同僚が倒れた!過労の働きすぎで倒れる社員が出てきた場合の対処法

ArtisticOperations / Pixabay

 

  • 同僚が倒れてしまった!
  • 人がいなくて働きすぎだったからな…
  • あれだけ働いてりゃ、倒れるのも当たり前だよ…

そういった状況に陥る方も珍しくはないかもしれません。

 

特に最近は人手不足のブラック企業が増えてきているため、あなたのような方も珍しくないと思います。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一人当たりの業務量が増加しているため、働きすぎで倒れてしまう…なんてのも珍しい話ではないのです。

特に最近は最低賃金も上がってきていますし、非正規でも社会保険加入義務ができてきたため、企業の負担も増えておりギリギリの人員で回そうとする傾向にあります。

必然的に倒れるまで働かされてしまう…という人は珍しくないんですね。

 

ですが、そんな状況のままでは安心して働くなんてのは無理な話ですね…。

同僚が倒れてしまった時の対処法について解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

過労で同僚が倒れるケースは意外に多い!?

残念ですが、あなたのように同僚が倒れてしまうケースというのは意外に多いかもしれません。

Twitterで「同僚 倒れた」などのキーワードで検索すると、

「今日、一緒に働いてる人が倒れて救急車で病院に運ばれたらしい。

…他人事じゃない。自分も休み取らないと、明日は我が身だ。

上の人間が人増やさないから、仕事多すぎる」

 

「父の同僚は病気でも出勤しようとして、最寄り駅で倒れた。

彼の葬式の日、父は泣く妻子を見ながら「それでも会社は回るんだ…」と思ったという。

仕事を頑張りすぎて亡くなっても家族が困るだけで、会社は何も困らない」

 

「少し前に先輩が救急車で搬送された。

そろそろうちにも働き方改革が必要だと思う。

仕事量の割に人員が少なすぎる。」

 

「まさかうちの職場でも例のアレが出るとは(゚Д゚;)

一気に三人ダウンしたからしわ寄せが来てキツすぎ(;’∀’)

リスクの割に全く給料見合ってないな~と痛感…。

最低賃金でお気楽コンビニバイトしてた頃のほうが割に合ってたと思う」

こんな意見が散見されます。

風邪や病気で倒れた、という意見よりも過労で倒れた意見が圧倒的に多かったですね。

中には亡くなってしまった方もいらっしゃるようです。

決して他人事ではありませんね…。

人手不足で、一人当たり業務量は増加!

そんな感じで、あなたのように同僚が倒れてしまうケースというのは珍しいものでもありません。

特に最近は労働人口も減少していますし、若者の人材も少子化で減ってきています。

人手不足により、一人当たりの業務量が増加しているのです。

 

最近は募集をかけても、なかなか人が来ないような会社も多いです。

そんな状況では、同僚に業務が集中して倒れてしまうのも無理もない話かもしれません。

恐らくあなたも他人事ではなく、そのままでは倒れかねないと思いますが…。

仕事量が多すぎるなら、人を増やして貰うように進言する

そんなに仕事の量が多すぎるなら、人を増やして貰った方が良いかもしれません。

ちょっと上の人に言った方がいいのではないでしょうか?

  • 「さすがにこの人数ではこなせません!」
  • 「また倒れる人が出てきますよ!?」
  • 「これではどんどん被害者が出てきます!」

このくらいは言った方が良いかもしれません。

 

というか同僚が倒れるって、相当ですよ。

普通の会社では倒れるほど働かされるなんてありません。

私も何社か転職していますが、流石に倒れるほど働かされていた同僚というのは、あまり見たことがありません。

まぁ過労死した同僚なら何人か見たことがありますが…。

 

ちょっとそのままの状態では、これから先安心して働けませんからね…。

あまりに人材を使い捨てるヤバい企業であれば、早めに辞めてしまうことも検討したほうが良いかもしれません…。

沈みゆく船なら、転職も検討

そういった同僚が倒れる会社というのも、増えてきているとは思います。

ですがそういった会社というのは、もうあまり先がないケースも多いような気がしますね…。

  • 「人材募集しても人が集まらない」
  • 「給料を上げられるほど儲かっていない」
  • 「特定の社員を倒れるほど働かせないと、会社がもたない」

などなど。

実際、同僚を倒れるほど酷使しないと成り立たないような会社なんだと思いますが…。

 

最近は転職も一般的になってきており、もっとマシな会社にも行きやすくなってきています。

そんな沈みゆく船からは、早めに抜け出してしまうのも良いかもしれません。

そのまま働き続けたら、次倒れるのはあなたかもしれませんからね…。

他人事ではないのです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

自己防衛のため、やっつけでも早めに終わらせて帰る

そんな倒れるまで働かされる会社ですと、長く勤めるのはちょっと考え物です。

同僚も一人また一人と倒れていき、我先にと退職していってしまうでしょう。

そんな会社でまともに働いていたら、身が持ちません。

 

なので自己防衛のために、やっつけでも良いから早めに仕事を終わらせて帰るようにしましょう。

そうしないと、あなたも同僚と同じく倒れてしまいかねません。

  • 6割くらいの労力でこなす
  • 多少雑でもいいから早くこなす
  • とにかく最低限のクオリティでスピード重視で

このくらいのスタンスで、早めに仕事をこなしましょう。

 

だって仕方がないじゃないですか。

このくらいやらないと、本当に倒れてしまいかねませんからね。

残念ですがあなたの会社の上層部は、従業員のことを考えてはくれないようですし…。

これも自己管理の一環です。

上司や役職者に、現場の手伝いをさせる

同僚が倒れるほどの会社ですと、会社の上層部がそもそも現場のことを把握していないケースが多いです。

そんな無知な経営者がトップにいる会社なのではないでしょうか?

 

現場が人手不足などで消耗しているから同僚が倒れてしまった場合、そういった上の人間まで手伝わせた方が良いかもしれません…。

実際同僚が倒れた穴を、誰かが埋めなくてはいけないでしょうし。

  • 「同僚が倒れたので、手伝ってください!」
  • 「このまま見て見ぬ振りするんですか?」
  • 「手伝わないならせめて人増やしてください!」

このくらいは言ってしまっても良いと思います。

 

倒れるほどのきつさを上の人間にも分からせないと、また一人と倒れる人間が出てくるでしょう。

上の人間が事態を把握しないことには、どうにもしようがありません。

…まぁ昔から日本人は「下は優秀で上は無能」と言われてますから、なかなか難しいかもしれませんが…。

第二第三の犠牲者が出ると、更にジリ貧に…

そういった同僚が倒れるレベルの会社ですと、更に被害者が増えていくでしょう。

  • 他の同僚も倒れていく
  • それを見て退職者が続出する
  • 上は無能なので、ギリギリまで対策を打たない

こんなのはよくあるパターンです。

 

実際、最近は本当に人手不足が原因の倒産も増えているんですよ。

年々右肩上がりで、人手不足倒産は増えてきていますからね…。

他人事ではないのです。

そんな会社では長く働けないと思いますから、早めに転職を検討してしまった方が良いと思います。

心身を壊してしまったら、社会復帰にも時間がかかりますからね…。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

最近は本当に酷い会社も増えています。

同僚もそんな会社で酷使され、倒れてしまったのかもしれません。

そもそも人手不足で、募集しても人が来ない会社も増えていますからね…。

本来はそこで会社が給料を釣り上げてでも人を集めないといけないんですが、そういったことができる会社ばかりでもありません。

あまり資金力のない、先がない会社なのかもしれませんね…。

 

最近は転職も一般的になってきており、もっと良い会社にも行きやすくなってきています。

今のうちにもっとゆとりをもって働ける会社に転職しておいたほうが良いかもしれません。

倒れるまで働かされるって、相当ヤバいですからね…。

明日は我が身になってしまいます。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥っており、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず、猛烈な円安で外国人が出稼ぎに来るメリットが消滅しつつあるため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。