっては元も子もありません。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、正社員になればどの位給料が上がるのか?どのぐらい仕事量や責任が増えるのか?ということは絶対に確認しておいた方がいいです。

割に合わなさそうであれば、社員にならないかなんて言われてもおいしい話でもありませんので、断った方が良いかもしれませんし。

 

世間的には

  • フリーターは絶対ダメ!
  • 絶対に正社員になるべき!

なんていう極端な思想が蔓延していますけど、本当に会社によりますよ。

特にこれからは人口動態的に更に人手不足が加速していくことは確定していますので、別にこれから先仕事にもあまり困らないでしょうし。

ちょっとよく考えた方が良いかもしれません。

それに、今の会社で正社員にならなくても、他に正社員を募集している良い会社はたくさんありますからね。

 

今は仕事多いので他に正社員を募集してる会社を探すのも手

やはり変な会社でなまじ正社員になってしまうと、割に合わないことになってしまう可能性があります。

社員にならないかなんて言われて浮かれて社員になってしまったばかりに、残業代が出なくなったり責任だけ増えて割に合わないことになってしまう方もいらっしゃいますし。

そんなダメな会社で正社員になっても、あまり旨味はないと思います。

 

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えています。

帝国データバンクの2018年の調査によれば、約半数以上の企業が正社員が足りていないと回答していますし。

今はいい会社の正社員を募集している会社もたくさんありますので、今の会社で社員になるよりをもっとマシな会社を探すのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

今は人手不足の影響で、非正規雇用の人材を社員にしようと考える会社も多いのですが…。

やはり正社員の方が割に合うかどうかは本当に会社によります。

世間的には「絶対に正社員になるべき!」なんて言われていますが、それは高待遇なホワイト企業の話ですよね。

 

これが中小零細のブラック企業ですとサービス残業が多く、時給換算するとフリーター並かそれ以下の時間単価になったりしますし。

下手したら最低賃金を割るケースもザラにあります。

そんな会社で社員になってしまうと、責任だけ押し付けられて今よりも割に合わないことになってしまいます。

決して極端な話ではなくブラックの業界の正社員ですと、本当にそういったことはザラにあります。

 

まぁ今の会社で社員にならなくても、今は正社員を募集している会社はたくさんありますけどね。

有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を越えてきていますし。

今ならばもっといい会社の正社員にもなりやすいので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

 

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

非正規雇用
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。