【コミュ力お化け】相手の懐に入るのがうまい人4つの特徴!と最強の人心掌握術

rawpixel / Pixabay

 

  • 相手の懐にすぐ入れるようにしたい!

  • すぐ仲良くなれる人が羨ましい!

  • 自分はそういったことが苦手だし…

そういった悩みをお持ちの方は多いかもしれません。

 

特に営業職など、色々な人と接する機会が多い人ですとそういったことが求められますからね…。

そうすることが仕事といえますし。

人の懐にすぐ入れる人ですと、仕事も円滑に進めやすいです。

 

この記事では、人の懐にすぐ入れる人の特徴と対処法などについてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

人の懐にすぐ入って仲良くなりたい人は多い!

あなたのように、人の懐に入ってすぐ人と打ち解けたいと考えている方は実際多いと思います。

ネットやSNSなどを見てみても、

「すぐに打ち解けて仲良くなれる人っているじゃん?

人の懐にすぐ入れる人ってことなんだろうけど…。

あのくらいのコミュ力が欲しいわ。

ああいう人はどこでもやっていけそうな気がする」

 

「営業やってるけど、人見知りだから向いてないかも…。

物おじせずに攻めて、人と打ち解けられる人は本当尊敬する。

自分はあんまり向いてないかも…」

 

「仕事柄色々な人に会うことが多いんだけど、人の懐にすぐ入れる人はやっぱり強いね。

こういう人はどこでもやっていけると思う。

海外言っても、言葉喋れなくても結構なんとかなったりするんだよそういう人は」

こんな感じの意見が散見されますね。

 

現代は、企業だけでなく個人もコミュニケーション能力を求めていますからね。

ただまだまだ日本人なんてシャイな人が多いですし、なかなか人の懐に入っていける人と言うのは多くありません。

そんな中、人の懐に入る気概と能力がある人は、有利に生きることができるかもしれませんね。

 

人の懐にすぐ入れる人は、話題が広い

そういった人の懐にすぐ入っていける人と言うのは、話題が広い傾向にあります。

誰の懐にもすぐ入っていけるように、意図的に広く話題をチェックしている人が多いですね。

テレビや雑誌、新聞やネットなど…。

しかも顔も広く人からも話題が仕入れられるため、それも更に話題を広くしているのです。

 

 icon-exclamation-circle 

こういった人の懐にすぐ入れる人は、本当に話題も多岐に渡りますね。

  • 時事ネタ
  • 芸能ネタ
  • スポーツ
  • ギャンブル
  • 趣味
  • 世界情勢

などなど…。

 

生活していくうえで自然と話題を仕入れられるよう、ニュースや最新情報をチェックするのが癖になっている人も多いです。

話題と言うのは、共通の興味を持つ人と繋がれるツールのようなものですからね。

人の懐に入っていくうえで、話題は広いに越したことはないのです。

 

人の懐にすぐ入れる人は、世間体が良い

そういった人の懐にすぐ入れる人と言うのは、世間体が良い傾向にあります。

世間体がいいというか、少なくとも結婚して子供がいるケースは多いですね。

まぁコミュニケーション能力が高いので、異性関係にはあまり不自由したことがない人が多いので、当たり前ですが…。

 

やはり独身で子供もいないと、世間体が悪い傾向にありますからね…。

独身者への偏見や差別などは無くなりつつありますが、まだまだ「独身は半人前」みたいな価値観はありますし。

結婚以外にも、結構有名な会社に勤めていたり、堂々と言いやすい仕事に就いている人は多いです。

 

 icon-exclamation-circle 

逆に世間体が悪かったら、人の懐に入る前に萎縮してしまうケースも多いですからね。

「何か言われるんじゃないか?」などと気にし始めてしまうと、つい関わりを避けてしまうような人も多いですし。

世間体が悪くなりがちな中高年フリーターのような方ですと、結構そうやって世間の目を避けている人も多いですからね…。

 

人の懐に入っていくには、臆さずに人と関わっていく必要がありますからね。

それには、世間体が良いに越したことはないのです。

 

人の懐にすぐ入れる人は、誰にでも話しかける

そういった人の懐にすぐ入れる人と言うのは、誰にでも気安く話しかける傾向にあります。

あまり人に対して、物怖じしない人が多いんですね。

多分他人と自分の間に、壁を作らない人が多いんだと思いますが…。

 

 icon-exclamation-circle 

私の知り合いで、本当にそのへんの他人にも気安く話しかける人がいますが、確かに顔は広いですね。

トイレで隣になった人にまで話しかけたりしてて、若干迷惑な感じですが…。

 

それでも臆せずに人間関係の打席に立っているのですから、必然的に人の懐に入る数も多くなる傾向にあるのです。

それで一部の人には嫌われても、全員に嫌われることなんてありえませんからね。

結局はこうやって場数を踏んでいくしかないのかもしれません。

 

人の懐にすぐ入れる人は、付き合いが良い

そういった人の懐にすぐ入っていける人と言うのは、付き合いがいい傾向にあります。

  • 飲み会には必ず参加する
  • 昼食は必ず誰かと食べる
  • 会社のイベントには必ず参加する
  • つまらないギャグでもノってくれる

などなど。

一緒にいて気持ちが良いので、必然的に人の懐にもすぐ入っていける傾向にあるのです。

 

逆に言えば、付き合いが悪い、ノリが悪い人間と付き合いたいなんて人はあまりいませんからね…。

あんまり屁理屈を言ったり否定から入る人は、みんなに嫌われる傾向にあります。

心当たりがあるのであれば、もう少しノリ良くなるよう努力していったほうが良いかもしれません。

 

雑談で打ち解けるよう、話題を広くチェックすべき!

やはり人の懐にすぐ入っていける人と言うのは、話題は広いです。

話題が広いからこそ初対面でも会話が途切れることがなく、しかも話が面白いのです。

誰しも、そういった話題が広く話が面白い人と接したいに決まっていますからね。

誰しも日常を退屈だと思っていたりしますが、そんな中そういった面白い人と言うのは、重宝される傾向にあるのです。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、雑談が得意になれるように、話題をもっと広くチェックすると良いかもしれません。

  • ネット
  • 新聞、雑誌
  • ラジオ
  • テレビ

などなど。

様々な媒体で、広く浅く知識を仕入れていくところから始めたほうが良いかもしれません。

 

特にこれからは一つの会社でずっと働ける時代ではなくなっていくと思いますし、そうなると色々な人と新しい人間関係を築いていく必要も出てきます。

そういう中で、話題が広いとやはり有利になることも多いです。

人の懐に入るのにもそうですが、社会人としてやっていくうえでも話題は広い方が有利でしょう。

 

相手が喜ぶ行動を心がけ、信用させる!

人の懐に入っていける人と言うのは、やはり他人を楽しませることが上手いです。

他人が喜ぶからこそ、相手も心を開いてくれるのです。

なので、人間関係においては相手が喜ぶ行動を心掛けていくようにしましょう。

 

 icon-exclamation-circle 

心理学においては、「返報性の法則」というものがあります。

こちらが好意を与えれば、相手も好意をいだいてくれる傾向にあるのです。

逆に悪意を持つと、その人には嫌われたりしますからね。

 

相手の懐に入りたいのであれば、まずこちらから心を開き、相手が喜ぶ行動を心がけるようにしましょう。

そうすれば、自然と相手も心を開いてくれるでしょう。

 

今の仕事に向いてないようなら、転職も検討

相手の懐に入っていくことも、仕事をしていく上で重要な能力ではあると思いますが…。

こんなのやろうと思ったところで、すぐにできるものではないと思います。

こういうのはその人の生き方そのものとか、性格的なもので自然とできているものでしょうし。

あまりテクニック的なことに走っても、あざとい感じがして相手に警戒されると思います。

性格を変えるくらいの覚悟で、やっていかないとうまくはいかないと思いますね…。

 

まぁ、相手の懐に入っていけるようになりたい!なんていうのは、仕事でそういった必要性に迫られている人が多いかもしれません。

転職や就職を機にとか、仕事で悩んでいてとか。

ですがこういうのはすぐに変えようと思っても、やはりなかなか難しいと思います…。

 

幸い今は仕事は多いので、転職して戦うフィールドを変えることを考えたほうが良いかもしれません。

戦う場所を変えれば人間の評価やパフォーマンスなんて一変しますし、そうやってあなたの長所を活かせる場所を探していったほうが賢明かもしれません。

今ある仕事が全てではありませんので、いっそこういった手段をとるのも良いと思います。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

そういった人の懐にすぐ入れる人と言うのは、誰しも憧れる傾向にあると思います。

昔は無口で職人的な、やることは黙ってやる!みたいなタイプの人が重宝された時代もあったかもしれませんが…。

今はコミュニケーション能力全盛の時代ですし、仕事ができない人でもコミュ力が高ければなんとかなる!くらいに思われてるケースが多いですからね…。

まぁそういった人のほうが誰かに助けてもらいやすいですし、確かにそういった面もありますが…。

 

まぁ、こういったものは才能というか性格的な面も大きいと思います。

「人の懐にすぐ入れるようになりたい!」と努力しても、そう簡単には行かないのでは…。

そういう人は、性格で自然にやっていたりするので、「努力」なんて言い出した時点でなんか違うと思いますし。

 

まぁ今は仕事多いので、人の懐に入っていく自信がない人でしたら、大人しくもっと自分に向いている仕事に就いた方が良いと思います。

人に接する営業職とか、やはり本人の性格的な面や心構えなどが結果に直結するような気がしますし…。

人の懐に入っていく才能がない人ですと、結構厳しいかもしれません…。

まぁ幸い今は有効求人倍率も高いので、向いてなさそうな仕事に就いているのであれば、今のうちに転職を検討するのも手段の一つです。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。