【詐称】アルバイト職歴を正社員と偽ってもバレない?上手く取り繕うには?

geralt / Pixabay

  • アルバイト職歴しかないけど、就職したい!
  • でも職歴アルバイトしかないから厳しいかな…?
  • バイトを正社員と嘘ついて受けちゃおうかな…?

とお考えの、アルバイト職歴を正社員と偽って仕事を探そうかなと考えている方のためのページです。

 

フリーターとなると世間体が悪いため、「バイトは卒業して正社員を目指したい!」と考える方は多いです。

しかし、バイト職歴しかない人が正社員を目指そうと思っても、企業側にその職歴を問題視される可能性があります。

未だに「バイトは無職!バイトは職歴にならない!」なんて暴論を言われる傾向にありますからね…。

つまりアルバイト職歴しかない人だと、なかなか正社員になれない傾向にあるのです。

これがあるから、「一度フリーターになると正社員になれない!」みたいに言われる傾向にあります。

或いは「過去にフリーターの職歴があるから誤魔化したい!」と考えるパターンもありますね。

 

ですが、果たしてウソをついてもバレないのでしょうか?

この記事では、アルバイト職歴を正社員と偽ってもバレないか?についてまとめてみましたので、参考にしてください。。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

やりようによってはバレない可能性が…

こういう職歴詐称系の話題で検索すると、「嘘をつくのはNG!正直に書きましょう」なんてお行儀のいいことしか言わない質の低いページしか出てきませんが…。

結論から言えば、バレにくくする方法はあります。

大抵は抜け穴がありますから、そこを要領よくやれば、バレる可能性をかなり下げることができると思います。

というか過去の職歴を調べるかは企業によりますし、調べない会社は全く調べません。

担当者が変わったら全く調べなくなる会社もありますし、最近は人手不足の会社も多いので、あまり厳密に調べていたら誰も採用できません。

 

馬鹿正直に「フリーターの職歴しかありません」なんて書いたら落ちる可能性が飛躍的に上がりますから、自己責任で見栄えを良くしていったほうがいいかもしれません。

これだけ長期ニートやフリーターが問題になっているのは、企業が「若くて正社員職歴が豊富でぇ、それに即戦力でぇ、あと安く使えるのに忠誠心も厚くてぇ、それにそれになかなか辞めない有能な人材が欲しいなぁ!」なんて分不相応な高望みをしている結果です。

悪いのは選り好みしている企業側なのですから、こちらもそれに合わせて、良い人材に見せかけていく必要があります。

履歴書にバイトであることを書く必要はない!社名だけ書いておけばいい

よくある対策としては、履歴書には雇用形態を書かず、単に「○○株式会社 入社」とだけ書くことですね。

これなら、書類通過の確率はアルバイトと書くよりも上がります。

この程度ならウソじゃないですし、キャリアコンサルタントからアドバイス受けたことあります。

ただ、面接で「正社員です!」ってウソついたら職歴詐称になりますが…。

 

職務経歴書については、具体的に何をしてきたか?が重要ですから、具体的にやったことを詳しく書けば問題ありません。

バイトでも新人の指導などは一度くらいしたことがあるでしょうから、話を盛って「新人教育やマネジメントをした」とか書いておけば好印象です。

 

もともと雇用形態なんて法的定義は曖昧ですし、証明するのもなかなか難しいです。

なので面接で雇用形態を聞かれた場合のみ、バイトだったと正直に答えれば良いのです。

そもそも「正社員で入社したつもりが、後にバイトだったことが発覚!」なんてのは珍しいケースでもありません(経験済み)。

中小零細企業なんていいかげんな会社が多いですから、雇用契約書すら交わさないケースも多いです。

日本は労働者に厳しく企業側に甘すぎたため、こういった不法行為がまかり通っているのですが…。

まぁ雇用形態なんて案外いい加減でテキトーなものですので、そこまで深刻に考える必要もないのかもしれません。

正社員以外は非正規労働者!いっそ契約社員や準社員だったことにしてもどうせバレない

というかバイトだろうがパートだろうが契約社員だろうが準社員だろうが、非正規労働者であることに変わりはありません。

いっそ「契約社員でした!」「準社員でした!」って言ってもどうせバレませんから、そっちのほうが見栄えが良いと思います。

非正規労働者の呼び方は企業側が勝手に名付けているものが多く、「パートナー社員」や「フレンド社員」など意味不明なものも存在するため、同じ非正規ならバイトでも契約社員でも外から見たら同じことです。

というか世間の人たちは「正社員なのか?非正規なのか?」っていう白黒でしか見ませんから、非正規のヒエラルキーなんてマジでどうでもいいのです。

 

アルバイトというと無責任な学生バイトのイメージがあって印象が悪いので、契約社員のほうが比較的ちゃんとした社会人っぽいイメージがあって好印象です。

契約社員といっても、大企業や外資系企業の契約社員だと結構稼いでたりします。

そういった良い印象を借りて、勘違いさせてさも実力がありそうに見せかけるのが、世の中をうまく生きるコツです。

面接官や採用担当者ごときに、人を見抜く能力などありません。

正社員もアルバイトも、法的定義は曖昧!

そもそも勘違いしてる人が多いんですが、正社員もアルバイトも、法的定義は曖昧です。

多くの人が思ってるのは、

  • 正社員 = 雇用期間の定めなし
  • アルバイト = 雇用期間の定めあり(短期雇用)

って感じだと思いますが、こんなの会社によりますからね。

 

最近は単に

  • 「正社員を雇いたくない!」
  • 「安く従業員を使いたい!」
  • 「何かあったら即座にクビにして責任逃れをしたい!」

って理由だけで、雇用期間の定めなしでアルバイトなどの非正規雇用を雇ってる会社多いです。

契約社員だって、今は契約期間の定めなしで、単なる「安く使える正社員の下位互換」みたいな感じで雇ってる会社がかなり多いです。

バイトが有期雇用とは限らない!人件費節約のため無期雇用で非正規をコキ使う企業も増加

最近は無期雇用派遣や無期雇用パートなんていう意味不明な雇用形態も増えてきており、更によくわからなくなってきています。

「無期雇用だけどあくまでもバイトだから!」と言い訳をして給料を安くしたいだけです。

大体、パートタイムで雇ってるのに、毎日8時間以上フルタイムで働かせてる会社なんてたくさんありますからね。

このへんは特に「正社員じゃないと月○○時間以上働けない!」みたいに法的な縛りがあるわけではありません。

日本は企業側に都合がいいように社会が回っていますから、安く使えるならバイトでも正社員以上に働かされてるケースはザラです。

今は安く使える非正規に責任ある仕事をどんどん押し付けて使い潰すのがトレンドですから、正社員より非正規を無期雇用で潰れるまで使ったほうが企業にとって期待値が高いのです。

 

「正社員」というのは法律用語ではありませんし、企業が勝手に待遇を差別しているだけです。

正社員だろうがアルバイトだろうが、証明する書類などもありません。

最近は法律が改正されて、バイトやパートですら社会保険にも加入できるようにもなってきていますからね。

最近は非正規でも少ないながらボーナスや退職金もあったりしますので、境目はどんどんあいまいになってきています。

職歴を辿れる手段は、社会保険履歴のみ

geralt / Pixabay

 

ぶっちゃけて言えば、日本で職歴を辿れる手段は、社会保険くらいしかありません。

具体的には、

  • 厚生年金
  • 雇用保険

この2つの履歴です。

その他の税金については、住民税なら前年度の所得に応じて税金が決まるので、嘘の程度によっては疑われる可能性はありますが、前年以前の税額については企業側はわかりません。

マイナンバーからは、企業側は従業員の納税記録なんてわかりませんし。

 

 icon-exclamation-circle 

厚生年金記録については、入社する時会社に「年金手帳を出せ」と言われた際、年金手帳に印字してあるとこれまで勤務してきた企業名はわかってしまいます。

ですが雇用形態までは書いてませんので、雇用形態でウソついても勤務先の会社を正直に書けばバレにくいですね。

ただ印字する会社としない会社がありますし、再発行すればまっさらな年金手帳を手に入れることは可能です。

 

雇用保険については、入社の際に雇用保険被保険者証というものを提出します。

これは企業名は書いてありますが、保険者番号だけわかればいいので、企業名が書いてある部分は切り取って提出しても大丈夫です(二枚綴りになってるので)。

雇用保険履歴だけでは雇用形態まではわかりませんので、大丈夫です。

 

アルバイトだと社会保険入れない会社もまだまだ多いですし、社会保険入ってなかった履歴については、記録がほぼ無いのと同じです。

むしろその勤務記録を証明するほうが難しいでしょう。

2022年4月から年金手帳は廃止に!年金手帳でバレるリスクは低くなる

年金手帳の履歴だけでは雇用形態までは分かりません。

そのうえ2022年4月には年金手帳が廃止され、「基礎年金番号通知書」という年金番号を伝える書類だけで手続きできるようになります。

企業側は労働者の職歴をたどることが難しくなりますから、労働者にとっては要領よく職歴を見栄え良く編集して、採用されやすくなるかもしれません。

馬鹿正直に「ずっとバイトしてました!」なんて書いたら落とされますので、要領よくやっていきましょう。

社会保険なんて、いまどきバイトでも入れる!

少し前までは「バイトは社会保険入れない!正社員にならないと入れない!」って感じだったんですが…。

2016年10月に法律が改正されて、アルバイトでも社会保険に入りやすくなりました。

従業員501人以上の事業所で、週20時間以上月給88000円以上、雇用期間一年以上で学生以外の方は、アルバイトでも社会保険加入義務ができました。

正社員が入れる社会保険と全く同じものですし、社会保険履歴に「正社員」とか「アルバイト」と書いてるわけでもありません。

 

 icon-exclamation-circle 

つまりはアルバイトの社会保障が拡充されたうえ、更に正社員との違いが薄くなってきた、ということです。

その割に、正社員なのに社会保険に加入させてもらえない人たちもまだたくさんいるんですよ。

我が国の95%以上を占める中小企業は全国に約400万社ありますが、そのうち約20%を占める80万社は、正社員でも違法に社会保険加入逃れをしているようです。

 

社会保険くらいしか職歴を辿れる手段がなく、それなのに本来加入義務がある正社員すら20%の会社は社会保険入れない……という状況なんです。

アルバイトを正社員と偽ったところで、誤魔化しようなんていくらでもあるのが現状です。国も実態を把握できないくらい意味わからん状態と言えます。

正社員なのに社会保険入ってない会社なんて、会社が勝手に正社員と言ってるだけで、実態は無いようなもんです。

2024年10月からは、従業員51人以上の企業のアルバイトでも社会保険加入義務が発生

ちなみに年々法律が改正されていき、2024年10月からは、従業員51人以上の企業のアルバイトでも社会保険加入義務が発生するようになります。

週20時間以上の勤務で月給88000円以上、雇用期間二か月以上で学生以外の方は、バイトでもパートでも社会保険加入義務ができるのです。

今後は「月給68000円以上なら入れるようにしよう」なんて話も出てきており、社会保険なんて雇われで働いていたら誰でも入らされるものになっていくでしょうね。

 

社会保険に入れれば、アルバイトでももしもの時に正社員と同等の保障が受けられますので、これからは正社員とアルバイトの垣根はどんどんなくなっていく方向になるでしょう。

まぁ底辺正社員はサービス残業も多く、時給換算するとバイトのほうが多い!なんてケースも最近は増えていますので、バイトのほうがマシまでありますが…。

ただ、要領悪い方はお勧めしない!

そんな感じで、アルバイトを正社員と嘘ついても、バレる可能性は低いかもしれません。

社会保険入ってない人なら、むしろアルバイトの職歴を証明するのも難しいですし。

せいぜい直接その会社に聞くくらいですが、個人情報保護法のせいで本人の同意なしに調査するのは違法ですし、実際やる会社はそこまで多くはありません。

 

ですが、要領悪い方は辞めておいたほうがいいかもしれません。

モラルに反しますし、要領悪い人は些細な部分に気付かず辻褄を合わせられずに、バレる可能性が高いです。

ネット見てるとそういう人たくさんいますね。

  • 「職歴詐称したらバレた」
  • 「バイトを正社員と偽ったらバレた」

こんな感じの人…。

「詐称したらバレた!」って話は突っ込みどころが多い

私も「詐称したらバレた」って話をネットでたくさん調べたことがありますが、よく見てみるとちょっと考えればわかるような部分になんの対策もせずにバレてるんですよ、こういう人たち。

まとめサイトとかで「詐称したらバレた!ウソつきの末路!w」みたいにまとめられてるやつは、大抵突っ込みどころが多くてコメント欄で指摘されてたりしますね。

一番は上で述べた社会保険履歴ですが、履歴書の情報と本人の言ってることが食い違ってると、当然バレますしね。

要領のいい人は「辻褄は合うか?バレる可能性がある部分はどこか?」ってとこまでちゃんと考えてやるのでバレる可能性は低いのですが、要領悪い人だと細かい部分まで気が付かず、バレる可能性は上がります。

 

心当たりがある方は、アルバイトを正社員を嘘つくなんて、辞めておいたほうがいいかもしれません。

やるにしても、アルバイトじゃなく契約社員や準社員だったとか、微妙な嘘程度にとどめておくことをお勧めします。

実際契約社員や準社員なんてバイトとほぼ同じようなもんですし、法的な定義も何もなく、企業側が勝手にヒエラルキーを作るために創作した雇用形態ですからね。

労働環境のいい会社に行きたい方は

geralt / Pixabay

 

そもそもそんな嘘をつかなければならない状況というのも、きついと思います。

現時点でアルバイトをしている人でも、一度就職したことがある人が多いですし。

我が国はブラック企業が多いですから、ついていけずにアルバイト生活に陥っている方も多いです。

正社員となると死ぬほど働かされますからね…。

 

なので、労働環境のいい会社を探したほうがいいです。

多少給料が安くても、そのほうが長続きしますし、アルバイト生活なんてせずに済みます。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も見つかりやすくなってきています。

 

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

 

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

 

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定などもあるため、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

まとめ

アルバイト職歴しかないと、「正社員と嘘ついて仕事探そう!」みたいに考えがちですが…。

要領よくやればバレる可能性も下げられますが、こういうのは要領悪い人がやって、バレるケースが多いです。

嘘をつくなら、墓まで持ってく覚悟で貫き通せるよう、辻褄が合うようによく考えてやるべきです。

要領がいい人は自然とそうしてますので…。

 

ただまあ、今は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて良い環境にも移りやすくなってきている傾向にあります。

30代くらいのフリーターの方でもそこそこの企業に入社できてるケースも多いですから、チャレンジしてみるといいかもしれません。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

転職活動
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。