上司に言われたひどい言葉8選!みんながパワハラ上司に言われた言葉をまとめたよ

 

上司にひどい言葉を言われた!

そんな悩みをお持ちの方今の御時世珍しくないと思います。

 

最近本当にブラックな会社も増えてきていますし、パワハラを上司にされてしまい精神的に病んでしまうことも珍しくありません。

私も何回か転職していますが、ブラックな会社で働いていて酷いことを言われ精神的に病んでしまった経験がありますし。

この記事では上司に言われたひどい言葉についてまとめてみました。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

ありえない!上司に言われた酷い言葉たち!

特にブラックな会社ほど、パワハラや酷いことを言ってくる上司というのはいるものです。

私も実際に言われた経験がありますし。

ネットを見ていると、本当に酷いこと言われている方も珍しくありませんね。

みんなが言われた、上司に言われたひどい言葉たちをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

残業はするな!仕事は終わらせろ!

最近は働き方改革を進めて残業を削減している企業が多いので、こういったことを言われる人は多いようです。

残業はするな!仕事は終わらせろ!というものすごい無茶ぶりですね。

確かに最近は大企業などは残業減らすようにしてきているので、こういった風に言われている人は多いようです。

 

ただ最近は人手不足の企業も多いですし、1人あたりの業務量が増えてきているケースも多いです。

残業をしないと終わらないケースも増えてきているため、残業せずに仕事を終わらせるというのは、かなり難しいと言わざるを得ません。

うちの業種は労働基準法適用外だから

本当に酷いブラック企業の上司ですと、こんなことを言われた人もいるようです。

「うちの業種は労働基準法適用外だから」と言われ、労働基準法違反を指摘しても何ら対策を取ってくれないケースです。

特に業界単位でブラックな企業しかないようなひどい業界もあるため、そういった業界ほどこういったことを言われてしまうのかもしれません。

うちには有給休暇制度はないよ

有給休暇は我々労働者の当然の権利ですが、ブラックな企業ですと、上司が有給の申請をシャットアウトしてしまうケースも多いです。

中には有給休暇制度はないよと言われ、有給休暇を取らせてくれません。

有給休暇というのは、会社が独自に整備する制度ではなく法律で決まっていますので、付与する義務があるんですが…。

そんな労働法の知識がブラック企業の上司にあるわけがありません。

小学校からやり直せ

ひどいパワハラ上司ですと、仕事でミスをした時などに「小学校からやり直せ」なんて酷いこと言ってくるケースもあるようです。

あとは「うちの小学生の子供でもできるぞ」なんてことを言ってくるケースもあるようですね。

まあお前は馬鹿かとか頭ごなしに言われるよりはまだマイルドな言い方かもしれません。

明日からお前転勤な

上司に言われたひどい言葉としては、何気にものすごい困るパターンが「明日からお前転勤な」という言葉です。

明日からだったり来週からだったりケースは様々ですが、突然転勤を言い渡され戸惑うしかありません。

会社の社宅などがあるのであれば良いですが、何もない場合はすぐに現地で賃貸を手配しなければいけません。

急な転勤の場合は物件探しが間に合わずに、カプセルホテルに泊まる羽目になったり、ネットカフェに泊まる羽目になるケースもあるようです。

親に買ってもらえばいいだろ!(営業職)

ノルマがある営業職などですと、「親や兄弟に買ってもらえばいいだろ」なんてことが言われることもあるようです。

実際保険の営業などは、家族や友達などに自爆営業して行くケースは多いですね。

あとは郵便局員とか配送系の仕事ですと、無駄なギフトなどのノルマが課されたりして、大変な目にあってる人も多いようですね。

タイムカードは俺が押すから

あとは残業代を払いたくないが為に、「タイムカードは俺が押すから」と上司が定時でタイムカードを押してしまうケースも散見されます。

ひどい言葉というか明らかに違法ですが、ブラック企業の上司はそんなこと御構い無しです。

まぁまだタイムカードを用意しているだけマシなのかもしれません。

ガチのブラック企業ですと、タイムカードすらなく労務管理がされていないなんていうケースも多いですからね。

何勝手に休んでんだ!(休憩時間)

あとは休憩時間になったので休みに入ったら、「何勝手に休んでんだ!?」と上司に言われるというパターンもあるようです。

休憩時間は法律でも、ちゃんと一定時間以上働いた方については付与させる義務があるんですが…。

まあ会社によっては「休憩行ってきます」とか、一言声をかける必要はあるとは思いますが…。

ブラックな会社ですと、そもそも休憩をとらせないというケースも目立ちます。

あまりにひどい上司がいる会社からは早めの転職を!

私はブラック企業に勤めていたことがありますので、こういった酷い言葉を言われた経験はありますね。

ただこんな酷いことを言ってくる会社にしがみつく必要が果たしてあるのでしょうか?

今は有効求人倍率も高いですし、仕事もたくさんある傾向にあります。

あまりにひどい上司がいる会社からは早めに転職を検討してしまった方が良いかもしれません。

精神疾患の労災件数なども右肩上がりで急増してきていますし、過労死などは減る兆候がありませんからね。

潰れる前に環境を変えてしまった方が良いでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。