既婚男性が転職する際の注意点!妻子持ちが安全に転職成功させる方法はこれだ!

Free-Photos / Pixabay

 

  • 既婚男性だけど転職したい!
  • 家族がいるから転職失敗できない…

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

やはり結婚して家族がいると自分だけの人生ではなくなってしまいますからね。

男性の場合、まだまだ家計を支えなくてはならない役割を押し付けられることが多いため、仕事がダメになると最悪一家離散になるリスクすらあります。

私の周りでも、転職失敗や事業失敗を機に離婚した人はいますし、その後酒に溺れて早死に…なんてケースも少なくありません。

それほど大黒柱である既婚男性の転職には慎重になるべきなのです。

独身であれば最悪バイトでもすれば余裕で生活できますので、リスクなんてあってないようなものですが…。

 

この記事では既婚男性が転職する際の注意点と、安全に転職を成功させるためのコツについて解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

既婚男性で転職に慎重になる人は多い!

最近はあなたのように、既婚男性で転職に慎重になる人は少なくありません。

ネットやSNSを見てみても、

私の周囲だと、男性より女性の方がガンガン転職してるんだよな〜、既婚も未婚も。
女性たち、出産でキャリア停滞免れられないと内心思っていて、夫婦単位で妻は転職リスクとる・夫は安定企業で出世してほしいみたいな暗黙の何かがあったりするのかも
男性は大黒柱だからなかなかリスクはとれない

 

既婚で中途半端に給料よくて不満はあれど我慢できないほどではない場合転職のリスクの方がしんどい。

 

転職に最適な時期は人それぞれだけど一般的に早い方がいい。理由は年齢上がるほどリスクも高まるから。年収300万/独身の時と500万/既婚だと前者の方が失うものが少ない分辞めやすい。

 

公務員や大企業は安定してるけど、そこから転職しようとするとキ〇ガイ扱いされるのはもっとよく知られたほうがいい
「もったいないよ!」とか言って辞められずに自ら命を絶った人は何人か知ってる
嫁ブロックとかも旦那殺そうとしてるんじゃないかと勘繰ってしまう

 

独身なら最悪一人で野垂れ死ねば済む話だけど、妻子持ちだと転職リスク高いね
特に45歳以上でリストラなんてされたら熟年離婚一直線だよ

こんな意見が散見されますね。

私の周りでも転職失敗で離婚に繋がった人もいますし、なかなか厳しいかもしれませんね…。

既婚男でも転職したい!注意点は?

既婚男性が転職する場合独身の男性に比べてよほど慎重になるべきです。

一家の大黒柱ですし、特に子供がいる場合子供の進学の機会も奪われてしまう可能性もあります。

親の所得が子供の学歴や学力に比例するという統計結果もありますし。

既婚男性が転職する際の注意点について解説します。

年収が下がると家庭不和の原因に

既婚男性でも会社に不満がある場合は転職を考えることが多いと思います。

転職成功して年収が上がるのであればいうことはありません。

上がらなくても横ばいでも労働環境がいい会社ややりたい仕事がつける会社に行けるのであればいいでしょう。

 

ですがこれが年収が下がってしまうと問題になります。

年収が下がってしまうと家族の生活にもダイレクトに影響します。

特に住宅ローンを組んでいたり子供の教育費がかかる年代ですと大変です。

家庭不和の原因になったり、最悪離婚で一家離散なんていうことにもなりかねません。

ローンがある場合転職失敗は致命的!

特に既婚男性の転職で注意しなければならないのがローンがある場合です。

車のローン程度であればせいぜい数百万程度なので良いのですが、これが住宅ローンとなると数千万円規模で組んでいる方も珍しくありません。

ここで転職失敗して年収が下がってしまうとかなり大変なことになってしまいます。

住宅ローン破産する人は珍しくありません。

それが原因で一家離散何ていうことになってしまうケースも珍しくありません。

求人票に堂々と嘘を書く企業も!

転職失敗できない既婚男性が転職活動する時は入社の前に会社のことをよく調べると思います。

ですが注意していただきたいのは、未だに求人票に堂々と嘘を書く企業も存在するということです。

私も何度か経験がありますが、

  • 仕事内容が違う
  • 給料が違う
  • 休日が全然違う
  • 社会保険がない
  • ボーナスがない

こういった求人票の嘘に私も騙されてしまったことがあります。

 

これですと確実に転職失敗してしまいますし、年収も下がってしまうことが多いでしょう。

事前に転職口コミサイトなどでちゃんと調べて行くしかないかもしれません。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト (jobtalk.jp)

黙って転職活動をすると夫婦関係が崩れるリスクも

後は基本的なことですが、結婚して家族がいるわけですからちゃんとは家族で話し合った方がいいと思います。

黙って転職活動をしてしまうと夫婦関係が崩れてしまうリスクがあります。

夫婦関係は特に誠実であるべきですし、こそこそしたり嘘をついたりするとそこから関係がこじれてしまう可能性が高いです。

 

まあ特に隠す理由もないでしょうから普通に言えばいいと思いますが。

ただいい会社に勤めていたり奥さんがそれをステータスに感じていたりすると、嫁ブロックされる恐れもあります。

ただそこで転職が決まっても関係がこじれる可能性が高く、仮に家庭が駄目になってしまうのであれば何のために転職したんだ?ということにもなってしまいます。

くれぐれもよく話し合うようにしましょう。

既婚男性が転職を成功させるには?

既婚男性の場合は本当に転職に慎重になるべきです。

注意点としては上で述べた通りです。

 

ただ注意ばかりして怖気づいていては転職成功させることは難しいでしょう。

強気で、それでいて慎重に攻めていく必要があります。

既婚男性が転職を成功させる方法について解説しますので参考にしてみてください。

絶対に次を決めてから辞める

既婚男性が転職をする場合は、絶対に収入が下がったり収入がなくなるという事態になってはいけません。

家庭の収入が下がったりなくなってしまうと、家庭を維持することができなくなってしまいます。

 

なので絶対に次の会社を決めてから会社を辞めるようにしましょう。

でないと家庭の収入が途絶え一家離散の危機に陥ってしまいます。

幸い最近は転職エージェントなどを使えば在職中の転職活動をやりやすくなってきています。

くれぐれも無謀に勢いで辞めるのはやめましょう。

家族でよく話し合う

上でも述べましたが、既婚男性の方は家族とちゃんと転職について話し合うべきです。

でないと後で絶対にこじれますし、なんで隠してたの?ということにもなります。

こういったことが原因で後々文句を言われる可能性もありますし、関係が破綻してしまう可能性もあります。

 

なのでとにかくくれぐれも家族でよく話しましょう。

子供が小さい場合は転職なんて言ってもよく分からないでしょうから事後報告でも構いませんが、パートナーとはよく話し合うべきです。

パートナーがあなたのことをよく知っているでしょうし、適切なアドバイスなどもくれる可能性があります。

もしものために貯金しておく

既婚男性は転職失敗できないのは確かにそうなんですが、100%成功させることは難しいと思います。

最近は人手不足の影響で会社も求人票に嘘を書いてても人を集めようとしていたりしますし、入社前に見極められることには限界があります。

結局は入社してみないと分かりません。

 

なので転職失敗してしまった時の可能性も想定しておいた方がいいでしょう。

仮に求人票に嘘が書いてあったりして年収が大幅に下がってしまった場合でも、すぐに辞めて転職活動を再開できるようにしておいた方がいいかもしれません。

とにかく何があっても生き残れるのが貯金です。

お金さえあれば生き残れますので、もしものために貯金をしておいた方がいいでしょう。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

 

もし今現在貯金があまりないようであれば、貯金が貯まるまで会社を辞めるのを保留するという覚悟も必要かもしれません。

転職成功すればいいですが、駄目だった場合のリスクがでかすぎます。

出戻りできればいいですが、そういう場合ばかりでもないでしょう。

貯金があれば、何かあった時も家族を守ることができます。

最悪の場合、今の会社に出戻れる可能性も残しておく

転職が成功すれば良いですが、成功するとも限りません。

これが独身の方であれば転職失敗してしまったとしても、さっさと辞めてしまってまた転職活動を続けたり最悪バイトなどをして食いつなぐこともできますが…。

既婚男性の場合は家族を養わなければいけないため、生活費が高いのがネックです。

 

なので転職失敗した場合のことも想定しておきましょう。

最悪の場合は、今の会社に出戻れる可能性も残しておくといいかもしれません。

具体的には、

  • ダメなら出戻りますと言っておく
  • 私の椅子を残しておいてくださいと言っておく
  • 可能なら副業でバイトという形でもいいので在籍だけはしておく

などなど。

 

まあ普通の会社ですとなかなか難しいかもしれませんが…。

バイトやパートさんなどもいるシフト制の職場ですとやりやすいと思います。

週一日か二日程度だけ働くバイトやパートなどとして、とりあえず籍だけ置いておくということであれば、この人手不足のご時世会社も喜ぶかもしれませんし。

これならば最悪転職失敗したとしてもすぐに出戻れる可能性があります。

転職エージェントを使う

既婚男性が転職を成功させるためには、あらゆるサービスを使って可能性を上げていく必要があります。

それには転職エージェントを使うのがオススメです。

転職エージェントを使えば、

  • 在職中でも転職活動しやすい
  • 希望の仕事を紹介してくれる
  • 質の高い非公開求人が多い
  • 履歴書や職務経歴書作成指導もしてくれる
  • 面接の練習もしてくれる

などのメリットがあります。

 

特に既婚男性ですと時間もありませんし、孤独に転職活動していると心が折れてきます。

我々求職者側は無料で利用できますので、積極的に使っていくと良いでしょう。

まとめ

既婚男性の場合は本当に転職に慎重になるべきです。

転職失敗してしまうと、最悪一家離散!なんていうことにもなりかねません。

大黒柱であるからには収入を維持しつつ慎重に転職活動していく必要があります。

 

まあ一つ言えることは、転職エージェントなどのサービスを積極的に使って行った方がいいということですね。

我々求職者側は無料で利用できますし、孤独になりがちな転職活動で味方を作ることができます。

質の高い求人も多く年収が上がる可能性も比較的高いため、積極的に使っていくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥っており、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず、猛烈な円安で外国人が出稼ぎに来るメリットが消滅しつつあるため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

転職活動
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。