会社を休んでしまった!?罪悪感がある時の7つの対処法

pikabum / Pixabay

  • つい会社をズル休みしてしまった!

  • 仮病を使って休んでしまった…

  • なんだか罪悪感がある…

とお悩みの、会社を仮病を使って休んでしまった方のためのページです。

私もけっこうを仮病を使って休んだことがありますので気持ちはよくわかります。

まあ、みんなそうやって要領よく働き続けてるもんだと思いますけどね。

特に休みの少ない会社だと、そうやって自己管理していかないと心も体ももちませんよ。

しかし、罪悪感がある人も多いと思います。

罪悪感がある時の対処法についてまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

翌日お礼を言えばいい

あなたが仮病を使って休んだことで、誰かがあなたの穴を埋めてくれたかもしれません。

なので、その人に翌日お礼を言えばいいと思います。

「昨日はありがとうございました」と。

 icon-exclamation-circle 

まあ、穴埋めしてこなしてくれてればまだいいと思いますよ。

仕事によっては、完全にその分の仕事が何も進んでおらず、

結局自分にしわ寄せが来るというような職場もありますから。

一人一人仕事が割り振られて、決まった納期までに仕上げる仕事はそのケース多いです。

そういう会社の場合。仮病で休んだところで後で自分がツケを払うことになります。

無理してでも出社する人多いですね。

まあ、どっちにしても一応、お礼を言っておけば後腐れはないですね。

会社に貢献してるなら別に気にしない

あなたが普段から会社に貢献できているのであれば、あまり気にする必要はないと思います。

仕事はちゃんとこなして役に立ってるんだから。

そういった優秀な人は、「仮病かな?」と思われても目を瞑ってもらえます。

辞められてしまうと職場にとっては損失ですからね。

あまりうるさく言って、辞められてしまったら困ります。

全く休まないけど仕事ができない人よりは、要領が良くてプラス評価です。

ですが当然、仕事ができない人はズル休みすると社内での信用が失墜します。

そういう人は当然嫌われる可能性が高いですね。

⇒要領が悪くて嫌われる!?ダメ社員でも何とかやっていく8つのコツ

嫌なら転職も検討

仮病を使って休んでしまうって事は、会社に行くのが嫌だって事はないですか?

或いは会社に行くのが怖いとか。

会社に馴染めずに行きたくないとか。

そういったネガティブな理由から、つい休んでしまう人もいるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

それならば、転職も検討した方がいいかもしれません。

嫌な思いを抱えながら働くのって、かなり辛いと思いますよ。

特に、大した給料ではないなら、他の会社に行っても今ぐらいは稼げると思います。

最近は人手不足の会社も増えてきていますし。

業界や職種を選り好みしなければ、転職は比較的簡単です。

仕事なんて毎日やっていくことになるので、あまり嫌な仕事に定住してしまうと毎日が憂鬱です。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

病院に行って診断書をもらう

風邪とか適当な病気だと言って休んだのであれば、病院に行って診断書をもらうというのもいいですね。

仮病とはいえ、本当に頭が痛かったりしませんか?

特に会社に行くのが毎日嫌な方は、明日会社に行くことを考えただけで気分が悪くなるでしょう。

一応診断書を貰っておけば、「本当に調子が悪かったんだな」という証明になります。

「診断書を出せ」と言ってくる会社も多いですからね。

つまりは、言い訳を用意できるわけです。

罪悪感も薄らぐと思います。

個人病院だったら、頼み込めば案外診断書を書いてくれたりもします。

実際は大したことなくてもね。

翌日仕事で返せばいい

あなたが休むことで、同僚や会社に迷惑をかけていることもあるかもしれません。

ですが、そんなのは翌日以降仕事で返せばいいんです。

というか本来、そのくらい休むのは他の先進国では認められています。

迷惑だと考えること自体おかしいんですけどね…。

まあ、あなたの気が済まないのであれば、仕事で返すようにすればいいと思います。

後で同僚が休んだ時に、その穴をカバーしてあげるとか。

そうすればお互いにカバーしあって、休みたい時に休むことができるようになるかもしれません。

たまには休むのも当然

今の世の中はブラック企業も多いです。

なかなか休みが取れないという会社もあります。

正直、たまには仮病でも使って休むのは自己管理の一環だと思いますよ。

たまには休んでもいいと思います。

 icon-exclamation-circle 

というか、あまりに休みがないと「何のために働いているんだろう?」っていう気がしませんか?

仕事なんて人生を豊かにするためにやってるんですから。

あんまり仕事だけの人生ってのもどうかと思います。

日本では有給休暇もなかなか取れませんからね…。

いいですよたまには休んでも。

他人の目は気にしない

他人の目はあくまでも他人の目です。

あなたが休んだことで、翌日以降何か嫌味を言われたりもするかもしれません。

ですが、別に気にしなくていいですよ。

あと何十年も働いていかないといけないんですから。

要領よく、たまには手を抜いてサボらないと持ちませんよ。

あなたは真面目でしょうから、普段から頑張っていると思います。

ですからそんなに気にしなくていいと思います。

まとめ

普段から仕事頑張っているんですから、たまには仮病使って休むのは正解です。

要領が良くていいと思いますよ!

というか、せっかく休んだのに罪悪感なんて感じてたら心が休まらないと思います。

今日は気にせず休みましょう。

明日のことは明日考えればいいんです。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする