【短期職歴】不利な職歴は書かないとバレるのか?無かったことにするには?

  • すぐ辞めた会社は履歴書に書きたくない!
  • こんなの書いたら確実に落とされるし…
  • でもやっぱり書かないとバレるのか?

そういった悩みをお持ちの方は、珍しくないかもしれません。

最近はブラックな会社も増えていますし、求人票に嘘を書くという信じられないような会社も増えています。

騙されて入社し、短期職歴がついてしまった…だから書きたくない!という人も多いのではないでしょうか?

なんとかするための方法をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

不利な職歴を書かないのは、本人の勝手

結論から言えば、仕事探しにおいて不利な職歴を書かないのは本人の勝手です。

嘘をついた場合は職歴詐称になりますが、単に書かないというだけでは詐称になりません。

ただ空白期間について聞かれて、そこで嘘をついたら職歴詐称になりますが…。

書かないというだけでは、本人の勝手なのでなんとも言えません。

 icon-exclamation-circle 

まあ短い職歴などは、馬鹿正直に書いてたら高確率で落とされますからね…。

  • 「すぐに仕事を投げ出す無責任な奴」
  • 「すぐ辞める根性なし」
  • 「どうせまたすぐ辞めるだろ」

こんな風に思われて、まあほぼ確実に落とされるでしょうね。

私の話を言えば、三ヶ月未満とかの試用期間で辞めた職歴については、書いたことないです。

何回か転職してますが、それで入社後何か言われた…とかもないです。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

そもそも、社会保険入ってなかった職歴だと、記録が残ってないからバレにくいですからね。

直接その会社に問い合わせされない限り。

社会保険履歴があるなら、バレる可能性はあるが…

ですが社会保険履歴があると、バレる可能性はあります。

不利な職歴を書かないと、その間が空白期間になってしまいます。

ですが年金手帳を見ると、その間は厚生年金に加入していたことになっている、とかだと辻褄が合わないのでバレます。

まあ主に厚生年金と、雇用保険の履歴ですね、バレる可能性があるのは。

上で述べた厚生年金の履歴が年金手帳に印字されている場合と、入社時に雇用保険被保険者証を提出した際に、前職の名前と前職の退職日がバレる可能性があります。

雇用保険被保険者証には、前職の会社の名前と退職日が書かれています。

まあ雇用保険番号だけわかれば入社の手続きはできますから、別に提出しなくても番号だけわかればいけますけど。

 icon-exclamation-circle 

まあ社会保険履歴でバレたとしても、別に「社会保険ありのバイトだった」みたいな体にしとけば問題はないと思いますよ。

最近法律が改正されてバイトでも社会保険入れるようになりましたし、バイトをすぐに辞めても何も言われません。

むしろフリーター期間が長引くほうが不利ですからね。

我が国には職歴をたどる手段は社会保険履歴くらいしかありません。

不利な職歴を書かなくても、社会保険履歴の辻褄さえ合っていれば、バレる可能性は低いです。

むしろ空白期間の説明のほうが問題

kulinetto / Pixabay

不利な職歴を書かなくても、これまで述べたようにバレる可能性はやり方次第で低くできます。

ですが、職歴を書かないとその間まるまる空白期間になってしまいます。

むしろ空白期間の説明のほうが問題になってくると思いますね…。

まあ、何か適当な説明をするしかないですね。

  • バイトしてた
  • 職業訓練受けてた
  • 語学留学してた
  • 親の介護をしていた

などなど。

「単にニートしてました」ってのが一番やばいので、何かしら言うべきです。

 icon-exclamation-circle 

100%嘘ってのはまずいですから、少しでもやってたことを盛って言うと辻褄が合いやすいかもしれません。

  • 海外旅行行ったなら、語学留学してたとか
  • 単発バイトしてたなら、長期でバイトしてたとか
  • 資格を取ったなら、職業訓練校通ってたとか

全くやってなかったことを嘘つくと辻褄が合わずにバレる可能性が上がりますが、1やってたことを30くらいに盛るのはバレにくいです。

空白期間長いなら、多少の要領の良さも必要かも

ただ空白期間が長い場合、それでは対応できないかもしれません。

数ヶ月とか一年くらいならなんとかごまかせるかもしれませんが、数年単位だときつくなってきます。

なので禁断の職歴詐称をするとか、なんか要領よく誤魔化す必要が出てくるかもしれません。

  • 長期でバイトやってたことにする
  • バイト転々としてたなら、一箇所で正社員だったことにする
  • バイトを正社員と偽る

とか…。

まあモラルには反しますけどね…。

上で述べたように、社会保険履歴の辻褄が合ってればバレる可能性は低いかもしれません。

まあ結局は自己責任でやっていくことになるかもしれません。

微妙なラインのごまかしなら、バレても大丈夫かもしれませんし。

特に今は人手不足の会社が多いですから、後からバレてもクビにしてたら業務回りませんし…。

長続きするいい会社を探すべき

geralt / Pixabay

こんなページ見てる時点で、これまで勤めてきた会社は労働環境の悪いブラック企業だったんでしょう。

いい会社なら自然と長続きしますし、職歴を書かないなんて状況になりませんからね。

長続きするいい会社なら、新卒から定年までずっと務めることも可能です。

幸い最近は団塊世代の大量退職や少子高齢化のせいで、仕事なんて見つかりやすいです。

比較的労働環境のいい会社でも人手不足になってきてますし。

つまりはいい会社に行きたいなら今がチャンスなので、もっと長続きしそうな会社を探しましょう。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

最近は企業側に問題があるケースも多いので、不利な職歴が増えていってしまう…というのも珍しくはないです。

求人票に嘘でも書いてあったら、すぐ辞めることになったりしますし。

短期職歴なんて書いたら、確実に落とされますからね…。

まあ幸い今は仕事はたくさんあるので、めげずに次の仕事を探していけばいいと思います。

いい会社に行くなら今がチャンスですので…。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする