休日は家から出たくない!引きこもり気質から抜け出す6のヒント

Free-Photos / Pixabay

  • 休日は家から出たくない!

  • 平日仕事で疲れまくるから休みたい!

  • でもこのままだと仕事以外何もできないなぁ…

とお悩みの、休日は家からでたくない方のためのページです。

平日は仕事で疲れますから、休日ぐらいは家でゆっくり休みたいというのはわかります。

特に労働時間が長い会社を報道、そういう傾向にある気がします。

私も以前長時間労働の会社に勤めていた時、休日は寝るだけで終わっていましたからね…。

ですが、そんな感じですと仕事以外何もしていないってことになってしまいます。

いったいどうしたら良いのでしょうか?

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

あなたのような方は増えてきている

実は、あなたのような方は増えてきています。

若者ほど、外出する回数が減っているという統計結果があるのです。

国土交通省の調査によると、平日と休日に外出する人の割合が1987年の調査開始以来、最低になったことが分かった。1日に移動する回数も過去最低になり、背景として高齢者が増加しているのに加え、若者の移動が減っていることもあるとみられる。 今回は2015年度に実施した。  1日1回は家から出かける人の割合(外出率)は、平日は80.9%、休日は59.9%と過去最低に。特に休日は87年から約10ポイント下がっていた。1日の移動回数も平日で2.17回、休日で1.68回と、過去最低だった。

年齢別では、50代未満の外出率の低下が顕著。平日では、20代の外出率が大きく低下しており、休日では、10歳未満~40代の全ての世代外出率が下落していた。休日の移動回数では、20代の移動回数(1.43回)が70代の移動回数(1.60回)を下回った。

まあ最近はスマホで用が足りますからね。

買い物だって、Amazonでボタン1つで買えますからね。

それでいて、最近は人手不足の会社が多く、働いている人に負担が集中していますから。

あなたのように「休日は家から出ずに寝ていたい」みたいに考えてしまうのも分かります。

休日は休むためにあるので気にしない

そもそも、休日は休むためにありますからね。

「休む日」と書いて休日です。

休日休むからこそ、平日にクオリティの高い仕事ができるのです。

「休日ぐらいは趣味に遊びに頑張るべきだ」という人もいますが…。

正直、無理しすぎて早死にすると思うんですよね…。

そういった、一部の超人は頑張ってくれて構いませんが。

 icon-exclamation-circle 

最近は、人手不足の会社が多いですよね。

あなたの会社もそうなのかもしれません。

ギリギリの人員で回していたら、平日は仕事だけでクタクタになってしまいます。

休日に疲れを取らなくては、翌週に疲れが持ち越されてしまいますからね。

休日休むのも仕事のうちですよ。

朝風呂をする

休日を有効に使うには、朝しっかりと目覚める必要があります。

  • 「二度寝しよう」

  • 「昼まで寝ていようかな」

  • 「休日ぐらいは長時間寝てよう」

こういうのもいいのですが、休日を有効に使うことができません。

家にいるのはいいですが、ずっと寝ているというのも…もったいないですよね?

 icon-exclamation-circle 

朝シャキッと頭を起こすことができれば、一日の予定を立てやすくなります。

お風呂は、朝入るようにしたらどうでしょうか?

こうすれば、頭が冴えますよ。

「今日は家で何しようかな」ということも、考えることができるんです。

まあできれば、スーパー銭湯などに行ったほうが気持ちいいと思いますが…。

そうやって、健康ランドにでも行って寝た方がまだ有意義な気もしますけどね。

節約と割り切る

Arcaion / Pixabay

あるいは、節約と割り切ってしまうのも手段の1つです。

外出すると、お金を使ってしまいますからね。

「休日家で過ごすことで、節約をしている」とプラスに考えれば、ネガティブにならずにすみます。

なかには、「休日家にいるなんて、最悪だ…」みたいに罪悪感を感じている人もいると思いますので。

そういう方は、そうやってポジティブに考えた方が精神衛生上いいです。

家にいても、スマホやネットでいくらでも時間は潰せますからね。

外にでても、それほど面白い娯楽はなかったりしますし。

ストレス過多なら、転職するのもアリ

正直、平日の仕事がきつすぎるのではありませんか?

あまりにストレスが多すぎたり、長時間労働ですと、休日家から出たくなくなるのは当たり前です。

休みをとって疲れを取るために、家からでたくないですからね。

そういう会社の場合は、いっそのこと転職してしまうのも手段の1つです。

というか、そうしないとずっとこんな人生が続いていきますからね。

平日は仕事に行き、休日は疲れて家から出ない…こんな人生楽しいですか?

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

適度に運動する

skeeze / Pixabay

あるいは、運動不足ですと体力がどんどん落ちていきます。

疲れやすくもなってきますし。

「休日家から出たくない」みたいに思ってしまうのも、当然です。

でしたら、適度な運動習慣づけるといいかもしれません。

  • 会社から帰ったら、30分くらいウォーキング

  • 週末だけでも、ちょっと外に出て運動する

  • 趣味でサイクリングをはじめてみる

などなど。

これをやるだけで、全然精神状態が違ってきます。

日光に当たらないと、セロトニンが分泌されずにうつ病になりやすくなってしまいますからね。

ずっと家にこもっているような引きこもり気質の人は、うつ病予備軍が多いんですよ。

最近気分が沈みがち出したり、ネガティブに考えがちであれば、これをやることをおすすめします。

放置しておくと、どんどん悪化していってしまう可能性がありますので。

まとめ

家でも楽しめているのであればいいですが…。

そうでないのであれば、ちょっと何のために生きているのかわからなくなってきますね…。

休日家にいて、楽しめていますか?

「平日仕事漬けで、休日は家にいるなんて、何のために働いているんだろう…?」と考えているのであれば、ちょっとやばいかもしれません。

このままの人生がずっと続いて行くというのも、きついでしょう。

自分から動き出せば人生を変えられますので、何らかの手を打ったほうがいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする