夜眠れなかった!?だるくて出社したくない仕事を乗り切る10の方法

geralt / Pixabay

  •  今日は夜全然眠れなかった!

  •  仕事行く元気が出ない…

  •  頭が重い…

 とお悩みの、昨日の夜は全然眠れなかった方のためのページです。

 まあ、そういう日もありますよね…。

 私も日曜の夜は、「次の日月曜かよ…」とか考えて、だるくてなかなか眠れないです。

 「明日になってほしくない」と思っていると、なかなか眠れないことが多いような気がします。

ですがそんなだるい状態で会社に行くのはかなり不安ですよね。

 そんなだるいときでも乗り切る方法まとめました。

 風邪アピールして午前中で早退する

 そんなにだるいのであれば、午前中で早退するというのも手段の1つです。

 とりあえず出社してだるい姿を見せているのですから、会社の人間もなんとも言いづらいです。

風邪アピールをするために、マスクは必須ですね。

 できるだけ暗い顔で、だるそうにしましょう。

ものすごく辛そうにしていれば、「午前中で早退したいんですが」と言えばいけると思います。

これ、どこの会社でもやる人いるんですよ。

私が今まで勤めてきた会社で、これやる人必ず1人はいました。

なので、気にせずやってしまっていいと思います。

午前中医者に行って、午後から出勤する

imageneserik / Pixabay

あるいは、逆パターンもアリです。

つまりは午前中休んで、午後から出勤するというパターンです。

念のため、「医者に行ってから出勤します」と会社に電話すれば良いですね。

そうすれば、「医者に行かなくてはいけないほどだるいんだ」という印象与えることができます。

「そんなにだるいのに会社に来ようとするなんて、なんて責任感があるんだ」と思ってもらえて、プラス印象です。

まあ別に、医者に行かなくても構いませんけどね。

「猛烈に頭が痛いので、午後から出勤します」とか言えば、通用するかもしれません。

「医者に行くほどではないが、少し休めば治る」みたいに言えば、いけます。

ミスするのを覚悟で頑張る

そんなフラフラな状態で会社にいってしまっては、高確率でミスをしてしまうでしょう。

正直、無理に出勤してもろくなことはないと思います。

ですが休んだら休んだでうるさいですし、それを覚悟で頑張って出勤するのもアリですね。

というか大多数の会社員の方は、渋々そうしていると思いますが…。

まあそこでミスしてしまったとしても、あなたの責任かどうかは微妙ですよ。

そんな状況なのに、休みを取れないような会社の雰囲気に問題があるような気がします。

日本以外の国では、有給休暇とは別に病欠休講認められていますからね。

今のあなたみたいに、だるいときに使える有給休暇です。

本来人間なんて、そんな感じで突発的に休みたくなるときもあります。

そのぐらい認めてもらわないとおかしいと思うんですけどね。

「問題なく寝れた」と自己暗示をかける

意外と思うかもしれませんが、人間は睡眠不足では死なないとされています。

うつ病になったり、自殺してしまうリスクは遥かに上がると言われていますけどね…。

一応夜眠っていたのであれば、頭は安めているらしいですよ。

単純に「よく眠れていなかった」という事からくるストレスが問題のようです。

でしたら、気分だけでも「よく眠ることができた」という風に自分を騙すというのも手段の一つです。

あたかも昨日ちゃんと眠れたかのように

  • 「あーよく寝たなあ」

  • 「頭がスッキリしたよ」

とか独り言言ってみましょう。

心の中でつぶやいてもいいですし。

まあこういうのは、気の持ちようですから。

馬鹿馬鹿しく思えても、やらないよりはいいと思います。

 栄養ドリンクを飲む

 そんなに疲れているのであれば、ちょっと高めの栄養ドリンクを飲んでみるのも手段の1つです。

 まあまあ効くかもしれません。

 私も疲れているときは、結構高めの栄養ドリンクを買って飲んだりしますよ。

 千円以上するやつは結構効く印象です。

 気のせいかもしれませんが…。

 ですがこんなの、気休めでいいんですよ。

 言ってしまえば世の中、気のせいとか思い込みで成り立ってますからね。

 栄養ドリンクはカフェインが入っていますので、 頭がシャキっとするかもしれません。

 汗をかく

Hans / Pixabay

 そういうフラフラの時って、汗をかくと結構リフレッシュできたりします。

 運動してもいいですし。

まだ出勤していないのであれば、熱めのお風呂に入ったり、熱めのシャワーを浴びるとか。

 体の中の毒素を、汗と一緒に排出することができます。

 汗をかくっていうのは、ストレス発散にもいいんですよ。

 実際あなたは今、 眠れなかったことでストレスが溜まっていると思いますし。

 汗をかいてみるのはいい手段だと思います。

 いっそのこと休んでしまう

 もういっそのこと休んでしまうというのも手段の1つです。

 比較的暇な時期であれば、休んでもそれほど影響はないでしょう。

 というか、こんなページを見ている時点で、あなたを結構真面目な方だと思います。

 有給も溜まっているでしょうから、別に休んでもいいのではないでしょうか?

 たまにはズル休みぐらいしたっていいじゃないですか?

 会社には風邪をひいたとか、 家族を病院に連れて行かなくてはいけないとか、適当な理由を言っておきましょう。

 こんな理由なんて、なんでもいいと思います。

というか、昨日眠れなかったのは、会社でのストレスが原因ではありませんか?

 あなた多分疲れたり、ストレスが溜まってるんですよ。

 会社員生活は長いんですから、たまにはそういった息抜きがないとやってけませんよ。

 昼休みフルに寝る

あくまでも出社するのであれば、昼休みは睡眠時間に充てましょう。

 おそらく食欲よりも睡眠欲が勝っているでしょうから。

 お昼はおにぎりとか、カロリーメイトとか、すぐに食べられるものにしましょう。

 そして、口に放り込んだらすぐに寝ます。

 会社ではよく寝られないかもしれませんが、目を閉じて頭を休ませるだけでも、かなり違うと思います。

 「昼休み寝ることができた」というだけでも、気分的にだいぶ違うと思いますよ。

 絶対定時で帰る

 そんなフラフラな日は、体力もあまり持たないと思います。

 なので、絶対に定時で帰るべきです。

 上司がなんといようが、同僚が「手伝ってくれ」と言ってこようが、絶対に定時で帰るようにしてください。

 これも自己管理の一環です。

 あなたの会社の上司や同僚も「自己管理ちゃんとしろ」とか言っているのではないでしょうか?

 一応フラフラな体と頭に鞭打って出勤してちゃんと仕事したんですから、定時で帰るぐらいいいでしょう。

 会社の人間が何と言おうが、絶対に定時で帰ってください。

 あまりに続くようなら心療内科を受診

FotoshopTofs / Pixabay

今回のように、全く眠れなかった日が時々なのであればいいのですが…。

あまりに続くようであれば、心療内科などを受診した方がいいかもしれません。

 最近は会社の労働環境も悪化してきていますから。

 会社のストレスからうつ病発症してしまったり、不眠症発症してしまう人が後をたちません。

 私の周りでも、眠れなくて睡眠導入剤に頼っている人かなり多いですから。

 特に、眠れないっていうのは結構やばい症状です。

 不眠症では死なないのですが、気分的には抑うつ症状を引き起こしやすくなります。

 うつ病や自殺は、不眠症から始まるといわれていますし。

 自殺者の平均睡眠時間は、平均5時間未満といわれています。

 眠れないから、「生きてても仕方がない。死のう」みたいに、絶望感を引き起こしてしまうんです。

 薬を飲めば、劇的に眠ることができます。

大人しく医者にかかった方がいいかもしれません。

 まとめ

 あまりにきついのであれば無理は禁物です。

 特に、車通勤の場合はおとなしく休んだほうがいいかもしれませんね。

 電車通勤ならば、電車に揺られているだけで着きますが、車だと事故を起こしてしまう可能性がありますし。

 そうなったらお金もかかってきますし、むち打ちになってしまう可能性もあります。

 会社員の日当なんてせいぜい1万円ぐらいですから、明らかに割に合わないです。

 どうしても出社するというのであれば、適当に仕事をして早めに帰るのがいいのではないでしょうか?

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする