【地方】地元が嫌いだから出たい!閉鎖的な地元を早く離れたい時の対処法

44833 / Pixabay

  • 地元が嫌いだから出たい!

  • 地方だから最低賃金も低いし…

  • 嫌いな知り合いが多いから早く出たい!

そういった悩みをお持ちの方は、今時珍しくないかもしれません。

 

地方だと人間関係が濃くて息苦しいケースも多いですからね…。

村社会的な陰湿さがある地方もまだまだありますし。

特に地方ほど結婚も早く、独身だと肩身が狭かったりしますからね…。

 

しかし、そんな簡単に地元を出ることはできるのでしょうか?

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

地元が嫌いだから早く出たい!と考える人は多い…

最近はあなたのように、地元が嫌いだから早く出たいと考える人は多いと思います。

ネットやSNSなどを見てみても、

 

「まだ学生だけど、早く地元を出たい!

陰湿だし、ろくな奴いないよこんなとこ…。

早く進学して東京行きたい」

 

「地方だけど、地元マジで何もないんだよね…。

いじめとか多いし陰湿だから早く出たいよ。

地元は滅びてほしい」

 

「地元が好きって人が信じられない。

小中学生の頃の同級生とずっとやっていくなんて信じられない。

意味わかんないし、私は地元早く出たら戻ってくるつもりはないよ」

こんな意見が散見されますね…。

 

確かに地元は昔の友達とかも多くて、逆に会いたくない!って人も多いかもしれません。

昔の友達なんて価値観も違ってきますからね…。

特に陰湿な村社会から出たい!みたいな考えの方も多いでしょうし。

 

地方は衰退する一方!将来はゴーストタウンか!?

あなたが地元が嫌い!早く離れたいと考えるのは正しいかもしれません。

これからは、更に地方は衰退していくからです。

なんと2040年には、約半数の自治体が消滅の危機に陥る!と言われているのです。

約三割の自治体は、人口一万人すら切ると言われていますからね…。

 

 icon-exclamation-circle 

このまま地元にしがみついたところで、ジリ貧なんです。

  • 過疎化による人口減少
  • 出産可能年齢女性減少による、出産0地帯増加
  • 更なる高齢化による、住民負担増
  • 地方経済衰退による企業の撤退

などなど。

正直そのまま地元に残っても、ろくなことはないでしょう。

滅びつつある地元の生き証人になりかねません。

 

まぁせめて、いざというときには大都市にすぐに移住できるよう、大都市に隣接した都道府県であれば大丈夫だと思いますけどね。

さすがに20年後とか30年後になると、地方で限界集落やゴーストタウンが急増してる可能性が高いですね…。

 

地方在住なら、都会に引っ越しも検討すべき!

地元が嫌いだから出たい!と考えている方は、やはり地方や田舎に住んでいる方が多いでしょう。

そういった地域は最低賃金も低いですし、娯楽もほとんどありませんからね…。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、いっそのこと東京などの都会に出てしまった方が良いかもしれません。

東京でも、多摩市などの郊外であれば家賃も比較的安いです。

今は東京も郊外は空き家が増えてきており、アパートの入居者も減っています。

多摩市などの郊外では、単身用ワンルームが二万円代で借りられる物件も増えてきています。

 

東京などの都会のほうが最低賃金も高いですからね…。

東京でも家賃の安い郊外に住んで節約生活し、都心に通勤して稼ぐのが一番コスパが高いと思います。

地元が嫌いなら、いっそ大都会に住んだほうが良いと思います。

 

ただ地元から出ても、後々親の介護がふりかかる可能性も

地元が嫌いな方の場合、「地元を出たら二度と戻ってきたくない!」と考えている方が多いと思います。

実際そうやって戻ってこない方も多いのですが…。

 

 icon-exclamation-circle 

ただ、親が高齢の場合こういったリスクもあります。

頑張って地元を出たものの、親の介護が始まってしまうパターンです。

特に最近は離婚する夫婦も増えているので、孤独だと認知症リスクも上がりますね…。

両親が二人ともいるならいいですが、片親とかだと一人にすると結構やばい可能性もあります。

 

あと賃貸ならいいですが、持ち家だと実家相続のリスクがあります。

今は実家を相続させられたものの、管理できず持て余している人が多いですからね…。

空き家率はもうすぐ20%届きそうなとこまで来てます。

最近はボロい家を放置すると、自治体が行政代執行で取り壊し、取り壊し費用を請求されたりします。

相続放棄しないと実家はそのまま相続する羽目になるので、これから地元を出るにしても、メンテナンスは気を配っていったほうがいいかもしれません。

 

貯金して、地元を出るための費用を貯める

地元が嫌いだから早く出たい!とは言っても、やはりそれなりの費用がかかってきます。

  • 交通費
  • 入居初期費用
  • 引っ越し代
  • 当面の生活活費

などなど。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、とりあえず貯金することから始めたほうが良いでしょう。

幸い最近はネットでも手軽にお金を稼げるようになってきています。

こういったところで副業もプラスしていくと、貯金がかなり速いペースで貯まりやすいかもしれません。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

 

「地元が嫌いだから出たい!」と考えている人でも、口だけで出ていけない人も多いですからね。

金さえあれば物件も借りられますし、生活していくことができます。

今ろくに貯金もないのであれば、早めに貯金をはじめて早めに地元を出てしまいましょう。

 

格安のシェアハウスを探すという手も

地元が嫌いだから出たい!とは言っても、地元を出た先で住む場所を確保しなくてはいけません。

できるだけ安く住みたいのであれば、格安のシェアハウスを探すというのも手段の1つです。

全く知らない他人と共同生活を送る感じですが、固まって住むことで生活コストが圧縮されますので、安く済むことができるのです。

敷金礼金のようなものはなしで、「デポジット」という、1ヵ月分ぐらいの補償金みたいなのを入れるところがほとんどです。

 

 icon-exclamation-circle 

中には、食事も料金の範囲内で提供されるところもあるようです。

つまりは、食事もその金額の範囲内で提供してくれるのです。

まあ、持ち回りで料理当番があったりするみたいですけど…。

複数人で同居すれば、料理を一度に作ることができますので、結果的に割安になるんです。

料金は安いところだと3万円ぐらいのところから、都内ですと5万円とか6万円とかするところもありますね。

 

実際地元を出て、こういったところに身を寄せる方も多いようです。

すぐには地元を出るわけではないかもしれませんが、こういったところを調べてみるのも良いかもしれません。

 

格安の空き家を買うという手も!

地元を出たい!と考える人は、県外で賃貸アパートでも借りようとしている方が多いかもしれませんが…。

最近はむしろ、中古物件を買うほうがトータルでは安いケースもあります。

 

 icon-exclamation-circle 

最近は空き家が急増してきていますからね。

少子高齢化で日本の人口も減少に転じてしまいましたから、買手が減っているのです。

 

親の世代が必死に住宅ローンを組んで買ったような家でも、子供は今は大きくなったら出て行ってしまいますからね。

ボロい実家なんて残されても、今の子供は困るのです。

だから親が亡くなった実家は、そのまま空き家になるケースが多いのです。

中にはほぼタダとか、100万以下とかで売りに出されている物件もあります。

 

最近は、地方都市レベルでも、かなり物件の価格が下がってきています。

都会にそこそこアクセスがいい立地でも、リフォーム済み物件が数百万円程度で売りに出ていたりします。

今は、東京23区内などの都心以外では、不動産の需要が急速に減ってきていますからね。

賃貸に引っ越すのではなく、いっそのこと中古住宅の購入を検討してみるのも手段の一つです。

 

仕事で地元を出るのが、一番スムーズかも…

やはり地元を出るとなると、進学や就職、転勤などで地元を出るのが一番スムーズだと思います。

特に就職や転勤などの仕事の都合なら、引越し先で働いてお金も稼げますからね。

結局地元を出て賃貸などを借りても、生活のために働いていくことになりますから。

 

 icon-exclamation-circle 

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

仕事は今かなり見つかりやすくなってきていますので、今のうちに転職を検討するのも手段の一つです。

 

できれば、寮があったり家賃補助が充実している会社だといいですね。

それならあまりお金がなくても、すぐに引っ越していくことも可能ですし。

県外の仕事も見つけやすいので、地元が嫌いでさっさと出たいのであれば、今のうちに動いておいたほうが良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

地元が嫌いで早く出たい!というあなたのような方も珍しくはないと思います。

特にこれからは更に地方も衰退してきます。

できるだけ早いうちに地元を出て、東京などの仕事も多くて景気が良い地域に引っ越したほうが良いかもしれませんね…。

地元に留まったら、多分後悔するでしょうし。

数十年後には、ゴーストタウンのようになる自治体も多いと思いますからね…。

 

まぁ今は仕事は多いので、就職や転職を機に地元から出るのが一番スムーズかもしれません。

仕事してればお金も稼げますからね。

幸い今なら有効求人倍率も高く、仕事は見つかりやすいです。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いかもしれません。

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



仕事を今すぐやめたい
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?