労働時間短い正社員の仕事がしたい!?そんなホワイトな会社はあるのか?

mohamed_hassan / Pixabay

  • 労働時間短い正社員の仕事に就きたい!
  • 社畜にはなりたくないけど、正社員の世間体もほしい!
  • でも正社員だと厳しいかな…

そういった悩みをお持ちの、労働時間が短い正社員の仕事がしたいと考えている方のためのページです。

確かに正社員となると一般的には労働時間が長い傾向にあります。

正社員=労働時間が長い、残業多いと言ってもいいかもしれません。

非正規だったらさっさと仕事終わらせて帰ることもできるんですけどね…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

海外では6時間労働の広がりも!

日本だと、正社員で労働時間短い仕事というのは厳しいと思います。

最低でもまぁ8時間は働かされますね…。

ですが海外では、なんと6時間労働が広がってきている国もあります。

スウェーデンをはじめとする北欧の企業では、なんと6時間労働が広がってきているようです。

しかも生産性は落ちておらず、むしろ効率的になっているとか。

 icon-exclamation-circle 

6時間労働で済むなら、9時から始業で休憩時間を入れたとしても、夕方16時くらいには終わりそうですね…。

しかも毎日です。物凄く羨ましいですね。

ヨーロッパの国では一ヶ月以上のバカンスもあったりしますし、休みがしっかり取れるようになっていますし。

労働時間も日本より短い傾向にありますし、その割に生産性も高いんですよね…。

労働時間短い正社員の仕事を探すなら、いっそ海外転職も視野に入れるべきなのかもしれません。

エンジニア系などの技術系の仕事なら、日本よりも海外のほうが高度人材として評価されやすい傾向にありますし、狙い目かもしれません。

日本だと最低でも一日8時間労働はある…

しかし残念ですが、ここは日本です。

「Karoshi」の知名度は世界的ですし、この前高度外国人材にとって「世界一働きたくない国」に選ばれていましたからね…。

それどころか、最近「裁量労働制」とかいう、残業代無しで定額で働かせ放題の法案を政府が検討してますし。

残念ながら、わが国は労働者を大切に扱う国ではないのです。

残念ですがわが国では、最低でも一日8時間労働は絶対ありますね…。

というか、8時間労働残業なしで済めばかなりのホワイト企業、普通はこれに残業がプラスされます。

 icon-exclamation-circle 

政府が発表した「過労死等防止対策白書」によりますと、月80時間以上の過労死ラインを越えて残業する人の割合は約2割超もいます。

ただこれは、残業時間が明るみに出ている分だけの話です。

日経ビジネスが行った調査によりますと、約6割の人が「出勤簿につけていない残業時間がある」と回答しています。

サービス残業も含めると、かなりの割合の人が月何十時間も残業させられてるかもしれませんね…。

残念ですが残業規制などはこれまで全く手つかずで、放置されてきた問題なのです。

会社によっても残業時間などは全然変わってきますし、いい大学を出ていい会社に入ったからといって、労働時間の短い良い会社に入れるとは限りません。

今の会社の労働時間が長すぎるなら、転職も検討

FotografieLink / Pixabay

ですが労働時間の長さは会社によっても全然変わってきます。

残業はあっても月20時間未満の会社もあれば、当然のように月100時間以上の残業をさせられる会社もあります。

これは入ってみないとわからないんですよね…。

今労働時間が長い会社に勤めているのであれば、いっそ転職を検討するのも手段の一つです。

このまま勤め続けたところで、労働環境が改善されることはないでしょうし。

労働時間が長い会社は、大抵長時間労働が放置されたまま、社員を使い潰し新たに人を入れまた辞めていく…というサイクルを繰り返しています。

労働時間が短い、残業の少ない正社員の仕事を見つけたいなら、自分から動いて環境を変えるしかありません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

給料も高く労働時間も短い…なんて都合のいい会社はあまり無いと思いますが。

多少給料が下がってもいいのであれば、残業が少ない会社と言うのはありますよ。

実際に出ている求人を見て、現実とすり合わせていくと良いかもしれません。

非正規なら労働時間を減らせるが…

或いはそもそも、正社員だと残業が発生することは避けられません。

サービス残業などもたくさんさせられる傾向にありますし。

  • 「キミは正社員なんだから!」
  • 「ボーナスの査定に響くぞ!」
  • 「それじゃ昇給は見込めないぞ!」

こんなことを言われ、長時間こき使われる傾向にあるのです。

それがイヤであれば、非正規にでもなるしかありません。

 icon-exclamation-circle 

非正規、つまりフリーターであれば労働時間は一日8時間未満も可能ですし、残業を断ることもできます。

しかも最近は法律が改正されて、条件を満たせば非正規でも社会保険に加入できるようになりました。

人手不足で時給が上がってきてもいますし、最近は非正規でも約3割の人は僅かながら賞与も貰っているようです。

これから労働人口も更に減り労働者自体が貴重になっていくので、当分はフリーターでも仕事には困らないでしょう。

最近は中国や東南アジアも発展してきていて外国人労働者はそちらに行くケースも増えてるので、移民もあまり期待できませんし。

ただ世間体の悪さと給料の安さが最大のネックですけどね…。

しかし最近は正社員の労働環境が著しく悪化してきていて、時給換算でフリーター以下の給料で働いてる正社員もザラにいます。

考え方次第では、非正規でもいけるかもしれません。

というか相対的に正社員の労働環境が悪化してるので、非正規がマシに映ってきている…という感じですかね。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント6つ

16時間労働、週3日…みたいな求人は結構ある

或いは労働時間は短くないけど、変則的な働き方というのもあります。

16時間労働で週3日出勤…みたいな仕事は探せば結構あります。

  • ホテル勤務
  • 介護職夜勤専属

などはこういった勤務形態で募集されてますね。

夜勤を伴う仕事なら、探せば結構あるかもしれません。

特に介護職は求人多く、人手不足の東京だと夜勤一回で二万五千円前後稼げるケースもザラです。

まぁ一回16時間くらい働かされますが、夜勤専従なら月10回もやれば月30万円近く稼げる可能性もあります。

集中的に働いてあとは休みになるので、労働時間が短いけど正社員の仕事を探してる人にはもしかしたら合うかもしれません。

やはりこの国で普通に正社員の仕事を探すと、週5日以上一日8時間以上労働、ってのがデフォなので、こういった仕事を探すのが現実的だと思います。

まぁトータルだと決して労働時間は短くないんですけどね…。

夜勤だと日付跨りますから。

労働時間が短いかどうかは、入ってみないとわからない

qimono / Pixabay

あと、やはり労働時間が短いかどうかは、入ってみないとわかりません。

特に最近は人手不足の影響で、企業も人集めに苦労しています。

「ウソついてでもたくさん人を集めよう!」なんて考える悪質な企業も増えてきているのです。

会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

  • 「残業はないですよ!(残業代がなし)」
  • 「ノルマはないですよ!(目標はある)」
  • 「みんな仲良く働いてますよ!(古参社員だけ)」
  • 「ゆとりを持って働けます!(ダラダラ残業が多い)」

みたいなのはよくあるパターンです。

 icon-exclamation-circle 

どうしても正社員で労働時間短い会社で働きたいなら、とりあえず入社してから見極める覚悟も必要だと思います。

働き出した後に残業が多い会社だとわかったら、即刻辞める覚悟も必要です。

残業が少なく労働時間が短い会社が見つかるまで、クジを引き続ける戦略です。

試用期間中に会社を辞めればバレる可能性は低いので、なんとかなると思います。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

最近ようやく議論されだしましたが、残念ですがこの国ではそういったウソ求人への対応が野放しにされてきたのです。

このくらいはやらないと、正社員で残業過大、しかも残業代はろくに出ないというブラック企業に入社してしまう可能性があります。

残業がない会社は、給料も低い傾向に!

労働時間が短い正社員の仕事を探すのもいいですが…。

残念ですが残業が少なくて労働時間が短い会社ほど、給料も低い傾向にあります。

といいますか、最近は人件費をケチって昇給をあまりさせない会社が多いのです。

必然的に基本給が安く、残業をしないと稼げない…みたいな会社が多いんです。

見た目の年収は高くても、死ぬほど働かされている正社員は多いですよ…。

年収600万稼いでいても、月に300時間も400時間も働かされてたら意味ないと思いますし。

 icon-exclamation-circle 

時給換算でフリーター並の時給だったら、正社員でもちょっと考えた方がいいかもしれません。

上でも述べたように最近はフリーターでも社会保険くらい入れますから、福利厚生面を考えても微妙です。

個人的には、年収で時給換算して時給1000円前後とかそれ以下だと、正社員の旨みはほとんど無いかむしろ損だと思います。

そのくらいなら今時非正規でも稼げますからね…。

正社員なら責任もあるしコキ使われるから、最低でも時給換算1500円とか2000円くらいは欲しいところですね…。

あんまりこういう部分見る人少ないですが、だからこそ日本は生産性低いんじゃないかと…。

一部のホワイト企業では、「労働時間短いけど給料高い!」ってのもあるかもしれませんが。

そんなのはごく一部なので、労働時間が短い正社員の仕事が良いのであれば、給料が下がることは覚悟したほうがいいと思います。

望む仕事を見つけたいなら、エージェントを活用

geralt / Pixabay

そんな感じで、なかなか労働時間が短い正社員の仕事は見つかりにくい傾向にあります。

一番はやはり実際入社して確かめるのが確実じゃないですかね…。

マジで会社は入社前はいいことしか言いませんし、面接で残業時間について聞いたらほぼ落とされますからね。

ただ、多少給料が安くなってもいいから労働時間短い会社がいい、というなら探せば結構あります。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

労働時間が短い正社員の仕事がいい、というのはみんなの願いだと思います。

正社員だとやはり死ぬほど働かされる傾向にありますし、非正規だとやはり世間体も悪い傾向にありますし。

労働時間短い会社がいいなら、残業代が稼げなくなり給料が下がる覚悟は必要だと思いますね…。

まぁ今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきてます。

バブル期を越える水準にまで回復してきているので、多分今労働時間短い正社員の仕事が見つからなかったら、もう一生無理かもしれません。

そのくらい今はチャンスだと思います。

労働に人生捧げたくないのであれば、比較的若くて採用されやすいうちに、チャレンジしておいたほうがいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】


シェアする

フォローする