【諦めろ!】接客業向いてないと言われた!向いてない人5つの特徴とその後の挽回策

Pexels / Pixabay

 

  • 接客業が向いていないと言われた!
  • もうやめた方がいいのかな…

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないと思います。

 

やはり仕事には向き不向きがありますからね。

特に接客業となると人と接する仕事ですから、向き不向きは顕著だと思います。

やはりコミュ障だったり口下手な人ですと、なかなか苦手だったりしますし。

向いていない仕事であれば、早めに他の道も模索した方がいいですからね。

 

この記事では接客業が向いていない人の特徴とその後の挽回策についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

接客業向いてないと言われてしまう方は珍しくない

あなたのように接客業が向いていないと言われてしまう方は珍しくありません。

私も正社員ではないですがバイトでいくつか接客業の仕事をしていたことがあります。

自分では結構明るく振舞っていて出来ていたつもりでしたが、客や店長などに接客業向いていないんじゃないなんてことは言われたことがありますし。

まぁ結構昔の話ですので、この人手不足のご時世でそんなことを言ってくる店や会社も減ってきていると思いますが…。

 

実際ネットSNSなどを見てみても、

  • 今スーパーでバイトしてるんだけど、パートのババアに接客業向いてないよって言われた…。お前の方が向いてねえよ!
  • 接客業向いてない人もいると思う。バイトとかパートならいいけど正社員だと特にね…。
  • 接客とか人と接する仕事ってストレスたまんない?休みも少ないし給料も安いし。好きじゃないとやってらんないよ。

こんな意見が散見されますけどね。

 

まぁ特に接客系の仕事ほど離職率が高い傾向にあるようです。

  • 飲食店
  • 小売店
  • 宿泊業
  • 医療福祉
  • その他サービス業

これらの職業については厚生労働省も発表していますが、離職率はトップクラスに高いです。

なので、向いていないと言われてもそもそも続く人が少ないため、相対的には結構向いている方な可能性もありますけどね。

 

接客業に向いてない人は同僚と連携ができない

接客業に向いていない人の特徴としては、同僚と連携ができないということが挙げられます。

どんな仕事も1人でするものではありませんが接客業となると特に顕著です。

やはり同僚と一緒に連携して

  • これお願い
  • これやっといて
  • これはどうやるんだっけ
  • ミスしちゃったどうしよう

こういった風に相談したり報告したりしてこなしていく必要があります。

 

特に激務な飲食店ですと、店員が2人とか3人しかいないのに何十人ものお客を相手にする必要がありますからね。

ひどい店ですと、ワンオペで1人でやらされる店もありますがそういった店は多くありません。

結局少ない人数でたくさんのお客を捌いてためには効率よく連携していく必要があるんです。

コミュニケーションが苦手な人ですと、同僚となかなか打ち解けられずに連携も苦手な傾向にありますね。

 

気が利かないのでミスが多い

接客業が向いていない人というのは、気が利かないということが挙げられます。

これがスーパーやコンビニなどのレジ打ちや品出しのバイトやパートなどであればいいですが、キャバクラなどの水商売などの接客業で気が利かないとダイレクトにクレームが来ますし、致命的です。

 

こういった気が利かない人というのは、周りとの連携もミスったりしてとにかく失敗が多い傾向にありますね。

特に人間というのは、矛盾した複雑な性質を持つ生き物ですから、人間のことをよく理解しておらず気が利かない人というのは、ミスが多い傾向にあります。

接客業はあまり向いていないかもしれませんね。

 

ミスをすると落ち込みクヨクヨしてしまう

接客業が向いていない人の特徴としては、ミスをするとすぐに落ち込んでしまい、くよくよしてしまうということも挙げられます。

特に接客業となると1日に何十人何百人のお客を相手にするため、クレームやトラブルが起こることはしょっちゅうです。

しかもどこの店も人件費削減のためにギリギリの人員で回していますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

ミスをしてもすぐにそれを挽回するために動かないといけません。

くよくよして泣いている暇はないのです。

 

まぁ飲食店などでしたら、運んでいる料理の皿を落としてしまったとしても、即刻厨房に連絡して「落としたごめんまた作ってw」と堂々と言えるしたたかさが必要です。

私も何回かやったことがありますがw

本当に接客業というのは忙しいことが多いので、些細なミスで落ち込んでいる時間はありません。

 

動揺しやすく精神的に疲れすぎてしまう

接客業が向いていない人の特徴としては、動揺しやすいということが挙げられます。

つまりはメンタルが弱いということですね。

こういう人ほど精神的に疲れすぎてしまう傾向にあります。

 

特に接客業なんて1日何十人何百人の人を相手にする仕事ですからね。

それでいちいち動揺して精神ポイントをすり減らしてしまっていては、なかなか他のお客に良いサービスを提供することができません。

まぁ接客業に向いている人というのは、口では「お客様」と良い笑顔を作りつつ、内心「死ね」とか考えてる人の方が続きやすいと思います。

無理は長続きしませんからね。

 

口下手で雑談ができない

接客業が向いていない人の特徴としては、口下手で雑談ができないということも挙げられます。

上でも述べたようにやはり雑談ができないと同僚と打ち解けることもできませんし。

連携していくことも難しいでしょう。

 

しかも接客業ですと、お客様と話す機会もありますし。

そこでちょっとした雑談や色々と聞かれることも当然ある訳です。

そこでちゃんと答えられないとあんまり接客業には向かないのではないでしょうか?

 

まぁ私も色々な接客業のバイトを経験してきましたが、飲食店とかコンビニやスーパーなどですと、マニュアル通りに接客すればいいので正直口下手でも全然つとまりますけどね。

むしろ忙しい飲食店などは、雑談なんてしている暇はないので口下手な人でもオススメしたいぐらいです。

ただやはり雑談ができないとは連携の面で難が出てくるので難しいかもしれませんね。

 

接客業は同僚との連携が命なので、挨拶や雑談は必須

接客業に向いていないと言われてしまう方も多いとは思うんですが…。

やはり接客業は同僚との連携が命です。

仕事は一人ではできませんし。

接客業となるとそれはなおさらです。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、挨拶や雑談は絶対にした方がいいでしょう。

雑談は苦手な人も多いですが、それであれば挨拶だけは絶対に自分から確実にした方がいいです。

挨拶なんて全人類の義務レベルの話だと思いますけど、いい大人なのに挨拶すらできないという方もいらっしゃいますからね。

これをやると本当に感じが悪いと思われて同僚にも嫌われてしまいますし。

常連客が来た時などは、こちらから挨拶をするとそれだけで相手の機嫌が良くなって、些細なミスも見逃してもらえる傾向にありますからね。

 

人間相手のことですので、こういったコミュニケーションは怠らないようにしましょう。

まぁ口下手でも私と話したいんだなという好意さえ伝わればそこまで悪くは思われないはずです。

あまりうまく喋れなくても積極的に話す姿勢さえ見せれば全く違ってきますからね。

 

出勤前にテンションを上げてから働く手も

あとは接客業が向いていないというのは、人と話すのが苦手な人も多いですが…。

そういった人はテンションが低かったりネガティブな人が多いのではないでしょうか?

そういった人の場合は出勤前にテンションを上げてから働くのも良いかもしれません。

性格が暗い人でもテンションさえ上げてしまえば明るく楽しく働けると思いますし。

 

結局こういった工夫をしているかどうかで人間の性格というのは、変わってくるのではないでしょうか?

私も激務な飲食店でバイトをしていた時は、出勤前にプロレスの動画を見たりしてテンションを上げてから出勤していましたしw

テンションを上げて気合いさえ入れていれば、接客業だろうがどんな仕事でもこなしていくことができると思います。

 

向いてないのは仕方ない!早めに転職を検討

接客業が向いていないと言われてしまうケースも珍しくはないんですが…。

やはり仕事には向き不向きがありますからね。

色々と改善する手段はあるとは思いますが…。

結局本人の心根や方向性の問題ですので、どうしようもないかもしれません。

小手先のテクニックで色々とごまかす方法はありますが、あなたの性格が変わるわけではありませんし。

 

なので、早めに転職を検討してしまうというのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんありますし。

別に接客業なんて休みも給料も少ない仕事にしがみつかなくてももっとマシな仕事はたくさんあります。

接客業となると休みも不規則で少ない傾向にありますからね。給料も安いですし。

今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

やはり接客業となると向き不向きは確実に存在すると思います。

私もバイトで色々な接客業を経験しましたが、給料が安い割にギリギリの人員でやらされて、入ってきた人もすぐ辞めていってしまい正直あまりいい仕事ではないと思います。

学生のうちであればいいですが、社会人になってまでやるような仕事ではないと思いますね。

休みも不規則ですし、給料も安いですし。

 

まぁ向いていないと言われたのであれば、仕事を変えているのがいいのではないでしょうか?

幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんありますし。

今のうちにもっとマシな自分に向いている仕事を探しておくのが良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

仕事をやめるべきか
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。