怪しい会社の特徴8つ!こんな怪しい会社はヤバいから全力で避けろ!

currens / Pixabay

 

  • 怪しい会社には入社したくない!
  • 怪しい会社の特徴が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近はブラックな会社も多いですし、詐欺的な商売を行う怪しい会社も多いです。

そんな会社に入社してしまうと、当然ながら労働環境も悪いですし、給料も低い傾向にあります。

世間体も悪いですし、最悪逮捕されるような可能性もあったりしますからね…。

怪しい会社の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

怪しい会社ってどんな会社?特徴は?

世の中は広いですから、本当に色々な会社があります。

中には本当に怪しい商売を行っている会社もありますし。

今はなんとか無難に営業できているかもしれませんが、詐欺などを行っている会社ですと、消費者庁に訴えられたりして社会問題になり潰されてしまう可能性もあります。

怪しい会社の特徴をまとめてみましたので、参考にしてください。

労働基準法違反で是正指導された実績がある

怪しい会社というかやばい会社の特徴としては、労働環境が悪すぎることが挙げられます。

あまりに労働環境が悪い会社は労働基準法をそもそも守っていない傾向にありますね。

なので、労働基準法違反で是正指導された実績がある会社も珍しくありません。

個別の小さい会社の事例ですと、あまり公表されていなかったりしますが…。

あまりに悪質な会社ですと、見せしめにニュースになって社名が公表されている可能性もあります。

会社名で検索してみれば出てきたりしますので、検索してみると良いかもしれません。

経営がヤバく潰れそう

そんな怪しい会社は資金繰りも悪く、商売はあまりうまくいっていない傾向にあります。

なので、経営がやばく潰れそうな状況に陥っている会社も珍しくありません。

会社の経営も怪しいということですね。

会社の経営がやばくなると経営者が宗教にすがったり迷信を信じたりするようになり、経営者もどんどん怪しい方向に突っ走ってしまう傾向にあります。

離職率が高く人の入れ替わりが激しい

怪しい会社となると、当然ながら「この会社はヤバイ」と考えて、従業員もどんどん辞めていってしまう傾向にあります。

つまりは離職率が高く人の入れ替わりも激しいんですね。

いい会社であれば、人はおいそれと辞めずに定着する傾向にあるんですが…。

怪しい会社となるとどんどん辞めていき常に募集を出しているような感じです。

ハローワークの常連になっていたりしますね。

人材採用にお金をかけていない

怪しい会社程度は人材採用にお金をかけていない傾向にあります。

つまりは無料で求人を出せるハローワークなどの媒体を使わざるを得ない企業が多いです。

そこからくる求職者も玉石混交で、怪しい経歴を持つような方もいらっしゃいますね…。

あまりに怪しすぎる会社ですと、労働環境も悪く求人票に書かれている条件を守らなかったり、労働基準法違反をしていたりします。

ハローワークに告発され、あまりに悪質で同じことを繰り返すと、ハローワークにすら求人を出せなくなることも珍しくありません。

社名で検索するとブラックと出る

怪しい会社ですと、当然ながらネットでも悪評が知れ渡っている傾向にあります。

会社名で検索して、検索候補にブラックと出る会社はまずは怪しい会社と見て間違いありません。

個人的な恨みで風評被害を拡散させているパターンもありますが、大抵企業に対するこういったネガティブな話というのは、真実なことが多いですね。

会社のサイトが存在しない

そんなに怪しい会社となると、会社の規模自体小さい零細企業が多いと思います。

そもそも会社のウェブサイト自体が存在しないケースも珍しくありません。

存在していたとしても、昔インターネット黎明期に作られたようなフレームを多用しているような、小学生が作ったようなホームページだったりします。

それでもあるだけマシで、全く存在しない怪しい会社も珍しくありませんね。

転職口コミサイトの評価が最悪、又は規模が小さすぎて無い

そんなに怪しい会社ですと、ネットに以前勤めたことがある社員が告発している可能性もあります。

転職口コミサイトなどを見れば、そこで働いている社員や元社員の口コミを見ることができます。

怪しい会社ですと、当然ながら評価は最悪でしょうね…。

あるいは規模が小さい怪しい会社ですと、そもそもその会社に勤めたことがある人自体が限られてきますので、口コミ自体ない可能性も高いかもしれません。

⇒10万件の企業口コミで失敗しない転職を!企業口コミなら【キャリコネ】

社員の覇気がない

怪しい会社となると当然ながら社員の覇気もない傾向にあります。

労働環境が悪いでしょうし、給料も低いでしょうし。

それで仕事のモチベーションを出せというのも難しい話です。

誰が見ても怪しい会社ですと、世間体も悪いでしょうし。

この会社で働いていることにプライドも持てないため当然ながらモチベーションも低いです。

怪しい会社を避けたいなら優良求人が多いエージェントを活用

日本は広いので、怪しい会社も多い傾向にあります。

怪しい会社ほど労働基準法を守っておらず、待遇も悪くろくなものではありません。

怪しい会社を避けて労働環境も待遇もいい企業に行きたいのであれば、優良求人が多い転職エージェントを活用すると良いかもしれません。

一般的なルートで探すよりもいい会社の求人が多い傾向にあります。

企業側は採用にお金が必要になるため、経営の怪しい会社はまず利用できません。

エージェントなどを使って怪しい会社を省き良い会社を探していくと良いかもしれません。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

転職活動
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。