会社でパワハラになる言葉一覧!と暴言を言われた後の対処法

最近はパワハラが社会問題になってきています。

特に最近は労働環境も人間関係も悪いブラック企業が増えてきていますのでいますからね。

あまりにブラック企業と騒がれすぎたからか、ちょっとした言動なのにすぐパワハラ扱いされてしまいかねない時代です。

まあ本人がパワハラだと思ったらパワハラ認定されてしまうようですけど。

パワハラ認定なんてされていたら会社に居づらくなりますし、最悪リストラされてしまう可能性もあります。

言葉には気を付けていきたいところですね…。

この記事ではパワハラになる言葉一覧をご紹介します。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

パワハラに悩む人は多い!

最近は本当にパワハラに悩む人は多いです。

私も何社か転職していますがパワハラのようなことは普通にありましたし。

ネットで有名なホワイト企業でもバイトでなら務めたことがありますが、やはり部署や上司によっても全然変わってきますからね。

どこでもパワハラに悩む人というのは多いです。

実際ネットやSNSなどを見てみても、

今の上司にパワハラ受けてるぽいんだけど。

バカとかアホとか間抜けとか平気で言われてるし。

毎日会社に行くのが憂鬱だよ、本当きつい

パワハラって労働基準法違反にはならないみたいだね…。

その個人同士の問題にされることが多いみたい

いろいろそれで騒ぐことはできるけど、泣き寝入りしている人も多いみたい

どうしたらいいんだろう

最近転職したんだけど、なかなか仕事を覚えられないから上司に無能扱いされてる…

いつになったら仕事を覚えるんだ!とか言われまくってるんだけど

これってパワハラじゃないの?

もっと優しく教えてくれればいいじゃん!

こんな意見が散見されますからね。

最近は本当にパワハラやブラック企業にうるさいような時代ですからね。

実際それで自殺してしまう人もいますし。

最近の若者はひ弱だなんて、老害たちがコメントしていたりしますが…。

本当に本人にとってはパワハラは死活問題なので何とか 言葉には気を付けていきたいところですね。

「バカかお前は!」「アホか」

パワハラになる言葉としてはこれが一番だと思います。

  • 馬鹿
  • あほ
  • 間抜け
  • ドジ

など罵倒する小学生でも使ってるような言葉です。

特に仕事でミスをした時などに言われることが多いですね。

まあミスをした時だったら反射的に言ってしまうのも仕方がないとは思うのですが…。

こういうのは特にミスをしていない時でも言いがかり的に入ってきたりします。

そうなるとパワハラ度合いが強まると思います。

ミスをしたのであればこちらにも落ち度がありますから、言われるのもわかるのですが…。

特にそういったこともないのにバカだの間抜けだの言われたらこれはただのいじめですからね。

こういった直接的な表現は避けた方が良いでしょう。

「こんなこともできないのか!?」

まだその職場に入ったばかりの新人の時に言われがちなパワハラの言葉です。

  • こんなこともできないのか
  • 小学生でもできるぞ
  • 俺はこのぐらいすぐに覚えたぞ

などなど。

やはり個人の能力には個人差がありますからね。

そういったところをあげつらって本人の無能さを罵倒するのもパワハラになる可能性があります。

上司たるものそういったなかなか仕事覚えるのが遅い社員に対してもちゃんと指導していかなければいけません。

それも管理職の仕事ですからね。

ただ罵倒をするだけだったら小学生でも出来ますし。

本当に仕事を早く覚えてもらいたいのであれば、

  • うーんこれは難しいからできないのもわかるよ
  • じゃあこうしてみたらどうだろう

という風にちゃんと優しく教えてあげればいいじゃないですか。

頭ごなしに「こんなこともできないのか!」何て言ったって、仕事を覚えられるわけがありませんよ。

「こんなに仕事ができないとクビになるぞ!」

これもパワハラの言動になるセリフのひとつです。

  • こんなに仕事ができないとクビになるぞ
  • 会社はお前のこといらないと思ってるぞ
  • この調子じゃ遠からずリストラされるな

などなど。

クビやリストラをチラつかせて脅したり恫喝する言動です。

これは恫喝や脅迫しているのに近いので、わかりやすいパワハラの言動のひとつですね。

実際会社員にとっては、クビや懲戒解雇になってしまうと割と致命的だったりしますからね。

まあ別に懲戒解雇になったからといって仕事が見つからないわけではないのですが、不利になるのは確かですし。

そうやって会社側が権力を振りかざして1従業員に対して「クビになるぞ」なんて言って脅してくるのは、これは明らかにパワハラです。

こういった言動には気をつけた方がいいでしょう。

あまりに仕事ができない社員に対しては言いたくなる気持ちはわかりますが…。

「この給料泥棒が!」

これも仕事ができない社員に対してよく言われがちなパワハラの言動のひとつです。

  • この給料泥棒が!
  • 給料ぶんぐらいは働け
  • お前を雇っていると赤字だよ!

などなど。

だいたいそんなすぐに仕事ができるようになる即戦力的な社員なんて、なかなかいませんからね。

雇ってしまった以上、会社はどんな人でも使いこなしていかないといけません。

 icon-exclamation-circle 

特にこれからは少子高齢化による労働人口の減少によって、労働者もさらに集まらなくなってきますし。

こんなふうに「給料泥棒が!」何て言ったところで、

  • パワハラにはなるし
  • 従業員にはやめられてしまうし
  • 悪評が広まって人も集まらなくなるし

いいことはないのです。

こんな給料泥棒扱いされていたら、うつ病などにもなりかねませんからね。

それで労働組合や労働問題専門の弁護士などに駆け込まれたら会社側はかなり不利ですからね。

赤字社員についてはこういったふうに言いたくなる気持ちも分かるのですが、パワハラになるのでやめた方が良いでしょう。

パワハラは証拠が重要!録音すべき

上記のように様々な言動がパワハラになる可能性があります。

ですがパワハラというのはやはり証拠が重要になってきます。

殴ったり蹴ったりでしたらまだアザなどが残る可能性があるので証拠も残りやすいのですが…。

パワハラは特に言葉でもなりますので、証拠残しておかないと、言った言わないの水掛け論になりがちです。

 icon-exclamation-circle 

なのでもしあなたの会社でパワハラが横行しているようであれば、ちゃんと録音しておいた方が良いでしょう。

録音さえしておけば、これ以上ないパワハラの証拠になりますし。

こういった録音が証拠になって労災認定が通った!何て言うのもよくあるパターンですし。

後で会社から賠償金などを踏んだくれる可能性もあります。

会社やパワハラ上司に対して戦う一番有利な武器になりますので、録音は絶対にしておきましょう。

スマホでも録音アプリはありますし、IC レコーダーなども最近は数千円ぐらいで買えます。

最近はポケットに入れておいても割とクリアに録音できますので、是非パワハラの証拠を取るために録音して行った方が良いでしょう。

労働基準監督署よりは、外部の労働組合の方が力になるかも

最近はそういったパワハラの言動が社会問題になっているのですが…。

労働基準監督署となるとなかなか動いてくれないケースも多いようです。

特に最近はあまりに労働環境の悪いブラック企業が増えたからか、人員が足りなくて困っているようですからね。

労働基準法違反のタレコミが多すぎて、とてもではないですが取締切れていないのが現状のようです。

なのでパワハラの相談に入ったところでなかなか動いてもらえないケースも多いようですね。

パワハラですとその上司や同僚との個人間の問題になりがちで会社側の労働基準法違反で立件していくのがなかなか難しかったりするようです。

 icon-exclamation-circle 

なのでこういった問題は、会社の外部の労働組合などに相談した方が力になってくれる可能性も高いようです。

会社にももしかしたら労働組合があるかもしれませんが、最近の労働組合なんて会社の御用組合と化していることが多いようですからね。

それよりは会社の外部にある、個人でも入れるユニオン系の労働組合の方が力になってくれる可能性が高いです。

弁護士相談などにもつなげられて未払い残業代などがあれば請求できる可能性もありますのでそういったところに相談した方が良いかもしれません。

パワハラは泣き寝入り多い!早めに転職も手

最近はそういったパワハラになる言動が社会問題になってきているのですが…。

やはりパワハラとなると泣き寝入りになってしまうことが多いです。

明らかに会社が指示してパワハラしているのであれば別ですが、パワハラ上司とあなたとの個人間での問題にされがちで泣き寝入りになってしまうケースも多いですし。

実際それで諦めてしまう人も多いですね…。

そういった環境に問題がある場合は、早めに転職を検討した方がいいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く転職はかなりしやすくなってきていますし。

パワハラなんてしてくる職場にしがみついたところで、年々働きにくくなるに決まっていますからね。

そんな職場では離職率も高いでしょうし。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

最近は本当にパワハラが社会問題になってきています。

というか、未だに会社の社長が経営陣などに労働基準法の知識すらないケースも多いですからね。

どういった言動がパワハラになるのかすら全く把握していない方も多いです。

基本的には本人がパワハラだと思ったらパワハラ認定されてしまうため、言動には最大限の注意を払うべきなんですけどね。

まあそんなパワハラが横行しているような会社というのはなかなか改善していくことは難しいでしょう。

結局そういった会社は人が集まらなくなり離職率も高く人手不足で倒産していく運命なのかもしれません。

そんなパワハラが横行している会社に勤めているのであれば、早めに転職を検討した方がいいかもしれません。

今は本当に仕事が多いので、そんなパワハラなんてしてくる会社にしがみつかなくても仕事はたくさんあるんです。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする