【仕事】メンタル弱い社会人が、メンタルの弱さを克服する9の方法!

geralt / Pixabay

  •  メンタルが弱い!

  •  ちょっと怒られるだけで超落ち込む…

  •  こんなので社会人としてやっていけるのかな…

とお悩みの、メンタルが弱くて社会人人生に不安を抱いている方のためのページです。

本人の性格的な面が強いのかもしれませんが、メンタルが弱い人というのはいますね…。

ちょっとミスをしたり、ちょっと怒られたぐらいですぐに落ち込んでしまう人というのもいます。

そういう人って仕事にも強気になりませんから、仕事の評価も低い傾向にあります。

ですがそのままでは、「これから社会人として生き残っていくことができるのか?」不安だと思います。

何とかするための方法まとめました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

人間関係が気楽な職場に移るという手も

メンタルが弱い人は、メンタルを折られる可能性は極力排除するべきです。

心が折れてしまったら仕事を辞めてしまうと思いますし、トラウマになってニートになってしまうかもしれません。

全く働いた経験がないニートというのは少数派ですし、大抵はメンタルが弱く挫折してニートになってしまう方が多いですからね…。

メンタルが弱いと、そうなってしまう確率は高いでしょう。

では、何によって心が折られてしまうかといいますと、当然ながら人によって折られます。

機械やモノを相手に、心を折られるなんてことはないですからね。

 icon-exclamation-circle 

メンタルが弱い人は、人間関係が悪い会社には勤めるべきではありません。

人間関係が悪いというのは、退職の一番の原因になることが多いですからね。

メンタルが弱いのに人間関係が悪い会社で勤めていると、耐えきれずに辞めてしまうことも多いでしょう。

それで働くことがトラウマになると、ニートやひきこもりになってしまう危険性もあります。

極端な話、人と全く接しない仕事だったらメンタルが弱くても十分務まります。

寂しがりやの人だったら、孤独感は感じるかもしれませんが。

工場のライン作業とか清掃業など、コミュニケーションが苦手でも務まりそうな仕事なら、

メンタルが弱くても向いているかもしれません。

⇒他人と関わりたくない!1人で黙々とできる気楽過ぎる仕事8選

まぁ今は仕事はたくさんありますから、今のうちにメンタルが弱くても勤まりそうな仕事を探しておくと良いかもしれません。

今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今は人手不足に陥っている会社もかなり多いので、メンタルが弱い人でも勤まるような仕事を探しやすいと思います。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

メンタルの弱さを克服するよう頑張る

メンタルが弱いのは、今のうちに克服しておいたほうがいいかもしれません。

このままメンタルが弱いままにしておいていいのか?と思いますし。

人生長いですから、今を凌げたとしても、絶対にまたメンタルの弱さで追い詰められる時は来ますよね。

 icon-exclamation-circle 

なので、メンタルの弱さを克服するために、あえて色々チャレンジしてみたほうがいいかもしれません。

比較的若ければ、自分の内面を変えるために色々やっていくことは可能ですからね。

例えば、

  • 職場内で新たな仕事を引き受けてみる

  • 営業職に異動願いを出してみる

  • 会社の飲み会で幹事を引き受けてみる

など。

色々やれることはありますよね。

あるいはもしかしたら、メンタルが弱いと思い込んでいるだけで、単に経験が浅いだけなのかもしれません。

であれば、色々やってみることで経験値が積まれて、メンタルが弱いのを克服できるかもしれません。

メンタルが弱くても、開き直って働く

メンタルが弱い方と言うのも、多いとは思うのですが…。

それでも頑張って働いている方はたくさんいますし、働かないとお金が稼げないので生活していくことができません。

なのでもう諦めて開き直って、メンタルの弱さと上手く付き合っていくというのもアリです。

そもそもメンタルの弱さは治るかどうか?わからないですし…。

あなたがメンタルが弱いと思い込んでいるだけかもしれませんけど…。

 icon-exclamation-circle 

まぁすぐに落ち込んでしまうような人もいますけどね。

三つ子の魂100まで、という言葉もありますが、人間の内面を変えるのは時間がかかると思います。

10代や20代などの若いうちであれば、比較的修正は簡単です。

しかし歳を取るにつれて、頭が凝り固まってきます。

年をとってくると、人間の内面の修正は困難になってきます。

かといって働かないわけにはいきませんので、開き直って働くしかないのではないでしょうか?

まぁずっと働いていくことで、「こんなに色々心配しても無駄だな」みたいなことも実感できてくると思います。

加齢と共に、時間経過と共に問題が解決するというのもよくあるパターンですし。

メンタルを強くするために、体を鍛えるのも手

「健全な魂は健全な肉体に宿る」という言葉もあります。

なので、体を鍛えることでメンタルが強くなるかもしれません。

とりあえず筋トレから始めるとか、ジョギング程度から始めてみるといいかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

やってみるとわかりますが、体を鍛えるのって苦痛なんですよ。

身体的な苦痛に慣れることができれば、精神的な苦痛にも慣れてくると思います。

それはつまりメンタルが強くなることを意味します。

メンタルが弱いということは、精神的な苦痛に慣れていない…ということですからね。

であれば、肉体的苦痛を味わっておけば「肉体的苦痛よりはマシだ」みたいな自信がつくと思います。

いい意味でタカをくくれるようになりますからね。

それに大多数の社会人は、そういった鍛錬やスポーツなどはしていない傾向にありますので。

「鍛錬を怠っているこいつらには、余裕で勝てる」という謎の自信もつく可能性があります。

まぁ人間も動物ですから、そういった動物的な強さが身に付けば自信もつくと思います。

成功体験を味わって、自信をつける

メンタルが弱い方と言うのも、多いとは思うのですが…。

それは、あなたが単に自信がないだけではないでしょうか?

ただ単に、成功体験が足りないだけなんだと思います。

なのでもっと色々チャレンジして、成功体験を積むと良いかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

こういうのは何でもいいです。

例えば、

  • 仕事で新しい仕事を任された

  • 彼女ができた

  • 思いついたギャグで誰かを爆笑させた

など。

つまりは自分で考えて、こちらからアクションを起こした結果、確かな手ごたえを感じることができた経験、それを自信と言います。

単に経験が少ないだけなのかもしれません。

もう少し他人と関わるようにして、他人を喜ばせてみてはどうでしょうか?

そうやって自信がつけば、メンタルの弱さも克服できると思います。

メンタルが弱くても、慣れるまで頑張る

メンタルが弱いというのは、ただ単にまだ今の仕事に慣れていないだけかもしれません。

慣れていない仕事ですと上手くこなしていくことはできませんからね。

人間は、慣れることで大抵の仕事はこなしていくことができるようになります。

単に職場の人間関係に慣れていなかったり、 仕事自体に慣れていないのではありませんか?

慣れれば職場の嫌な人間関係も、何も感じなくなってきます。

メンタルが弱くても、難なく仕事をこなしていくことができるようになるでしょう。

 icon-exclamation-circle 

慣れれば、仕事なんて大抵同じようなことしか起こりませんから、自然とこなせるようになっていきます。

メンタルが弱いっていうのも、慣れることで克服できると思います。

人間なんて色々なことに慣れていくことができる、適応能力の高い生き物です。

慣れれば全然問題なく仕事なんてこなせると思いますけどね。

もう少し気長に仕事を続けてみてください。

まあ、まだ入社間もないのであれば、合わないと思ったらさっさと辞めるのもいいと思いますけどね。

試用期間中にすぐ辞めれば、履歴書に書かなくて済みますし。

試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

メンタルを強くするため、自己暗示をかける

メンタルが弱い!と弱気になっている方も多いと思いますが…。

正直、メンタルが弱いなんていうのは思い込みだと思います。

人間の能力に大した違いなどありませんし、そういった思い込み的な面で個々人のパフォーマンスは変わってくると思います。

メンタルが弱いと思っていると、自然と自信がないふるまいをしてしまいますからね…。

 icon-exclamation-circle 

であれば、自分で自己暗示をかけてポジティブな思い込みを作れば、克服できるかもしれません。

  •  「自分は何を言われても動じない…」 

  •  「私はどんな時でも、いつも通りのパワーを発揮できる…」

みたいな感じで。

ポジティブなメンタルは強くなるような自己暗示をかけていくといいかもしれません。

ちょっと前に流行った「アファメーション」ってやつです。

まあ、大抵のことは思い込みですからね。

あなたは自分のことを「メンタルが弱い」と思っているみたいですが、そんなのただの思い込みでしょうし。

別に他の人とあなたで、何か脳に違いがあるわけではありません。

どうせみんなバカなんですし、あなたの方が他の連中よりは能力はかなり高いと思いますよ。

こんなページを発見してここまで見てくれた向上心の強いあなたならば、本来はなんでもできるはずです。

まぁいい意味でほかの連中を見くびって行った方が、メンタルが弱い人は上手く行くと思います。

メンタルが弱いなら、心療内科に行く手も

メンタルが弱いという方も、今のご時世多いとは思うのですが…。

そういった方は、何らかの精神疾患にかかっている可能性もゼロではありません。

うつ病か何かになっていて、単にネガティブになっているだけかもしれません。

であれば、心療内科を受診してみるのもアリです。

抗不安薬などの薬をもらえば、 が効いているうちはメンタルが強くなるかもしれません。

人間なんて所詮単純にできていますから、薬で無理矢理ポジティブにされれば、たいていのことは気にならなくなるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ただ心療内科に行っても、言ってみれば薬をくれるだけです。

対症療法にしか過ぎず、結局は認知行動療法などで思い込みや認知の歪みを矯正していく必要があります。

だからメンタルが弱いなんていうのは、思い込みの面が強いんですよ。

まぁ病的なほどメンタルが弱いなんていうのは、単に運動不足だったり、日光に当たらなかったりする生活習慣から来てるような気もしますけどね。

そういったフィジカル的な面からアプローチしていくのも良いと思います。

メンタルを良好に保つため、日光に当たって運動を

是非やっていただきたいのがこれです。

メンタルが弱いというのは、単に脳内伝達物質が不足しているからだと思います。

具体的に言えば、セロトニンという脳内伝達物質が足りていない可能性があります。

うつ病は、このセロトニンの不足が原因で起こると言われています。

セロトニンは日光に当たらないと生成されないんです。

あるいは適度な運動をしたり、リズム運動などをすることでも、生成されると言われています。

セロトニンが正常に分泌されていれば、

  • 精神が落ち着く

  • 幸福感を感じる

  • 些細なことで動揺しなくなる

  • 不安感が消え失せる

などの効果があります。

「30分のウォーキングは、抗うつ薬1本に匹敵する」なんていう説を唱える医者もいるくらいですからね。

 icon-exclamation-circle 

人間って複雑ですけど、思いのほか単純にできています。

ただ単に栄養が足りなかったり、運動不足だったりで、色々な不調がでているのかもしれません。

とりあえず週に何回か、外に運動をしに行きましょう。

そうすれば日光に当たりますし、セロトニンも生成されます。

 たったそれだけのことで、思いのほかメンタルの弱さが改善すると思います。

まとめ

 メンタルの弱さには、何かしら原因があると思います。

  • 栄養不足

  • 運動不足

  • 日光に当たる時間が短い

  • 単に慣れていない

など。

病気だったら別ですが、あまり「メンタルが弱い」という言い訳に逃げるのもどうか?と思います。

大抵は、そういったフィジカル面の問題だったり、思い込みだったりするものです。

あとは、今の仕事が単にあなたに向いていないだけの可能性も高いですね。

その場合は、仕事が多い今のうちに転職を検討してしまうのも良いでしょう。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますし。

メンタルが弱い人でも勤まりそうな仕事に変えたいなら、今がチャンスなのです。

環境から受ける影響は思いのほか大きいので、今の環境に問題がありそうであれば、今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする