【長すぎ…】12時間労働の工場を辞めたい!2交代できつい状況を抜ける7の秘策

MichaelGaida / Pixabay

 

  • 12時間労働の工場を辞めたい!
  • 1日の半分を単純労働なんて嫌すぎる!

こういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

私も12時間労働で二交替制の工場で働いていたことがありますので、気持ちはわかります。

本当に1日の半分を仕事に費やしますし。

出勤時間なども考えれば1日の半分以上は会社に拘束されているとも言えますし。

しかも日勤や夜勤が入れ替わったりすると生活リズムを正すのも疲れますし。

夜勤ですと、自律神経が狂ってきたりしますからね…。

辞めたいと考える気持ちもわかりますし、私も長続きせずに転職してしまいましたからね。

 

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

工場の12時間労働だとひたすら単調な仕事で一日の半分が過ぎていくことに…

あなたのように工場の12時間労働をやめたいと考えてしまう気持ちは分かります。

私もまさにそれやってましたし、結局辞めて転職しましたし。

まだ営業職などで社外に出たり気分転換もしやすい仕事であればいいとは思うんですが、工場の12時間労働だとひたすら単調な仕事をしていく羽目になりますからね。

それを1日の半分もやっていくとなると本当に気が滅入ってきます。

 

特に最近は製造業も人手不足ですし、休日出勤なども頻繁にさせられている方も多いでしょう。

私も毎週のように休日出勤させられて、月300時間近く働かされてましたからね。

日勤ならまだいいですが夜勤は本当に眠いですし、体にもガタがくるので厳しいです。

早めにやめておいた方が良いかもしれませんね…。

 

二交代で日勤と夜勤が入れ替わる場合厳しいかも…(経験済み)

あなたのように、工場で12時間労働という方も多いと思いますが…。

そういった方ですと、夜勤ありの二交代制の方も多いかもしれません。

日勤であればまだいいとは思いますが、夜勤ですと生活リズムが乱れますし。

自律神経が狂ってきたりするんですよね。

 

 icon-exclamation-circle 

やはり人間は太陽が出ている時間に活動して、暗くなったら寝る、という生活リズムで出来ていますからね。

工場で12時間労働で2交代制ですと、1週間ごととか一定間隔で日勤と夜勤が入れ替わったりします。

まぁこれについては会社次第だと思いますが…。

 

私の場合はほぼ1週間交代とかで日勤と夜勤が入れ替わっていたのできつかったですね…。

土曜休日出勤させられて、日曜しか休みがないのに翌日夜勤から日勤に切り替わるとかは結構きつかったですね。

まぁその分確かに稼げはしましたけど、健康診断で数値が明らかに悪くなっていったので失っているものは大きかったですね…。

 

12時間労働の工場がきついなら、仕事が多い今のうちに転職も検討

12時間労働の工場を辞めたいと考えるあなたのような方は多いと思います。

私もそういった工場で働いていた時は離職率が高かったですし、結構すぐ辞めていった人も多かったです。

年をとって体がもたずに辞めていった方も珍しくありませんでしたし。

ただ幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんある傾向にありますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

12時間労働の工場がきついのであれば、仕事が多い今のうちに転職を検討した方がいいでしょう。

今ならば正社員の有効求人倍率も一倍を超えていますし。

帝国データバンクの2018年の調査によれば約半数の企業が正社員が足りていないと回答していますからね。

今ならば本当に転職はしやすいんです。

 

まぁ工場から転職する場合は、できるだけバカ若いうちじゃないと未経験の仕事にはチャレンジしにくいですからね。

特に工場の経験なんて転職で評価されにくいですし。

まあそうは言いましても今は少子高齢化によって相対的に若者が減ってきていますので、30代程度でも割と若者扱いで受かりやすくはなってきていますが。

辞めたいと考えているのであれば、出来るだけ早く動いておいた方がいいと思います。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

ただ残業代や深夜手当が出てるなら工場は案外稼げるケースも多い

12時間労働の工場はやはりきついので辞めたいと考える方も多いですが…。

そうは言いましても交代制で夜勤などをやったり残業していると、結構稼げるケースも多いんですよね。

特に高卒の方でたくさん稼ぎたいとなったら結構ポピュラーな方法が工場で働くことですね。

 

 icon-exclamation-circle 

というか地方ですと、まともな職業が公務員か工場ぐらいしかないというのは、ザラにありますし。

地方ですと後は介護職とか看護師とかしかなかったりしますし。

あとは本当に最低賃金で働かされるため、全然稼げないというケースもザラです。

地方在住で12時間労働の工場であれば、相対的に他の人よりは結構稼げているケースも多いですね。

 

というか転職したくてもましな仕事が他にないんですよ。

まぁある程度景気の良い都道府県であれば、他にも色々と仕事はあると思いますので、早く転職した方がいいと思いますけど…。

あまりに田舎過ぎると道府県ですと、転職したくてもそもそも他にマシな会社がない!というクソな状況に陥ってしまうことも考えられます。

そういった方の場合はよく考えた方が良いかもしれません。

 

製造業以外への転職が不安なら、職業訓練でも受けてみる手も

12時間労働の工場はやはりきついので、辞めたいと考える気持ちは分かりますが…。

そういった方はもう製造業に懲り懲りしている方も多いのではないでしょうか?

製造業は比較的安定していたり残業代や夜勤手当などもでて稼ぎやすいので、割と昔は人気だったりしましたが…。

これからは未経験の仕事に転職したいと考えている方も多いかもしれません。

ただそういった方ですと、何のスキルもないのに採用されるのかな?という悩みを持っている方も多いかもしれません。

 

 icon-exclamation-circle 

そういった方の場合は職業訓練でも受けてみるというのも手段の一つです。

幸い国が職業訓練校というものを設けてくれていますし。

自己都合退職ですと3ヶ月経たないと失業保険が出ませんが、職業訓練に通うことですぐに失業保険が出ますし。

入学金や授業料はほぼタダで新たな資格やスキルが身につく可能性があります。

 

雇用保険をかけていない方でも月10万円の職業訓練受講金がもらえる可能性がありますし。

しかも訓練期間中は失業保険が延長してもらえますからね。

とりあえず学びながらお金をもらうこともできるんです。

こういった手段も使ってみると良いかもしれません。

まぁ12時間も工場で働かされていたら在職中に転職活動するのは結構きついですからね…。

こうやって辞めてから仕事を探す方向で考えるのもいいと思います。

⇒ハロートレーニング 厚生労働省

→職業訓練受講給付金(求職者支援制度) – 厚生労働省

 

中小の工場なら希望すれば営業などに回れるケースもあるが…

12時間労働の工場はやっぱりきついですよね。

やめたくなる気持ちもわかりますが、そこで製造業から外れた仕事をしたくても、一体何の仕事したらいいのか?考えたこともない方も多いかもしれません。

工場であれば、希望すれば営業などに回れるケースもあります。

 

 icon-exclamation-circle 

特に中小の工場であれば、割と社長や経営陣などとも距離が近いので、結構希望すれば希望を叶えてくれる傾向にあります

私がいた工場もそういった風に営業に行った人はいましたし。

ただ中小の工場となると営業になると社長と距離が近くなったりして、ワンマン社長ですと結構大変かもしれませんが…。

 

まあそこで営業などに行ければ取引先などとコネなどもできたり、そこからさらに他の業種の人脈なども広がったりしますし。

営業職の方ですと、そんな感じでコネで転職するというのは、よくあるパターンですね。

確実な転職をしたいのであれば、そういった風な手段を使うと言うのも良いかもしれません。

 

工場で12時間労働してると時間が経つのがあっという間なので、転職するなら早いうちに

私も工場で12時間労働はしていましたが、本当に人生が過ぎ去るのがあっという間ですね。

数年勤めましたが、当時は本当にひたすら単調な作業を繰り返していた記憶しかありませんね…。

あとは日勤と夜勤の入れ替えの時に体調を整えるのに精一杯で、他に特に楽しいことがあったか?と言われると別にないですね…。

 

まぁ特に製造業となると未経験の職に転職する場合、スキルもなく評価されにくいですし。

辞めたいと考えているのであれば、出来るだけ若い方がいいと思いますよ。

幸い今は有効求人倍率も高く転職がしやすいですし。

正社員の有効求人倍率も一番四越えてきていますし。

今のうちに他に行けるうちに転職しておいた方がいいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

やはり工場の12時間労働というのは、きつい傾向にあります。

私も経験しましたが、単調な作業で長時間働くのは結構厳しいです。

日勤ならまだいいですが、夜勤でそれをやるとなると本当に眠いですし。

体にも結構ガタがくるんですよね。

 

これが夜勤専属であれば、リズムが一定になるので体への負担も減ると思いますが…。

交代制になって入れ替わる感じですと、本当にきついと思いますし。

手当などでは稼げますが、結構失っているものは多いと思いますよ…。

ネットなどを見ても夜勤はやめとけと言う意見も多いですからね。

 

まぁ今は仕事が多いので、早めに転職を考えた方がいいと思います。

今は有効求人倍率も高く、正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし。

今ならば未経験の仕事にも割と採用されやすくなってきていますので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

仕事を今すぐやめたい
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。