【社員数名】零細企業を辞めたい!退職、転職のための6つのポイント

geralt / Pixabay

  • 社員数名の零細企業を辞めたい!

  • 社員が少なすぎて窮屈過ぎる!

  • 福利厚生もないから辞めたい!

とお悩みの、零細企業を辞めたいと考えている方のためのページです。

私も社員数名程度の零細企業に勤めていたことがあるので、気持ちはわかります。

人数が少ないからどうしても閉鎖的になりがちで、離職率も高い傾向にある気がします。

私は合わなかったので試用期間で辞めてしまいましたが…。

ですが、そんな環境からは早く抜け出したほうがいいかもしれません。

なんとかするための方法をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

零細企業は給料遅配が起こりやすい

今お勤めの零細企業がどのくらいの資金力をお持ちなのかわかりませんが、一般的に零細企業というのは資金繰りが厳しいです。

お金にゆとりがあるのであれば、もっと人を雇って拡大していくこともできるわけですからね。

 icon-exclamation-circle 

しかも社員数名となると、社長の社員に対する責任感も薄くなりがちです。

給料未払いや、給料遅配も起こりやすいと思います。

従業員が多ければ、「これだけの社員の人生が、俺の肩にかかっている」というプレッシャーがあり、なんとかお金を引っ張ってでもちゃんと給料払う傾向にありますが…(といっても、調達できなきゃ無理)。

零細企業だと、そういう責任感を持ちにくいのです。

社長も「この会社は俺のものだ!」という意識があるため、仕事ができない社員に対してはお金を払いたがらない傾向にあります。

少しでも心当たりがあるなら、早いうちに脱出したほうがいいかもしれません。

できるだけ若いうちに転職する

geralt / Pixabay

そんな先がない会社であれば、他に行けるうちに転職してしまったほうがいいと思います。

比較的若ければ、他の会社にも行きやすいですからね。

特に最近は、有効求人倍率が高止まりしていて、転職しやすくなっています。

大企業や優良企業に転職するなら、今がチャンスだと思いますね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

その業界の仕事を覚えたいなら、勤め続けるのもアリ

ambroochizafer / Pixabay

そうは言いましても、小さい会社のメリットというのもあります。

小さい会社ほど、人数がいない分色々な仕事を任されますので、経験値が蓄積されやすいのはメリットです。

同業界で転職や独立をしたいのであれば、仕事を一通り任されますのでやりやすいと思います。

社長一人さえ陥れれば、あなたがその会社の仕事をそっくり奪って独立することも可能でしょうし。

知り合いが勤めてる零細企業では、そういうクーデターみたいなことがあったって言ってました。

待遇が悪い会社だと、同僚を誘って反旗を翻すこともよくあるのです。

 icon-exclamation-circle 

ただ、そういうこともできないような狭すぎる業界や、独立がしにくい業界だとあまり勤める価値はないかもしれません。

つまりは、「今の環境で頑張って、先に繋がる何かがあるかどうか?」が問題です。

何もないなら、今の環境で頑張る意味は薄いと思います。

社会保険がない会社なら、フリーターのほうがマシ

まさかとは思うんですが…。

零細企業ですと、社会保険に加入していない会社も多いです。

あなたの会社も、もしかしたらそうなのではありませんか?

違うならいいんですが。

個人事業で従業員数が5名未満ならいいですが、法人化してる会社の場合、社会保険に加入するのは義務です。

社会保険に加入すると従業員の厚生年金と健康保険などの支払いを会社が半分払わなくてはいけなくなるため、違法に加入逃れをしている事業所も多いのです。

 icon-exclamation-circle 

そんな会社でも「社会保険無しでも正社員だから、フリーターよりマシ」とか言ってる人もいますが…。

2016年10月から、従業員500名以上の会社で週20時間以上、月給8万8000円以上で働いている人は、非正規でも社会保険の加入義務ができました。

これまでももう少し狭い条件で加入義務はあったのですが、それが拡大された感じです。

社会保険なら国民年金よりも手厚い厚生年金に加入でき、怪我をして働けなくなった場合、健康保険から最大一年6ヶ月間傷病手当金が貰えます。

つまりは、社会保険無しの零細企業正社員よりも、社会保険ありフリーターのほうが老後や怪我の時も安心ということです。

よっぽど給料高いなら別ですけど、そんなに給料高かったら税務署経由で指導が来ると思いますし…。

さすがに正社員でそれでは、意味がないと思います。

社会保険に加入させてもらえない場合、強く転職を勧めます。

今どき大手スーパーのパートのおばちゃんすら、社会保険くらい入ってる人増えてますよ…。

年齢で諦める必要はない

中には「俺はもう歳だから、こんな会社でも勤め続けるしかない」と、諦めて不本意な環境に甘んじる人もいますが…。

最近は労働人口も減ってきて人手不足の会社多いですので、40代くらいでも他の会社の正社員の仕事は十分狙えます。

まあ、あんまりいい会社は無理ですけども。

年収300万~400万くらいの会社なら残業代次第で届きますので、歳行ってても狙えます。

まあ、今の会社でそれ以上給料貰ってるならいいですけど。

 icon-exclamation-circle 

薄給と言われてる介護職員ですら、年収300万くらいは行きますからね。

私の知り合いの50代男性は、リストラされたけど介護施設に正社員採用されてました。

医療福祉系の仕事は、歳食ってても行けます。

求人票に「35歳以下の人」とか条件ついてたりしますが、問い合わせると別に普通に受けられるケースもザラです。

「他の会社も書いてるから」とか「できるだけ若い人が欲しいから」ってだけだったりします。

ガチで人手不足の会社も多いので、会社側もそういうワガママ言ってる余裕ないですよ。

特に都心から離れた都道府県ほど、若者は仕事のなさに絶望して上京してしまう傾向にあるため、35歳以下で仕事探してる若者なんてほぼいなくなります。

驚くべきことに、我が国の全国民の平均年齢は46歳ですからね!!!(2015年時点)

46歳以下なら、若い部類と言っても過言ではないかもしれません。

年収の平均だと、統計のマジックで限られた人が何億も稼いでると平均が引き上げられますが、年齢ならせいぜい一番高くても100歳ちょっとくらいです。

本当にこの国は高齢化していて超高齢社会になってますので、年齢で足切りしてたら人材なんて集まらないんです。

社長が高齢の場合…

社長が若ければいいですが、社長が高齢の場合、会社の跡継ぎの問題が浮上します。

跡継ぎがいなければ、社長が死んだらそこで事業は終わる可能性が高いです。

小さい会社なら、数少ない社員に納得さえして貰えれば、事業を畳みやすいですからね。

 icon-exclamation-circle 

また、もし跡継ぎがいたとしても、社長の息子などが後を継いだら経営が傾く可能性もあります。

私の周りにもそういった同属経営の会社に勤めている人は何人もいますが、息子の代になると労働環境が悪化して離職率が高まったり、業績が悪くなる傾向にある気がします。

一から会社を創るのはとても大変ですが、継いで軌道に乗せるのもまた別の意味で大変だと思います。

有能な子供ならいいですが、甘やかされて育って無能な人も多い気がしますし…。

以前勤めていた同族企業では、社長の息子が社長に就任した途端、古株の社員が根こそぎいなくなっていました。

横暴な息子でしたので、よっぽど嫌だったんでしょうね……。

同族経営はブラックだから辞めたい!?経験者がその実態を教えます

まあ社長交代劇のトラブルは、零細企業に限ったことではありませんけども。

零細企業は社員数が少ない分、被害を受けやすいと思います。

まとめ

零細企業と一口に言っても、別に財務状況が悪いとも限りません。

最近はネットやコンピュータの発達で、やり方次第でコンピュータに仕事を代行させることも可能な時代です。

やり方次第で少人数でも回せる仕事は急増してます。

そもそも今の時代、そんなに社員数必要なのか?って気もしますし。

経営が安定していて人間関係がいいのであれば、そのまま働き続けるのもアリです。

しかしそうは言っても、辞めたいなら企業規模関係なく転職を考えるべきですね。

零細企業のほうが、人間関係が悪化したら逃げ場がないと思いますので…。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする