【キツ過ぎ】激務な部署に配属された!激務でもあなただけ生き残る8の逆転策

mohamed_hassan / Pixabay

 

  • 激務な部署に配属されてしまった!
  • ホワイト企業だって聞いてたのに…
  • 部署ガチャではずれを引いてしまった…

今のご時世、そういった悩みをお持ちの方も珍しくはないかもしれません。

 

会社全体がブラックではなくても、部署単位でブラックというのはよくあるパターンです。

有名なホワイト企業に入社できたとしても、部署がブラックだったらどうしようもありませんからね…。

あまりに忙しすぎる部署に配属されてしまうと、最悪の場合過労で死んでしまう可能性すらあります。

ネットでは「部署ガチャ」なんて言われていますが、更に「上司ガチャ」「同僚ガチャ」「担当ガチャ」などもあるといわれており、部署ガチャ以外も外すと悲惨なことになります。

 

しかしそんな激務な部署に配属されたら、先が思いやられますよね。

忙しい部署に配属されてしまった時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

激務な部署に配属されてしまい、悩んでる方は多い!

残念ですが、あなたのように激務の部署に配属されてしまい悩んでる方というのは珍しくありません。

最近は人手不足の会社も多く、ギリギリの人員で回している会社が多いですからね…。

最初はホワイトな部署でも、退職者が出ると激務になってしまうというのはよくあるパターンです。

 

ツイッターなどのSNSを見ていても、

「公務員は収入安定して、仕事も楽!みたいなイメージはなんなんだ?

俺は公務員だけど激務な部署に配属されたから、給料安いのに働かされまくってるぞ!

予算が決まってるから残業代も一定時間までしか出ないからね。

結構ついていけずに辞める人も多いよ。

 

「ホワイト企業に入社できたと思ったけど、配属先が超激務なんだけど…。

ネットのホワイト企業情報なんて、たまたま楽な部署にいるヒマジンが出してるだけだよ。

そんなん会社によっては楽な部署なんてどこにでもあると思うしね。」

 

「総務や事務は定時になったらさっさと帰ってるけど、俺の部署は何時間も残業してるよ。

ネットでは「残業ほとんどないです!」なんて口コミが書かれてるけどね。

正直部署によるというのが正直なところ。

転職の口コミなんていいかげんだから入ってみないとわからんよ。」

 

「友人がホワイト企業に勤めてるけど、最近激務の部署に配属になったみたい。

それまで穏やかな人だったのに、最近愚痴しか言わないよ(;´・ω・)

ホワイト企業に入社できても安心できないね。」

そんな感じの怨嗟の声が聞こえてきますからね…。

 

やはり公務員とか大企業、ホワイト企業に入社できても、安心とは言えないかもしれません。

ネット上の口コミなんて、会社全体の書き込みとか、一部の部署の人が書き込んだだけですからね。

そんな口コミを信じてホワイト企業に入社したつもりが、激務の部署に配属されてしまう…ってのはよくあるパターンです。

ただ、やはり激務な部署だと私生活がなおざりに…

いくらいい会社に入れたとしても、激務な部署に配属されてしまうと、私生活がなおざりになってしまいます。

残業代や手当はきっちり出るかもしれませんが、残業が多いと使う暇もなくなってしまいますからね…。

お金があっても、使う暇がない!なんて状況にもなってしまうのです。

 

部署異動ができればいいですが、なんともいえませんね…。

最近は人手不足の会社も増えてきていますし、激務な部署ですとなかなか長続きする人も少ない傾向にあります。

そういった場合、「君は長続きしてるんだからそのまま働いてくれよ」と言われる可能性もあります。

新たな人を入れても、やめてしまう可能性もありますからね…。

毎回異動願いを出す

そんな激務の部署で働くのが嫌であれば、毎回異動願いを出すというのも手段の1つです。

しつこく部署移動の願いを出していれば、いつかは叶えてくれるかもしれません。

まあいつになるかわかりませんが…。

 

比較的大きい会社であれば、入ってくる人も多いです。

中途入社の新卒で入ってくる人も多いですからね。

なので比較的早めに希望が叶うかもしれません。

 

ただやはり小さい会社ですと難しい傾向にありますけどね…。

そもそも入ってくる人は少ないですし、激務に適性がある人間は多くはありませんからね。

必然的にあなた以外にその部署で働ける人がいない!なんていうことにもなりがちなのです。

まぁダメで元々で異動願いを出してみるのもいいかもしれません。

修行だと思って耐える

激務な部署に配属されてしまうと、やはりかなりきつい生活になります。

  • 残業が多すぎて帰ってくるのは夜遅く
  • 出勤で土日も潰れる可能性がある
  • 休日の会社から電話がかかってくる可能性がある

こんなのはよくあるパターンです。

 

ですがそういった環境で耐えられれば、成長できるかもしれません。

社会人としての能力も身に付きやすいでしょう。

そういった激務できつい環境で耐えることができれば、転職をしてもどこでもやっていけるかもしれませんし。

そういったポジティブに考えてやっていかないとやっていけないのではないでしょうか?

 

まあ働くというのは、どこの会社でもきついものですからね。

修行と割り切ってやるのもいいかもしれません。

あまりについていけないなら、転職も検討

やはりそういった激務の部署ですと、仕事についていけなくなるのはよくあるパターンです。

そもそも体力がないとついて行くことができませんからね…。

そう体力のある方ばかりではありませんし。

 

ですが幸い最近は転職も一般的になってきており、昔に比べて転職もしやすくなってきています。

今のうちにもう少しゆとりを持って働ける会社に転職してしまうというのも手段の1つです。

会社がホワイトでも、部署がブラックで激務だとあなたにとってはブラック企業になってしまいます。

いっそのこと転職を検討するのも良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

会社の近くに引っ越す

そんな激務な部署であれば、仕事が終わるのも遅いでしょう。

電車で通勤しているのであれば、毎日終電帰りみたいな感じになってしまうかもしれませんし。

なので可能であれば、会社の遅刻近くに引っ越ししまうというのも手段の1つです。

マイホームを買ってしまった人ですと難しいですが、賃貸ならばそれほどきつくはないと思います。

特に独身の方であれば、このくらいは気楽にできるでしょう。

 

激務ですと、家に帰る体力すらなくなったりしますからね…。

やはり家が会社から近い方が何かと有利です。

出社するときも遅くまで寝ていることができますからね。

あまりに激務なら、勤務時間を記録しておくべき

後は、そんなに激務な仕事ですと過労死の危険性もあります。

そこまでではなくても、病気になったり事項起こしたりする可能性もありますし。

何かあった時に会社に責任を持っていくために、勤務時間を記録しておいた方がいいかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

こういうのは何かあったときに、会社側に勤務時間を改ざんされてしまう可能性もありますからね。

タイムカードがあったり、会社で勤務記録をつけている人でも安心はできないのです。

労働基準監督署対策のために、タイムカードを改ざんする…なんてのは鉄板の手法ですからね。

会社など信用できたものではないのです。

 

幸い今はスマートフォンのアプリで、GPSで労働時間の記録を残しておけるスマホアプリというのもでてきています。

こういったもので勤務記録をつけておくと良いかもしれません。

過労死って案外身近にありますし、そんな激務な職場で働いていたらなおのことそういったリスクは高いでしょう。

あなた自身の自衛のためにも、このくらいもやっておいた方がいいかも知れませんね。

激務でも、有給は積極的に使うべき!

そういった激務な部署ですと、やはり体力的についていかないことが多いです。

なので、積極的に有給休暇を使っていったほうがいいと思います。

まぁそういった激務の部署ですと、

  • 代わりがいない
  • ギリギリの人員で回している
  • 新人が来ても定着しない

などの要因があるケースが多いので、なかなか休めない傾向にあるのですが…。

 

 icon-exclamation-circle 

しかしそうは言いましても働きすぎてしまうと、過労死のリスクもありますし。

プライベートの時間もなくなってしまいます。

強引にでも有給休暇をとったほうがいいでしょうね。

 

まだまだ何十年も働いていくことになるんでしょうから、これも自己管理の一環ですよ。

長く働いていくためには、要領よく休んで行かないとやはり無理だと思います。

⇒【仮病】会社に行きたくない!ズル休みしたい時に使える言い訳8選!

激務な部署といっても限度があるので…

ですが激務の部署とは言いましても、限度があります。

それほど忙しいわけではないのであればいいですが…。

  • 1日残業が数時間程度
  • 休日もほぼ確実に潰れる
  • 朝方まで仕事させられる

こんな感じで程度がありますからね。

どのぐらい激務なのか?わからないことには何とも言えないんですが。

 

今の時点で激務であれば、これからさらにエスカレートしていくかもしれません。

大企業であれば人は沢山来ると思いますが、特に中小企業なんてほとんどは人手不足に陥っていますからね。

そういった会社ですと今いる社員もどんどん辞めていき、新人がきても定着しません。

つまりはさらに激務になってしまう可能性があるんですね。

 

幸い今は仕事は多いので、あまりきついようならば傷が浅いうちに転職もありだと思います。

過労で死んでしまったら元も子もありませんからね…。

今ならば有効求人倍率も高く、仕事はたくさんあります。

あまりに激務でついていけなそうであれば、早めに転職を検討した方が良いでしょう。

まとめ

やはり激務の部署に配属されてしまうというのは当然考えられます。

仕事なんて、そういった入ってみないとわからない要素が多すぎるので、博打な面はあるのですが…。

やはり現時点で既にそんなに激務だということがわかっているのであれば、これからさらに悪化することも考えられます。

 

大抵悪化することはあっても、よくなることはありませんからね…。

特にそういった会社ですと、ギリギリの人員で回している職場も多いと思いますが。

ギリギリの人員出回ってしまうと、経営者の人増やそうとはしませんからね…。

なかなかきついかもしれません。

 

まぁできるだけ若ければ軌道修正も簡単です。

その会社で勤め続けるかどうか?はよく考えた方が良いかもしれません。

あまりに激務な部署で働いていると過労死の危険性もありますので、比較的余裕のある今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。