仕事多すぎ死にそう!終わらない無限残業する人生を変える5のヒント

Mediamodifier / Pixabay

  • 仕事が多すぎる!

  • 残業が多くて死にそう!

  • 体が持たない…!

という悩みを持ちの、仕事が多すぎて死にそうな状態になっている方のためのページです。

そんな状態ですと、夢にまで仕事のことが毎日出てきそうですが…。

精神的にきつくなっているかもしれません。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

上司には相談しましたか?

さすがにそこまで仕事が多すぎるのであれば、他の社員も悲鳴をあげている可能性が高いです。

まだ上司に相談していないのであれば、相談した方がいいでしょう。

 icon-exclamation-circle 

全く何もやってくれない可能性もありますが、そうであればさっさと転職すべきというサインになります。

そんなに仕事が多いのであればもっと人を増やすべきですし。

そもそも上司のマネジメントが無能すぎる可能性が高いです。

一時的に忙しいのは仕方ないですが。

しばらくそんな状態になっているのであれば、辞めたほうがいいと思いますよ。

上の人間が無能だと下の人間に被害が及びます。

そういう無能な人間は自分の行動を反省することも無いから、絶対に変わりません。

長いことそんな感じであれば、やばい会社かも

geralt / Pixabay

一時的に繁忙期で忙しくなるというのは、どこの会社もあります。

なので問題ないと思います。

まあ忙しいうちが花なので、その分儲かっていれば構いません。

 icon-exclamation-circle 

しかし、仕事が多すぎて死にそうな状態がずっと続いていて、給料もそこまで高くないのであれば…。

単に会社が仕事を安く引き受けまくっていて、儲けが出ていない可能性が高いです。

私もそういう会社に勤めていたことがあるので分かるんですが…。

営業が馬鹿でとんでもない安い価格で仕事を取ってきたりとか、あります。

そうなると現場の人間にしわ寄せがきます。

業種にもよるのですが、そういう状態の場合、業界事態が下り坂で薄利多売で仕事を引き請けないと儲けが出ない…という状態になっている可能性もあります。

そのままではジリ貧だから、頭のいい社長だったらもっと上手いやり方を考えるんですけどね。

そうではないのであれば、あまり先が長い会社ではないかもしれません。

過労死しそうであれば辞めるべき

驚くことに、日本では未だに過労死というものが何件も起きています。

特に一部上場企業、大企業でも未だに起こっていて、全く改善される気配がありません。

なので自分で自分の身を守っていくしかない状況です。

 icon-exclamation-circle 

死んだら元も子もありませんので、さっさと辞めてしまうのもアリだと思いますよ。

もしかしたら貴方はけっこう良い企業に勤めているのかもしれませんが、だからといって死んだら本当に意味がないです。

周りの家族が保守的ですと、会社を辞めることに反対してくるかもしれません。

ですが、そんな死にそうな状態で無理をして毎日働いているのに、会社を辞めるのに反対するというのは、あなたの事を全く考えていないのではないかと思います。

妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

このまま行ったら本当に死ぬかもしれませんよ?

実際に過労死ではなくても、そんな生活に嫌気がさして人生に絶望し自殺してしまう人も日本ではたくさんいます。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

会社を変えるのは難しい

そういう体質の会社ですと、いかに会社を中から変えようと頑張っても、多分無理だと思います。

そもそも儲かっていないのであれば、もう世の中から必要とされなくなってきている仕事なのかもしれません。

そうではなかったとしても、会社内部の人間の考えも変えて行かなくてはいけないので、かなり難しいのです。

 icon-exclamation-circle 

自分を変えるのすら難しいのに、他人を変えるのはそれよりも難しいであろうことは誰でも分かりますよね。

そんな無駄なところに労力を掛けるよりは、勤務先を変えてしまった方が手っ取り早いと思います。

特にワンマン経営の中小企業とかだと、無理ですね。

ワンマン社長は部下の話なんて全く聞きませんし…。

まあ会社全体としてはそれで上手くいっているのかもしれませんが、必ずどこかで犠牲になる人間が出てきます。

というか、多分それがあなたなんでしょう。

本気で人生考えたほうがいい

そんなに忙しい仕事をしていては、1日が過ぎるのはあっという間でしょう。

となると1週間が過ぎるのもあっという間でしょう。

 icon-exclamation-circle 

多分、ここで何もしないと、そのまま死にそうな状態のままどんどん人生が過ぎ去って行きます。

無事定年を迎えられればいいですが、その前に死んでしまう可能性もあります。

あなたは既に、死ぬほど悩んでいるかもしれませんし…。

⇒仕事が死ぬほどつらい!?地獄の人生を抜け出す8つのポイント

お金のためであれば他にもっと稼ぐ手段はありますし、才能がないとか資格がないとか経験がないからと諦めているのはもったいないですよ。

そんなのただの思い込みですし、自分次第で如何様にも変えていけます。

まとめ

過労死ってのは案外身近にありますので、ちょっと本気で考えたほうがいいかもしれません。

私もこれまで何社か経験してますが、突然死して過労死が疑われる社員って、何人かいました。

同僚だけじゃなく、取引先の人とかも。

こういうのって、遺族が騒がないとただの病死扱いされたりするんですよね…。

実際心筋梗塞とか脳溢血とかで死にますから。

死にたくなければ、早くそんな会社からは抜け出してしまうことをお勧めします。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする