頑張り損なパート先の特徴!こんなパート先は頑張っても無駄で搾取されるだけ!

 

  • パートって頑張り損だよね…
  • 頑張ってもボーナス貰えないし…

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

特にパートとなると非正規雇用ですから、会社側に都合よく使われてしまう傾向にあります。

最近でこそ以前よりはマシになってきましたが、未だに「非正規は使い捨て」のように扱う会社も多く、頑張っても報われない傾向にあります。

正社員のほうが遥かに待遇がいいため、パートで頑張っても損をするだけですからね…。

 

頑張り損なパート先の特徴と、頑張っても無駄なパート先にいる時の対処法についてまとめてみました。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

頑張り損なパート先の特徴!こんな会社は頑張っても搾取されるだけ!

やはり正社員に比べて、パートなどの非正規雇用の方が報われない側面はあると思います。

パートはボーナスもない会社が多いですし、何かあったら真っ先に切られる傾向にありますからね…。

頑張り損なパート先の特徴についてまとめてみましたので、参考にしてください。

パートにボーナスや退職金制度が全くない

頑張り損なパート先の特徴として、パートにボーナスや退職金制度が全くないことが挙げられます。

最近は人手不足の影響か、パートでも少額ながらボーナスが出たり、月数千円程度ですが退職金積み立てをしてくれる会社も増えてきています。

パートさんでも長く働いて貰った方が会社のためになりますから、頑張れば報われる会社であればしっかり福利厚生を完備する傾向にあります。

ボーナスもなく社会保険すらあるのかアヤシイ中小零細の正社員よりも、福利厚生の手厚い大企業の非正規雇用のほうが年収が高いケースも珍しくありません。

 

しかし頑張り損になるパート先というのは、ボーナスや退職金制度が全くありません。

それどころか時給も最低賃金スレスレで、サービス残業でこき使おうとしてくる傾向にあります。

こんなパート先でいくら頑張ったところで、報われずに損をするだけです。

フルタイムかそれに近い働き方をしていても社会保険すら入れてくれない

頑張り損なパート先の特徴として、社会保険すら入れてくれないことも挙げられます。

最近は社会保険財源が枯渇してきた影響により、社会保険加入範囲が拡大されてきています。

2016年に法律が変わり、従業員501人以上の事業所で週20時間以上働いていて月給88000円以上稼いでいる人は、パートでも社会保険加入義務ができました。

そして2017年には、従業員501人以下の事業所でも、労使の合意があれば社会保険に加入できるようになりました。

というかそれ以前から、正社員の3/4以上働く方については社会保険加入義務があったのですが、強制力が弱かったため守っている会社は少なかったようです。

 

頑張れば報われる良い会社であれば、フルタイムかそれに近い働き方をしているパートさんであれば、しっかりと社会保険に加入させますよ。

まぁ社会保険に入ると手取りが減るなんて意見もありますが、社会保険に入れれば厚生年金で老後の年金が増えますし、病気や怪我で働けなくなっても最長1年6か月傷病手当金が貰え、職を失っても失業保険が出るうえ、保険料は会社が折半で半分負担してくれます。

頑張り損になるパート先は、社会保険料をケチってパートさんから搾取しようとする傾向にあります。

楽をしている正社員の方が遥かに給料が高い

頑張り損なパート先の特徴として、楽をしている正社員のほうが遥かに給料が高いことも挙げられます。

正社員がしっかりとパートさん以上に働いているのであれば頑張りがいもありますが、頑張り損になるパート先と言うのは、正社員がパートさんに仕事を押し付けて楽をする傾向にあります。

「何かあったら責任をとるのが正社員の仕事!パートの給料が低いのは責任がないから当たり前!」なんて寝言を言う人もいますが、そんな会社の正社員は何かあっても責任なんて取らず、現場のパートさんに責任をなすりつけます。

正社員は現状、ただの特権階級化している面が強いため、パートなんかで頑張っても正社員や会社に搾取されるだけです。

 

こういった正社員が楽をしている会社と言うのは、頑張っているパートさんが抜けたら社内の情報や技術継承などが上手く行かない傾向にあります。

全部現場で働くバイトやパートさんなどの非正規人材に丸投げしているため、正社員はふんぞり返っていたり、ちゃんと仕事をしていてもマニュアルや引継ぎ資料などは作っていない傾向にあります。

まぁ現場を軽視している会社の自己責任というほかないでしょう(笑)。

何かあればパートが真っ先に切られる

頑張り損なパート先の特徴として、何かあればパートが真っ先に切られることも挙げられます。

いくら頑張ったところで、やはり所詮パートはパート的な面はあります。

頑張り損な会社と言うのは「パートなんて使い捨て」と思っているため、不況が来たり業績が悪化したりすれば、躊躇なくパートの首を切ります。

 

逆に頑張れば報われる良い会社であれば、ギリギリまで自社の従業員の首は、たとえパートさんであっても切らない傾向にあります。

長く働いているパートさんほど業務に精通していますから、抜けた穴はでかいですからね。

頑張り損なパート先に勤めている時の対処法はこれ!

頑張り損になってしまうパート先の特徴についてまとめてきました。

やはり正社員に比べて、パートの方が頑張り損になってしまう可能性は高いと思います。

パートなどの非正規雇用は、企業にとって都合よく使える面はありますからね…。

頑張り損なパート先に勤めている時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

たかがパートなのでそれなりの仕事しかしないようにする

頑張り損なパート先に勤めている時の対処法として、たかがパートなのでそれなりの仕事しかしないようにすることが挙げられます。

やはりパートで頑張ったところで、報われない会社が多いです。

ほとんどの会社はパートさんにはボーナスも退職金もなく、社会保険すら入れてくれない会社もまだまだたくさんありますからね…。

たかがパートと割り切って頑張らず、それなりの仕事しかしないようにしましょう。

 

まぁ頑張り屋なあなたのことですから、頑張らないようにしてもつい頑張ってしまうと思いますが…。

そういう人は頑張らないつもりで適当にやるくらいでも、普通の人が頑張っている以上の仕事をしてしまうかもしれません。

ですが本人はあまり頑張らずにそれなりの仕事がこなせるのであれば、まぁいいのではないでしょうか。

時給アップ交渉をする

頑張り損なパート先に勤めている時の対処法として、時給アップ交渉をすることも挙げられます。

そんなに頑張っているのであれば、もっと高い時給を貰う資格があると思います。

会社があなたの頑張りに価値を感じているのであれば、もっと高い時給が貰えるかもしれません。

 

ただ、バイトやパートの時給アップ交渉って難しいんですよね。

他にも同じ立場のバイトやパートの方がいるでしょうし、あなたの時給を上げたら「なんで私は上がらないんだ」ってことにもなりますし。

まぁこれをやってあげてもらえないようであれば、最初から時給が高めの職場にさっさと移ったほうがいいと思いますよ。

もっと報われる職場を探す

頑張り損なパート先に勤めている時の対処法として、もっと報われる職場を探すことも挙げられます。

やはりいくら頑張ったところで、ダメな職場に勤めていたら一生報われません。

こういうことを言うと「頑張れば報われる会社に、あなたが変えていけばいい」なんて意識の高いことを言う人がいますが、そんなことが実現できる可能性は極めて低いです。

だったら最初からパートさんでも報われる会社や、正社員で入社したほうが遥かに手っ取り早く確実です。

 

特にパートは報われない傾向にありますから、そろそろ正社員で仕事を探してみるのもいいかもしれません。

最近は頑張っている良質な人材であれば、パートの職歴しか無くても正社員で採用してくれる会社も増えてきていますからね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

頑張り損なパート先の特徴や対処法についてまとめてきました。

やはりパートを下に見ている会社は未だに多く、いくら頑張っても報われないことが多いと思います。

不況が来たり会社の業績が悪化したりしたら、真っ先にクビを切られる可能性が高いですからね。

 

まぁ、早めにもっと報われる職場を探しておいた方がいいと思います。

できればパートではなく、頑張れば報われる可能性の高い正社員の仕事を探したほうがいいでしょう。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で死ぬまで働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職支援実績NO.1であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒20万件以上の非公開求人!優良ホワイト企業を探すなら【リクルートエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。