【ストレス】接客業の社員を辞めたい!もっと楽な仕事に転職したい時の解決策

nastya_gepp / Pixabay

  • 接客業の社員を辞めたい!
  • 変な客が多すぎてストレス溜まる!
  • もう接客系の仕事は辞めたいけど、今から異業種って行けるのかな…

という悩みをお持ちの、接客業のストレスがきつく正社員だけど辞めたいと考えている方のためのページです。

最近は「お客様は神様」的な風潮があって、接客業はなかなかきつくなってきていますね。

ストレスからうつ病になったり、仕事が続かずに短期で離職してしまう方も多いのが現状です。

「誰にでもできる仕事」なんて馬鹿にされたりもしますからね…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

接客業の離職率はワースト1位の高さ!

あなたのように接客業の社員を辞めたいと考えている方は、珍しくもないかもしれません。

それと言いますのも、接客業の離職率はワースト1位の高さだからです。

接客業となると飲食業、小売業、宿泊業などのサービス業に従事している方が多いと思います。

厚生労働省が平成26年11月に発表した大卒3年後の宿泊業・飲食サービス業の離職率は52.3%という、驚くほどの高さです。

ワースト2位は生活関連サービス業、娯楽業で48%、ワースト4位にその他サービス業39%がきて、ワースト5位も小売業39%となっています。

通常、離職率は一般的に3割といわれますから、接客系サービス業界は相当の離職率の高さになります。

アルバイトの方もすぐ辞めてしまう方が多いですし、社員も例外ではありません。

私も以前バイトしていた小売店や外食店では、社員の人が半年や1年くらいでいなくなっていましたからね…。

正社員とはいえ、接客業を辞めたいと思うのは当然の感情だと思います。

今は仕事なんてたくさんあるので、きついなら転職を

geralt / Pixabay

接客業というのはやはりストレスがきついので、長続きしない人が多いです。

それでいて給料もワーストトップの低さなので、正直やってられません。

接客業なんて人手不足過ぎて、40代の方とかでも正社員で仕事見つかってたりしますからね…。

正直今のストレスが溜まる接客業の仕事なんかに、しがみつく理由はありません。

さっさとそんな仕事は辞めて、転職してしまいましょう。

幸い今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復してきていますので、仕事なんていくらでもあります。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

私の周りでも、接客系の仕事でクレームの嵐に耐え兼ね、うつ病になってしまった方は何人かいますし…。

それで給料安いなんて、やってられません。

できれば接客系以外の業界に行ったほうがいいでしょう。

接客業とは全然関係ない異業種に転職するのも手段の一つ

なのでいっそのこと、接客業とは全然関係ない仕事に転職してしまうのもいいかもしれませんね。

異業種転職は給料が下がるから不利!とか言われていますけれど。そんなの良い会社で働いてる連中の言い分です。

そもそも接客系は給料が全業種ワーストレベルで安いので、これ以上下がりようがないというのが正直なところだと思います…。

接客サービス業は離職率も高く、しかも休みも不定休で少なく給料も低いなんて…。控えめに言って最悪です。

 icon-exclamation-circle 

今どのくらいの給料貰ってるんだかわかりませんが、給料安いって言われてる介護職員すら、今は年収300万くらいは稼げますからね。

東京だとあまりに介護職員がいないからか、介護派遣の時給が1500円超とかもザラです。

田舎だと正社員でも時給800円とか900円レベルでこき使われることもザラなので、やっぱ都会に出たほうがいいですね。

介護もストレス溜まりますけど、嫌な施設なら速攻辞めてもすぐ他の施設で働けるのがでかいですね。どこも人手不足だから。

人手不足で、そういった他人があまりやりたがらない仕事なら、40代とかでも余裕で仕事見つかります。

あと最近は製造業なんかでも正社員が不足していて採用されやすくなってきてますし。

給料も安く仕事がきつく、ストレスが溜まるのに転職もしにくい接客業にしがみつく理由なんて、一つもありません。

そんな仕事はベトナムや中国、フィリピンなどの外国人労働者に任せて、異業種転職してしまいましょう。

土日祝日休みの仕事に転職するのも手段の一つ

ProSmile / Pixabay

接客業みたいなサービス業って、大抵シフト制で休みは不定休ではないですか?

土日祝日休みなんてもってのほかで、かき入れ時だから土日祝日もこき使われている方が多いと思います。

他人が休んでる時に働くのはストレス溜まりますからねー! 家族や友達とも休みが合わないですし。

 icon-exclamation-circle 

でしたら今度は、土日祝日休みの仕事に転職してしまうというのも手段の一つです。

最近は仕事たくさんあるので、全然見つかりますよ。

このほうがプライベートも充実して、ストレスも発散しやすいと思います。

土日祝日休みじゃない仕事って年間休日も少なくなりがちで、なんのために働いてるのかわからなくなってきますからね…。

しかもそういう仕事に限って給料安いし。

今のうちに転職してしまったほうがいいでしょう。

接客サービス業は、サービス残業も多い傾向に!

あなたはもしかしたら、サービス残業もたくさんさせられているのではないでしょうか?

それというのも、接客サービス系の仕事ってサービス残業が多い傾向にあるみたいなんですよ。

転職口コミサイト「転職会議」の口コミの統計によりますと、サービス残業が多い業界ランキング

  • 一位 百貨店、量販店
  • 二位 チェーンストア、スーパー、コンビニ

  • 三位 医療福祉、介護

となっています。

全部接客サービス系の仕事なんですよね…。

サービス残業なんてさせられてしまうと、時給換算すると正社員なのにフリーター並みかそれ以下の時給になってしまうこともザラです。

これでは正社員の旨味などなく、本当にバイトでもしてたほうがマシです。

今はバイトすら条件満たせば社会保険くらいは入れるようになってきてますからね…。

心当たりがあるようであれば、さっさと転職してしまったほうがいいでしょう。

もう疲れたなら、職業訓練を受けて生活費を貰うのもアリ

geralt / Pixabay

接客サービス系の仕事って労働時間も長めで、なかなか転職活動の時間も取れない傾向にあるんですよね…。

もしかしたらあなたもそうなのかもしれません。

その場合は辞めてから次の仕事を探すしかありませんが、給料安くて貯金も無い方ですと、二の足を踏んでしまうと思います。

 icon-exclamation-circle 

でしたら今の会社はさっさと辞めて、職業訓練校に通うのもアリです。

職業訓練を受ければ、失業給付も通っている間は延長して貰うことができます。

自己都合退職だと三か月間は失業給付が貰えませんが、職業訓練に通いだせばすぐにもらえます。

もし雇用保険が無い方でも、条件を満たせば月10万円くらい貰える制度もあります。

ただ家族がいて生活レベルが高い方ですと、失業給付だけでは生活するのは難しいかもしれませんが…。

ですが申請すれば週20時間以内でバイトも可能なので、多少は減った収入を補えると思います。

接客系やってるならバイトなんていくらでも見つかるでしょう。

独身で生活費が少ない方であれば多分普通に暮らせるので、それでしばらく今後どうするか?作戦を練るのもアリですね。

⇒ハロートレーニング|厚生労働省(外部サイト)

時間が無い在職中の転職活動は、エージェントを利用すべき!

しかしそうは言いましても、やはり在職中に次を見つけておいたほうが有利です。

辞めてからの転職活動は不利になるのは事実ですからね。

時間のない社会人が在職中に次の仕事を見つけたいのであれば、転職エージェントを積極的に利用したほうがいいでしょう。

接客業となると休みも少なく、なかなか一人では転職活動していくことが難しいですからね。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

接客業で休みも少ない方が在職中に転職活動をするとなると、猫の手も借りたいくらいだと思います。

使えるものは徹底的に利用しましょう。

エージェントの非公開求人のほうが、質の高い求人が多い傾向にありますからね。

まとめ

接客業の社員でなんとか耐えられてきたのであれば、選ばなければ今よりマシな転職先も見つかりやすいと思います。

接客サービス業って休みも給料も少ない会社が多いですし、人当たりが良くて根性があるイメージがありますからね。

正直他の業界に転職できれば、かなりヌルく感じる可能性もあります。

私も接客系から土日休みで残業が少ない会社に転職したときは、「こんなにぬるくていいんだろうか?」と戸惑いましたからね…。

幸い今は仕事なんてたくさんありますから、さっさと転職してしまったほうがいいでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】


シェアする

フォローする