【過労】同僚が倒れた!働きすぎで倒れる社員が出てきた場合の対処法

  • 同僚が倒れてしまった!
  • 人がいなくて働きすぎだったからな…
  • あれだけ働いてりゃ、倒れるのも当たり前だよ…

そういった状況に陥る方も珍しくはないかもしれません。

最近は人手不足の会社が多いです。

企業にアンケートをとったところ、約6割以上の企業が人手不足に陥っている、というデータもありました。

一人当たりの業務量が増加しているため、働きすぎで倒れてしまう…なんてのも珍しい話ではないのです。

ですが、そんな状況のままでは安心して働くなんてのは無理な話ですね…。

そんな時の対応策についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

過労で同僚が倒れるケースは意外に多い!?

残念ですが、あなたのように同僚が倒れてしまうケースというのは意外に多いかもしれません。

Twitterで「同僚 倒れた」などのキーワードで検索すると、

「今日、一緒に働いてる人が倒れて救急車で病院に運ばれたらしい。

…他人事じゃない。自分も休み取らないと、明日は我が身だ。

上の人間が人増やさないから、仕事多すぎるんだよ」

「父の同僚は病気でも出勤しようとして、最寄り駅で倒れた。

彼の葬式の日、父は泣く妻子を見ながら「それでも会社は回るんだ…」と思ったという。

仕事を頑張りすぎて亡くなっても家族が困るだけで、会社は何も困らない」

「少し前に先輩が救急車で搬送された。

そろそろうちにも働き方改革が必要だと思う…。

仕事量の割に人員が少なすぎるんだよ。」

こんな意見が散見されます。

風邪や病気で倒れた、という意見よりも過労で倒れた意見が圧倒的に多かったですね。

中には亡くなってしまった方もいらっしゃいます…。

人手不足で、一人当たり業務量は増加!

そんな感じで、あなたのように同僚が倒れてしまうケースというのは珍しいものでもありません。

特に最近は労働人口も減少していますし、若者の人材も少子化で減ってきています。

人手不足により、一人当たりの業務量が増加しているのです。

最近は募集をかけても、なかなか人が来ないような会社も多いです。

有効求人倍率は1.5倍を越え、正社員の有効求人倍率も1倍を越えてきていますからね…。

というか求職者そのものが減って、失業率も3%を切ってきていますから。

なかなか採用したくてもできない会社が多いのです…。

そんな状況では、同僚に業務が集中して倒れてしまうのも無理もない話かもしれません。

恐らくあなたも他人事ではなく、そのままでは倒れかねないと思いますが…。

仕事量が多すぎるなら、人を増やして貰うように進言する

そんなに仕事の量が多すぎるなら、人を増やして貰った方が良いかもしれません。

ちょっと上の人に言った方がいいのではないでしょうか?

  • 「さすがにこの人数ではこなせません!」
  • 「また倒れる人が出てきますよ!?」
  • 「これではどんどん被害者が出てきます!」

このくらいは言った方が良いかもしれません。

というか同僚が倒れるって、相当ですよ。

普通の会社では倒れるほど働かされるなんてありません。

私も何社か転職していますが、流石に倒れるほど働かされていた同僚というのは、あまり見たことがありません。

まぁ過労死した同僚なら何人か見たことがありますが…。

ちょっとそのままの状態では、これから先安心して働けませんからね…。

あまりに人材を使い捨てるヤバい企業であれば、早めに辞めてしまうことも検討したほうが良いかもしれません…。

沈みゆく船なら、転職も検討

そういった同僚が倒れる会社というのも、増えてきているとは思います。

ですがそういった会社というのは、もうあまり先がないケースも多いような気がしますね…。

  • 「人材募集しても人が集まらない」
  • 「給料を上げられるほど儲かっていない」
  • 「特定の社員を倒れるほど働かせないと、会社がもたない」

などなど。

実際、同僚を倒れるほど酷使しないと成り立たないような会社なんだと思いますが…。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

そんな沈みゆく船からは、早めに抜け出してしまうのも良いかもしれません。

そのまま働き続けたら、次倒れるのはあなたかもしれませんからね…。

他人事ではないのです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

自己防衛のため、やっつけでも早めに終わらせて帰る

そんな倒れるまで働かされる会社ですと、長く勤めるのはちょっと考え物です。

同僚も一人また一人と倒れていき、我先にと退職していってしまうでしょう。

そんな会社でまともに働いていたら、身が持ちません。

なので自己防衛のために、やっつけでも良いから早めに仕事を終わらせて帰るようにしましょう。

そうしないと、あなたも同僚と同じく倒れてしまいかねません。

  • 6割くらいの労力でこなす
  • 多少雑でもいいから早くこなす
  • とにかく最低限のクオリティでスピード重視で

このくらいのスタンスで、早めに仕事をこなしましょう。

だって仕方がないじゃないですか。

このくらいやらないと、本当に倒れてしまいかねませんからね。

残念ですがあなたの会社の上層部は、従業員のことを考えてはくれないようですし…。

これも自己管理の一環ですよ。

上司や役職者に、現場の手伝いをさせる

同僚が倒れるほどの会社ですと、会社の上層部がそもそも現場のことを把握していないケースが多いです。

そんな無知な経営者がトップにいる会社なのではないでしょうか?

現場が人手不足などで消耗しているから同僚が倒れてしまった場合、そういった上の人間まで手伝わせた方が良いかもしれません…。

実際同僚が倒れた穴を、誰かが埋めなくてはいけないでしょうし。

  • 「同僚が倒れたので、手伝ってください!」
  • 「このまま見て見ぬ振りするんですか?」
  • 「手伝わないならせめて人増やしてください!」

このくらいは言ってしまっても良いと思います。

倒れるほどのきつさを上の人間にも分からせないと、また一人と倒れる人間が出てくるでしょう。

上の人間が事態を把握しないことには、どうにもしようがありません。

…まぁ昔から日本人は「下は優秀で上は無能」と言われてますから、なかなか難しいかもしれませんが…。

第二第三の犠牲者が出ると、更にジリ貧に…

そういった同僚が倒れるレベルの会社ですと、更に被害者が増えていくでしょう。

  • 他の同僚も倒れていく
  • それを見て退職者が続出する
  • 上は無能なので、ギリギリまで対策を打たない

こんなのはよくあるパターンです。

実際、最近は本当に人手不足が原因の倒産も増えているんですよ。

年々右肩上がりで、人手不足倒産は増えてきていますからね…。

他人事ではないのです。

そんな会社では長く働けないと思いますから、早めに転職を検討してしまった方が良いと思います。

心身を壊してしまったら、社会復帰にも時間がかかりますからね…。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

最近は本当に酷い会社も増えています。

同僚もそんな会社で酷使され、倒れてしまったのかもしれません。

そもそも人手不足で、募集しても人が来ない会社も増えていますからね…。

本来はそこで会社が給料を釣り上げてでも人を集めないといけないんですが、そういったことができる会社ばかりでもありません。

あまり資金力のない、先がない会社なのかもしれませんね…。

幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はいくらでもあります。

今のうちにもっとゆとりをもって働ける会社に転職しておいたほうが良いかもしれません。

倒れるまで働かされるって、相当ヤバいですからね…。

明日は我が身になってしまいます。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【MIIDAS】
あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒転職市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする