【倍返しだ!】会社での嫌がらせに仕返ししたい!クソ野郎を追い込む9の逆襲策

 

  • 会社で嫌がらせされた!
  • 嫌がらせしてきた同僚に仕返ししてやりたい!

そういった悩みをお持ちの方は珍しくないかもしれません。

 

最近は特にブラックな会社が増えてきていることもあり、人間関係がピリピリしている会社も多いですからね。

特に人手不足に陥ってる会社も多いのでみんな心に余裕がなくなってきていますし。

ストレスの捌け口にするためなどに嫌がらせをしてくるというのもよくあるパターンです。

 

ただあまりに理不尽な嫌がらせをされたら仕返しの一つや二つもしたくなってきますよね。

あまりオススメはしませんが、この記事では嫌がらせをしてきた同僚に仕返しするための方法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

仕返しにはリスクが!やるならまず覚悟を決める

嫌がらせに対して仕返しをするというのは、考えるのは自然な感情ではあるのですが…。

当然仕返しなんてしてしまうと、リスクはあります。

仕返しをするのはいいですが、その結果のリスクは覚悟しておいた方がいいでしょう。

  • 会社で大問題になる
  • 最悪の場合クビになるかもしれない
  • そこまで行かなくても査定に響く
  • 左遷されるかもしれない

こういったリスクは確実について回りますね。

 

ただあまりに嫌がらせが酷いものであった場合そこで泣き寝入りしてしまうと、更にエスカレートする可能性もありますし。

そこで下を向いて働き続けると足元を見られてしまう可能性もあります。

覚悟があるのであれば、そういったリスクを引き受けてでも仕返しをしてみるというのも良いかもしれません。

 

嫌がらせしてきた奴の陰口を流す

嫌がらせの仕返しとしては、こちらも相手が嫌がることをやるのが一番です。

嫌がらせの鉄板の手法としては、陰口を流すというのが一番です。

もしかしたらあなたも嫌がらせをされたのであれば、既にやられているかもしれませんが…。

あなたも負けずにその嫌がらせをしてきた奴の陰口をバンバン流してやりましょう。

あまりに嘘くさい陰口を言うと見抜かれて効果がありませんが、信憑性の高い陰口を流すことができれば、その嫌がらせをしてきたやつの信用を失墜出来る可能性があります。

 

ただこれの成功率を上げるためにはあなたの普段の行いが重要です。

普段から仕事ができなかったり不真面目な人が陰口を言い出しても誰も聞いてはくれません。

普段から真面目に仕事をしている人が言うからこそ、「この人が言うなんて余程ムカついたんだろうな」という風に信用してもらえます。

 

上司を味方につけキツい部署に左遷する

あとはガチで行くのであれば、上司を味方につけることも視野に入れて行った方が良いかもしれません。

やはり平社員のあなただけではできることには限界がありますし。

何かやっても上司に怒られて終わってしまいますからね。

そこで上司を味方につけておけば嫌がらせの仕返しもできることが増えるんです。

 

とにかく上司を味方につけることは大前提ですが、それできつい部署に左遷してやるというのも手段の一つです。

あなたが上司と仲良くなって、

  • あの人はこの部署で役に立ってませんよ!
  • あの人がいなくなればもっと働きやすくなるんですが…
  • あの人がいるからみんな辞めていっちゃうんです…
  • ちょっとお灸を据えた方がいいんじゃないんですか?

このぐらい言ってしまうのが良いかもしれません。

そうすればそいつを左遷することができるかもしれませんし。

そういったことがきっかけで居心地が悪くなって辞めてしまうというのもよくあるパターンです。

⇒会社で嫌いな人がいる!?辞めさせるよう仕向ける15の方法

 

転職活動をし引き継ぎせずに速攻辞める

嫌がらせの仕返しとしては転職をするということも挙げられます。

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。

そんな嫌がらせをしてくるような人でもあなたに辞められたら困るでしょうし。

まさかやめないだろうと思っているから嫌がらせなんてしてくるんだと思います。

今は転職がかなり一般的になってきてはいますが、まだまだ一つの会社でずっと働くという人も多いですからね。

まさかあなたが辞めるなんて夢にも思っていないから嫌がらせなんてするんだと思います。

 

なので、そこであなたが他の会社に行ってしまえば、残された人達は人手不足で大変なことになります。

嫌がらせの仕返しになるでしょう。

まぁ実際、今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんあります。

今のうちにもっと人間関係の良い働きやすい会社に移っておいた方がいいと思うんですがどうでしょうか?

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

禁断の暴力の力を借りるという手も! ※非推奨

嫌がらせの仕返しとなると直接的な手段に訴えるという手もあります。

犯罪なので絶対にやめてください!と前置きはしておきますが、禁断の暴力の力を借りるというのも手段の一つです。

一番わかりやすい仕返しの手段だとは思いますが…。

そいつが泣くまで殴るのをやめないようにするのも良いかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

まぁさすがにそこまでやると警察沙汰になってしまうのであれですが…。

まぁちょっと小突くとかそのぐらいだったら、喧嘩両成敗的にお咎めなしになるような気もするんですが。

大人となると暴力はタブーとされていますので、こうやって手が出る人というのは、ほとんどいません。

 

まさかこんなことやらないだろうと考えているから嫌がらせなんてしてくるんだと思いますが…。

そこで程度の差こそあれ手を出せば、相手もかなり動揺するはずです。

まあクビになったり警察沙汰になる可能性がありますので、オススメはしませんが…。

 

転職口コミサイトに会社とそいつの悪評を流す手も

あとは外部の転職口コミサイトに会社の内情暴露するという手もあります。

最近はネットの発達によって、会社の内情を世間の人達にシェアできる転職口コミサイトというものが出てきていますからね。

そこにその会社の内情やその嫌がらせしてきた人のことを書いてしまうのも良いかもしれません。

 

まぁさすがにフルネームで書いたらまずいとは思いますが…。

名字を書くとかそのぐらいだったらバレない可能性は高いです。

ただ小さい会社ですと、誰が書いたのか限られてくるのでバレる可能性がありますが…。

こういったことは地味にやることによってその会社を受ける人が少なくなっていきますからね。

もしあなたがそんな会社からはゆくゆく転職するつもりであれば、こうやって仕返しするのも良いかもしれません。

⇒10万件の企業口コミで失敗しない転職を!企業口コミなら【キャリコネ】

呪いをかけそいつの早死にを祈願する

あとはやはり社会人で大人なんですから、嫌がらせの仕返しとは言いましても暴力などの手段に頼ることはできません。

仕返しをするのもいいですが、やはり社内で問題になったり最悪クビになる可能性もありますし。

あなたが直接的にその人に仕返ししてしまうと、当然問題になる可能性が出てくるんです。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、間接的に目に見えないものの力を借りて仕返しするという手段もあります。

つまりは呪いをかけて仕返しをするという手段です。

  • そいつの早死にを祈願する
  • そいつの家族に不幸が訪れることを祈願する
  • そいつが病気になる呪いをかける

などなど。

 

まぁこういったことは自分でやらなくても最近は呪い代行業者のようなものも出てきています。

そういったところに頼ってみるのも良いかもしれません。

まあ効果のほどは不明ですが…。

 

仕事を頑張って出世し、パワハラしてやる手も

あとは嫌がらせの仕返しとは言っても、一平社員のあなたができることはたかが知れています。

やはり上司などを味方につけて権力を使って行った方が仕返しできる手段は増えますね。

ただやはり上司と気が合う合わないもありますし。

上司を味方につけられるかどうかも分かりません。

 

 icon-exclamation-circle 

でしたら、あなたが頑張って出世をするというのも手段の一つです。

あなたがその嫌がらせしてきたやつの上に立つことができればそいつにパワハラをして仕返しすることもできるかもしれませんし。

 

特に最近なんて出世なんてしたがる人も減ってきていますから、ちょっと頑張れば出世できる可能性はあります。

今時出世なんてやりたがらない人が多いので日頃から「出世したいですアピール」をしておくだけでも出世の白羽の矢が立つ可能性もありますし。

ガチでそいつに仕返ししたいのであれば、こうやってあなたは自身が社内で権力を持つのも良いかもしれません。

 

今は人手不足のご時世!さっさと転職するのが一番の仕返しに

嫌がらせの仕返しとは言いましても、やはりそこは大人である社会人ですからね。

暴力を使ったり直接的な手段に出るなんてことは絶対にしてはいけません。

やはり仕返しなんてするよりは、さっさとそんな会社からは転職していってしまった方がいいと思います。

特に最近なんて人手不足に陥っている会社が多いですし、あなたの会社も人員に余裕があるわけでもないでしょう。

特に最近は中小零細企業なんて募集をかけてもなかなか人が来ませんからね。

 

なので、あなたがさっさと転職してしまうのが一番の仕返しになる可能性は高いです。

そうすればあなたがやっている仕事がその嫌がらせしてきたやつに押し付けられて、しわ寄せが行って復讐できるかもしれませんし。

まぁ実際今仕事はたくさんありますし、有効求人倍率も高止まりしています。

今のうちにもっと人間関係の良い働きやすい会社に移っておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

嫌がらせの仕返しの方法は色々とありますが…。

やはりあまりでかいことをしてしまうと、社内で問題になってしまう可能性があります。

これが子供同士の喧嘩であれば、喧嘩両成敗的にお咎めなしで怒られるだけで済むのですが…。

社会人となるとクビになる可能性もありますし。

暴力なんて使ってしまったら最悪警察沙汰で、刑務所行きになってしまう可能性もあります。

 

まあそんな嫌がらせしてくるような人間関係の悪い会社であれば、早めに転職をしておいた方がいいと思います。

幸い今は仕事はたくさんある訳ですし。

そのまま働いていても精神的に病んできてしまうだけですので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

人生変えたいと思いませんか?

わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【@type転職診断】

あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

→あなたの転職力、 診断します!【@type】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。