【なんか悪いな…】仕事を早く帰る時に罪悪感がある!気持ちよく帰る6の秘訣

geralt / Pixabay

 

  • 仕事で早く帰りたいけど早く帰るのに罪悪感がある…
  • みんなはまだ残ってるし…
  • 波風立てないように帰る方法はないの?

最近は早く帰らせない!なんて考えるブラックな会社も多いですから、そういった方は多いと思います。

 

最近は特に人手不足の会社も多いですから、残業や休日出勤をしないと終わらない会社も多いですからね。

ただそこで帰らないとプライベートな時間が犠牲になってしまうんです。

なんとか帰りたいところですが…。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

早く帰るのに罪悪感を感じてしまう方は多い!

最近はあなたのように早く帰ることに罪悪感を感じてしまう方は珍しくありません。

最近は本当にブラックな会社も増えてきていますからね。

人手不足の会社がただでさえ多いのにそこで早く帰るというのは、罪悪感を感じてしまう方が多いんです。

 

ただそこで早く帰らないと自分の時間を確保していくことができませんからね。

罪悪感なんて感じて残業していたら自分の時間がなくなってしまいます。

かなり厳しいことになってしまうことは疑いの余地がありませんね。

なんとか早く帰って自分の時間を確保していきたいところです。

 

ただそこで早く帰れないと、自分のプライベートな時間が犠牲になることに…

あなたのように、早く帰ることに罪悪感を感じている方も珍しくありませんが…。

そこで早く帰らないと自分の時間が犠牲になってしまう訳です。

特に我が国の労働時間は特に長いと言われていますからね。

 

OECDの調査によると、我が国の男性正社員の労働時間はフランス人男性の約2倍で世界一とも言われていますし。

我が国の労働時間は減ってきているとは言われていますが、そんな風にしていたら本当に自分の時間もなくなってしまいます。

なんとかして、もっと自分の時間を確保していかないといけません。

 

気持ちよく早く帰りたいなら、一番良いのはみんなで早く終わらせて帰ることだが…

ただあそこであなただけが帰ってしまうというのは、やはり罪悪も感じてしまうというのは、仕方ないと思います。

やはり自分だけ帰るのかと考えてしまうと、悪いような気がしてしまいますからね。

一番良いのはみんなで早く帰れることかもしれませんね。

そうすれば罪悪感を感じることもなくみんなで気持ちよく帰れるでしょうし。

 

そういったなかなか早く帰れない職場というのは、そもそも仕事量が多すぎるのではないでしょうか?

仕事量が多過ぎたら必然的に残業させられる羽目になったり、休日出勤もしないと仕事が終わらなくなってしまいますからね。

まぁなんとかみんなで協力して帰れるようにするのが一番だと思いますけど。

人が少なすぎるのであれば、人を増やすことを考えて行った方がいいでしょうし。

そういった風にしたほうが、労働環境も良くなりますからね。

 

早く帰る=悪いことという風潮がある会社からは、早めに転職も検討

あとはあまりに罪悪感を感じるような会社であれば、早めに転職してしまうというのも手段の一つです。

やはりそういった会社の風潮的になかなか帰れない会社というのもありますし。

そういったなかなか早く帰ることができない職場で勤めていると、本当に仕事だけの人生になってしまいますからね。

我が国は上でも述べたように本当に基本的に労働時間が長い傾向にありますので、ちゃんと帰れる会社じゃないと本当に仕事だけで人生が過ぎ去っていってしまいます。

 

幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますからね。

今のうちにもっと早く帰りやすい、ワークライフバランスを実現しやすい会社に転職しておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

一人だけ早く帰ってると悪い気がするので、みんなで話し合ってローテーションで一人一人早く帰る手も

あなたのように早く帰ることに最悪感がある方も珍しくありませんが…。

やはり1人だけ早く帰るというのは、悪い気がしてしまいますからね。

なので、上でも述べたようにみんなで早く帰れるのであれば、それに越したことはありません。

ただ仕事量的に全員で一斉に帰るというのは、難しいでしょう。

 

 icon-exclamation-circle 

でしたら、ローテーションで一人一人早く帰れる日があると良いかもしれませんね。

ローテーションで1人1人帰るだけだったら、それほど会社に負担はかかりませんからね。

そうやって少しでも1人1人の負担を軽くしていく方向で考えて行った方がいいと思います。

「昨日はあの人早く帰ったんだから」という風に考えれば、自分が早く帰ることにも罪悪感を感じませんし。

不平等感も感じませんからね。

 

こういった風にしていかないと、自分だけ早く帰ると、陰で何か言われたりいじめに発展するケースもありますし。

不公平感を感じると離職率の高まりの原因になりますからね。

こういった風な工夫は話し合ってして行った方がいいでしょう。

 

プレッシャーをかけてくる人間がいるせいで、罪悪感を感じてしまうことも…

あとはそういった早く帰るのに罪悪感を感じるのは、プレッシャーをかけてくる上司やお局などがいることが原因の可能性もあります。

やはりそういった無意味なプレッシャーをかけてくる方というのは、いらっしゃいますからね。

特に家に帰るのが嫌な、帰宅恐怖症の人というのもいますからね。

家庭がうまくいっていない人ですと、会社に居座る傾向にあるんです。

そういう人は自分が居座っていることに違和感を持たせない為に、他の同僚も巻き込んで残業させる傾向にあります。

 

そういった人がいる場合、会社で陰口を言ったり、さらに上の上司に相談したりして会社で問題にしていくしかないですね。

こういった会社の幹細胞みたいな人間がいると、労働環境はどんどん悪化していきますし。

離職率が高くなっていく原因になりますからね。

早めに対策はとっておいた方がいいでしょう。

 

そういった早く帰ることに罪悪感を感じる会社は、どんどん残業が増えていくので…

あなたのように早く帰ることに罪悪感を感じてしまっている方も珍しくはないと思いますが…。

やはりそういった早く帰ることに罪悪感を感じてしまう会社ですと、どんどん残業が増えていく傾向にあります。

早く帰ることに罪悪感を感じているのはあなただけではなく、他の同僚も考えているでしょうし。

必然的にみんなが早く帰ることに最悪を感じてしまうと、色々と仕事を探し出して再現なく残業時間が増えていきますからね。

そんな状況では労働環境も良くなるどころかどんどん悪化していき、離職率も高まりジリ貧になっていくでしょう。

 

幸い今はもっと早く帰りやすい、残業の少ない休日出勤も少ない会社はたくさんありますからね。

今のうちに転職を検討しておくのも良いかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように早く帰ることに罪悪感を抱いてしまっている方も珍しくはないんですが…。

やはりそこで罪悪感を感じてしまって早く帰らないと、自分の時間が犠牲になってしまいますし。

働くためだけに生きているわけじゃないんですから、そんなに仕事にコミットするのも嫌でしょう。

 

最近はそういったブラックな会社ばかりではなく、比較的残業の少ない会社というのが増えてきていますからね。

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきていますし。

今のうちにもっと労働環境の良い会社に転職してしまうのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。