仕事で誤解された!誤解されやすい人の特徴と誤解された時の対処法

geralt / Pixabay

  • 仕事で誤解されてしまった!

  • 頻繁に誤解される状況に陥ってしまう!

最近はそんな悩みをお持ちの方も珍しくないかもしれません。

本人の性格にもよるのかと思いますが、やはり誤解されやすい人というのもいますからね。

実は私もそんな感じで職場でのすれ違いから、何回も誤解されてしまったことがあります。

誤解されてしまうと、人間関係も悪くなりますし、かなり働きにくくなってしまうんですよね。

こちらから謝って言ってもなかなか許してくれない人も多いですし。

そんな中誤解されやすい人と言うのは、結構大変な思いをして働いているかもしれません。

この記事では、そんな誤解されてしまった時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

仕事で誤解されやすい人は多い!

最近はあなたのように、仕事で誤解されやすい人というのも多いと思います。

特に最近は労働環境や人間関係の悪いブラック企業も増えてきていますからね。

そんなギスギスした会社で働いていては、すれ違いも起きやすいのです。

実際ネットSNSなどを見てみても、

長時間労働のブラック企業に勤めてるんだけど、人間関係は本当に悪いよ…。

みんなギスギスしてるから、誤解やすれ違いが頻繁に起こるからね。

離職率も無茶苦茶高いよ。

俺も今度転職するつもりだよ。

気難しい上司の下で働いてるんだけど、なんかすぐに被害者ヅラするから

しょっちゅう誤解されたりすれ違いがあるよ。

あんな人と一緒に働きたくないよ。

この前職場で良かれと思ってやったことが裏目に出て誤解されてるわ。

前も似たようなことがあったような気がするが…。

きつくね、どうしたらいいの。

こんな意見が散見されますからね…。

やはり最近はギスギスしてる職場が多いので、そういった誤解やすれ違いは多いと思います。

最近は人手不足の会社が多いので、あまりゆとりをもって働ける会社ばかりではありませんからね…。

なかなか厳しいかもしれませんね。

誤解されやすい人は、一部の人に嫌われてるだけのことも

そういった誤解されやすい人というのは、やはり職場で嫌われている傾向にあります。

みんなに嫌われていなくても、一部の人には嫌われているケースは多いです。

そしてそういった嫌われている一部の人に、誤解されてしまうケースが多いんです。

やはり人間は無意識に、好きな相手と嫌いな相手を分けてえこひいきしてしまうものですから。

嫌われてしまうと、ついつい悪い方に解釈されてしまいがちなんです。

 icon-exclamation-circle 

ちょっとしたミスをしてしまったとしても、嫌われている人だと

  • 「何それ!?私への当てつけ!?」
  • 「なんでわざわざ私の時にミスしたの!?」
  • 「嫌がらせなんじゃないの!?」

などなど。

ちょっとしたことでも、悪い方に解釈されてしまうのです。

そういったすぐ悪い方に解釈する、逆恨みしがちな方というのも多いですからね。

誤解されやすい人は、舌足らずで説明下手

そういった誤解されやすい人というのは、舌足らずで説明下手な傾向にあります。

人間話せば分かり合えるものでもありませんが、話さないと誤解されてしまいますし。

コミュニケーション能力が低い方ほど、誤解されやすい傾向にあります。

やはり言わないとわからないこともありますし。

 icon-exclamation-circle 

誤解を解きたいのであれば、もっと積極的に同僚と話して行った方が良いでしょう。

そうやって情報を出すからこそ、誤解を解くことができる訳で。

やはりお互いに分かり合うには、お互いに会話してコミュニケーションを取るしかありません。

結果的に舌足らずで説明下手な人ほど、誤解されやすいというクソな事態になってしまうのです。

誤解されやすい人は、一人で抱え込むことが多い

そういった誤解されやすい人というのは、物事を1人で抱え込みやすい傾向にあります。

というか他人のせいにすべきところも、自分のせいにしてしまったりもします。

昔話で泣いた赤鬼という童話がありましたが、あんな感じに近いかもしれません。

「自分が悪者になれば職場は円滑に回るんだ」なんていう風に勝手に諦めて、一人で抱え込むパターンです。

ちゃんと説明して誤解を解けばいいものを、勝手にひとりで抱え込むんです。

こういった被害者ヅラしてしまう人が一番誤解されやすいかもしれませんね。

 icon-exclamation-circle 

そしてこういった人は影で結構嫌われている傾向にありますね。

それで投げやりになって、更に一人で抱え込んで誤解されて…という悪循環に陥っている方も多いのではないでしょうか?

やはり人間言わないとわからないこともありますし、言うべきところでは言うべきです。

誤解を解きたいのであれば、ちゃんと話し合った方が良いと思いますね。

誤解されやすい人は、特定の人には猛烈に好かれる傾向に

ですがそういった誤解されやすい人というのは、特定の人には猛烈に好かれる傾向にもあるんですよ。

蓼食う虫も好き好きとは言いますが、誰かに嫌われても誰かには好かれていたりするものです。

八方美人が一番嫌われたりもしますからね。

 icon-exclamation-circle 

誤解されやすい人というのは、本当は正しいことをしていて…でも誤解されて…というケースも多いですし。

そういったところをちゃんと見てくれている人にとっては、猛烈に好かれていて好感度が高かったりもします。

まあなんで誤解されているのかなどの状況にもよりますが。

万人に好かれることはあり得ませんが、万人に嫌われることもありえませんからね。

いくら誤解されやすいとは言っても、特定の人だけは好意的にあなたのことを見てくれている可能性もあります。

誤解を解くには、とにかく話し合うしかないかも

あなたのように誤解されやすい人というのも珍しくはないのですが…。

やはり誤解を解くには、とにかく話し合うしかないと思います。

やはり言わないとわからないことはありますし。

そういったコミュニケーション能力が低い人ほど、誤解されやすいです。

 icon-exclamation-circle 

まぁ誤解されるのは生きている以上仕方ないのですが、誤解されたならされたで誤解を解くように動くべきです。

特に職場なんて色々な人がいるんですから、誤解を解かないと

  • なんであの人悪くないのに言わないの?
  • 本当は影で悪いことしてるんじゃないの?
  • あの人おかしいんじゃないの?

みたいな風に発展していって、更に嫌われる可能性もあります。

実際そういった場面は何度か見てきたことがありますし。

やはり誤解はといといておいた方がいいと思います。

主張するべきところはちゃんと主張しましょう。

自分の正当性を主張し納得させることができれば、誤解も解けるはずです。

これ以上誤解を増やさないように努力すべきかも

あるいはやはり、コミュニケーション能力が低かったり説明下手な人ですと、誤解を解くのは難しいかもしれません。

一度貼られたレッテルをはがすのは、簡単なことではありませんからね。

 icon-exclamation-circle 

なのでこれ以上後悔を増やさないように努力した方が建設的かもしれません。

例えば

  • もっと同僚と親密にコミュニケーションをとる
  • 軽はずみな行動は控える
  • あまり下手なことは口にしないようにする
  • とにかく仕事で結果を出すように頑張る

などなど。

そういった風に真面目な態度で仕事に向き合っていれば、あなたを見直してくれる人もたくさん現れると思いますし。

誤解される事も減るでしょう。

やはり口は災いの元とも言いますので、余計なことは喋らないのが一番ではないかと思います。

最近はコミュニケーション能力が高い人が重宝される傾向にはありますが、それは軽はずみな言動をするということではありませんからね。

言うべき時は言う、言わない時は言わない。という風に徹底した方が誤解はさりにくいです。

無理そうなら、新天地でやり直すのも手段の一つ

あなたのように誤解されやすい人というのも珍しくないのですが…。

誤解を解くために頑張ることも重要だと思いますが、やはり1度貼られたレッテルをはがすのは容易なことではありません。

特に日本人なんて差別やレッテル貼りが大好きな傾向にありますし、なかなか1度誤解された誤解を解くのは難しいのではないかと思います。

誤解を解くのが無理そうであれば、いっそのこと新天地でやり直すというのも手段の1つです。

幸い今は有効求人倍率も高く転職はかなりしやすくなってきていますし。

そういった誤解されやすい職場というのは、そもそも労働環境や人間関係が悪かったりしますからね。

長く働き続けるつもりでも、そんな人間関係がギスギスした職場では長く働いていくことは難しいのではないかと思います。

今はそんな職場にしがみつかなくても、本当に仕事はたくさんありますからね。

正社員の有効求人倍率も一倍を越えていますし、人手不足の業種に関しては中高年でも余裕で正社員採用されていたりしますし。

あまりに誤解されやすくて厳しいようであれば、環境を変えてしまうのも手段の1つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

最近はあなたのように、誤解されやすい方というのも多いとは思いますが…。

誤解を解くように頑張るのも重要だと思いますが、なかなか簡単なことだとは思いません。

やはり普段の行いというのもありますし、普段から誤解されやすい行動や言動をとっていたらなかなか誤解を解くことは難しいでしょう。

特に嫌われていると、誤解だとわかっても、とにかく気に入らないので嫌われ続けるという状況も十分考えられますし。

あまりに厳しいようであれば早めに転職を検討してしまうのも良いと思います。

幸い今有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今はそんな誤解されやすい人間関係の悪い職場にしがみつかなくても、仕事はたくさんあるんです。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする