【次は私の番…?】職場の人が亡くなった!激務で人が死ぬ職場での6の生存戦略

DasWortgewand / Pixabay

 

  • 職場の人が亡くなった!
  • ブラック企業だから過労死かも…

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

最近は本当にブラックな会社が増えてきていますからね。

過労死や過労自殺などの問題も一向に解決する兆しすら見えませんし。

病気で職場の人が亡くなったのであればまだわかりますが、もしかしたらブラック企業で働かされすぎて過労で亡くなってしまったのかもしれません。

まぁとりあえずは故人を偲ぶべきではありますが…。

 

その後の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

職場の人が突然亡くなってしまうケースは珍しくない

最近はあなたの会社のように、職場の人が突然亡くなってしまうというケースは珍しくありません。

私も何回か転職していますが、そういった風に職場の人が死んでしまった場面に居合わせたことがありますし。

 

 icon-exclamation-circle 

働き盛りとか若い人が突然亡くなるというのは、大抵は過労死ですね。

あるいは自ら死を選んだパターンです。

働き盛りの方や若い人は、普通は病気で亡くなるケースは全体で見るとかなり少数派ですからね。

 

そんな中死んでしまうというのは、働きすぎか自殺か、大抵はこの二つです。

あるいは若いとガンなどにかかってしまうと、進行が早く死んでしまうケースもありますが…。

まぁ本当に人間はいつ死ぬかわからないので、仕事だけの人生にならずに後悔しないような人生を送りたいものです。

 

とりあえずは葬式に出席したり故人を忍べきだが…

職場の人が亡くなってしまったのはとても悲しいことだと思います。

もしかしたらあまり関わりがなかった同僚かもしれませんが、一応同じ会社で勤めていた縁があった人ですからね。

可能であればとりあえず葬式に出席したりして、故人を偲んだりすることは必要でしょう。

一応同じ釜の飯を食った仲と言えますからね。

 

ただブラックな会社ですと、あまり関係のない同僚の葬式には、仕事を休んでまで出席できない可能性も高いですが…。

まぁ仕事が終わったあとに通夜などに行くのであれば、大抵は夕方や夜からなので、行けるかもしれません。

さすがに同じ会社に通っていた人が亡くなった場合結構ショックが大きい人も多いと思います。

こういった区切りは必要かもしれません。

 

その亡くなった人のしわ寄せが来る可能性も…

職場の人が亡くなってしまうというのは、そこまで珍しい話でもないのですが…。

何で死んでしまったかが問題ですね。

上でも述べたように大抵は働きすぎか、自殺などが原因で死んでしまうケースが多いです。

若い人はそんなに病気などにかかって死ぬケースは少ないですからね。

 

 icon-exclamation-circle 

働きすぎで死んでしまった場合その人はたくさん仕事を抱えていたはずです。

つまりはそのしわ寄せが他の人に来てしまう可能性がありますね。

同じ部署であれば、もしかしたらあなたにしわ寄せがくる可能性もあります。

 

結局そういった死人が出る職場というのは、慢性的に仕事量が多すぎたり、何らかの原因を抱えているんです。

それをこなしてくれていた方がなくなってしまった場合、結局また第2第3の被害者が出る可能性もありますね…。

ちょっと注意した方が良いかもしれません。

 

死人が出るほどやばい会社なら、早めに脱出を検討

やはり死人が出るほどの職場というのは、かなりまずいと思います。

私も過労死が出た職場で働いていたことがありますが、本当に慢性的に労働時間が長かったですし。

毎日12時間以上働かされていましたね。

当時は健康診断の数値が悪化したりして健康にも良くなかったです。

長時間労働が蔓延している職場ですと、死人が出たり病気になる人も出たり倒れたりする人も出てきます。

 

あまりにやばい会社だと思うのであれば、早めに脱出を検討しておいた方が良いかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く転職もしやすくなってきていますし。

命を賭けてまでやる価値のある仕事なんてありませんので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

さすがに死人が出ると、同僚も退職を考え出す可能性も…

職場の人が亡くなってしまうと、やはり同じ会社で働く人にとってはかなりショックが大きいです。

特に激務な会社ほど仕事だけの人生で、人生が終わってしまった方も珍しくないでしょうし。

 

 icon-exclamation-circle 

そうなると同僚も退職を考え出す可能性があります。

  • このまま働いていたら俺も死んでしまうかも…
  • 命あっての物種だ…
  • 命を賭けてまでやる仕事じゃない
  • 今は仕事なんてたくさんあるし…

こんな風に考えて退職ラッシュが起こってしまうというのもよくあるパターンです。

 

ただそうなると残された社員はさらにしわ寄せが来ますし。

死人が出るほど忙しい職場であれば、さらにきつくなってしまう可能性があります。

沈みゆく船だと思っているのであれば、早めに転職を検討した方が良いかもしれません。

逃げ遅れるとやめられなくなってしまいますし。

 

死人が出るほどの会社なら、ネットで情報を共有して注意喚起する手も

やはり普通の働き盛りや若い人は、なかなか死なない傾向にありますよ。

よほど不摂生な生活をしていたり肥満な方であれば、若くても突然死のリスクがありますので分かりませんが…。

大抵は働きすぎて死ぬと言うパターンでしょう。

あるいはそれでストレスで追い込まれて自ら死を選ぶパターンです。

いずれにしてもかなりブラックな会社であることは疑いの余地はありません。

 

 icon-exclamation-circle 

これ以上第2第3の被害者を出さないためにも、ネットで情報を共有して注意喚起するというのも手段の一つです。

TwitterなどのSNSで拡散しても構いませんが、最近は転職口コミサイトなどが出てきていますし。

 

こういったものを使えば、

  • この会社はやめとけ!
  • 死人も出たぞ!
  • ブラックな会社です!
  • 入社はオススメしません!

こういった風に転職を検討している人に注意喚起することができます。

やばい会社だと思っているのであれば、社会貢献の意味も込めてこういった風に情報を共有するのも良いかもしれません。

あなたの行動が人の人生を救う可能性もあるのです。

⇒10万件の企業口コミで失敗しない転職を!企業口コミなら【キャリコネ】

過労死などは、決して他人事ではないので…

職場の人が亡くなってしまうというのは、かなりショッキングな出来事ですが…。

やはり大抵は仕事が多すぎて過労死してしまったケースが多いのではないでしょうか?

過労死というのは、決して人事ではないんです。

 

私も何回か転職していますが、過労死してしまった同僚は見たことがありますし。

ちゃんと労働時間の証拠を揃えて因果関係を証明しないと、なかなか過労死認定などもされませんからね…。

我が国では年間数百件程度の過労死があるとされていますが、それは認定されたものだけです。

推計では年間1万件以上の過労死があるのではないかとされています。

精神疾患の労災件数なども右肩上がりで上昇してきていますからね。

 

死人が出るほどやばい会社であれば、そのまま働き続けるかどうかはよく考えた方が良いかもしれません。

幸い今は仕事はたくさんある訳ですし。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

職場の人が亡くなってしまったというのは、とてもショックだと思います。

全然関係ない人が亡くなったニュースなどは、何の関心もないかもしれませんが…。

同じ会社でずっと働いていた人ですから、ショックも大きいと思いますし。

ブラックな環境であれば、「次は俺の番なのではないか?」なんていう不吉な予感が頭をよぎってしまう人も多いかもしれません。

まぁですが本当に過労死などは他人事ではなく、誰の身にも起こりうる可能性があるんです。

 

まぁ命を賭けてやる価値のある仕事なんてありませんので、あまりにヤバイ会社であれば、早めに転職を検討しておいた方がいいと思いますけどね。

今仕事はたくさんある訳ですし。

人が死ぬってよっぽどのことですので、そんな会社でずっと働くかは本当によく考えた方が良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。