仕事量に差があり過ぎて不公平!給料が割に合わない時の対処法

 

  • 仕事量に差がありすぎて不公平!
  • 給料が割に合わない!

そういった悩みをお持ちの方今のご時世珍しくないかもしれません。

 

やはり人や部署によって仕事量に差があると言うのはよくあるパターンですし。

そう言った不公平さが原因で退職に繋がると言うこともありますね。

正直かなり腹に据えかねているのではないでしょうか?

楽して同じ給料を貰っている人を見ると本当に腹が立ちますし。

人間関係の悪さの原因にもなりますからね。

 

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

人や部署によって仕事量に差がある割に給料は変わらない会社も多い…

最近はそういった人や部署によって仕事量の差がある割に、給料が変わらない会社も珍しくありません。

やはり同じ会社でもどの部署で働くかとか、何の仕事をするかで全く仕事量も変わってきますし。

それで仕事量が多くてもその分高い給料がもらえればいいのですが、そういうわけでもありませんからね。

 

よく言われるのは、有名なホワイト企業に入社したもののブラックな部署に配属されてしまい、仕事量が多すぎて潰れてしまうというパターンです。

そういったことはよくありがちですね。

それだと他の部署は定時で帰っていたりして仕事量が少なかったりするのでかなり不公平です。

正直やってられないと思いますね。

 

あまりに不公平なら上司に抗議してなんとかしてもらうという手も

そういった仕事量に差がある会社も多いと思いますが…。

あまりに不公平であれば、上司に抗議して何とかしてもらうというのも手段の1つです。

もしかしたらあなたや特定の部署にだけ仕事が集中しているのかもしれませんし。

他の人や他の部署の連中は暇そうにしているというのもよくあるパターンですし。

 

 icon-exclamation-circle 

やはり不公平な事は公にしていく必要があると思いますし。

言ったもん勝ち的な面もありますし、もしかしたら何かしてくれるかもしれません。

  • なんで私にだけこんなに仕事たくさん押し付けるんですか!
  • 不公平じゃないですか!
  • あの人達と同じ給料なんて納得いきません!
  • せめてあの人達暇そうだから手伝わせてくださいよ!

などなど。

 

言わないとわからないこともありますので、いっそのこと言ってみるのも良いかもしれません。

日本人は大人しいのでこう言う事はあまり言わない傾向にあるので、今のような状況になっているのかもしれませんし。

言えば何か変わる可能性もあります。

 

あまりに不公平な会社なら早めに転職も検討

そういった人や部署によって仕事量が全然違うというパターンもよくありますが…。

そういった会社は、本気で不公平を是正しようとはあまり考えていないのかもしれません。

やはり下のことを全然考えないような会社もありますし。

そういった会社となると離職率も高く不公平で不満が溜まっていくので、どんどん人が辞めていってしまうというのは、よくあるパターンです。

 

まぁそういった報われない会社からは早めに転職も検討した方が良いかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんありますし。

そんな不公平な状態で働いていると、本当に腹が立ってくると思いますからね。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

どうせ頑張っても給料変わらないなら、質は落として適当に仕事をするという手も

そういった仕事量に差がありすぎて不公平な状況も珍しくありませんが…。

そういう状況ですと、あなたが頑張ってたくさんの仕事量をこなしているすぐ横で、少ない仕事量で楽をして仕事をしている同僚がいると思います。

正直不公平だと思いますし。

どうせ頑張っても給料が変わらないわけですよね。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、もっと質を落として適当に仕事をするというのも手段の1つです。

恐らくあなたはかなり多めの仕事量を任されているのだと思いますが…。

それだと仕事が終わらずに残業なんてさせられてしまう可能性もありますし。

だったら質を落としてスピードを上げてこなしていくしかありませんからね。

不公平でやる気が出ないんですから、このぐらいやってみるのも良いかもしれません。

 

まぁ幸い今は人手不足の会社も多くなかなかあなたに辞められたら困るでしょうし。

このぐらいやってもそこまで強くは言ってこないかもしれません。

 

あまりに仕事量が多いなら、暇そうな同僚に強引に仕事を押しつけるという手も

あなたのように仕事量に差がありすぎて不公平と感じている方も多いと思いますが…。

そういった方というのは、あなたの仕事量が多すぎて他の同僚は暇という不公平な状況になっているのかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

あまりに仕事量が多くて不公平だと感じているのであれば、暇そうな同僚に強引に仕事を押し付けると言うのも手段の1つです。

やはり不公平は是正していかなくてはいけませんからね。

暇そうにしているんですから、そう言った連中に

  • これやっといて
  • これ手伝って
  • 手が空いてるならこっち来て手伝って

こんな風に言ってみるのも良いかもしれません。

 

やはり仕事量に不公平があるのであれば、ちゃんと声をあげて言っていく必要があると思いますよ。

日本人は大人しく我慢強いので、あまりこういうこと言わない傾向にありますけど…。

言わないとわからないこともありますからね。

 

仕事量が少なく楽して稼いでる社員がいるなら、陰口を叩いて嫌がらせするという手も

そういった仕事量に差がありすぎて不公平な状況というのもよくあるパターンですが…。

そういった状況ですと、周りに仕事量が少なく楽して稼いでいる社員がいるのではないでしょうか?

人や部署によって仕事量に差があると言うのはよくあるパターンですし。

 

 icon-exclamation-circle 

そう言った場合は陰口を叩いて嫌がらせするというのも手段の1つです。

  • 俺らこんなにやってるのにあいつ暇そうだよな…
  • まじ不公平だよな!
  • やってらんねーよな!
  • あいつ手伝わずにもう帰るつもりだぜ…!

などなど。

 

こうやって色々とグチグチ言っていれば職場でも問題になるかもしれませんし。

その暇そうにしている連中も手伝ってくれるかもしれません。

やはりこうやって口に出して問題にしていかないと、そう言った不公平は是正される可能性は低いと思いますからね。

まぁ性格がよくない手段ではありますが、言わないとわからないこともありますからね。

 

あまりに仕事量が不公平だとやる気も出ず長続きしないので…

そういった仕事量に差がありすぎて不公平な状況に陥っている方も珍しくありませんが…。

あまりに仕事量が不公平ですと、やる気も出ませんからね。

労働意欲もかなり落ちてしまってる方が多いのではないでしょうか?

そういったことが原因で退職を考える方も多いですし、離職率も高い傾向にありますからね。

まあそう言った会社と言うのはあまり従業員の事を考えていない傾向にあるんだと思いますが…。

従業員のことを考えていればそういった不公平が起きないようにちゃんと色々と考えますからね。

 

まぁあまりに酷いと感じているのであれば、早めに転職を検討するのも良いかもしれません。

会社が変わることを期待しても無駄でしょうし。

幸い今は有効求人倍率を高く仕事はたくさんありますからね。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように仕事量が不公平と感じている方も珍しくないと思いますが…。

やはりそういった会社というのは、部署や人によって差があり過ぎる傾向にあります。

部署によって忙しいとか暇とかも変わってきますし。

あとはひいきするような上司ですと、人に寄って割り振りが不公平だったりしますし。

そう言った会社は不公平を是正するつもりなど微塵もなく、あなたのような真面目な社員が割を食う傾向にあります。

正直かなり不公平だと思いますが…。

 

まぁ今は仕事が多いので、あまりに理不尽だと感じているのであれば、早めに転職を検討した方が良いかもしれません。

今は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんありますからね。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



きつい会社員生活
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?