日曜日も仕事させられる!頻繁な休日出勤で日曜日が仕事で潰れる時の対応策

paulbr75 / Pixabay

  • 日曜も仕事してる!

  • 今何連勤目だろ…

  • 人並みにもっと休みたい!

そういった悩みをお持ちの方も、珍しくはないかもしれません。

最近は人手不足の会社も多く、休日出勤させられる会社も増えていますからね…。

ギリギリの人員で回している会社も多く、そういった会社ですと必然的に日曜も出勤!なんてことになりがちです。

土曜は休めているのであればいいですが、そうでもないと…。

本当に休みもなく、仕事だけの人生になりがちです。

ですがそんな感じで日曜まで仕事にかり出されていると、何のために生きているのか分からなくなってきます…。

まさに生きるために働いているのか、働くために生きているのか?みたいな感じになってしまいます。

そんな日曜も仕事にかりだされている毎日をなんとかするための方法をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

日曜なのに仕事をさせられている人は、意外に多い…

あなたのように、日曜なのに仕事にかり出されている人は意外に多いですね。

サービス業とかだと、必然的にそうなりがちですが、そうでない業種の人も結構います。

特に最近は人手不足で一人当たりの業務量が増えている人も多いですし、そうなると必然的に日曜日などの休みも出勤しないと仕事が終わらなくなります…。

TwitterなどのSNSを見てみても、

「バカな営業が納期無視して注文受けやがった。。。。

これじゃあ日曜も出勤確定だゾw

日曜は休むためにあるんだろおおおおおおお!

ふざけんなクソが!!!」

「日曜なのに仕事してるアカウントはこちらです…。

マジでありえないんだけど。

なんで日曜なのに仕事してんの!?

日曜日は安息日だってイエスキリストも言ってたよ!?」

「日曜は仕事が入ったので予定はキャンセルでーす!

マジ行きたくねぇ。

はああああああふざけんなまじで!!」

「明日は休み!だけど日曜日は夜勤です…。

夜勤の昼間は寝てないともたないから、拘束されてるようなもんだよなぁ…。

はぁめんどくさい。」

こんな感じの日曜日も休めない人たちの声が見えてきます…。

なかなか厳しいですね…。

日曜も仕事なんてしてたら、一体いつ休むんだよって感じですし…。

これで月曜休めるとかならいいですが、大抵はそのまま次の週が何事もなく始まるんでしょうね…。

サービス業だと日曜も仕事なのは普通だが…

しかし日曜も仕事だとは言いましても、サービス業となると普通です。

  • 小売業
  • 飲食業
  • リラクゼーション業
  • アミューズメント業
  • 介護士
  • 看護師

こういったサービス業となると、土日関係なく働かされる傾向にあります。

もっと言えば、こういった仕事は日曜どころか、盆暮れ正月関係なく働かされる傾向にありますね…。

ですがブラックな会社ですと、土日は普通は休みなのに、仕事が多すぎて日曜も仕事!みたいな感じもありえます。

というか日曜から週の仕事が始まる!みたいな感じで、代休もない傾向にありますね…。

もしかしたら、あなたもそんな感じで日曜も仕事をさせられているのかもしれません…。

たまにならいいですが、毎週のように頻繁に日曜も仕事をさせられていると…。

正直体がもたなくなってきますね…。

年間休日がかなり少ない可能性も?

そういった日曜日も仕事をさせられてしまう会社ですと、残念ですが年間休日も少ない傾向にあります…。

日曜出勤させられるのがたまにならいいですが…。

本来は土日休みのはずなのに、忙しいからと日曜出勤が状態化してしまうと、本気で年間休日がゴリゴリ減っていきます。

 icon-exclamation-circle 

一年は52週あります。

大型連休の週休二日だったとしても、104日は休めるわけです。

ですがこれが毎週日曜日も仕事を入れられた場合は…。

単純に考えて、年間休日52日とかそのへんになりますね…。

ちなみに労働基準法では月に4日の休日を与えればいいとされています。

なのでこの場合でも、日曜が仕事でも土曜だけでも休めているのであれば、違法ではないんですね。

かなり恐ろしいことですが…。

そんなに休みも少なく働かされていては、なんのために生きているのかわからなくなってくるかもしれません…。

休みが少ないなら、要領よく休んでいくことも必要

そういった日曜も仕事を入れられてしまう会社ですと、そのまま働いていたら本当に仕事だけの人生になってしまいます。

上で述べたように、年間休日が悲惨なことになっているなら、マジで仕事だけで人生が過ぎていきますし。

なので、要領よく休んでいくことも必要かもしれません。

日曜も仕事させられてるんですから、代休だと思って有給休暇を積極的に取得していきましょう。

どうせ、あなたのような真面目な方は有給休暇も溜まっているでしょうし。

今こそ有給を消化するチャンスです。

…というか、日曜も仕事をさせられていて週休1日とかですと、マジで体がもちません。

私もそういった激務の会社で働いていたことがありますが、きつくて試用期間で辞めたことがありますし…。

本来なら転職するのがいいのですが、それも厳しいなら強引にでも休んでいくしかありません。

案外過労死とかは身近にありますので、これも自己管理の一環ですよ。

⇒【仮病】会社に行きたくない!ズル休みしたい時に使える言い訳8選!

適当な理由をつけて、半休をとってしまうのもアリ

あるいは、日曜も仕事となると本気でやってられない傾向にあります。

なので、せめて半休くらいはとってもいいのではないでしょうか?

半日だけであれば、まだ自分を納得させられると思うのですが。

  • 「イベントに行くので、午後から出社します。」
  • 「午後から予定があるので、午前中だけで失礼します。」
  • 「旅行に行って日曜の朝帰ってくるので、午後から出社します。」

などなど。

そうやってなにかしら理由を作らないことには、マジで仕事だけで日曜日が過ぎていきます。

あまりに頻繁に日曜日も仕事させられているようであれば、たまにはいいと思いますけどね。

半日くらいなら、会社もそれほどうるさくは言わないでしょう。

ささやかな反抗ですが、やるとやらないとでは全然違ってきますし。

少しでもいいから、そうやって仕事にコミットする時間を減らしていきましょう。

あまりに休みが少ないなら、転職も検討

日曜日も仕事をさせられている人ですと、やはり年間休日が少ない人が多いと思います。

たまに日曜かり出されるだけならいいですが、ほぼ毎週だったらマジ地獄ですからね…。

それでは本当に仕事だけの人生になってしまいます…。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

今のうちに、土日祝日しっかり休める会社に転職しておいたほうが良いかもしれません。

というか普通の会社は、日曜出勤させられることもなく、しっかり休めますからね…。

たまには休日出勤させられることもあるでしょうが、大抵は結構休めます。

日曜日も仕事するって、やっぱかなりきついですよ。

今はまだ若いからいいかもしれませんが、加齢と共に体力も回復しなくなってきますし。

比較的若く他に行けるうちに、動いておいたほうが良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

やはり、土日しっかり休める会社の方が良いのでは…

やはり、日曜日はしっかり休める会社のほうが良いと思います。

人が休んでいる間に働いていると、世間を憎んだり病んできますからね。

  • 「俺が働いてるうちに休みやがって!」
  • 「おまえ等も日曜働けよ!」
  • 「世間が憎い!俺より幸せな奴はみんな死ね!」

こんな歪んだ思想にもなりがちなのです…。

毎週日曜出勤させられてたら、年間休日52日とかになる可能性もありますからね…。

大型連休休めるとしても、100日以下になってしまいます。

そういった会社も結構多いのですが、大抵の会社は日曜日仕事させられることもなく、もっと休めると思いますよ。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いかもしれません…。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

最近は人手不足だったりで、ギリギリの人員で回している会社も多いです。

必然的に少ない人数で仕事をこなす羽目になり、日曜日も仕事を入れられてしまう…なんてケースも珍しくはないです。

そうしないと翌週の仕事に支障が出るようであれば、日曜も仕事をせざるを得ませんからね…。

ただやはり日曜はやはり休む日です。

サービス業なら平日休むこともできるでしょうが、そうでもないなら単に休みが減るだけです。

代休がとれればいいですが、そういう会社ばかりでもありませんからね…。

人が少ないと、代休も消化できず溜まっていく人も多いですし。

幸い今は転職はしやすいので、今のうちにもっと休める会社に転職するのも良いかもしれません。

日曜しっかり休める会社に行くのと、このまま働くのでは、年間休日も全く違ってきますし。

しっかり休める会社に転職できれば、もっと自分の人生のために時間を使うこともできるようになります。

できるだけ早いうちに、動いておいたほうが良いかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする