同僚の愚痴が多い!?聞きたくない時に実践すべき9ポイント

Tumisu / Pixabay

  • 同僚に毎日のように愚痴を聞かされる…

  • 正直もうウンザリ!

  • 愚痴しか話せないの!?

とお悩みの、毎日のように同僚に愚痴を聞かされていてうんざりしている方のためのページです。

どこにでもいますよねそういう人…。

あんまり愚痴ばっか言ってると、人は離れて行きます。

かなりうんざりしてるかもしれません。

何とかするための方法をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

録音して聞かせる

どうせ似たような愚痴しか言わないんでしょう。

だから録音して後で聞かせてあげたらどうですか?

嫌われると思いますが…。

愚痴を言っているという意識が、同僚は薄いと思うので。

客観的に見たら自分がどんな感じか?教えてあげるのはいいと思います。

客観的に見て、自分がどんな感じなのか理解すれば、自分の身の振り方を考えるかもしれません。

どこにでもいるので諦める

そういう人はどこにでもいますよね。

私はバイトも含めれば10社以上は経験してますけど、どこにも必ず一人はいました。

世の中の法則がそうなっているのではないか?というぐらい確実にどこでもいます。

 icon-exclamation-circle 

なのでそんな人と関わりを絶ちたいと思うこと自体、世の中の法則に反しているのかもしれません。

多分その人が抜けたとしても、代わりに愚痴を言う人が発生するような気がします。

まるで働きアリの交代要員のように。

あまり気にしないほうがいいと思います。

少しずつ距離を置く

そういうめんどくさい人とは少しずつ距離を置いていくのがいいと思います。

そうすれば徐々に離れていくはずです。

第一、そんな人と会話してたらこっちも疲れてきますよね。

そんな疲れるような人と、あえて関わらなくてもいいんじゃないかなと思います。

少し距離を置けば、相手も嫌われてるんじゃないかなとは思うはずですね。

自分の行動を振り返るきっかけになると思います。

よほど鈍い人じゃなければ気づくとは思ういますが。

反面教師にする

そういう人は反面教師にしましょう。

「こんな感じだったら嫌われるんだ」みたいなことを参考にするといいと思います。

あなたがその人から学べるのはそのくらいだと思います。

人間、長く生きてるとその人みたいな振る舞いをしてしまったりするので。

その人の愚行を目に焼き付けておきましょう。

愚痴が始まったら強引に遮る

愚痴が始まったら、強引に遮りましょう。

「あ、トイレ行きたかったんだ」とか。

強引に話を遮って、愚痴を強制停止させるといいかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

残念ですけどそのぐらいやらないと、鈍い人は気づかないと思います。

あまりに鈍い人は、それでも気づかないかもしれません。

でも聞きたくないんだから、無理に聞く必要はないと思うんですよ。

愚痴を言うのは向こうの勝手ですし。

聞くかどうかの判断はこちらに委ねられているので。

身も蓋もないツッコミをする

  • 別にそんなこと聞いてないし!

  • ハァ!?なにそれ!?

  • そんな話して誰が得するの?

とか。

身も蓋もないツッコミをして相手を黙らせるという手段もあります。

超鈍い人だと、ここまで直接的に言わないと気づかないかもしれません。

そのぐらい鈍い人はいます。

正直、付き合ってらんないと思います。

結構強めの口調で黙らせるべきです。

あだ名をつける

そういう人にはあだ名を付けてしまって、陰で馬鹿にするという手段もあります。

  • ボヤキの遠藤

  • 文句の田中

  • グッチ雄三

とか。

適当なあだ名をつけましょう。

 icon-exclamation-circle 

コンビニ店員などが、嫌な客に対して使うテクニックです。

同じ部署内でそう言ったあだ名で呼び合うのも効果的ですね。

一歩間違えるといじめになってしまいますが。

あまりに同僚の愚痴がうざいのであれば、そのぐらい行ってもいいかもしれません。

「嫌なら辞めれば?」と言う

というか、そんなに愚痴を言いまくっていて嫌ならばやめればいいのにと思います。

客観的に見たらそうとしか言えないですよね。

あんま理屈ばっか言われても困りますし。

愚痴を言うほど文句があるなら、辞めてもらうしかありません。

ここまで言えば、さすがに黙ると思うんです。

わかんないですけど。

ちょっとキレ気味に言ってもかまいません。

そのくらい言わないと、わからないかもしれませんし。

→【許せない】職場でキレてしまった!その後取るべき行動12選!

無視する

そんなにうざいのであればもう、無視するしかないと思います。

さすがにあなたが無視してれば、同僚もうざいと感じ取って行動を考え直すと思います。

…多分。

そのぐらいしか出来ることはないですね…。

あんまり直接的に酷いことを言うのも、優しいあなたは良心が咎めるかもしれませんし。

であれば無視するのは手軽ですね。

こちらからは何も言わなければ、それで成立しますから。

まとめ

あまりにうるさいのであれば、直接ダイレクトに言った方がいいかもしれません。

或いは、それほど愚痴が出てくるということは、あまり良い職場ではないのかもしれません。

ストレスが溜まりまくる職場というのもあります。

同僚が愚痴を言っているのも仕方ないのかもしれません。

外に出して発散しないと精神衛生上良くないですからね。

あまり良くない職場であれば、早々と転職してしまうのもアリです。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする