零細企業でボーナスなし! 少ない給料で生活がきつい時の5つのヒント

 

geralt / Pixabay

 

  • 零細企業でボーナスもない!
  • 小さい会社だから、給料も低い!
  • 貯金もろくにできない!

とお悩みの、零細企業で給料も安く、ボーナスもない会社に勤めている方のためのページです。

 

最近はワーキングプアの方も増えてきていますので、そのような方も珍しくはないと思います。

一般的に、規模が小さい会社の方が、待遇が悪い傾向にありますからね…。

しかし零細企業ですと、ちょっと景気が悪くなっただけで経営基盤が揺らいでしまう場合が多く、正社員だったとしても雇用は安定していない傾向にあります。

ボーナスもあまり出せない資金力のない企業が多いため、なかなか厳しいと思いますね…。

 

零細企業でボーナスもない場合の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

正社員でもボーナス出ない会社は多い

残念ですが、最近はボーナスがもらえる会社ばかりでもありません。

三菱東京UFJリサーチが行った調査によりますと、約50%の方がボーナスなしと回答しています。

 

これは既婚女性に行ったアンケートで、旦那さんのボーナスを答えたものです。

男性の非正規雇用は約20%ぐらいと言われていますから、その分を差し引けば、

正社員でボーナスがない人は約3割ぐらいはいるであろうと思われます。

 

言われてみれば、私の知り合いでもあなたのように零細企業に勤めている方ですと、ボーナスがないって言ってる人は多いですね…。

珍しいものでもないのかもしれません。

まあ、会社にボーナスを支給する義務はありませんからね。

ただ、年収ベースで考えるべき

ですが、単純にボーナスだけで考えてもあまり意味がないと思います。

ボーナスが出ても、月給が低かったらトータルでは同じことですからね。

 

私の知り合いで、ボーナスは年間100万円近く出るが、月給は20万円にも満たない…みたいな人もいますし。

結局年収にしてみると、300万円ちょっとぐらいにしかなりません。

それだと全く意味がありませんよね。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、あなたは零細企業でボーナスがないことを気に病んでいると思いますが、

月給が比較的高いのであれば、あまり気にしなくてもいいと思います。

 

日本の会社員の平均年収は400万円ちょっととか、男性正社員に限れば平均は500万円を超えるとか色々と言われていますが、

一番多いのは年収300万円~400万円の層です。

なので、零細企業でボーナスがなかったとしても、まあ年収300万円以上あれば一応普通の範疇に入るのではないでしょうか?

ですがそれより低かったら…さすがに転職を考えた方がいいかもしれませんね。

年収低いなら転職も検討

零細企業でボーナスもなく、年収300万円もいかないようであれば、転職を考えたほうがいいと思います。

給料が安いと言われている介護職員ですら、そこそこの施設に入れれば年収300~400万円くらいは行きますからね。

それより年収低いなら、さすがに今の会社より待遇がいい会社はたくさんあるので、本気で転職考えたほうがいいでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

ワーキングプアなら、せめて副業を

geralt / Pixabay

 

ですがそうは言いましても、家庭の事情などで、転職を安易にできない人も多いかもしれません。

転職をしても、むしろ給料が下がる可能性もありますからね…。

転職というのは、そういったリスクがつきまといます。

 

 icon-exclamation-circle 

でしたら、副業はしたほうがいいと思います。

幸い最近は、ネットで手軽に稼げる方法も増えてきていますからね。

そういった方法でお金を稼いで、収入を補填した方がいいかもしれません。

 

  • 「うちの会社は副業禁止だから…」
  • 「副業がばれたらクビになるかもしれないし…」

みたいにビビっている方も多いですが、さすがに零細企業でボーナスもなく、給料も安いのであれば、やっちゃっていいと思いますよ。

クビになったところで、給料が安いのであれば、バイトでも掛け持ちすれば今以上に稼げるかもしれませんし。

最近はアルバイトの時給も上がってきていますからね。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

零細企業はボーナスはおろか、社会保険すらないケースも

あなたの勤めている零細企業が、ボーナスがないだけであればいいのですが…。

零細企業ですと、社会保険すらないケースも多いんですよ。

 

  • 「そんなことない!うちの会社は社会保険あるよ!」
  • 「毎月給料明細見ると源泉徴収されているし!」

という方もいるかもしれませんが…。

 

そういう小さい会社ですと、従業員から社会保険料を天引きしているものの、国に納めずに着服している悪質な会社も多いんですよ。

そういう場合ですと、当然ながら年金は未納扱いになっています。

老後に貰える年金にも影響が出てくるんですね。

 

まぁよほど悪質な会社でなければそこまではやらないと思いますが、わかりません。

今どき社会保険なんてアルバイトでも入れる流れですから、もしあなたの勤めている零細企業が社会保険すらない会社であれば、転職することを強くおすすめします。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

まとめ

やはり零細企業となると、条件の面で悪いケースが多いです。

  • ボーナスがなかったり
  • 社会保険がなかったり
  • 昇給がなかったり

等々。

 

幸い最近は転職も一般的になってきており、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

今の境遇で働くのに不安があるのであれば、今のうちに転職しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

仕事をやめるべきか
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。