【ほっとけ!】辞めたい社員は引き止めなくて良い4つの理由!と人手確保の挽回策

knerri61 / Pixabay

 

  • 退職を言い出した社員がいるけど…
  • 引き止めなくてもいいよね?

そういった考えをお持ちの方は多いかもしれません。

 

最近は人手不足の影響で、「辞める社員は引き止めるべき」という考えがありますが、無理に引き止めても仕方ないですからね。

引き止めるべきか引き止めざるべきかというのは、会社でも議論の的になるかもしれませんが。

心が決まっている社員を引き止めるのはかなり難しいと思います。

 

この記事では辞めたい社員は引き止めなくてもいい理由と、その後の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

人手不足企業の増加で辞めさせないトラブルも増えているが…

最近は少子高齢化による生産年齢人口の減少によって人手不足に陥っている会社が多いです。

ブラック企業も増加してきておりさらに人手不足の影響で1人あたりの業務量も増えてきています。

なので、会社を辞めたいと考える方も多いんですね。

実際2018年の離職者数は前年に比べて増えています。

 

ですが失業率も低迷しており、そこで辞めた後の穴を埋めるとなるとなかなか難しいのが現状です。

なので、これ以上離職者を出さないためにやめたい人は引き止めるべきだと考えて強引に引き止める会社も多いのですが…。

最近はそういった辞めさせないトラブルが増えてきているんです。

一昔前の不況の時は解雇のトラブルが多かったのですが今は辞めさせないトラブルの方が増えてきています。

あまり無理に引き止めるとことがおおごとになってしまう可能性がありますからね。

あまり引き止めない方が良いかもしれません。

 

無理に引き留めると労働基準監督署に駆け込まれる恐れが!

辞めたい社員を引き止めない方がいい理由としては、強引に引き止めると事が大きくなってしまう可能性があります。

特に最近は解雇のトラブルよりも辞めさせないトラブルが増えてきていますからね。

そこで社員が「辞めたいです」と言っても辞めさせてくれない場合、社員が取れる選択肢は限られてきますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

一番は労働基準監督署に駆け込まれる恐れがあります。

特に我が国の企業はブラック企業も多く「労働基準法を守ってたら会社が潰れる」なんて言って、堂々と労働基準法を破っている会社が多いですからね。

そこで労働基準監督署に駆け込まれたら、労働基準法違反で痛いところをつかれてしまう可能性があります。

余程の優良企業でなければ労働基準法違反の一つや二つあるものですからね。

 

あまり強引に引き留めようとすると思うそういったことが明るみに出てしまう可能性があるんです。

社員1人引き止められたところで、そんなことになってしまったら引き合いませんからね。

強引に引き止めるのはやめた方が良いでしょう。

 

あまりに辞めさせないと、退職代行業者を使われ突然いなくなる恐れも!

辞めたい社員を引き止めなくても良い理由としては、あまり強引に引き止めて辞めさせないと、突然辞められてしまう可能性があります。

バックレなどの強引な手段で辞める恐れもありますし。

最近は退職代行業者というものも出てきていますからね。

こういった業者を使えば数万円ぐらい払うだけで退職を会社に伝えてくれます。

 

つまりは突然その社員がこう言った業者を使って、会社にこなくなる恐れがあるということです。

そうなると引き継ぎもできませんし、普通に辞められるよりもかなりダメージがでかいはずです。

仕事にも穴が開いてしまうと思いますし。

上で述べたような辞めさせないトラブルが増えてきているため、最近はこういった業者が増えてきているんです。

まぁ1度辞めると言い出した社員は遅かれ早かれ結局辞めるケースが多いので、それなら普通に辞めてもらった方が会社にとってもダメージは少ないかもしれませんね。

 

辞めたい社員を引き留められても遅かれ早かれ辞めるケースも多い

辞めたい社員を引き止めなくても良い理由としては、一時的に引き止められたとしても結局辞める可能性が高いからです。

やはり1度離れた心は戻らない傾向にありますし。

私も何回か転職していますが、結局1度退職を言い出した社員は一時的に引き止められても、結局遅かれ早かれ辞めるケースが多かったですね。

というか私も一時的に引き止めにあって一時残ったことがありますが、結局しばらくして辞めて転職したことがありますし。

 

そこで強引に引き止めても本人が心から納得して残るわけではなければ、結局心を離れたままで他の仕事を探し始めるでしょうし。

結局強引に引き止めても心までは戻すことはできません。

 

あまりに引き留めがしつこいと、ネットでブラック企業として晒される恐れも!

辞めたい社員は引き止めなくてもいい理由としては、最近はネットで手軽に情報が共有できる社会になってきているということです。

あまりに引き止めがしつこいと、ネットでブラック企業として晒されてしまう恐れもあるんです。

最近はTwitterなどのSNSも発達してきていますし。

転職口コミサイトなども増えていていますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

そういったところに

  • この会社は強引に退職を引き留めてきます!
  • ものすごい人手不足です!
  • 新人が来ても定着しません!
  • 1度入ったらブラックでも辞められませんよ!

こんな風に共有されてしまう可能性があるんです。

 

事実無根の風評被害であれば裁判などを起こして勝てる可能性はありますが、事実であれば認めざるを得ませんからね。

結局強引に引き止めることができたとしても、こういったしわ寄せが来ますので本当にいいかどうかは不明です。

まぁ強引に引き止めるのはやめておいた方がいいと思いますね。

 

一人が辞めたいと思う環境は、他の社員も辞めたいと考えているかも…

上記のような理由から辞めたい社員は引き止めなくても良いと考えます。

特に辞めた後のことを考えていない社員であれば、引き止めてあげた方が本人のためではあると思いますが…。

辞めた後もっとすぐに良い会社を探すということであれば、今の労働環境の悪い会社で働き続けるよりも本人にとってはそちらのほうがいいでしょうし。

 

 icon-exclamation-circle 

ただその社員が辞めたいと思っている子ということは他の社員も辞めたいと考えている可能性は高いですね。

人間同じ環境に置かれたら考えることは皆同じですからね。

あなたの会社はかなり労働環境が悪い会社なのではないでしょうか?

 

その場合はこれを機に出労働環境改善などに取り組んでいかないと、1人また1人と辞めていきますね。

そうなると更に人手不足が加速していき、1人引き止めたぐらいでは業務が回らなくなっていく可能性もあります。

 

離職率が高いなら引き留めるより労働環境改善に取り組むべき

1人社員が辞めたくなっているということは他の社員もやはり辞めたいと思ってる可能性は高いです。

あなたの会社はかなり離職率が高いのではないでしょうか?

そういった会社の場合は1人社員を引き止める事なんて考えている場合ではありません。

 

 icon-exclamation-circle 

労働環境改善に取り組んで社員全体を定着させることを考えるべきです。

でないと1人社員を引き止めたところで、1人また1人と辞めていきますからね。

  • 給料を上げる
  • 有給を取らせてあげる
  • 残業削減に取り組む
  • 社員の希望は叶えてあげる

などなど。

 

とにかく社員に配慮して労働環境を良くしていく努力をしていかないとどんどん社員が辞めていってしまう可能性もあります。

1人やめ出すと「あいつが辞めたんだから俺も…」という風に退職ラッシュが起こるというパターンもありますし。

 

長く働いてくれる社員が良いなら若者にこだわらない方が良いかも…

引き止めたい社員というのは、若くて有能な社員のことが多いのではないでしょうか?

特に我が国の企業は若い社員を使いたがる傾向にあります。

ですが若者ほど今は仕事なんていくらでもありますからね。

今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。

 

今の環境に不満があれば、若者ほどさっさと辞めてしまう傾向にあるんです。

その上優秀であれば、なおさらですね。

そこで少々引き止めたところで、もっと魅力的な環境があれば、無視して辞めていってしまうでしょう。

 

 icon-exclamation-circle 

もし長く働いてくれる社員がいいのであれば、若者にこだわらない方が良いかもしれません。

むしろ後がない中高年やシニア人材などを採用した方が長く働いてくれる可能性は高いですね。

 

そういった人達の方が昔不遇な時代を過ごしていたことも多く根性があることも多いですし。

こういった方々であれば、一つの会社で長く働くべきという価値観も若者より強いので引き止めることもなく黙って長く働いてくれる傾向にあります。

 

これからは更に人手不足が加速する試算なので…

やはり辞めたいと考えている社員を引き止めてもあまり意味はないと思います。

結局そこで一時的に引き止められても、やがては辞めていく可能性が高いと思いますし。

そもそも社員がどんどん辞めていってしまう環境自体を見直して、労働環境を改善していくことが必要ではないでしょうか?

 

 icon-exclamation-circle 

特にこれからは少子高齢化による生産年齢人口の減少によって、人手不足がさらに加速していくことは確定していますし。

今は主婦や定年後の高齢者などを活用して一応見かけ上は労働人口は過去最高更新してはいますが…。

高齢者については遅かれ早かれこの世からいなくなってしまいますし。

 

外国人労働者も最近は中国や東南アジアも人手不足に陥ってきていて人材の争奪戦が起きつつありますからね。

生産年齢人口の減少をカバーするほど日本に来てくれるとはあまり思えません。

そうなるとこれから先さらに人手不足が加速していきますので、今ある社員を繋ぎ止める仕組みが必要だと思います。

 

あるいはそもそも労働環境が悪すぎる場合は少々工夫したところで、どうにもならないケースが多いですね。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんあります。

沈みゆく船だと考えているのであれば、あなたも転職を検討するのも良いかもしれません。

今ならばもっといい会社に行ける可能性がありますからね。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

辞めたいと考える社員は引き止めなくても良いです。

そこで引き止めても心が戻ってくる訳ではありませんし。

一時的に引き止められても結局水面下で転職活動などをして、すぐに他の会社に入ってしまう可能性は高いです。

特に若くて優秀な人材ほど、今は他にも仕事はいくらでもある訳ですからね。

 

あまりに社員がどんどん辞めていく環境であれば、あなたも転職を検討した方が良いかもしれません。

特にこれからさらに人手不足が加速していきますし。

ブラックな会社には人がいつかなくなり労働環境はさらに悪化していくでしょうし。

今後のことはよく考えてみた方が良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。